no title
2: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 18:54:01.60 ID:fVmsJxcq.net
ぬっくんじゃ人が良すぎるわ。 
やっぱり木村拓哉に演じて欲しかった
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/nhkdrama/1453282630/
6: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 20:46:43.82 ID:2ukq4btC.net
ところでどうしてみんな光秀のことは言わないの?

9: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 21:48:48.62 ID:YmGY74Gf.net
>>6
光秀も謀叛は自分が天下人になるためのもの
小山田も小早川も裏切ったのは長いものに巻かれるため

7: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 21:22:14.53 ID:YEQwzqx1.net
小早川秀秋にしたって
徳川につくのが当然と思われても志方ない状況なのに
あんな差配した三成が馬鹿なだけで

お拾いが産まれて秀次がああなって
小早川の養子になったから良かったが
下手すりゃ秀次の二の舞いだったんだし

10: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 22:28:43.67 ID:NtmJmSm1.net
小早川秀秋は元々家康に恩があって会津討伐の為に挙兵したが大阪に途中滞在してるときに三成挙兵に巻き込まれてなし崩し的に西軍に組み込まれたんだっけ
北政所に育てられ元々領地近い黒田とも仲良くて朝鮮にも行ってたから秀秋は武断派に属してる可能性高かった
豊臣家から小早川家に養子に出されたのは追い出されたか逃げたのか、どちらにせよ関白候補として育てられたはずの秀秋にとって秀頼には複雑な感情はあっただろう
信繁大阪人質時代に秀秋出てくるっぽいからその辺どう描くかな・・・まぁステレオタイプの小物秀秋でもいいけどさ

11: 名無しのしばせん 2016/01/20(水) 22:39:16.82 ID:0A3o2bRh.net
>>10
というか、秀秋は逃げたというか北政所さんが逃がしたのかもしれない
秀頼が産まれてからの秀次さんの惨劇を見たらね

15: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 00:08:06.37 ID:92h35Vvb.net
つーか秀秋みたいな鬱野郎にキーポイントとの松尾山を
占領された事が三成の不覚。関ヶ原に釣りだされたのも
第2の不覚。足らればは無いのだが大津城攻めの15000が戻ってくるまで
大垣城にデーンと座ってれば善かった。時間さえあれば
松尾山の秀秋なんか暗殺出来たろうし

16: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 00:08:49.81 ID:3rMDcsMk.net
なんで小早川のスレになってんだよ

23: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 13:16:38.94 ID:jDPt/pON.net
小山田信茂に近い裏切り方って、源義朝を騙し討ちした長田忠致や、藤原泰衡を裏切った河田次郎か。
どっちも源平の時代の人だな。

24: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 13:47:56.36 ID:+H7EWuCh.net
前田利家わすれるなw

25: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 14:44:01.67 ID:6EnRWFiq.net
あの時代はそんなもんだろ、
もっと根っこにあるものを判断材料にしないと流れはわからない。
生き残りの決断をしたら色々裏目に出た。
そんな世の中をなんとかしたいと、その後の武将達は生きてゆくわけだが。

27: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 19:33:14.51 ID:xAaqxkh1.net
織田の武田征伐が始まってから小山田にできることは
1.織田に降参する
2.他大名に鞍替えする
3.武田とともに最期まで戦う
4.すべてを捨てて逃げだす
くらいしかないのかな?

30: 名無しのしばせん 2016/01/21(木) 22:08:22.92 ID:92h35Vvb.net
小山田も北条とは対武田の八王子方面とコネあったんだから
余計な事しないで、北条に降参したらよかったんでは?
内藤昌月なんかさっさと箕輪を差し出して降参してるし

36: 名無しのしばせん 2016/01/22(金) 07:28:01.65 ID:eMZj/Yku.net
第二回で処刑されたな
どこぞの面だけのカマホモ野郎と違って迫真の演技だったぞ
穴山梅雪も家康の態度から察するに体良く処分されそう

38: 名無しのしばせん 2016/01/24(日) 21:24:19.92 ID:8FT5I1pI.net
2000人の兵は いづこに?

39: 名無しのしばせん 2016/01/24(日) 21:50:07.65 ID:A262xoU+.net
>>38
織田の配下ですよ

40: 名無しのしばせん 2016/01/24(日) 22:45:37.21 ID:WhyrCpKp.net
領主が処刑されたんだから徴散したんでない?家老クラスも
逃げだしたろうし

51: 名無しのしばせん 2016/01/30(土) 15:32:18.06 ID:VongXg+Y.net
兵2000名は 魅力的だな。一作戦できたのになぁー。

46: 名無しのしばせん 2016/01/30(土) 12:45:28.29 ID:S2RcxeoR.net
なんで息子は処刑されなかったの?

48: 名無しのしばせん 2016/01/30(土) 13:52:00.37 ID:Mq0JsgKh.net
高木刑事は同じ一族ってだけで息子じゃないよ
本当の信茂の息子(8歳ぐらい)は処刑されてるけど
あとちょっと出てた八郎って人も処刑されてたはず(あの場面にいたかは確認してない)

49: 名無しのしばせん 2016/01/30(土) 14:31:23.02 ID:Ox56BVde.net
真田を捕まえに来た小山田の部下はなんで最初味方の振りしたん?
松を人質にするなりしてさっさと捕まえときゃよかったのに

50: 名無しのしばせん 2016/01/30(土) 14:40:32.17 ID:EHkxre/p.net
>>49
当時の女性は言うたら悪いがそれほど価値はない

55: 名無しのしばせん 2016/01/31(日) 20:20:08.71 ID:kHz1mM4d.net
現実には武田と小山田は織田と徳川のような関係で、実質的には家臣だけれども、
甲信守護の武田が、実質都留郡守護の小山田と同盟を結んだ格好になってる。
駿河の穴山、信濃の木曾みたいなもの。

だから小山田も中立を守ろうとしたのに、新府城を焼いてしまった
勝頼が「入れてくれー」と勝手に厄介になろうとしたのでしょうがなく
国境を固めて追い返し、後で信長が甘言で釣りだそうとした時も
「どうせ信長の事だから約束なんかは守るまいが、領主の首を差し出せば郡内が焼かれることはあるまい」
と出かけていって期待通り、信茂の首で家臣領民は助かった。

そういう史実があるんで、今でも都留郡は信玄と同格で
「小山田公まつり」をやってるらしい。見方は色々なんだな。

58: 名無しのしばせん 2016/02/14(日) 00:20:54.65 ID:aEeAsPxO.net
小山田信茂が処刑されたって、確かなんだろうか 
手元の信長公記には、勝頼を裏切った場面以降、出てこないんだよなー 
再登場の可能性も1%くらいあるかもしれない

63: 名無しのしばせん 2016/02/14(日) 11:03:23.99 ID:qrWPipe2.net
>>58 
とにかく信忠の軍勢が甲斐に入った頃から、武田一族の粛清が凄いんだよね。 

織田軍はドラマとかでは「主君を見捨てた不忠者め!」なんて 
言ってるけど、実際には甲斐に入ってからも 
「好条件で採用しますから怖がらずに出てきてくださ~い」 
と呼びかけ、隠れていた武田の親族重臣がのこのこ出てくると 
たちまちとらえて首をはねるの繰り返し。 
信玄の弟の信廉(本職・イラストレイター)も首をはねられた。 

信長公記とかをまとめた当時の記録があったはずだけど、 
もうまさに虐殺週間みたいな感じだった。 
しかしそこに信茂殺害の記録が残ってないとは意外だな。

59: 名無しのしばせん 2016/02/14(日) 00:34:51.84 ID:ihweNQY1.net
武田は特に代表領主みたいな体裁が強かったよね 
上杉景勝は直江に汚れ役お仕着せて反抗的な領主を片っ端から 
滅ぼしていったのは対称的

57: 名無しのしばせん 2016/02/13(土) 23:08:20.41 ID:l0tkMexp.net
分家が 大杉

70: 名無しのしばせん 2016/03/02(水) 18:50:00.08 ID:OiG52WaM.net
アナ雪や木曾どんを可愛らしく描いた三谷が、こっちはごく普通の
裏切り者として済ませてしまったのは、「小山田」という名前が、今後は
人のいい高木刑事のイメージで語られることになるという計算があるから
なんだろうな。

75: 名無しのしばせん 2016/03/08(火) 00:25:41.06 ID:cZeiv3eD.net
もともとぬっくんが織田が郡内の小山田領に攻め込んでくるより先に
自分から織田の所に出向いて首をはねられたので、小山田領には
全くと言っていいほど被害がなかったんだよな。

ただ元々北条・今川領と接していて多方面外交に苦労したところなので、
信長横死後も現地の小領主や国人は、北条に付いたり徳川に従ったり
大変だったみたい。

ヒゲの姉婿茂誠さんは一時的に北条に逃げて氏直に仕えていて
後になって真田に仕官してその時にまつ殿と結婚したとか、上に
あるように高遠城で最後ので武田に忠義を尽くして死んだ石田系
小山田の人間だということにして昌幸が抱えていたとか説も色々。

茂誠さんが2話で、どう見ても甲斐からも小山田領からも遠~く離れた
高遠で逃げ回っていたのも、その辺りを含んだ脚本のお遊びなんじゃ
ないかと言われているね。