(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

       no title 
1: 名無しの司馬遷 投稿日:2013/12/05(木) 12:43:13.02 ID:CaPrGG3D
今川家は以下の選手を戦力外通告したことをここにお知らせいたします。

・朝比奈泰朝内野手
・朝比奈泰能内野手
・飯尾連竜内野手
・岡部元信投手
・岡部正綱投手
・鵜殿長持投手
・太原雪斎捕手
・井伊直盛捕手
・井伊直虎捕手
・奥平貞能内野手

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しの司馬遷 2015/03/23(月) 20:26:06.38 ID:GW6OM+/T0.net
ドイツ→天文学的な賠償金を課せられる
オーストリア→オーストリア=ハンガリー帝国を解体させられる
トルコ→オスマン帝国を解体させられる

ちょっと厳しすぎませんかね…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しの司馬遷 2015/03/21(土) 06:40:51.15 ID:1LYacKiD0.net BE:698254606-PLT(13121) 
sssp://img.2ch.sc/ico/imanouchi_2.gif
日本初の世界文化遺産「姫路城」がグランドオープン!

平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本初の世界文化遺産となった「姫路城」。
修復・改修を繰り返しながらも、創建当時の天守群や櫓(やぐら)、門が現存する、希少な城です。
均整のとれた巨大な木族建築群としての価値、白漆喰(しっくい)の美しさなどから、
別名「白鷺城(しらさぎじょう)」などと呼ばれ、多くのお城ファンを魅了してきました。
そんな姫路城が、2015年3月27日、約5年にわたる大天守の保存修理を経て、
グランドオープンします。オープニングに先駆けたイベントも多彩です。
すでに2月に開催された「姫路城マラソン」は好評を博し、これから桜の咲く季節に合わせて、
お城ランニングマップも公開されました。春の旅の計画を考えている人は、
行き先の候補としてみてはいかがでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000001-mocosuku-hlth
no title



関連スレ
ノイシュバンシュタイン城が姫路城からの友好協定を受け入れ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1426672581/ 👀

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しの司馬遷 2015/03/23(月) 03:42:51.80 ID:ErfSHF8X0.net
アメリカ:16,112,566
ソ連:12,500.000
ドイツ:9,200,000
日本:6,095,000
イギリス:4,683,000
イタリア:4,000,000

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

       no title
1: 名無しの司馬遷 2015/03/24(火) 02:57:26.60 ID:4NeKeZ7B0.net
20歳で戊辰戦争の大参謀だった西園寺公望wwwwww

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

161: 名無しの司馬遷 2015/03/16(月)22:32:01 ID:4GR
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

       no title
1: 名無しの司馬遷 2015/03/18(水) 21:19:28.44 ID:pXJj0mLD0●.net BE:601381941-PLT(13121) 
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
スペイン修道院で「ドンキホーテ」作者の遺骸発掘か、400年前に死去

[マドリード 17日 ロイター] - スペインの調査団は17日、首都マドリードの修道院の下で見つかった遺骸に
ついて、世界的文学作品「ドン・キホーテ」の作者ミゲル・デ・セルバンテスの遺骸が含まれているとの見方を示した。

調査担当者は記者会見で、ここ数カ月で発掘された遺骸の一部がセルバンテスのものであることはほぼ確実だと
みている、とした。

ただ専門家らは、遺骸が本当にセルバンテスのものであるかどうかをDNA鑑定で調べることは難しいかもしれないと
指摘。セルバンテスのきょうだいはマドリード近郊に埋葬されているが、遺骨のわずかな部分しか残っていないという。

セルバンテスは生前に修道院で埋葬されることを望んでいた。1616年、ウィリアム・シェークスピアと同じ週に
死去したが、その後修道院が再建され、埋葬場所の正確な位置は分からなくなっていた。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0ME0CN20150318
スペイン最盛期の象徴であるレパントの海戦(1571年)において被弾し、左腕の自由を失った後も4年間従軍を続け、ナヴァリノの海戦チュニスへの侵攻にも参加した[2]。そして本国へと帰還する途中、バルバリア海賊に襲われ捕虜となる。このとき仕官のための推薦状を持っていたことが仇になり、とても払えない巨額の身代金を課され、アルジェで5年間の虜囚生活を送る。この間、捕虜を扇動して4回も脱出を企てるがことごとく失敗。このとき処刑されなかった理由は、推薦状により大物と見られていたためと思われるが、定かではない。

続きを読む

↑このページのトップヘ