no title
6: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 01:35:59.58 .net
地味だが畠山義就

8: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 06:01:21.26 .net
まだ当時は日本が発展途上にありながらも先進国の塊だった連合国筆頭アメリカ軍部を恐れさせた男だぞ山本五十六は
国内でやーやー刀を振り回してた連中とは桁が違う

9: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 06:24:49.62 .net
信長は偶然に助けられた気がする。

むしろ32軍の八原高級参謀じゃない?
米軍も、沖縄が一番大変だったと言ってるし。

10: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 06:57:22.42 .net
>>9
そりゃ敵国本土上陸っていうのは簡単にはいかない

大東亜戦争は最初の半年間圧倒的に日本が有利だった
東南アジア諸国を次々と侵略(敢えて)し日本に蓄えと財源を確保した
これが故にABCD包囲網を脱する事が可能になり生産が追い付くようになった
そしてその戦闘力は最早東アジア1と表され当時のアメリカから見た危なっかしい民族の筆頭だった

山本五十六はその危なっかしい民族の中でも特に注意すべき人物であり
大東亜は半年の短期決戦でなければ勝てないと踏んだ人物でもある
結果開戦半年後のミッドウェー海戦により戦局は一変
サイパンで山本氏が戦死したことがきっかけとなりアメリカは本土空襲を決意した

何故なら山本氏の後任を調べた結果山本氏を超える人物が日本軍に残っては居なかったからだ

11: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 10:38:05.35 .net
東條と連絡も取らず宣戦布告もせずに真珠湾攻撃しちゃった五十六が天才なわけない

12: 名無しの司馬遷 2011/12/14(水) 23:53:04.11 .net
信長はさほど「いくさ上手」ではない

経済と軍事を結び付けて、物量で圧倒することが多いから
今で言うとアメリカの戦争みたいな感じか

14: 名無しの司馬遷 2011/12/15(木) 19:38:56.87 .net
>>12
戦術家としてなら信玄や謙信の方が上だと思うけど
戦略家としてならこの二人より上だと思う。

16: 名無しの司馬遷 2011/12/16(金) 07:25:24.64 .net
>>12
準備も合わせていくさじゃないの?
準備上手なら十分いくさ上手だろ

>>14
信玄は戦術家としても優秀というには微妙じゃね?
負ける時は徹底的に負けてるしなあ

17: 名無しの司馬遷 2011/12/16(金) 19:25:02.09 .net
>>16
武田信玄は村上義清とか長野業正に何度も敗れてるんだっけ?

15: 名無しの司馬遷 2011/12/15(木) 21:33:07.37 .net
水攻めや一夜城などの「策略」込みの合戦なら秀吉は強かったが、
野原での正面衝突なら家康のほうが強かったし、
その家康よりも信玄が強かったし、その信玄と互角以上なのが謙信

20: 名無しの司馬遷 2011/12/19(月) 21:21:32.59 .net
臼井城で上杉謙信を大敗させ赤鬼と畏怖された松田康郷

21: 名無しの司馬遷 2011/12/21(水) 00:21:17.46 .net
てか長野業正が天才中の天才なんじゃないかな。
特に城を守る事にかけては。
信玄も天才である事には変わりない。

23: 名無しの司馬遷 2011/12/27(火) 00:55:42.03 .net
楠木正成に一票。

24: 名無しの司馬遷 2011/12/27(火) 01:01:17.46 .net
まあ、短い時間で最大の成果を挙げたという意味でいうと
普通に義経だね。

25: 名無しの司馬遷 2011/12/27(火) 01:30:01.12 .net
立見尚文

26: 名無しの司馬遷 2011/12/27(火) 09:56:31.89 .net
秋山兄弟

32: 名無しの司馬遷 2012/01/02(月) 14:50:42.73 .net
武運込みなら謙信じゃね?
一次史料でも敵陣切り込みして、
国衆が驚いたと書かれている。
鉄砲の有効距離や命中精度を熟知して
いたからできたと思う。
戦果は誇張されてるけど、
ほんとにつよい。

33: 名無しの司馬遷 2012/01/03(火) 00:42:30.76 .net
謙信を破った松田康郷最強!

34: 名無しの司馬遷 2012/01/04(水) 09:53:55.72 .net
源義経
一の谷、屋島、壇ノ浦の勝利は義経の奇策が無ければ有り得ないだろう

38: 名無しの司馬遷 2012/01/18(水) 23:14:13.05 .net
楠木正成

籠城戦およびゲリラ戦のカリスマ
○赤坂城の戦い(1331)
鎌倉幕府軍 約20万 VS 楠木正成 約500
一ヶ月の籠城→完全に包囲された状態から脱出
○千早城の戦い(1333)
北条治時 約10万 VS 楠木正成 約1000
日本史上唯一の籠城戦の成功例

39: 名無しの司馬遷 2012/01/19(木) 03:08:24.52 .net
島津義弘にゲリラ戦で勝利して義弘から天正の楠木と賞賛された志賀親次

41: 名無しの司馬遷 2012/01/20(金) 19:59:39.04 .net
武田信玄と豊臣秀吉

42: 名無しの司馬遷 2012/01/20(金) 21:09:42.27 .net
秀吉はともかくとして優勢で負けや引き分けが多い信玄が天才とはとても言えない

43: 名無しの司馬遷 2012/01/20(金) 21:46:41.38 .net
信州行ったとき、名うての名将謙信も信玄も、こんなせまい所で
10万もの将兵がぶつかるなどアフォのする事と言った。

孫子も言うように、戦略>戦術なのは明らか。
常に戦略的勝利を最上位に置いた戦略家としては、秀吉が最強。

戦術レベルなら沢山いますがね。
でも、白起や韓信に匹敵する人はいないと思う。

44: 名無しの司馬遷 2012/01/20(金) 21:55:07.15 .net
その点、大村も負けてないと思うがどうよ

45: 名無しの司馬遷 2012/01/21(土) 15:47:41.72 .net
義経はこぎ手=非戦闘員を射る禁じ手を使ったところが天才。
戦争にルールなどない。
勝ったものがルールを作るのだからな!

ちなみに義経の「まず一般人を殺せ!」の教訓を生かして戦争に勝ったのがアメリカ軍。

48: 名無しの司馬遷 2012/01/28(土) 09:18:36.26 .net
生涯1度も負けなかった武田信玄や黒田長政

49: 名無しの司馬遷 2012/01/28(土) 14:12:51.10 .net
信玄は村上や長野に何度も撃退されてるやん

50: 名無しの司馬遷 2012/01/28(土) 16:02:44.89 .net
勝利よりも引き分けおおいしな
敵より数多くて引き分けが多すぎとか情けないレベルだわ

51: 名無しの司馬遷 2012/01/28(土) 17:14:52.48 .net
戦略家ならともかく戦術家が戦術で負けたら話にならんでしょ

52: 名無しの司馬遷 2012/01/29(日) 22:39:16.10 .net
個人的にはあんま好きじゃないけど、秀吉かな。
基盤なしの根無し草から天下人はさすがに他に例がない。

66: 名無しの司馬遷 2012/02/05(日) 03:39:26.69 .net
近代なら立見尚文
旧幕軍側にも関らず用兵能力だけで陸軍大将になった

67: 名無しの司馬遷 2012/02/05(日) 07:26:42.61 .net
景綱、盛次、忠光、景清ら平家の古つわもの23騎を圧倒し
一の谷に籠る数万の平家軍を震え上がらせた
熊谷次郎直実・直家親子と平山武者所季重

68: 名無しの司馬遷 2012/02/06(月) 01:50:24.65 .net
大将たる義経の戦上手あってのことだろ

71: 名無しの司馬遷 2012/02/11(土) 22:36:13.30 .net
石原莞爾関東軍参謀中佐

72: 名無しの司馬遷 2012/02/13(月) 06:10:26.95 .net
作戦課牛耳ってたのが辻政信や服部卓史郎、などではなく、
八原大佐や堀少佐だったら、勝ちはしなかったろうけど、
ボロ負け前に和平に持ち込めたかもな。

73: 名無しの司馬遷 2012/02/13(月) 06:58:52.53 .net
そんな天才がいたらああまで悲惨な敗戦を喫することはなかったはずだけど

81: 名無しの司馬遷 2012/02/17(金) 07:17:42.82 .net
てか近代戦は個人の才能では勝てねーよ
その国の民度
これにつきる

89: 名無しの司馬遷 2012/02/18(土) 07:33:53.89 .net
長尾為景なんかもすごい。
もう少し遅く生まれていれば、そこそこいけたと思う。

91: 名無しの司馬遷 2012/02/18(土) 17:03:52.60 .net
個人的には島津家久
でも、豊臣秀吉が恐れていた黒田如水も
ありかな

92: 名無しの司馬遷 2012/02/18(土) 17:52:19.77 .net
堅田合戦で島津家久を敗走させた佐伯惟定

108: 名無しの司馬遷 2012/02/23(木) 05:37:13.19 .net
日露戦争までは、ロクな教育を受けてなくても戦火をくぐって
生き延びた、本質的に賢明な「豪傑」がそろってたからなあ。

秀才で軍事的天才って
大村益次郎と秋山真之、八原博通とかほんとう十人ぐらいしかいないかなあ。

109: 名無しの司馬遷 2012/02/23(木) 12:07:19.69 .net
大村や秋山は偉大だが、そういう人材を登用した連中が真に偉大だよね。
大村なんて医者出身の技術者なわけで。
彼の将才を見出したのはほんとに凄いと思う。
才能ある人材ってのはいつでもどこにもいるんだと思う。
問題はそれを見抜いて登用できる社会であるかどうか。

110: 名無しの司馬遷 2012/02/23(木) 13:54:59.06 .net
村田は西洋軍事の翻訳で知識を身に着けたんだっけ?
この辺も異常な能力だな

111: 名無しの司馬遷 2012/02/23(木) 14:11:38.60 .net
最初は蘭学の大家ってことで翻訳能力を買われたんだろうね。
そしていろんなもんを翻訳してたんだが、そのうち軍事の翻訳とそれに基づく講義が時勢柄注目を浴びた。
洋式軍隊を具体的に作って指揮した人間は日本人ではいなかったから当人にやらせてみたら抜群の結果に。
要するに軍才、それも単なる指揮能力だけじゃなくて軍を構築する才能が抜群だったんだね。
こんなことはやってみるまでは本人も夢にも思わなかった能力だろうな。
才能ってのは以外な人物に宿ってることが多いんだろうね。

113: 名無しの司馬遷 2012/02/25(土) 11:51:33.01 .net
実は軍事的天才なんてのはいないのかもしんない。
八原高級参謀が戦後言ってたみたいに、
その時代の最新の軍事理論をよく研究し、最近の戦例を調べる。
でもって敵の能力と動きをよく調べて、自分たちの兵力に
なにが出来るかなにが不足しているかを知る。

実はごく基本的な研究と調査を積み重ね、
どうしたら敵に勝てるか冷静に判断する。
自分に都合のいい空想や空理空論に陥らない。

ロンメルなんてまさにそんなタイプだったらしい。
大村でも真之でもそう言うことだったんではないかな。

でもごくごく当たり前のこと出来る奴が、なかなか上に行かないのは企業も同じ。

114: 名無しの司馬遷 2012/02/25(土) 12:07:02.96 .net
当たり前のこときちんとできるってこと自体が才能なんじゃないかな。
天才って言葉からはなんか神業を想起させるけど、神業の中身って当たり前のことの積み重ねと思う。

115: 名無しの司馬遷 2012/02/25(土) 14:57:56.66 .net
義経の場合は当たり前の事をしていたのでは勝てなかった
一の谷での博打にもならなさそうな無謀とも言える奇襲
屋島では嵐の海を逆櫨無用の強行渡海
壇ノ浦での掟破りの水夫討ち
圧倒的に不利な状況で勝ちを拾うには、秀才タイプの指揮官では無理だね

116: 名無しの司馬遷 2012/02/25(土) 23:46:22.62 .net
そもそも戦をする前に、戦えば勝てるという状況にもっていくのがベター。
戦をしないで勝つのがベスト。
となると、秀吉が一番ではないかと。

117: 名無しの司馬遷 2012/02/26(日) 00:43:47.78 .net
秀吉は所詮戦術レベル
戦略では信長に遠く及ばない。

123: 名無しの司馬遷 2012/02/26(日) 19:43:58.65 .net
義経だと思うけど史料的に限界あるのがな。
なので大村さんに一票。
予定通りいかない時は逃げなさいと平然と下知するあたりがただ者じゃないわ。

125: 名無しの司馬遷 2012/02/29(水) 01:35:29.55 .net
戦上手の家系となれば、真田幸隆、矢沢頼綱、真田昌幸、真田信幸、真田幸村、
の真田一族がブチ抜けているのでは。

この中から1人を選ぶとすれば矢沢頼綱を上げたい。特に後北条の大軍を相手にした
天正10、13、14、15年の4次に渡る沼田城攻防戦での奮戦は、
甥の真田昌幸の2度の上田合戦に勝るとも劣らない凄まじさ。

150: 名無しの司馬遷 2012/03/14(水) 20:46:42.06 .net
厨二とか言われてもいい!
おれは幸村を推す!

151: 名無しの司馬遷 2012/03/15(木) 00:21:55.25 .net
おれは後藤又兵衛を推す!

156: 名無しの司馬遷 2012/03/23(金) 01:57:49.88 .net
山本権兵衛>>>>>>越えられない壁>>>>>>山本五十六

157: 名無しの司馬遷 2012/03/23(金) 06:06:23.99 .net
権兵衛は軍政家としてはピカイチだけど。
用兵家としては五十六のほうが上では?

164: 名無しの司馬遷 2012/11/22(木) 21:32:31.76 .net
真田昌幸だろ
徳川の大軍を寡兵で二度も撃退

169: 名無しの司馬遷 2013/04/13(土) 22:17:28.14 .net
板垣退助。
政治家になった後のグダグダっぷりに比べると、軍人時代の戦果は常勝将軍そのもの。
会津攻めでも、大村が先に仙台や米沢を攻略せよ、というのに対し、仙台の伊達家が敗戦続きでやる気を失っているのを見て、
会津を直接叩くほうが戦争が早く終わると、これを退ける。
会津攻めの前に米沢の上杉家に政治折衝を仕掛け、土佐山内家と上杉家が縁戚であることを目につけ、
先に降伏と会津攻めの協力を取り付けてから攻める周到ぶり。
その前にも、岩倉具視の入れ知恵という説もあるが、武田の旧臣が多数いる甲州で、信玄の家臣である、
板垣信方の末裔であるといって、それまでの姓である乾から板垣に改姓するなど、打つ手がすべて当たる、 という感じが軍事的天才であるという感じがある。
日光から白河に転戦する際、板垣の代わりに日光に入った佐賀兵に対し、アームストロング砲とスペンサー銃を 持ち、イギリス式調練を受けながら、実戦経験の浅い点を指摘し、徳川脱走軍の経験豊富さに敗れることを予測するなど、 読みも確か。
西南戦争も西郷の敗戦を読んだあたり、軍事的なセンスはあると思う。
土佐閥にロクな政治家がいなかったため、代わりに政治家をしたのが、この人の不幸だよな。

187: 名無しの司馬遷 2014/10/03(金) 20:15:21.98 .net
>>169
明治維新の頃の戦の天才は板垣、伊地知コンビだと思う
幕府が最新武器整えた鳥羽伏見から連戦連勝してる
それかただ単に兵の強さが幕府とは明らかに違ったか

176: 名無しの司馬遷 2014/06/07(土) 01:10:54.66 .net
大石内蔵助

178: 名無しの司馬遷 2014/06/11(水) 16:55:58.57 .net
守らせたら準備の上手な加藤清正

180: 名無しの司馬遷 2014/08/31(日) 00:11:57.09 .net
毛利元就

182: 名無しの司馬遷 2014/08/31(日) 04:42:49.36 .net
二度も政権を倒した足利尊氏

185: 名無しの司馬遷 2014/09/09(火) 13:12:35.46 .net
いくさの天才とは

1 戦いの場でどのような陣形を組んだり、いつどのように戦いを始めるかが上手なもの
2 敵の仲間を分断したり寝返らせたりあるいは自分の仲間を増やすことが上手なもの
3 自分のためなら死んでもいいという仲間や部下を集めるのが上手なもの(勝手に集まってくるもの)

1、2、3のどの要素を重要視するのか

204: 名無しの司馬遷 2014/10/05(日) 14:57:49.51 .net
>>185
徳川家康でしょ。
それ三つの要素を完璧に持ってるのは。

秀吉も上手かったが「自分のためなら死んでもいいという仲間や部下」がいない。
領地や金で釣ってたのが秀吉で、日本に侵略する領地がなくなったので部下の忠義をつなぎとめるために朝鮮に攻め入った。

209: 名無しの司馬遷 2014/10/06(月) 11:02:01.23 .net
>>204
でも家康の忠臣って大部分が親以前の代からの譜代の臣じゃないの?
成り上がり者の秀吉とは条件が違うじゃん

211: 名無しの司馬遷 2014/10/06(月) 16:06:45.21 .net
>>209
ま、そうだけど、譜代の家臣とはいえ無条件に主君の為に死んでもいいと思うわけではないからね。
少なくともそう思わせるだけの器量がないと。

212: 名無しの司馬遷 2014/10/06(月) 18:24:58.65 .net
>>209
>>211
譜代って言っても
父祖代々のじゃないぞ
ぶっちゃけ今川を裏切った時 家康についた奴らが四天王らだし

一向宗や秀吉に寝返った奴なら 履いて捨てるほどいる

216: 名無しの司馬遷 2014/10/07(火) 09:11:12.74 .net
>>204
家康は>>214の言うところの「身一つで命からがら逃げ出す」をやっているから
いくさの天才ではないだろ

217: 名無しの司馬遷 2014/10/07(火) 15:18:45.72 .net
>>216
天才は一日にしてならずじゃ。

218: 名無しの司馬遷 2014/10/07(火) 20:10:35.42 .net
>>217 謙信でさえ生野山で負けている。

190: 名無しの司馬遷 2014/10/04(土) 00:07:15.49 .net
足利義教

191: 名無しの司馬遷 2014/10/04(土) 00:58:29.26 .net
義教はないw

192: 名無しの司馬遷 2014/10/04(土) 01:11:50.18 .net
>>191
戦った 足利持氏や結城氏や比叡山が何れも強敵ばかりでいずれも殲滅しちまったからな~
義教

214: 名無しの司馬遷 2014/10/07(火) 05:13:54.00 .net
「意外と負けてる」って言われる信長だけど、撤退はあるとしても、
合戦して、「身一つで命からがら逃げ出す」なんとか崩れって名称がつきそうな大敗北は無いよな
あえていうと長良川の戦いか?

215: 名無しの司馬遷 2014/10/07(火) 06:40:57.23 .net
>>214
金ケ崎

234: 名無しの司馬遷 2014/10/27(月) 18:35:15.89 .net
石原莞爾は中国でしか通用しない。
というか日本の優等生参謀はみんな日本軍より機動力の大きい敵には通用しない。
参謀教育が機動力で日本が優ることを前提にされてるから。
中には変な人もいるけど出世しないからなw
八原なんて相当運が良かった。

236: 名無しの司馬遷 2014/10/30(木) 06:41:19.04 .net
戦術、戦技レベルで言うと、米海兵二個師団を
1300人で防いで壊滅した、独立歩兵第12大隊の賀谷興吉大佐もスゴいな。

237: 名無しの司馬遷 2014/11/01(土) 04:42:37.46 .net
北条時宗は最盛期の元を2度も撃退して日本を守った。
「神風」は偶然ではなく正義の行いをする側に味方する。

239: 名無しの司馬遷 2014/11/01(土) 10:36:27.22 .net
神風言い出したの日蓮じゃねえか

241: 名無しの司馬遷 2014/11/02(日) 02:26:36.10 .net
よく義経が推されるけど、ただの卑怯者じゃねーか。
ルール無視の掟破りや不意打ちばっかりじゃん。
そりゃ梶原景時も激オコプンプン丸だわ。

255: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 13:21:08.36 .net
足利尊氏は天才ではないけど、そこそこ戦は上手だった方では?
常に,敵を包囲してやっつけようとしたのは理にかなってる。
不利なときは、すぐ逃げるのも大将としては正しい。
ダメ?戦上手ではない?

256: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 13:46:22.17 .net
>>255 大軍を維持したり、壊滅した軍を早期に建て直すのも軍才になる

少なくとも尊氏の判断力は当代一になる

260: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 20:56:23.77 .net
>>255
南北朝時代の武将ってお互い勝ったり負けたりで
これぞ№1武将って居なくないか

261: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 21:05:38.61 .net
>>260
何せ、戦国時代ですら幕府も朝廷もあったが南北朝時代の場合それすら無い状態だからな

必然的に最強無き強者共の世紀末状態になる

262: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 21:19:29.09 .net
他のスレで言われてたことだが
尊氏は劉備ぽい

良い時とはとことん良いけど
駄目なときはホント駄目だし
ムラがある

265: 名無しの司馬遷 2014/11/15(土) 23:41:35.97 .net
新田さんも鎌倉攻めでは活躍したんだぞぃ と

276: 名無しの司馬遷 2014/12/04(木) 12:08:08.01 .net
大村益次郎、圧倒的武器の性能で勝った戦いだけ

277: 名無しの司馬遷 2014/12/05(金) 22:07:17.25 .net
敵より優れた武器を求めるのは、大将として当然っしょ。
それに幕府側だってフランス製の兵器に、フランス軍顧問までいたんだから、圧倒的とはいえないよ。

281: 名無しの司馬遷 2014/12/06(土) 20:15:02.55 .net
>>277
圧倒的だろ射程距離が2倍近く違う銃で戦ってたんだから、
第二次長州征伐は幕府が「相手の弾が届くのにこっちは届かない」って嘆いてたんだから
鳥羽伏見からは幕府も武器を揃えてきたけどな、鳥羽伏見の時は大村は長州にいて何もしてないけど

282: 名無しの司馬遷 2014/12/07(日) 17:30:37.67 .net
>>281

それで君は兵器の重要性より、戦術のみで戦う作戦家しか認めないわけかい?
長州が四方向から幕府軍が攻められるという「死か降伏か」の状態で、「敵よりいい武器持ったら卑怯」だなんて言ってられると思うの?

278: 名無しの司馬遷 2014/12/05(金) 22:42:34.59 .net
総合的な面で見て信長以上の戦上手はいないと思う
戦術面では思い切りと度胸があり、戦略面では慎重さがある
信長はどの時代に生まれても間違いなく歴史に名を残せる人物

279: 名無しの司馬遷 2014/12/05(金) 23:11:01.89 .net
信長は負けても勝つまで止めないから最終的に勝ててるって感じかな
勝ち目ないとみた相手や状況では土下座外交だし

298: 名無しの司馬遷 2014/12/22(月) 21:49:10.22 .net
戦国最強の釣り師
島津家久やろな。

299: 名無しの司馬遷 2014/12/26(金) 12:50:55.40 .net
天才かどうかハッキリしないが坂上田村麻呂が戦いで勝ってくれたおかげで
日本列島に2つの国が存在しないわけだな

300: 名無しの司馬遷 2015/01/02(金) 16:45:33.45 .net
>>299
坂上田村麻呂は蝦夷軍団にかなり苦戦したみたいだけど

301: 名無しの司馬遷 2015/01/02(金) 22:31:10.12 .net
徳川四天王の酒井忠次。

対織田戦で、柴田勝家を破った。
三方原で最強の武田軍を押し返した。
長篠合戦の前哨戦で、武田の重要拠点を奪った。

憎たらしいけど、妙に負けしらず。

305: 名無しの司馬遷 2015/01/04(日) 09:06:52.16 .net
いくさの天才は?ということだよね
秀吉などは交渉力や政治力や人の扱いが上手だったから
勢力を広げたり戦いに勝ったりできた面もあるから
単純にいくさの力というのであれば
時の権力者を相手に勝利した者ということで
大村益次郎とか足利尊氏など

306: 名無しの司馬遷 2015/01/04(日) 16:35:47.36 .net
秀吉は足軽から下級指揮官へ、さらに部隊司令官まで成り上がっているからねえ。
決して、敵方への調略、謀略だけでのし上がったわけではない。
体力的に一番首、一番駆けで武功を立てるタイプでもないし。
実戦指揮能力がなければ、あの信長が城を任せたり、大軍を預けたりするわけがない。
昔、学生の頃読んだ歴史書(名前忘れた)では「若い頃の秀吉は、小部隊を預けられ水際だった動きを見せて信長を驚かせた」と書いてあった。
原典はわからないけど、秀吉の実戦能力は高かったでしょう。
佐久間とか林とか、なみいる重臣をおしのけて出世したんだから。

307: 名無しの司馬遷 2015/01/04(日) 19:30:08.87 .net
秀吉はあまり武功はないけど、低い身分だったから、命がけで頑張った印象がある
木綿藤吉と言われるだけありよく働いたのは事実
戦国時代で強い武将ではないけど、とにかくよく働いて気が利く武将だった

308: 名無しの司馬遷 2015/01/04(日) 19:37:57.20 .net
後半の秀吉は財力を生かして水攻めやインフラ使って別次元で戦ってた印象

309: 名無しの司馬遷 2015/01/06(火) 17:18:03.04 .net
足利義教

豊臣秀吉

徳川家康かな。

織田信長と明智光秀は本能寺と山崎で
僅差。

310: 名無しの司馬遷 2015/01/06(火) 19:15:00.95 .net
義経と正成で決まりでしょ

311: 名無しの司馬遷 2015/01/06(火) 20:02:01.86 .net
秀吉だな。
こいつは自分の命張る場所も分かった上で可能な限り堅実に勝とうとする。
家康は関が原の戦いの部隊配置が納得いかない。
賭けに出たんだろうけど自分の命まで賭ける必要はないはず。

312: 名無しの司馬遷 2015/01/07(水) 00:52:01.68 .net
江戸時代初期にシャム(現在のタイ)に渡って活躍した山田長政

シャム国王から勇将として信頼されていた

314: 名無しの司馬遷 2015/01/10(土) 11:29:00.10 .net
秀吉を影で支えたのは弟の秀長
柔軟な思考の持ち主で敵との交渉も上手い
紀州、四国、九州攻略には秀吉は参加しておらず秀長の功労が大きい

318: 名無しの司馬遷 2015/03/01(日) 16:26:26.92 .net
雁の群れが乱れているのを見て、伏兵の存在を察知した源義家。

義経のような天才ではないけど、武士の草分け的存在。
豪族には慕われたが、院や公卿には鬼のように恐れられた。

319: 名無しの司馬遷 2015/03/01(日) 16:35:16.45 .net
何で、みんな、上杉謙信を推さないわけ?
意外と人気ないのね。

321: 名無しの司馬遷 2015/03/01(日) 17:50:25.88 .net
大村じゃないか
勝てるわけのない戦で勝利したんだから普通に凄い

西郷もありだけどやる気なしとはいえ最後負けてるからな
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1323777932/