166: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)22:40:47 ID:vyntEzX1B
さてプルート川でピョートル大帝を撃退し、カール12世をポイ捨てした後のオスマン帝国である。

オスマン帝国としては近頃不気味に力を増しつつある西の異教徒どもに積極的に関わる気はなかったのだが、
ロシア撃退でそこそこの自信も回復してきたので、地中海でうろちょろするヴェネツィア共和国に対して大国の威厳というものを軽く教育してくれようという気になった。

ところがヴェネツィアとの小戦は、油断なくオスマン帝国の動向を見張っていた列強の警戒心を刺激したらしく、再びハプスブルク朝オーストリアとの全面対決となってしまった。

この戦争において、オスマン帝国はとある敵将に無双乱舞を食らわされ、いたるところで敗走する。
その敵将の名は「プリンツ・オイゲン」。
no title
フランスの太陽王ルイ14世の落胤とも噂される不世出の名将であり、そういえば去る大トルコ戦争でもハンガリーのゼンタで3万人ものトルコ兵を川に追い詰めて溺死された天敵であった。
今度の戦争ではオイゲンがオーストリア軍の総司令官となり、大宰相を敗死させ、ベオグラードを陥落させた。
167: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)22:42:50 ID:vyntEzX1B
華麗なるオイゲン無双の結果、オスマン帝国は大トルコ戦争で失ったハンガリーを回復することはおろか、セルビアとボスニア北部、ワラキア西部までオーストリアに持っていかれた。
ヨーロッパ大陸のオスマン領は縮小する一方だった。


異教徒どもとの聖戦なんてろくな結果にならないと理解したオスマン人たちは、余計な野望はさっぱり捨てて、しばらくは庭園建設だのチューリップの栽培だのに熱中していた。
世にいう「チューリップ時代」である。


そんなとき、東で衰弱を続けていたサファヴィー朝ペルシアがついに瓦解した。

アジア側なら得手のものだと思ったのか、オスマン帝国は久しぶりにペルシア遠征を断行する。
ところがそこで待ち構えていたのは、かの「ペルシアのナポレオン」である。

この「アフシャール戦役」にすらオスマン帝国は敗北。
だらしない政府と重税とのんきなチューリップブームに怒り心頭に発したイスタンブルの市民たちはパトロナ・ハリルという元イェニチェリ兵士を先頭に暴動を起こし、
ときの大宰相イブラヒム・パシャを処刑して、スルタン・アフメト3世を廃位したのだった。
168: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)23:01:00 ID:MOmC5vf1B
この頃、イェ二チェリは暴走しがちで、兄貴もイェ二チェリのクーデターで廃位させられたよね

170: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)23:06:05 ID:vyntEzX1B
>>168
ムスタファ2世だね。この頃は暴動ばっかり。

169: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)23:03:19 ID:vyntEzX1B
いまや「オスマン家の崇高なる帝国」は衰退しつつある。


わずかながら、認めたくはない真実を直視する人々も現れた。

たとえば、この頃から少しずつ、宿敵たる西方の異教徒たちからも学ぶべきことは学ぼうという動きも現れる。
アフメト3世ははじめて西欧に視察大使を派遣したし、すこし後にはプリンツ・オイゲンの元部下で
彼と折り合いが悪くなって出奔してきたクロード・ボンヌヴァルなるフランス軍人を雇って、
ヨーロッパ式の軍事改革を試みさせている。

まあ、改革なんてものは最初からうまくいくわけがないので、どれも保守派に潰されたけど。


確かに帝国は組織疲労を起こしていた。

かつてスレイマン大帝のもとで武名を轟かせたイェニチェリ軍団は、なにか気に入らないことがあるとシチューの大鍋をひっくり返して大通りをデモ行進するだけの無駄飯食らいと化していた。

インフレで財政は火の車になっていた。
徴税を民間人に下請けさせたところ、後先考えない請負人たちのせいで農村が荒れ果てた。
徴税請負人たちに責任意識を持たせようと彼らに個々の管轄地域を設定して終身徴税権を与えてみたら請負人たちは管轄地域を私物化して、土地のご領主様(真面目な歴史用語では「アーヤーン」)と化した。
いくらご領主様が領地の発展に成功しても、政府は何も得をしないのであった。

そんなこんなで、18世紀のオスマン帝国は緩やかに衰えていったのである。


しばらく休憩。
171: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)23:16:49 ID:MOmC5vf1B
中央政府にとっては、徴税請負の終身契約制が悪手だったね

173: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)01:19:41 ID:HTne1Yfsr
18世紀後半、オスマン帝国は緩やかに衰退し続け、その東ではイラン高原が動乱のさなかにあった。
ところで、1707年にムガル帝国のアウラングゼーブが没した後のインド亜大陸の情勢はどうであったか。


アウラングゼーブの負の遺産はあまりにも巨大だった。
そもそも、彼はあまりにも長生きし過ぎていた。なにしろ享年88歳である。
その死後帝位を継いだバハードゥル・シャー1世は、その時点で65歳である。
寿命尽きるまでにどれほどのことができるやら、暗澹たるものだった。

西北インドのシーク教徒が反乱を起こした。
国庫が破産した。

二つの宜しからぬ治績を残して老皇帝が崩御したあと、ムガル帝国の実質的な支配権は
皇帝の手を離れ、宮廷の高官たちの手に渡った。

宮廷内では高官たちの権力争いが常態化した。
以後の歴代皇帝は有象無象なので固有名詞を出す必要もないと思われる。
何人か、それなりに目端が利いて有能な政治家も出たのだが、前向きなことは何もしない皇帝たちも有能な大臣の足を引っ張ることだけは積極的だった。

内政は麻痺した。賄賂と陰謀が横行した。閲兵式では同じ兵士が何度も同じ場所を行進し、
軍馬はその筋の業者から自称騎兵にその都度貸し出された。

1724年、ときの帝国宰相ニザームが覚醒した。

「こんなところでグダグダ過ごしているのは人生の無駄遣いやな」
宰相は一族郎党を引き連れて職場を放棄し、はるか南のハイデラバードに去っていった。
「今日からここで新しい国作るわ」

たちまち真似する者が続出した結果、ベンガル、アワド、パンジャーブなどに相次いで太守領が成立。
自称ムガル皇帝の忠実な臣下にして地方長官、実質は独立国家の君主である。


いたるところで領主たち、ヒンドゥー諸侯が反旗を翻した。
南インドのマラータ族が北進を開始した。

そしてそんな中、1738年にあの男、ナーディル・シャーが来襲した。
174: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)01:41:59 ID:HTne1Yfsr
「デリーはこの世に選ばれし都たれり
 そこに住まうは選ばれし人たれり
 天はデリーを奪い、荒れ果てさせたれど
 我こそはその荒みし町の住人なり」

この時代を代表する詩人、ミールはこう記した。


アフシャール朝ペルシアのナーディル・シャーはグダグダのムガル帝国正規軍を鎧袖一触で壊滅させデリーに入城するや住民の無差別大虐殺を行い、推定7億ルピーの富を略奪した。

この侵略は病み衰えたムガル帝国にとって、止めの一撃になった。


帝国の権威は地に堕ちた。

財政は破綻し、貴族たちはもはや強欲というよりも生存のために争い合った。

デカン高原から北上したマラータ王国が一時インドを圧するかに見えたが、同時にアフガニスタンから自称「真珠の中の真珠」が来寇し、マラータ王国を敗走させる。
とはいえ、アフマド・シャー・ドゥッラーニーもインドの新しい覇者になるほどの力はない。
ラホールのシーク教徒たちが彼を妨害し、アフガニスタンへの撤退を強いた。


さしあたり、強い国家はどこにもなかった。

夢醒めて、大ムガル帝国はデリー近辺を保持する一王国と化した。
帝国から独立した各地の太守領でも、おおむねの傾向としては、内乱が頻発し腐敗が横行していた。


次なる亜大陸の覇権はいかなる勢力の手に帰すのか。
最後に勝利を収めたのは、舞台の外から乱入してきた大英帝国だった。


今夜はここまで。
175: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)02:59:01 ID:l8fMFQMDZ
まさに千夜一夜物語だな

177: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)08:18:11 ID:Dkh9FmPvc
>>175
うまいことを言うw

176: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)04:08:34 ID:qTT5oIKOU
魔王軍イギリス

183: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)16:09:44 ID:9eSf3g1yd
>>176
俺のイメージでは、イギリスはインテリ経済ヤクザだなw

180: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)13:09:24 ID:l8fMFQMDZ
仏教とイスラム教のかかわりってあまりないんだろか?

181: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)14:07:24 ID:ILdQcf5t5

自分には何の役にもたたない知識だけど、だからこそとても面白いよ

182: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)14:29:01 ID:Febee7yI6
アッラーフアクバル

184: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)22:16:03 ID:1eNn3de5Z
>>175
シェーラザードに改名する手もあるかな(だがしない)

>>176
ジョージさんやエドワードさんやヴィクトリアさんに魔王オーラは感じないなw
でもシャーロック・ホームズや切り裂きジャックが行き交う19世紀英国は確かに魔国かも。
そして某ポッターを思い出したw

>>179
さりげなくマイルール「固有名詞は極力重複させない」。
セルジューク朝の宰相もハイデラバード藩王国の初代も同じニザーム・アル・ムルクだけど、
後者はあえて「ニザーム」としか書いていないなど。でも確かに慣れないとややこしいね。

>>180
探せばいろいろあるだろうけど、キリスト教とかユダヤ教とかに比べると接点少ないからねえ。
イスラームが西インドに入って来たときには仏教は東インドで虫の息だったし、
仏教が続いた東ユーラシアはイスラーム世界にとっては辺境だし。

>>181
うん、自分にとっても役に立っていないw

>>182
ムガル帝国第3代皇帝がアップを開始した模様

>>183
第二次大戦以降はそんな感じだね。
それまでは「ネクタイを締めた海賊」かな。
イスラームと海700~1800年
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1405776434/