(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

mig (6)
155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 16:15:18.23 ID:ub+Vzwmap
朝倉ってクッソ強かったんやろ? 
なんで将軍追い出したんや?
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1488091606/ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: シャチ ★ \(^o^)/ 2017/03/15(水) 20:02:40.76 ID:CAP_USER9
忍者を生み出した地として双璧をなす「甲賀」と「伊賀」。両地(現在の滋賀県甲賀市と三重県伊賀市の一帯)に伝わる忍術をまとめた“集大成”の書とされるのが「万川集海(まんせんしゅうかい)」だ。
江戸期の作とみられるこの秘伝書について現代語訳、読み下し文、原文を収めた750ページ近い大作「完本 万川集海」(国書刊行会)が近年刊行された。
著者は、古文書を収集し忍者を研究している山口県の医師、中島篤巳さん(72)で、忍者が水面を移動する際に使う道具「水蜘蛛(ぐも)」の使い方など、通説とは異なる興味深い“真実”も明らかにしている。
中島さんは「江戸時代でも、甲賀と伊賀の忍者は公権力に不可欠な『誇るべき存在』だったことがわかる」と話す。

■「水蜘蛛」はこうやって使う
 中島さんが完本のもとにした国立公文書館内閣文庫の蔵本の万川集海は、忍術を伝える22巻と兵法書である「万川集海 軍用秘記」からなる。
22巻の中には、「家忍之事」(第13巻、家の中に忍び込むこと)や「忍夜討」(第15巻、夜襲すること)といった特殊任務から、「登器」(第18巻、壁などを登る道具)や「火器」(第21、22巻、火薬や火を使った道具)などの忍器まで広く紹介している。

 万川集海に記された特殊な道具やさまざまな忍術は、現代の研究者だけでなく、忍者に関心のある人にとってもまさに「宝の箱」で、詳しく知れば新しい発見も。

例えば、中央の四角形の板を囲むように4枚の板を円形に組み合わせた「水蜘蛛」と呼ばれる水器。
水蜘蛛を2つ用意し、中央の板に足をのせて忍者が水面を歩く想像図を見たことがある人もいるだろう。
現代ではテレビで水面歩行に挑戦するシーンも見られるが、ほとんどは沈んで失敗に終わり、かねて実用性が疑問視されていた。

 万川集海にも、水蜘蛛の外径を「二尺一寸八分(約65センチ)」にすることや、中央の板に「牛皮」を敷くことなど細かい記載があるものの、使い方の説明はない。しかし中島さんが収集した別の古文書には中央の板に「座る」と書かれており、中島さんは「一つの水蜘蛛に座り、足に『水掻(みずかき)』をはいて、水面を進んだのでは」と推測する。

 このように使うと安定して座ることができ、「水面で弓を使ったり、鉄砲を撃ったりすることも可能なはず」と中島さん。
よく知られた想像図にあるような使い方とはずいぶん違ったようだ。水掻は「万川集海」でも水蜘蛛のすぐ後に紹介されており、足をかくときだけ二重になった板の後ろの部分が開き、水をかくことができるという(図の右を参照)。

産経
http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150002-n1.html
画像
wst1703150002-p1
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489575760/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

32280_original
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 15:46:46.19 ID:dwTOuM3n0
尾張って恵まれた土地やろ
京にも近いし
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1488091606/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 05:48:31.11 ID:AydnM+910
 テレビ時代劇の金字塔「水戸黄門」が、武田鉄矢(67)の主演で復活することが決まった。2011年にTBSが42年の歴史に幕を下ろし、今回6年ぶりに復活。新作はBS―TBSでの放送で、今年10月から水曜午後7時枠でオンエアされる。

 新たな“世直しの旅”が始まる。黄門様一行が、旅の途中で悪人を懲らしめていく勧善懲悪の物語。

 水戸光圀(みつくに)に起用された武田は「いつでもどこでも庶民の味方であって親しみやすい、水戸光圀でありたいと思っています。世直しの旅をしながら、好奇心旺盛で少々泥くさいぐらい人間味あふれる黄門さまですね」と語った。

 今月上旬、初めて印籠を手にした。家臣の格さんが「この紋所が目に入らぬか!」と言って、取り出した印籠を悪人に見せつける場面は誰もが知るところ。「これは俺が出すんじゃないんだよな」と笑顔で話し、感慨深そうに見つめた。

 制作側は武田の起用について「飾らない親しみやすさ、また理を諭す姿が、人情味あふれる庶民的な黄門様のイメージに重なった」と説明。水戸黄門とともにTBSを支えた国民的ドラマ「3年B組金八先生」の金八先生役で、親しみやすさは日本中に浸透。まさに適役と言える。

 今作は黄門様一行が青森・八戸を目指す物語。舞台の中心は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の太平洋沿岸部だ。武田黄門は「震災で被害を被った伝統芸能や工芸品、そして郷土料理などを積極的に取り上げることで、微力ながらも復興のお手伝いになればと思っております。ご覧になった方が“明日も頑張ろう!”と感じられるような番組を目指して、一生懸命演じます」と意気込んでいる。

 助さん、格さんら共演者に関しては現在キャスティングを進めている。

スポニチアネックス 3/14(火) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000153-spnannex-ent
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1489438111/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)17:14:53 ID:a6z
1中神代勝利
2遊犬童頼安
3三別所就治
4左正木時茂
5一横田高松
6ニ遊佐信教
7右笠原清繁
8捕大道寺政繁
9投一条信龍
異論は認める
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

57f36acf2e29bd935bb6a9e4ca35104f
1: しじみ ★ 2017/03/13(月) 07:48:28.75 ID:CAP_USER9
「甲賀五人」の子孫

 渡辺俊経さん79

 先祖は尾張徳川家に仕えた忍びで、「甲賀五人」の1人として年に1度、尾張藩で鉄砲の撃ち方などを武士に指南した渡辺善右衛門。
普段は、地元で農作業などをして暮らしていたことが、自宅の蔵から見つかった古文書でわかった。

 忍者の実態は、今も謎に包まれているが、先祖が「古文書に書き残していたことに誇りを感じる」と喜ぶ。
実は、先祖が忍者であり、家に古文書が残されていることは、両親からも一切聞かされていなかったという。

 2000年に忍者研究などをしている団体のメンバーとの会合で、「渡辺善右衛門について教えてほしい」と尋ねられた。
10歳の頃、祖母から「善右衛門」という名を受け継ぐはずだったことや、約200年前の火事でも蔵だけが焼けずに残った、という話を聞かされたのを思い出した。

 蔵にあるたんすの引き出しを探すと、約150もの古文書が出てきた。
見つけた当初は古文書の崩し字が読めず、10年かけて勉強した。

 歴史学者の磯田道史さんらに見てもらうと、徳川家に仕えた時の機密保持を誓った「起請文きしょうもん」のほか、鉄砲指南役として甲賀から先祖を含む5人が召し抱えられたり、火薬や薬を調合したりしていたことなどが記載されたものもあった。
「江戸時代は平穏なため、農業をしながら年に1度出向くだけで給金がもらえた」という。

 古文書は昨春頃から、甲賀市教委に渡して解読を依頼しており、成果は、本にして残すように準備を進めている。
紛失や火事などで失う恐れがあるため、全てを市教委に寄託する予定で、貴重な地域の遺産として保存することを願う。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170313-OYTNT50011.html?from=tw
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489358908/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3F3F-200
1: しじみ ★ 2017/03/13(月) 11:26:06.51 ID:CAP_USER9
16世紀に興福寺の僧が興した「宝蔵院流槍術(そうじゅつ)」が、初めて女性の入門を受け入れる。
長さ約250センチの槍(やり)を使うこの伝統武道は江戸期に門弟4千人を超えたことがあり、吉川英治の「宮本武蔵」や井上雄彦の「バガボンド」にも登場する。

 奈良市のならでん武道場に「ヤア」「エイ」と掛け声が響く。
青い道着姿の20~70代の22人がそれぞれ素(す)槍と、先が十字になった鎌槍を手に型の習得に励む。外国人も数人いるが、全員が男性だ。

 女性は習えないんですか―。
ここ10年、そんな問い合わせが年に数件寄せられていた。
だが、創立時から門弟はずっと男性だけ。
これまで「高校生以上の男性」を条件にしてきた。

だが、第21世宗家の一箭(いちや)順三さん(68)は
「伝承の経緯で、と女性に断りを入れるたびに違和感が募っていました」と話す。

 一箭さんによると、宝蔵院流槍術は1550年に興福寺の僧胤栄(いんえい)が興し、門弟は全員が男性の僧だった。その後、多くの流派に分かれ、武家の間で広まった流派が現在に残った。
そのため女性が入門する機会はなかったとみられるという。

 昨年末、幹部約10人で話し合った。
「槍を持てさえすれば習得できる」「男性限定なのは時代錯誤かもしれない」。
全員一致で女性の受け入れを決めた。

 ただし、槍の重さ(2~2・3キロ)や形状、型、高校生以上という制限は変えない。
一箭さんは「変えるところ、変えないところを見極めつつ伝統を守っていきます」と話している。

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK2P62Q5K2PPOMB00W.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489371966/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 10:25:20.69 ID:CAP_USER9
女優柴咲コウ(35)が主演し、12日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第10話の平均視聴率が、関東地区で12・5%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は14・0%。

 同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

 12日の回は、奥山朝利(でんでん)を殺してしまった小野政次(高橋一生)が次郎法師(柴咲コウ)のもとを訪れる。次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにする。父を討たれたしの(貫地谷しほり)は悲嘆にくれるが、小野家に嫁いでいた妹のなつ(山口紗弥加)の口から意外な事件の真相が語られていく。一方、松平元康(阿部サダヲ)は今川家に反旗を翻すが、駿府に残された妻の瀬名(菜々緒)は窮地に立たされてしまう、という内容だった

日刊スポーツ 3/13(月) 10:19配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-01791187-nksports-ent
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489368320/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ