images
1: 日本@名無史さん 2011/12/24(土) 17:04:45.17 .net
先日、本屋で20年振りに日本史の参考書を手にしたら、その昔『島原の乱』という名で習った事件が、今は『島原・天草一揆』と書かれてあって、あらびっくり!
そんな、オッサン世代と現役受験生世代とでは呼び名が違う日本史用語や、歴史の解釈が変わったこと、更には歴史上の新発見は、きっとたくさんあるかと思います。
オッサン世代の日本史知識の更新のため、それらいろいろをここに書き込んでくださいな。どうぞよろしく(^-^)/

2: 日本@名無史さん 2011/12/24(土) 19:23:32.43 .net
鎌倉幕府成立は1192年ではない
諸説ある中で1185年が有力

4: 日本@名無史さん 2011/12/24(土) 22:56:10.59 .net
以前 セポイの乱

現在 インドの大反乱

6: 日本@名無史さん 2011/12/25(日) 00:45:28.90 .net
セポイの蜂起って習ったけど@数年前の高校生
「インドの大反乱」じゃ一般名詞っぽくて抽象的で意味が通らないよね

7: 日本@名無史さん 2011/12/25(日) 10:46:23.93 .net
インドの大反乱…山川とかの教科書もそうなってるのかな?

あと、今は大和朝廷? 大和王権? 大和政権?
大和は漢字? それともカタカナ?

8: 日本@名無史さん 2011/12/25(日) 19:01:25.71 .net
>>7
>インドの大反乱…山川とかの教科書もそうなってるのかな?
山川の世界史は「シパーヒーの反乱」になっていますね。

>あと、今は大和朝廷? 大和王権? 大和政権?
> 大和は漢字? それともカタカナ?
どれも使われているようで。中学では「ヤマト王権」、高校では「大和政権」で習いました。


原始時代の部分が一番変わっていそうですね。
人類の出現は500万年前~700万年前、明石人は原人ではなく新人の一種
稲作伝来は弥生時代ではなく縄文時代の晩期
大和時代にかわり古墳時代という呼称が使われるようになった点などなど

9: 日本@名無史さん 2011/12/26(月) 00:50:17.55 .net
俺の頃は、吉野ヶ里も三内丸山も見つかってなかったからなぁ。

10: 日本@名無史さん 2011/12/26(月) 01:00:52.12 .net
乙巳の変っておっさんは聞いたことなかろう
昔は大化の改新と一緒くたにされてた、イルカが首切られた事件
緑豆皇子がそのあと抗議デモをやった

13: 日本@名無史さん 2011/12/26(月) 13:03:15.37 .net
>>12
だよな。

>>10
入鹿暗殺と改革を区別した方が、理解はしやすいかな?
でも、その健康食品みたいな皇子は誰?w

12: 日本@名無史さん 2011/12/26(月) 12:06:33.43 .net
仁徳陵はどこに消えちゃったの?

14: 日本@名無史さん 2011/12/26(月) 21:19:42.40 .net
「治外法権」って、俺たちの時代は最重要語句だったはずだが、
すっかり見当たらないのは何でだ?

15: 日本@名無史さん 2011/12/28(水) 13:46:19.03 .net
領事裁判権に縮小されてしまったんだね

16: 日本@名無史さん 2011/12/30(金) 02:45:35.48 .net
>>15
治外法権=領事裁判権じゃないのか…

19: 日本@名無史さん 2013/03/12(火) 17:00:27.78 .net
源頼朝
足利尊氏
武田信玄

の肖像画と言われてきたものがどうも別人らしい、というのは
聞いたことがあるけど、他には無いのかな。

23: 日本@名無史さん 2013/04/14(日) 20:27:00.66 .net
>>19
北条時宗(→北条定宗?)
足利義政(→洞院実熙?)とか

20: 日本@名無史さん 2013/03/15(金) 23:46:18.19 .net
源頼朝像とセットだけれど、平重盛・藤原光能像もやで。

26: 日本@名無史さん 2013/04/16(火) 13:35:13.50 .net
【歴史】徳川綱吉が暴君から名君に 教科書記述一変 「生類憐みの令は慈愛の政治」★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365996616/l50
いま使われている歴史の教科書では聖徳太子の事績や実在に
疑問がつけられたり、鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。
「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。
 そして、教科書の変化で目に付くのは、人物評価の「上がった人」「下がった人」の明暗である。
実在そのものにも疑問がついた聖徳太子が「下がった人」の典型だが、
聖徳太子から親書を託され、最初に隋に渡ったとされた遣隋使の小野妹子も、そのひとり。
「無礼な(607年)遣隋使・小野妹子」なんて語呂合わせを覚えている
読者は多いかもしれないが、山川出版社の教科書(以下、引用は同社のものより)では、
現在では〈600年の派遣に続けて607年には小野妹子が遣隋使として中国に渡った〉と
初の遣隋使ではなかったことが明記され、かつては太文字だったのも細字に
格下げされた。親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では
名前そのものが消えているかもしれない。
 一方、歴史研究の成果で、逆に評価が上がった人物もいる。
関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では
〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と
悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続させようとする
石田光成と家康との対立が表面化し〉と、石田側にも大義があったように改められた。
劇的に評価が上がったのが、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉である

42: 日本@名無史さん 2013/11/06(水) 23:18:51.25 .net
>>26
>実在に疑問がつけられたり

厩戸皇子(聖徳太子)と表記されてはいても、
その実在に疑問符なんて付いてねーよバーーーカw
チョンじゃねーのかこいつ

>「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。
それも嘘だ。
ずっと前から諸説の一つであって、1192年に征夷大将軍に任ぜられたことによって
名実ともに実験を握ったという趣旨の記述をする教科書もあるし、
学会でも、観点によって諸説あるとするのがスタンダードだ。
天皇より任ぜられるというファクターを取り去りたいだけじゃないのかw
まるでお話にならない

28: 日本@名無史さん 2013/04/16(火) 18:11:17.78 .net
生類憐みの令が慈愛とか言ってる奴って、
ただの動物愛護家だろw

野良猫がかわいそうだからといって餌をやってる馬鹿と一緒ww

29: 日本@名無史さん 2013/04/16(火) 22:15:12.01 .net
>>28
そういう時代になったんだよ。
綱吉が名君になるね。

38: 日本@名無史さん 2013/04/29(月) 03:54:17.22 .net
フーム。綱吉の生類憐みの令の評価は変わったのに、
三大改革とか江戸時代の評価は大して変わってるように見えないな
慶安のお触書を出さなくなっただけマシか。

39: 日本@名無史さん 2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN .net
その慶安のお触れ書きも
実在したかどうか怪しいという記述に。
うちの教科書には農村法令として出ています。

今年度新しく市販された山川の教科書
従来の化政文化が「天明・宝暦期の文化」と「化政文化」に分割されてて驚いた。

41: 日本@名無史さん 2013/11/06(水) 19:40:14.22 .net
室町幕府は後世の呼び名。

・・・ってこのスレでは当たり前ですね。

46: 日本@名無史さん 2014/01/01(水) 15:26:37.18 .net
前・中期旧石器時代の遺跡は消滅したね

53: 日本@名無史さん 2014/01/03(金) 09:45:51.19 .net
諸説といえば平家が初の武家政権という扱いになってるとか何とか。

57: 日本@名無史さん 2014/12/29(月) 16:23:22.25 .net
本筋論じゃない小さな話だろうけど、気になるのが人命の呼び方
1 秀吉の妻が     「ねね」→「おね」
2 浅井長政の浅井が  「あさい」→「あざい」
3 護良親王の護良が  「もりなが」→「もりよし」
4 山内一豊の山内が  「やまのうち」→「やまうち」

  いずれもNHK大河ドラマではこう呼んでいた。古文書にルビ振っているわけでも
 ないだろうから、根拠は何と思う。特に本当か?と疑問なのが2の「あざい」で、
 「浅井氏の領地だった滋賀県のある地区が『あざい』なので、この呼び方が正しい」
 というのだが、これに対しては「殿さまと同じ読み方をするのは恐れ多い」とも、
 あるいは「滅亡した浅井氏の出身地と思われるのはいやだから」という理由で、
 「あさい」から「あざい」に変えたとも考えられないか?
 自分の実績を作るために学者が変にこねくり回していないかと疑いたくなる。

  

60: 日本@名無史さん 2014/12/29(月) 22:50:42.46 .net
>>57
貴方もかなりこねくり回してるね

58: 日本@名無史さん 2014/12/29(月) 17:06:11.19 .net
士農工商の順番は、儒者の理念を語ってるだけで、
幕府が町人と農民の代表を呼んで寄合をする時は町人の方が農民の上座につくなど
実際の扱いは町人の方が上だったと歴史の新書で読んだ

61: 日本@名無史さん 2014/12/30(火) 16:16:36.60 .net
昔は源氏しか将軍になれないって聞いてたが、今はそう言われてないみたい
また、昔は織豊政権という言葉があったが、今はほとんど聞かなくなった