(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

1: しじみ ★ 2018/02/04(日) 22:06:15.08 ID:CAP_USER
【2月4日 AFP】エジプトの考古学チームは3日、
保存状態の良い希少な壁画で飾られた古代王朝の巫女(みこ)の墓を公開した。

 ハレド・イナニ・エズ(Khaled el-Enany Ezz)考古相は記者団に対し、首都カイロ南郊のギザ(Giza)台地のサッカラ(Saqqara)で見つかったこの墓は、豊穣(ほうじょう)と安産の女神ハトホル(Hathor)に仕える巫女ヘトペト(Hetpet)のために建てられたものだと発表した。

 この墓は、エジプト政府考古学委員会のムスタファ・ワジリ(Mostafa Waziri)委員長率いるチームがギザ西部墓地を発掘調査していた際に発見した。

 考古省によると、ギザ西部墓地にはエジプト第5王朝の高官の墓が複数あり、
1842年以降にいくつかは発掘済みだという。

 考古省は「この墓には、狩りや漁の場に立っていたり子どもたちから供物を受け取ったりするヘトペトを描いた優れた壁画があり、保存状態も極めて良好だ」としている。
壁画にはミュージカルや踊りの場面が描かれているほか、当時は家畜とされていたサルを描いた場面も2つあった。
一つでは果物を取って食べており、もう一つでは楽団の前で踊っていた。

 イナニ考古相によると、この墓からは清めの水盤が見つかり、それに墓のあるじの名と役職が刻まれていたという。
イナニ考古相は「ドイツの調査チームが1909年、ヘトペトあるいは同名の女性の名前が刻まれた古文化財一式を発見した。この古文化財は当時、ベルリン博物館に運ばれた」「109年の時を経て、われわれはヘトペトの名を冠したこの墓を発見したのだ」と述べた。

 ワジリ氏はギザ西部墓地の発掘を継続する意向で、さらなる発見に期待を寄せている。(c)AFP

画像:エジプトの首都カイロ南郊ギザ台地のサッカラで発見された古代王朝の巫女の墓の内部にある保存状態の良い希少な壁画(2018年2月3日撮影)。
img_afb864e29e1dc5578398d66b87648a3a281215
img_c1db3a6cbc6d56f6e42ec223b778dfd686250img_6d5928c2d602655f31381408e6a3ff9455759img_9c85060dea2ae2c52135cb0ac136c47c83303
img_1d91307cbc64598079c36ae88b708f4472966img_6e3f4b8054428219928a3d3c6625e53897052

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3161089
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517749575/続きを読む

1: スレロンダ茨城とは別人です 2018/02/10(土) 22:56:11.93 ID:LcI07Chc0 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
琉球の文化人たちの足跡をたどることができる貴重な資料がこのほど発見されました。

内側に金が塗られ、こぶしのような形をした杯。
「孔林楷杯」といって、中国の孔子一族の墓地にある楷の木の根本の部分を切って作ったものです。

1715年に名護親方・程順則が、日本の文化人である近衛家煕に献上したもので、およそ300年間、京都で保存されていました。

9日に県公文書館で開かれた記者会見で、県教育庁文化財課の外間みどり主幹は「交流の証として、琉球の文人たちと日本の一流とされた文人である近衛家煕との交流を知る上で、非常に貴重な資料だと思っています」と述べました。

県教育庁文化財課では今後、詳細な調査を行い、県内での展示に向けて検討したいということです。

http://www.qab.co.jp/news/2018021099287.html
18-02-10-05
o0640062314128947027
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518270971/
続きを読む

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/02/08(木) 16:54:35.50 ID:CAP_USER9
記念艦「三笠」(横須賀市稲岡町)の本年度の来艦者が7日までに20万人を突破した。

同艦は近年、艦艇を擬人化したゲーム「艦隊これくしょん」などの人気を受けて来艦者が増え、44年ぶりに“大台”を超えた2014年度から4年連続の20万人突破となった。

同艦は昨年、三笠の操艦シミュレーターや、バーチャルリアリティー(仮想現実)の技術を使って日本海海戦を体験できるコーナーなどデジタル展示を新設。
同艦を管理する三笠保存会によると、昨秋に相次いだ台風の影響で来艦者数が落ち込み、昨年度より1カ月遅い20万人突破となった。

本年度の20万人目として3日に東京都世田谷区から家族と訪れた小学5年生の谷口想真君には、同保存会の荒川堯一理事長から認定証と記念品として三笠の模型が贈られた。

明治時代の歴史を学んでいるという谷口君は、「いろいろな部屋やハンモックが見られて興味深かった。これからもっと歴史を勉強したい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00023760-kana-l14
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518076475/続きを読む

↑このページのトップヘ