70: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)15:14:13 ID:dkU8dQkVy
ダラダラダラと語ってきてしまったので、ここまでの大きな流れを整理してみたい。

まず、7世紀にササン朝ペルシアと東ローマ帝国が大戦争を続けているさなか、
突然アラビア半島で「イスラーム」という宗教が誕生し、「正統カリフ」たちの指導のもとで
アラブ族たちが「大征服」を開始する。ササン朝はあっさり崩壊し、東ローマも領土の半分を失う。

アラブ族たちは内乱を経て「ウマイヤ朝」を立てる。
ウマイヤ朝はさらに拡大し、東は中央アジア、西はイベリア(スペイン)にまで達する。
言い忘れていたけど、中世イスラーム世界の地理認識ではイラク・シリアあたりを中央として、
それより東のイラン・中央アジアを「マシュリク」(東方)、北アフリカ・イベリアを
「マグレブ」(西方)と呼んでいた。

ウマイヤ朝ができて100年ぐらいすると、中央アジアで反乱が起こって「アッバース朝」が誕生する。
このアッバース朝は、アラブ人中心のウマイヤ朝とは違ってペルシア人を重用した。
これ以後、イスラームを生み出したアラブ族は、とくにマシュリクではどちらかというと二線級の存在になる。

ところがアッバース朝は広大すぎる領土を統制しきれず、各地で地方政権が成立。
イベリア(アンダルス)の後ウマイヤ朝、北アフリカ(イフリーキヤ)のファーティマ朝は「カリフ」の称号すら名乗った。

東方では9世紀頃からテュルク系遊牧民が流入開始。
最初は傭兵として、のちには征服者としてイスラーム世界の東半分を制覇する。
12世紀頃までには、マシュリクは武人であるテュルク人と文官であるペルシア人が君臨する世界になった。
エジプトより西のマグレブでは依然アラブ系が主流。

ちなみにこの頃までに、イスラームという宗教はウマイヤ朝やアッバース朝の領土をさらに越えて拡大している。
「イスラーム」というのは聖職者がなく、一般的なイメージに反して異教徒を改宗させることにはあまり熱心ではない。
しかしアッバース朝のもたらした平和のもとでインド洋全域に乗り出した交易商人たちや、砂漠や草原を行く隊商たちは
訪れた各地の人々に「イスラーム」という宗教の存在を印象づけた。
とくに西アジアに比べてあまり文明の進んでいない地域(ほとんどどこでもそうだけど)では、
「イスラーム」は文明の象徴として受容される傾向にあった。

13世紀、モンゴル帝国が成立するころまでに、「イスラーム」はサハラ砂漠の南のニジェール流域、東アフリカの沿岸部、北インドと南インドの沿岸地域、内陸ユーラシアの大草原、南シベリア、
そして中国南部の沿岸地域にまで伝播していた。
71: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)15:27:27 ID:dkU8dQkVy
飛ばしていたところについて追加で説明すると、まずインドの状況。

テュルク系傭兵が建てたガズナ朝のマフムードは13回もインドに遠征したけれど、
これはあくまで一過性の掠奪遠征に過ぎなかった。
しかしインドの豊かさを知った中央アジアのテュルク人たちは、これ以後本格的なインド進出を目指す。

ガズナ朝に取って代わったゴール朝はデリーまで進出。
ゴール朝が衰えると、配下のマムルーク、つまり軍事奴隷が独立して「奴隷王朝」を築く。
この奴隷王朝に始まる5つの王朝を「デリー・スルタン朝」と呼び、デリーを中心に北インドを征服していった。

もう一つはアフリカ。

サハラ砂漠の南の熱帯地方には、早くからガーナ王国という大国があった。
この地方は砂金や岩塩が豊富で、イスラームが北アフリカを征服すると、多くの商人が来るようになった。
ガーナ王国や、その後に成立したマリ王国の支配者たちは徐々にイスラームを受け入れ、
学者を保護し、学院を立てて本格的なイスラーム国家に変化していく。

時は流れて11世紀。
後ウマイヤ朝とファーティマ朝が衰退してマグレブ(西方)が混沌としはじめる頃。
サハラ砂漠西部のセネガルで「イスラーム神秘主義」という宗教運動が広まり、
武装教団のようなものが結成される。
(ファーティマ朝以来、マグレブではしょっちゅうこの手の武装教団が登場する)

彼らは「アル・ムラーヴィト」と自称し、サハラ砂漠の南北を蹂躙し、
北アフリカの沿岸部を制圧し、さらにイベリア半島に乗り込んでキリスト教徒と激闘を繰り広げた。

それからほどなく、今度は「アル・ムワッヒド」という武装教団が出現。
これも全く同じようにサハラ砂漠の南北を蹂躙し、北アフリカの沿岸部を制圧し、
イベリア半島に乗り込んでキリスト教徒と激闘を繰り広げた。

でもこのあたりの歴史については、東方との関わりも少ないのでこのくらいでいいかと思う。
72: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)15:47:11 ID:dkU8dQkVy
さて、モンゴル帝国のフレグが西アジア征服を開始したとき、エジプトに一人の英雄が現れる。
彼の名はバイバルス。出身は南ロシア。
no title
モンゴル軍がロシア・東ヨーロッパに遠征したときに少年だったバイバルスは捕虜となって、
奴隷商人に売り飛ばされた。
もともと片目だったのでなかなか買い手がつかなかったが、やがてエジプトを支配するアイユーブ朝
(十字軍と戦ったサラディンが建てた国)のスルタン親衛隊に取り立てられる。
奴隷軍人、この頃イスラーム世界各地で盛んに使われていた「マムルーク」だ。

バイバルスはおそろしく体力があって、鎧を着たまま筏を引っ張ってナイル川を泳ぎ渡ったり、
1日で600キロを駆け抜けたあとに平気でポロの試合に出場したりしたらしい。

そんななか、エジプトにフランスの「十字軍」が来襲する。
そのとき折あしく、スルタンは重病で瀕死の状態だった。
やむなく「シャジャル・ドッル」という王妃が国政をとり、マムルークたちが奮闘してフランス軍を破り、国王を捕虜にした。
ちなみにこの「シャジャル・ドッル」ももともとは奴隷出身だった。

シリアに出陣していた王子が急ぎ帰国して王位につくが、彼は奮闘したシャジャル・ドッルやマムルークたちを蔑ろにした。
不満を持ったマムルークたちは王子を襲って殺害する。

ちなみにこのとき何を思ったか、マムルークたちは閉じ込めていたフランス王を引き出して、
彼の目の前でアイユーブ朝の王子を切り捨てたらしい。
フランス王迷惑www

そんなわけでアイユーブ朝は滅亡し、奴隷軍人マムルークたち自身の王国、「マムルーク朝」が成立する。
初代国王はなんとシャジャル・ドッル。
イスラーム史上稀有の女王になった。
73: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)15:55:58 ID:jqDJiUxnV
おもしろいな
良スレあげ

74: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)15:57:11 ID:dkU8dQkVy
ところがエジプトでは政変が続く。

シャジャル・ドッルは女王であることに不安を感じたのか、有力なマムルークの武将と結婚し、彼に王位を渡す。
粛清が始まり、ライバルになりそうなマムルークたちは軒並み殺されるか追放された。バイバルスもその一人だった。

1258年。
東方から来た魔将フレグはバグダードを占領し、アッバース朝最後の飾り物のカリフを処刑した。
一説では、カリフが財宝を惜しんで守備兵を雇わなかったことを嘲笑して、宝石庫に閉じ込めて餓死させたとか。
陰険である。

圧倒的に強力な魔軍モンゴルの出現を前に、「十字軍戦争」どころではなくなった。
シリア沿岸で延々叩き合いをやっていたキリスト教徒とムスリムは、揃ってモンゴル軍に降伏。
昨日までの宿敵同士が仲良くエジプトへ進軍を開始することになった。

エジプトが落ちれば北アフリカも落ち、地中海も落ち、世界はモンゴルに征服される。
この危機を前に、祖国を追われたバイバルスは手勢を率いて帰還する。
75: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:07:40 ID:dkU8dQkVy
ところで当時エジプトを支配していたマムルークというのは、基本的にテュルク系の遊牧民。
要はモンゴル軍と同じく、中央ユーラシアの草原出身で、草原の騎馬戦術を知悉している。
おまけにモンゴル兵は「ふつーの遊牧民」が副業で軍人をやっているだけなのに対して、
マムルークたちは、いずれ現れるであろうモンゴル軍に備えて、職業軍人として軍事訓練を繰り返していた。

それでも、魔軍モンゴルはこの時点でほぼ常勝不敗だった。たぶんマムルークたちは絶望的な心境だっただろう。

ところが、ここで変事が起きる。
遠く中国に出陣していた魔王モンケが急死、魔将フレグは次期魔王決定戦に備えて急ぎイランへ撤退する。
あとにはたった1万2千のモンゴル軍が残された。
が、「それでも俺らは無敵だし」と大胆にもモンゴル軍は更に南下を続けた。

そして両軍は、南パレスチナの「アイン・ジャールート」で激突する。

このとき先鋒の将軍だったバイバルスは、モンゴル軍が得意とする囮戦術を使って、
逆にモンゴル軍を罠に引きずり込んで包囲殲滅した。

無敵モンゴル軍は建国以来半世紀を経て、はじめて、白日の下で、完膚なきまでに惨敗した。
魔法は解けた。モンゴルは魔軍ではなく、単なる人間だったことが証明された。

英雄になったバイバルスは帰りの最中にサクッと邪魔な上司を暗殺して、自分が王位につく。
それ以後バイバルスはものすごい活躍を開始する。

内政を整備しまくり、外交を駆使しまくり、外征しまくって、
ついに「十字軍」を事実上すべて叩き出すことに成功。
その後も繰り返されたモンゴル軍の侵攻もすべて撃退した。
バイバルスはあまりに頻繁に遠征したので、「生涯で地球を七周半した」とも言われている。

これ以後、中央アジアからイランまではモンゴル帝国の勢力圏、
シリア・エジプトはマムルーク朝の勢力圏として、両大国が拮抗する情勢となる。
76: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:11:29 ID:jqDJiUxnV
ほうほう、続けたまへ

77: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:27:22 ID:dkU8dQkVy
14世紀になるとモンゴル帝国は分裂を重ね、イラン高原なんぞ群小豪族と宗教団体が入り乱れる戦国乱世となった。
そんななか、中央アジアで突然、歴史の流れを力づくで逆行させる一大英雄が出現した。

彼の名はティムール。
no title
モンゴル系の小貴族の子で、子供のころは羊泥棒なんぞをやっていたらしい。
捕まって足を散々殴られたせいで生涯片足が使えなくなったともいう。

だがしかし、青年になったティムールは中央アジアに東西から様々な野心家たちが攻め込む中で、次第に頭角を現し、1360年には中央アジア最大の都市、サマルカンドに入城した。

ティムールは全人類の歴史上で、戦場での指揮能力だけで見れば最強の軍人だったと思われる。
彼はこれから東西南北に息つく間もなく遠征し、たった一人でモンゴル帝国の西半分、ユーラシアの三分の一を再統一してしまう。
峻険な山岳地帯も、灼熱の砂漠も、氷雪の荒野も、荒波の蒼海も彼を阻むことはできなかった。
ティムールは、北はシベリア、南はインド、西は地中海までを征服し、抵抗するすべての都市を破壊し、抵抗したすべての人間を殺し、至る所で頭蓋骨のピラミッドを建設し、そしてあらゆる職人をサマルカンドに連れ帰った。

世界中の美しいものを破壊し、美しいものを作る人間をサマルカンドに集めて、サマルカンドにその美を再現させた。
そういうわけで、現在のウズベキスタンに位置する古都サマルカンドは「中央アジアの真珠」と言われる美都となった。

ちなみにティムールにはいろいろな逸話がある。

たとえば、彼はチェスの達人だった。戦いの前夜には深夜までひとりチェス盤に向き合って、駒を動かしながら作戦を練ったという。
息子が生まれたときにチェスの勝負をしていて、王と城の駒を取ったところだったので、
「シャー・ルフ」(王・城)なんていうDQNネームをつけている。

文字は読めなかったけど何か国語をも理解し、歴史物語を語らせるのが好きだった。
シリアのダマスカスを包囲したとき、ちょうど城内にいた北アフリカの大歴史家イブン・ハルドゥーンを呼び出し、
延々北アフリカの地理について説明させたあと、古代バビロニアのネブカドネザル王が
どの民族だったかという無意味にアカデミックな議論を吹っかけたらしい。

敵に対しては血も涙もない人物だったけれど、部下はとても大切にしたらしい。
毎回サマルカンドを出陣するときに、城門の脇に兵士一人ひとりに石を投げさせた。
兵士たちが次々に出陣するにつれて、城門の脇には石の山ができた。
軍が凱旋すると、今度は兵士たちに石をひとつひとつ拾わせる。
それでも、戦いで死んでいった者たちの数だけの小さな石の山が最後に残る。
ティムールはそれを見て慟哭したと伝えられている。

そんなティムールはえらく年寄になるまで飽きもせず征服戦争を続け、70歳も過ぎてから「次は中国遠征」と号令。
何十万もの馬や羊や山羊を駆り集め、何年もの遠征の準備を整えて真冬に出陣したは良いものの、寒さのあまり酒を飲みすぎて心臓発作を起こし、行軍中に急死。

ティムールの死とともに一代で築かれた大帝国は崩壊し、歴史の流れはもとに戻る。
元通り、モンゴル帝国の崩壊と分裂というプロセスが再開する。
78: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:42:30 ID:dkU8dQkVy
さてこの頃、イスラーム世界の最辺境で新しい勢力が生まれようとしていた。

11世紀後半、セルジューク朝のアルプ・アルスランが東ローマ帝国を破って以来、
アナトリアにテュルク族が続々と移住し始めた話をしたと思う。
当然ながら彼らはムスリムで、セルジューク朝の分裂とともにアナトリア各地にいくつもの小国が成立した。

そんな状況のところ、13世紀の中ごろに遥か東方から「エルトゥルル」という老族長が、
一握りの家畜と一族を連れて流れ着き、「ルーム・セルジューク朝」という地方政権に保護を求めた。
どうやらモンゴル軍の中央アジア侵攻から、命からがら逃げ落ちて来たらしい。

ルーム・セルジューク朝はエルトゥルルに領土の最西端、異教キリスト教の東ローマ帝国と接する地域に小さな領地を与えた。
エルトゥルルは生涯を族長というより羊飼いの長老レベルの人物として過ごした。

エルトゥルルの息子のオスマンはもう少し勢力を拡大した。
時は乱世になりつつあった。
辺境の地では宗教の違いはあまり問題にならない。
その土地ではキリスト教徒もムスリムも混じり合い、気兼ねなく近所づきあいをし、助け合って暮らしていた。
オスマンは冬は平地の町で暮らし、夏に高原に放牧しに行くときは麓のキリスト教の修道院に荷物と女子供を預けたという。

オスマンは夢があった。
彼が知っている世界の中でいちばん大きくて一番輝かしい町、「ブルサ」という丘の上の田舎町を、いつか自分のものにしたい。
オスマンは生涯をかけてこの夢を追い、何年もかけてブルサを包囲し、ブルサ陥落直前に世を去った。
彼が死んだとき、蔵には粗末な衣服と皿と匙、数枚の金貨程度しか残っていなかったという。

このオスマンから、やがて三つの大陸に600年間君臨する「オスマン帝国」が始まる。
80: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:57:27 ID:dkU8dQkVy
その頃、ルーム・セルジューク朝はもとより、千年続いた東ローマ帝国も滅亡を迎えようとしていた。
東ローマ帝国末期の相次ぐ帝位継承争いのなかで、アナトリアのテュルク系ムスリムたちはしばしば傭兵として使われた。
オスマン一族もその動きに乗って領土を拡大する。

東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルは黒海と地中海を結ぶボスポラス海峡に面する。
海峡の西はヨーロッパ、東はアジア、しかし海峡の幅は泳いで渡れるほどに狭い。
その狭い海峡を隔ててコンスタンティノープルを指呼の間に臨むスクタリがオスマン家の手に落ちた。

ついで帝位継承戦争の援軍として海峡を渡り、ヨーロッパ大陸に進出。勢いに乗って要衝アドリアノープルを占領。
ブルガリアを破り、セルビアを破り、キリスト教徒の騎士たちをも自軍に組み込み、
いつしかオスマン家はちょっとした地域政権になっていた。

1389年、コソヴォの戦いでバルカン半島のキリスト教諸侯連合軍を撃破。
ところがその陣中で、時のスルタン、ムラト1世が刺殺される。
その場に居合わせた王子バヤズィトは直ちに即位し、その後破竹の快進撃を開始した。
no title
バヤズィトは疾風迅雷、神速の用兵を得意とし「雷光王」とあだ名される。
彼の指揮のもとで、オスマン家はバルカン半島の大半、アナトリアの大半を制覇した。
ところが、ここで「第二の魔王」ティムールが登場する。

アナトリア中部のアンカラでオスマン軍とティムール軍が激突。
さしもの雷光王も「第二の魔王」の敵ではなく、大敗を喫する。
バヤズィト自身も捕虜となり、オスマン国家は一時滅亡してしまった。

しかしティムールは遠隔のアナトリアにはあまり興味もなかったうえ、
いずれにせよ間もなく酒の飲みすぎで死亡する。

オスマン家の王子たちは体制を建て直し、国家を再建する。
そして1453年、オスマンの第7代スルタン、わずか21歳のメフメト2世は16万もの大軍を動員し、
一千年間にわたって陥落することがなかった東ローマ帝国の首都、コンスタンティノープルを占領した。

「ローマ帝国」はついに滅亡し、コンスタンティノープルに入城したメフメトは町を「イスタンブル」と改名。
ローマ皇帝の継承者と称した。

オスマン国家は「オスマン帝国」となったのだ。
79: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)16:46:27 ID:dPFPohqD6
世界史のセンター試験満点かい

81: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)17:01:48 ID:dkU8dQkVy
ちなみにコンスタンテティノープルの城壁はとてつもなく頑丈で、大砲を連射しても破れなかった。
最後に都が陥落した原因は、

鍵のかけ忘れ


>>79
98点
98: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)20:15:42 ID:5zbyFEnlI
>>81
金閣湾を封鎖されたので、船を丘超えさせたとか

108: 名無しの司馬遷 2014/07/21(月)19:09:59 ID:sHNWsPuFe
>>99
あー、それ書くべきだったね。
コンスタンティノープルの内港である金角湾に面する城壁は低いからと艦隊を無理やり丘越えさせたんだけど
残念ながら決定打にはならなかった。
現地歩いたことあるけど、丘というより小山に近い高さ&傾斜。
82: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)17:06:09 ID:dPFPohqD6
パねぇ
オスマン帝国セリム1世とサファヴィー朝イスマーイールとムガル帝国1460~1700年