1: ミラノ作 どどんスズスロウン(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:30:44.06 ID:L9L5Tg6M0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
多くの武将たちが権謀術数をめぐらす戦国時代。そこで最後に勝ち残ったのは、なぜ徳川家康だったのか?
目の前の変化から学ぶ家康の学習優位戦略こそ、不確実な今の時代にビジネスパーソンが学ぶべき戦略である。
今も昔も変わらない不変の勝利の法則を、ビジネスでも応用できるようにまとめた新刊『戦略は歴史から学べ』から一部を抜粋して紹介する。

【法則8】最速で学び反映できる者が最後は生き残る

最後に登場した徳川家康が、なぜ天下を獲れたのか?家康の古くからの同盟者の織田信長が死去し、日本で一番出世した男と言われる豊臣秀吉の天下となる。小牧・長久手の戦いのあと、長い雌伏の期間を得て、家康は天下人として開花。1600年の関ヶ原で勝利した英雄は、どんな戦略で逆転したのか?

反抗した勢力を徹底的につぶした秀吉

 信長の次男、信雄と家康が秀吉と対峙した「小牧・長久手の戦い」は、家康が人質を差し出す形で停戦しましたが、翌1585年に秀吉は伊勢に出兵。前年に家康に呼応して反秀吉側で戦った雑賀衆を壊滅させます。3ヵ月後には四国の長宗我部を制圧、5ヵ月後には北陸に大軍を派遣、反秀吉側の佐々成政を攻め、領地の大半を奪います。
 同年11月には、家康の腹心だった石川数正が突如、秀吉側の家臣となる事件が起きるなど、停戦後に電光石火で反勢力を各個撃破、秀吉は自らの基盤をさらに強固にします。

・九州の島津を討伐(1586年7月~翌年4月)
・家康が秀吉に臣従を誓う(1586年10月)
・小田原、北条氏討伐と秀吉の天下統一(1590年)

 北条氏討伐の同年、家康は秀吉の命令で関東に所領が移されます。代々縁の深い三河地方ではなく、家康と家臣団の拠点は関東平野に移動。入り江や沼地が多かった関東平野を開墾し、利水・埋立事業を起こしたことで、今日の東京への基礎がつくられます。

以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/89180
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460392244/
2: セントーン(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:31:20.50 ID:XcdcYwn50.net
運が良かったから
うんこだけに

5: イス攻撃(芋)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:32:34.99 ID:z2sTah4g0.net
ビジネスに応用とかまだやってんのかポマード臭いな

4: グロリア(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:32:18.49 ID:CCh1P/NA0.net
長生きしたから

8: 雪崩式ブレーンバスター(兵庫県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:33:42.23 ID:XX78bfG20.net
三成がバカだった

9: タイガースープレックス(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:34:58.98 ID:vFzcFr4Z0.net
北条氏討伐の同年、家康は秀吉の命令で関東に所領が移されます。代々縁の深い三河地方ではなく、家康と家臣団の拠点は関東平野に移動。入り江や沼地が多かった関東平野を開墾し、利水・埋立事業を起こしたことで、今日の東京への基礎がつくられます。

これが最大の原因、秀吉はなぜ家康に250万石も与える馬鹿な人事をしてしまったのか?
代わりに前田利家に関八州を与え、史実より長生きしてたらやっぱ天下取ってたとおもうぞ。

35: パロスペシャル(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:44:35.81 ID:QWs0LA0K0.net
>>9
なんだかんだ仲良かったからな
浅井朝倉連合軍にボコられたときも、一緒に殿やってたし

上杉が恐かったんだろう

関八州をどういうふうに干拓すれば良いかとか、家康に指導してるし

234: カーフブランディング(島根県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 06:11:08.82 ID:hVKZd7iU0.net
>>9
秀吉が後継者育成に失敗したのが問題

246: アイアンフィンガーフロムヘル(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 06:55:21.81 ID:O0c3V9QJ0.net
>>9
家康って人に好かれてたんだろうな
そもそも今川から出られた後に三河以東を信長に任せて貰えるとか
自分の家臣じゃなくて独立した大名として信頼されていたわけでしょ

249: 中年'sリフト(千葉県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 06:59:20.07 ID:saa8vMjp0.net
>>9
秀吉が元気だった時から死ぬときまで家康は秀吉の側近だった。だからそれにふさわしい石高を与えるのは当たり前。
秀吉が死ぬ間際、家康に「豊臣家と子供のことを頼む」と言い残したことからも信頼されていたことがわかる。
もちろん警戒もしていたが、自分を除けば実力では家康が一番上だったから、自分が死んだ後は家康に託すしかなかった。
だからある意味、家康は秀吉の正当な後継者と言える。光成や淀が反対したから戦になったが、そうでなければ
戦いにならず、徳川家がトップ、豊臣家が2番という立場で長く両立できた可能性が高い。

18: 足4の字固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:37:26.65 ID:Wu8tofx80.net
ライバルがいなかったから。

26: グロリア(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:40:17.24 ID:CCh1P/NA0.net
>>18
それは有力武将の二代目がいずれも無能だったおかげ

99: ネックハンギングツリー(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:57:24.97 ID:nkj6brOV0.net
>>26
いつの時代も後継者って難しいんだなと思う

25: 膝十字固め(dion軍)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:40:01.65 ID:evHGY5mG0.net
この人絶倫らしいね

119: エメラルドフロウジョン(大阪府)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:17:40.11 ID:ZOrWSojV0.net
>>25
ちょいブス後家専だった
ただし朝日姫だけはかんべんな

122: ストレッチプラム(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:18:47.71 ID:RhWWrHYt0.net
>>25
後期はロリコンだけどな

32: ファイナルカット(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:41:23.11 ID:thn3GINm0.net
保守的なムードに変わっていく空気が家康を大人物に仕立てたって話は面白かった

33: タイガースープレックス(catv?)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:41:34.65 ID:qDk+ohJ90.net
豊臣に隠れて僻地の関東を魔改造したからだろ

38: エルボードロップ(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:49:01.34 ID:W3nCx2PE0.net
信長や秀吉よりは我慢強かった
戦はあまり得意ではないかわりに調略などの搦め手がうまかった印象

40: パロスペシャル(山口県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:50:37.62 ID:Dl70oQHG0.net
天下人としての器量は三英傑で徳川家康が一番だと思う

41: 膝十字固め(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:53:45.80 ID:tAZOXrN40.net
日本って本当当事者や関係者に配慮して近代史や現代史から学ばないから馬鹿なんだよね
日本独特だよ
幕末なんかはその時代から学んでたから伸びたんだろ
まさかに幕末の志士が平安時代から学ぼうなんてやってたら失敗しとるわ
ダイアモンドは良い加減成長しろ

53: ランサルセ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:03:18.62 ID:U3kIu2+d0.net
>>41
一応家康は北条氏の記録の吾妻鏡よんで源頼朝の勉強したんだけどな

44: ときめきメモリアル(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:55:30.09 ID:gg6eJdEn0.net
信長秀吉家康っていうバトンタッチは奇跡みたいなものだけど、
信長が長生きしてても長期政権築けたかもなあ

79: 腕ひしぎ十字固め(京都府)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:31:40.35 ID:O/5IIX0I0.net
>>44
嫡男の信忠、孫の秀信は優秀だったから、本能寺の変がなければ織田家の長期政権が築けてたろうな

84: ナガタロックII(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:35:49.69 ID:2AEbnDNQ0.net
>>79
秀吉の嵌めに対応できる信長の子達は居ないと思うよ

96: ダイビングヘッドバット(新潟・東北)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:51:18.15 ID:4cxvxAc5O.net
>>84
信忠は信長から正式に家督継いでいたし、総大将として諸将を率いて実績もある
秀吉のハメ云々は信忠が死んだからこそ可能で、生きていたら秀吉がいくら動こうがどうにもならんw
秀吉が成功したのは丹羽長秀がついたのが大きいし、信忠が生きていたら秀吉にはつかんわ
大返しから賤ヶ岳の流れで丹羽に与えた領地を見れば、秀吉が如何に丹羽を味方にして助かったと思ったかが分かる
信忠生存していたら、丹羽に限らず秀吉に味方する織田家の将はいないよ

98: ナガタロックII(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:56:15.38 ID:2AEbnDNQ0.net
>>96
>丹羽に限らず秀吉に味方する織田家の将はいないよ
これは秀吉の諜略能力を考えるとなんとも言えないな
実際に下賤な出自の秀吉が成り上がった経緯を考察しても
所詮たらればなんだよな
ただ、ねねとの間に子が早くに出来ていたら未来は変わったと思うけど

45: タイガードライバー(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:56:30.94 ID:oIZECjnl0.net
幕府の統治体制はよく設計したんじゃないの?
まあ取った後の話だが

70: グロリア(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:23:49.07 ID:ZEXM0LJF0.net
政宗何してたの?

77: タイガースープレックス(catv?)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:27:25.30 ID:qDk+ohJ90.net
>>70
あいつは他国の一揆煽ったり
小細工してバレたら秀吉や家康に謝って廻ってただけだろ

75: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:26:22.00 ID:8qk+Pgtb0.net
速けりゃ家康の爺さんの清康が三河尾張を平定して
京に登ってたかもしれんけど全国統一は無理だったろう
間に信長や秀吉がいて厄介な寺社勢力とか潰してくれたのが大きい

80: トペ コンヒーロ(芋)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:33:25.56 ID:N9eLat3H0.net
武田が滅んでまだ旧武田領の土地の支配が整わないうちに信長が死んだ
秀吉は勝家との後継者争いで出てこれない
この千差一隅のチャンスを物にしたのが大きかったと思う
この時領土拡大に成功し、同時に武田の家臣も一部取り込むことになった

100: ネックハンギングツリー(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:59:19.64 ID:nkj6brOV0.net
家康だけはシステムの構築が行ったから
ワンマンだけじゃなくて、ある程度周りに任せてる

てか戦国武将はほぼワンマンの集まりだった時代にそれが出来たのが画期的なんだろうな

108: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:06:04.16 ID:8qk+Pgtb0.net
>>100
爺さんと親父を身内に殺られたことから
家臣譜代の信頼が得られないとどうなるか
身を以って判ってるからな
上の者でも家臣に見限られたら荒地に棄てられる現実見てるし

110: キン肉バスター(dion軍)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:09:53.13 ID:C9hoswAi0.net
>>100
そのシステム構築って結局は国内オンリーで外圧対策はしてなかった
鎖国すれば万全って考えの欠陥システム
徳川幕府400年すげーっていうけど終わり見てると世界に侵略されるかどうかでしょぼい
家康死んで最初の10年前くらいで開国しろよってなって終わってたら評価はなかったな

116: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:16:32.13 ID:8qk+Pgtb0.net
>>110
近隣で鎖国はそんな珍しいことじゃないけどね
中国も朝鮮もそうだったし行政組織が完成していない時点では
一旦は外国勢力との関係を断つのはアリだと思う

117: ストレッチプラム(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:16:55.10 ID:RhWWrHYt0.net
>>110
鎖国を選んだのはすごいと思うよ
じゃあ家康の時代に開国して海外に対抗できるか、って話だよ
結局江戸が潰れたのは外圧だったけど400年も持ち堪えられないよなかなか

271: ジャンピングDDT(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 07:49:10.43 ID:9f4F1sBg0.net
>>110
鎖国、鎖国っていうけどそれは教科書の間違えで
実態はただの管理貿易です

101: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:59:45.83 ID:8qk+Pgtb0.net
逆に清康が織田とか抑え込んでいたらどうなっていただろうね
日本の平定は遅れて外国勢力の侵入とかもあって
今の日本は価値観から全く違っていただろうな

140: エルボーバット(奈良県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:33:05.74 ID:y7gekiuv0.net
三河家臣団の忠誠心と結束じゃないかな
豊臣の家臣は秀吉が死んだとたんに分裂したけど
徳川の家臣は裏切りや内紛はけっこう少ない方だし
鎌倉幕府の北条氏のように幕府を牛耳ろうという者も現れなかった

156: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:38:42.18 ID:8qk+Pgtb0.net
>>140
いや三河武士団の内紛は酷かったよ
それを束ねられた家康は只者じゃない

160: エメラルドフロウジョン(大阪府)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:41:22.90 ID:ZOrWSojV0.net
>>156
身内同士の嫉妬も凄かったしな

154: アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:38:32.65 ID:KOgc7OrX0.net
まあさんざん汚い事したんだろうな 歴史書に残ってないのは200年も独裁政治してたからだろ

162: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:42:38.34 ID:8qk+Pgtb0.net
>>154
徳川幕府は権力者の独裁制からは一番遠いと思うけどね
税制から統治に至るまで各藩の裁量権は
今とは比べ物にならないほど緩かった

173: エメラルドフロウジョン(大阪府)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:59:17.88 ID:ZOrWSojV0.net
>>162
でもね、参勤交代や藩指定の普請等の負担があって大借金
明治維新頃、殆どの藩は赤字でてんてこ舞い
かと言って幕府の財政の四割以上が大奥に消えちゃうすてきな財政
しかも西と東の貨幣がちがうし

177: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:04:05.92 ID:8qk+Pgtb0.net
>>173
まぁ、そういうデタラメのツケが明治維新に至る訳で
それでもデタラメなりに永きに渡って機能してたのさw

200: ジャンピングパワーボム(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:23:33.56 ID:KiyZotFp0.net
徳川って天領地の使い方が下手だよね 
薩長ならエゲツナイほどに使い倒したのに

168: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:51:41.24 ID:8qk+Pgtb0.net
徳川幕府の行政形態は連邦制をもっと緩くした感じで
それまでの律令制的枠組みを解体して
当時の現実に則した形態に移行したのが大きい
それが結果的に長期に渡る安定に至った
まぁデタラメも多かったが中世の貴族統治を終わらせた功績は大きい

169: ストレッチプラム(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:54:02.38 ID:RhWWrHYt0.net
>>168
貴族体制を終わらせたのは本当に大きいと思う
文化は京都大坂でしか生まれないものみたいな時代に
江戸という当時としては関西の影響を受けにくい場所に本拠地を構えたのがよかったんだろうな

170: ボマイェ(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:54:56.75 ID:zt+FwGwV0.net
1.織田との強固な同盟(半家臣)→勝ち組として生き残れ織田家中にもコネ
2.織田の家臣ではなかった→本能寺の変以降の闘争に巻き込まれなかった
3.秀吉より7歳若かった→秀吉が死ぬのを待てた
4.豊臣によって旧北条領(江戸)に国替えされた
  →未開とはいえ肥沃で開発が容易な広大な平野
  →大阪から遠い外様大名をを引き入れやすい戦略的位置
174: エルボーバット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:00:32.76 ID:NhNT/qoN0.net
加藤清正、福島正則、小早川秀秋
ここらの名前が裏切り者としてよくあがるけど
キリシタンの蜂須賀家政、毛利w、長宗我部、島津、大谷(心情的に)も
消極的な裏切りだよね

179: エルボーバット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:04:57.16 ID:NhNT/qoN0.net
三成だって秀吉7将に襲われたときには家康に仲裁を頼んだし
家康には本当の敵がいなかったんじゃ、、、あっ横槍をいれる真田がいたか
家康本人が本当に憎んだのは人質のころ三河の田舎者とさんざんバカにした隣のおじさんだけ

187: エルボーバット(奈良県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:12:51.44 ID:y7gekiuv0.net
家康には公平性とか人徳みたいなものがあったんだと思うよ
三成は人物の好き嫌いで依怙贔屓するからね
秀吉が死んだ時に諸将の頭を駆け巡っていたのは
せっかく得た所領を誰に付けば一番安全に保てるかということ
そして三成が牛耳る豊臣家では危ういと考えた

224: エルボーバット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 05:02:05.01 ID:NhNT/qoN0.net
外様だった井伊も実力に見合った評価をして重用した 
だから家康に寝返っても活躍すれば評価されるという安心感があった 
人事に公平感があってみんながついてきた

226: 毒霧(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 05:07:08.50 ID:ogGiclFW0.net
なんだかんだ、家康自身が野戦の名人だったのがデカイと思うわ

235: 垂直落下式DDT(空)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 06:18:24.35 ID:REBlBnp30.net
秀吉の作った統治システムって 
五大老五奉行制に見られるように 
次世代への引き継ぎ見据えてないその場しのぎのもんだったからな 
仮に関ヶ原が起きなくても遅かれ早かれ瓦解してた

214: タイガースープレックス(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:38:24.40 ID:vFzcFr4Z0.net
戦国大名って野心だけで行動おこして失敗する奴は掃いて捨てるほどいるが、
家康は慎重の上にも慎重だし、たまたま秀吉死後に機が熟したと見たから、つい
に行動おこしたけど、もし無理だと思ったら関東の覇者くらいで我慢して人に
請われても天下の主になんてならないタイプ。それが家康のすごさでもあると
おもう。

221: アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 04:57:17.91 ID:KOgc7OrX0.net
時が来た それだけだ