(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

1: 名無しさん@涙目です。 2018/09/13(木) 22:21:33.24 ID:kIvtlwt+0 BE:932354893-PLT(12931)
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
醍醐寺
水晶で覆われた阿弥陀如来像、初公開 秋期特別展

レンゲのつぼみの形をした水晶に入る木造の阿弥陀如来の小像=醍醐寺提供
9 (13)

世界遺産・醍醐寺(京都市伏見区)で、水晶で覆われた珍しい阿弥陀如来(あみだにょらい)の小像(高さ5.53センチ)が初公開される。
寺は、像の特徴から鎌倉期の仏師・快慶か、弟子など近い人物が造ったとみている。
来月15日からの秋期特別展で展示する。

寺には、国宝や重要文化財に指定された多くの仏像があり、今回の小像は、2002年の調査で境内の蔵から見つかった。
小像は黄金色で、蓮(はす)の花のつぼみの形をした水晶に覆われている。
台座から水晶までの高さは36.3センチ。水晶に入った阿弥陀如来像は他に確認されていないという。

寺によると、収められていた箱には大永8(1528)年に僧・公運が箱を作ったと書かれていたが、専門家が鎌倉期の阿弥陀如来立像と似ていることに着目。
衣の着方や切れ長の目などが、西方寺(奈良)にある快慶作の立像に酷似しているという。
醍醐寺には快慶作の弥勒菩薩(みろくぼさつ)や不動明王の坐像(ざぞう)が伝わり、今回の小像も快慶作の可能性が高いと判断した。

壁瀬宥雅(ゆうが)執行長(70)は「像は非常に小さく、水晶内に巧妙に入れられている。貴重な発見だ」と話している。【中津川甫】

https://mainichi.jp/articles/20180914/k00/00m/040/060000c
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536844893/続きを読む

1: 樽悶 ★ 2018/09/15(土) 19:16:58.69 ID:CAP_USER9
成果展で公開される出土品の歯
201809150004_000

 春日市教委は、市内の須玖(すぐ)遺跡群・須玖岡本遺跡の岡本地区から出土した甕棺(かめかん)から、「奴国(なこく)」の王族の歯を発見したと発表した。奴国は魏志倭人伝に記された、弥生時代の北部九州の中心的な国。同地区の王族墓から歯が見つかったのは初めてで、市教委は「弥生中期前半の奴国の様相を捉える貴重な成果」としている。15日~10月28日に「奴国の丘歴史資料館」(同市岡本)で開く「須玖遺跡群発掘調査成果展」で公開される。【桑原省爾】

 須玖遺跡群は市北部にあり、南北2キロ、東西1キロに広がる全国有数の弥生時代の大集落跡で「奴国の王都」と呼ばれる。須玖岡本遺跡はその中心的存在。この中の岡本地区での20次調査(2015年3月)で、紀元前約150年の国内最大級の王族墓とみられる甕棺墓が見つかった。

 周辺の土と一緒に甕棺を液体窒素で冷凍固化して取り出し、土を落とすと、絹織物に包まれた副葬品の銅剣や把頭飾(はとうしょく)(柄飾り)と共に14本の歯が確認された。第3大臼歯(親知らず)を含む歯のすり減り具合から、葬られたのは20代の成人とみられるという。

 成果展では、歯と甕棺をはじめ前漢鏡などの副葬品や鋳型など、初公開の約25点を含む考古遺物を中心に226点を展示する。

毎日新聞 2018年9月15日
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k40/040/428000c?inb=ra
西日本新聞 2018年09月15日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/449779/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537006618/続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。 2018/09/14(金) 08:16:43.67 ID:7Q8loFl/0● BE:886559449-PLT(22000)
P・マッカートニー告白「ジョンと一緒に自慰も」

ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニー(76)が、故ジョン・レノンさんとの驚きのエピソードを明かした。


今月、17枚目のソロアルバム「Egypt Station」をリリースしたマッカートニーは米誌GQのインタビューで、10代の頃、レノンさんと一緒にマスターベーションをしたことがあると告白。

「ジョンの家に友人らと集まった時のことさ。酒を飲んでパーティーをしていたわけでもなかった。ただ皆でイスに座っていて、灯りは消えていた。誰かがマスターベーションをし始めたので、僕たち皆でそうしたんだ」と語った。

当時はアダルトビデオをネットで観れる時代でもなく、皆で美人女優の名前を呼びながら、想像をかき立てていたという。「誰かが“ブリジット・バルドー!”と叫ぶと、皆も“ウォー!”と言いながら、盛り上がっていた」と語ったが、いたずらっ子のレノンさんが「ウィンストン・チャーチル!」などと言い、雰囲気を台無しにする一幕もあったらしい。

マッカートニーは、「当時はそんな思い出が1度か2度あったが、たいしたことではなかった。
誰でも子供時代を振り返れば、信じられないことをやっていたと思うものさ。誰を傷つけたわけでもなく、害のない楽しみだった」と、今は亡きレノンさんとの古きよき時代を振り返った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00329759-nksports-ent
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536880603/続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。 2018/09/14(金) 21:27:38.67 ID:igen6uM90 BE:121394521-2BP(2112)
sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
東海大学文化社会学部の山花京子准教授らの研究グループは、古代エジプトで陶器などに使用されながら、長い間製法が謎とされてきた「ファイアンス」について、石英、炭酸カルシウム、アルカリに漆喰の水酸化カルシウムを加えることで再現が可能になることを突き止めた。

 東海大学によると、ファイアンスは古代エジプトやメソポタミアで紀元前4500年前ごろから陶器などに使用されてきた。
製造工程が複雑で難しいため、その後ガラスに取って代わられた。

組成分析で石英、カルシウム、アルカリが含まれていることは分かっていたが実際に使用された材料や製法に関する記録が全く残っておらず、謎の物質とされてきた。

 山花准教授は長年、ファイアンスの再現に努めてきたが、石英と炭酸カルシウム、アルカリに水を混ぜて練っても、立体的な造形や微細な装飾ができなかった。
そこでピラミッドの石と石の接着に使用されていた水酸化カルシウムを主成分とする漆喰に注目、これを石英などに少量含ませて焼くことで立体的な構造の再現に成功した。

 研究グループは今後、古代エジプトの実際の陶器のサイズや質感に近づけたレプリカを製作し、博物館で本物と並べて展示できるものの製作を目指す。
研究成果は9月上旬にトルコのイスタンブールで開かれた国際ガラス歴史協会の学会で発表された。

参考:【東海大学】文理融合研究により、古代エジプトの「ファイアンス」の再現に成功
https://www.tokai.ac.jp/news/detail/947.html

■エジプトのファイアンス焼き(関西大学博物館のもの)
warehouse_1_63
warehouse_2_63

https://univ-journal.jp/22636/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536928058/続きを読む

1: みつを ★ 2018/09/16(日) 19:12:30.21 ID:CAP_USER9
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8T6W4WL8TUCLV005.html?ref=tw_asahi

発掘された「西郷どん」の新史実 最後の内戦、西南戦争
編集委員・宮代栄一
2018年9月16日18時59分

 元号が明治に変わって150年。NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」など、その時代に注目が高まっている。近代日本を方向付け、日本最後の内戦となった西南戦争。熊本城炎上や田原坂(たばるざか)の戦いについて近年、発掘の成果をもとに研究が進み、新たな史実が見えてきている。

 事件は、1877年2月19日に起きた。官軍がこもる熊本城の天守閣が「謎の失火」で焼失。薩軍(鹿児島軍)の工作員が火をつけたという放火説のほか、官軍関係者による失火説などが従来は唱えられてきた。

 出火元とされる本丸御殿跡を、熊本市が1999~2006年に発掘。報告書を作る過程で新事実が判明する。御殿の中でも「小広間」と呼ばれる部分が激しく焼けており、詳細な火元がほぼ特定されたのだ。

 市文化振興課によると、小広間は出土品などからみて、官軍幹部の執務室だった可能性が高い。小広間が位置するのは御殿の一番奥。そこまでに火をつけやすい場所はたくさんあり、「工作員がわざわざそこまで潜入して放火したとは考えにくい」と同課の美濃口雅朗主幹は推理する。

 ではなぜ出火したのか。「特定の軍関係者以外は入れない場所から火が出、かなり離れた天守閣に延焼するまで有効な消火活動が行われた節がない。官軍の幹部が自ら火をつけたとみていいのではないか」。この説は昨年、熊本市で開かれた西南戦争に関するシンポジウムで発表され、大きな反響を呼んだ。
 官軍による自焼説は、熊本博物…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です
有料会員になると続きをお読みいただけます

残り:1092文字/全文:1689文字
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537092750/続きを読む

↑このページのトップヘ