(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/21(水) 10:57:06.31 ID:mFJTKInd0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
近年、日本で宗教の観光利用が盛んになっている。パワースポットやスピリチュアルという表現をはじめ、「政教連携」といった言葉まで使われるようになっている。
宗教と観光が一体となって地域を動員するようになった背景を、 宗教学・観光社会学を専門とする北海道大学准教授・岡本亮輔氏が読み解く。
宗教の観光資源化が目立ってきた
日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人観光客数が2869万人となり、過去最大となった。前年比で19.3パーセントという驚異的な増加である。そして、こうした観光客を呼び寄せるべく、各地で様々な試みがなされている。

中でも筆者が注目したいのは、宗教の観光利用である。

たとえば、日本には17の世界文化遺産があるが、そのうち10は宗教関連の物件と言ってさしつかえない。

・法隆寺地域の仏教建造物(奈良県、1993年)
・古都京都の文化財(京都府・滋賀県、1994年)
・厳島神社(広島県、1996年)
・古都奈良の文化財(奈良県、1998年)
・日光の社寺(栃木県、1999年)
・琉球王国のグスクおよび関連遺産群(沖縄県、2000年)
・紀伊山地の霊場と参詣道(奈良県・和歌山県・三重県、2004年)
・平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県、2011年)
・富士山―信仰の対象と芸術の源泉(山梨県・静岡県、2013年)
・「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県、2017年)
神社仏閣や聖地には長い時間をかけて蓄積されて来た物が残されているため、当然の傾向かもしれない。

だが、この一覧からはある傾向が見てとれる。

当初は、建造物や文化財といった対象が物であることを明示する言葉が使われているが、時とともに「霊場」「仏国土」「信仰」「神宿る」といった積極的に宗教性を示す言葉が用いられるようになっているのだ。

もちろん、こうした傾向が、即、世界遺産の宗教化や政教分離違反だと言いたいわけではない。登録物件が増えるにつれ、後続物件は自身の個性を強く示す必要があり、踏み込んだ表現を用いざるを得ないのだろう。

とはいえ、観光振興が理由だとしても、宗教を伝統文化や精神文化と安易に言い換えてしまうことには違和感を抱く。

日本で急速に進む「宗教の観光利用」の危うさに気づいていますか

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54478
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519178226/続きを読む

1-9

1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:09:22.37 ID:mWj9m/w5a
家康「江戸帰ったら諸藩の信頼無くして一気に倒幕に傾くやんけ」

家康が蘇りしたら大阪で玉砕するまで戦うやろうに、江戸からの援軍も来てたのにアホやで
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519171762/

続きを読む

1: みつを ★ 2018/02/20(火) 20:56:11.92 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3160449?cx_module=latest_top

2018年2月20日 16:23 発信地:ワシントンD.C./米国
【2月20日 AFP】殺人事件を担当する刑事は数年間実地訓練を受けるが、ある女性が開発したミニチュアの殺人現場のジオラマは、その女性の死から半世紀以上たった今も全米で捜査官の訓練に使われている。

「科学捜査の母」として知られるフランシス・グレスナー・リー(Frances Glessner Lee)は1940年代から、当時まだ男性優位だった草創期の科学捜査を大きく発展させようと、女性らしい伝統的な手工芸品に新たな役割を与えた。

 ドールハウスほどの大きさの立体作品「Nutshell Studies of Unexplained Death」(未解明の死のナットシェル研究)は実際の犯行現場から着想を得ている。米首都ワシントンのホワイトハウス(White House)の向かいにあるレンリックギャラリー(Renwick Gallery)で先月28日まで開催された展示会では現存する全19作品が初めて一般公開された。

 一見するとかわいらしいが、身の毛もよだつ悲運にあった人びとの死体も表現しているこの手作りのジオラマは間違いなく恐ろしい。

 リーは1962年に死去。ジオラマを作り始めたのは60代になってから。訓練生が先入観を認識し克服する一助になればと、女性や貧しい人など見逃されてしまいがちな被害者を意図的に選んだ。

 細部まで極めて精巧に作られているため、新米の犯罪捜査官たちは捜査の科学的な取り組み方、より良い観察の仕方、そして事件現場を保存して証拠を適切に扱うことによって重要証拠を漏れなく考慮に入れることを学んできた。

 リーのジオラマは教育効果が高く、現在もメリーランド州ボルティモア(Baltimore)検視局の研修セミナーで使われている。(c)AFP/Sébastien BLANC


5a73761216000045001397fe
5a73786f1600004500139806
5a7379732d00001f00943783
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519127771/続きを読む

1: みつを ★ 2018/02/20(火) 22:49:03.43 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3163281?act=all

2018年2月20日 21:12 発信地:メキシコ市/メキシコ
【2月20日 AFP】メキシコで最近発見された世界最大の水中洞窟を調査している考古学者らは19日、洞窟内で巨大なナマケモノの化石や精巧に建造されたマヤ文明の神殿などが見つかったことを明らかにした。

 研究者らは先月、メキシコのユカタン半島(Yucatan Peninsula)にあるサクアクトゥン(Sac Actun)とドスオホス(Dos Ojos)という2つの洞窟が実はつながっており、同種のものとしては世界最大規模であることを突き止めた。

 メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)が後援するプロジェクトの一環で、研究班はスキューバダイビングの機材を背負い、洞窟内に何千年も眠っていた古代遺跡を探検した。

 考古学者らが記者会見で明らかにしたところによると、ゾウに似た絶滅動物であるゴンフォテリウムや大型のナマケモノ、クマの骨のほか、焼かれた人骨や陶器、壁に刻まれた文様など、洞窟内に残された人工物も見つかったという。

 また、遺跡の中にはマヤ神話の戦争や商業の神を祭った神殿もあり、神殿にはジャングル内の陥没穴に通じる階段も設置されていたという。(c)AFP

Weltlaengste-Unterwasserhoehle-in-Me
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519134543/続きを読む

20161215144221

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)21:28:49 ID:XNx
1中 青砥幹雄
2二 加藤倫教
3遊 坂東國男
4投 森恒夫
5捕 永田洋子
6一 植垣康博 
7三 坂口弘
8左 吉野雅邦 
9右 加藤元久

続きを読む

yoshida_shoin

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/19(月) 21:58:58.91 ID:70h6X1qz0
吉田松陰(29)「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留置まし大和魂」

高杉晋作(25)「藩を代表してイギリスと講和のための交渉するわ」


みんな若すぎwwwwww
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1482152338/続きを読む

↑このページのトップヘ