1: 紅あずま ★ 2016/04/27(水) 16:01:14.18 ID:CAP_USER*.net
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/04/post-4997.php

 第一次世界大戦中の有名な「ガリポリの戦い」で、オーストラリア出身の兵士トム・スケイヒルは、非常に危険な任務だった旗振り役を担った。
足元で爆弾が爆発して失明し、帰還させられたが、戦争の英雄として称賛された。

 終戦後、スケイヒルは戦闘の経験を題材にした詩集を上梓し、「盲目の兵士詩人」として好評を博した。
オーストラリアや米国を巡回して詩の朗読会を行い、観客を魅了した。
セオドア・ルーズベルト大統領もスケイヒルとともに壇上に上がり、「私が知る誰よりも、トム・スケイヒルと一緒にステージに立っていることを誇りに思う」と述べている。
米国で治療を受けた後に、スケイヒルの失明は突如回復した。

 だが、伝記作家のジェフ・ブラウンリッグによると、スケイヒルは本当の姿を偽っていたようだ。
実際は、戦闘の危険から逃れるために盲目を装っていたというのだ。

 それだけではない。
酔っぱらって講演した後に、ろれつが回らなかったことを、検証不能な「戦争による障害」が原因だと述べた。
また、レーニンやムッソリーニに会ったと主張した(そのような証拠はない)。
さらに、8日間しか現場にいなかったにも関わらず、ガリポリの戦いでの長期にわたる戦闘経験について語った。

 スケイヒルが行ったように、自己を飾り立てるための嘘を並び立てて上手く切り抜けるには、非常に大胆でなくてはならない。
スケイヒルは、一般に知りうる限り正式な心理検査を受けたことはなかったが、現代の多くの研究者たちであればこの人物を精神病質(サイコパシー)の典型例と判断するだろう。

 その上スケイヒルは、「成功したサイコパス」とも呼ばれる厄介な特性を体現していた。
 一般的な認識とは異なり、多くのサイコパスは、冷血漢でも精神異常の殺人鬼でもない。 彼らの多くは、自らの特性を生かして人生で欲しい物を獲得し、多くの場合は他人を犠牲にしながら、一般人の中でうまく生活している。

「サイコパスはすべて犯罪者」は刑務所ばかりで観察したから

 サイコパシーを簡単に定義することはできないが、多くの心理学者はそれを人格障害であると見なしている。
表面的には魅力的に見えるものの、計り知れないほど不誠実で冷淡で、罪悪感が欠如しており、衝動的欲望を抑えることができない。
複数の研究によると、サイコパスは一般人口の約1パーセントを占めており、理由はよく分かっていないものの、その多くは男性だという。

 サイコパシーの人たちは、そうでない人々よりも犯罪に手を染める可能性が高い。
そうした犯罪者はほとんど常に、自分の行為が道徳的に間違っていることを認識している。
それが自分にとって問題にならないだけなのだ。
いっぽう、一般的な認識とは反対に、暴力的になるサイコパスはごく少数に過ぎない。

 サイコパシーの研究者はサイコパスを探す際に、そうした人々が多く見つかりそうな場所に目を向ける傾向がある。
そのため多くの研究は刑務所や拘置所で行われてきた。
つい最近まで、サイコパシーに関する理論や調査のほとんどにおいて、犯罪者など、明らかに挫折した人物に焦点が当てられてきたのはこうした理由のためだ。

 だが、サイコパシーの傾向をもつ多くの人々は、刑務所や拘置所にはいない。
実際のところ、一部のサイコパスは、大胆さといったサイコパシーの特徴を利用して、職業上の成功を達成している可能性がある。

精神の中核にある異常

「成功したサイコパス」という存在は論争の的だった。
おそらくその理由の一部は、多くの学者たちが、そのような実例を見たことがないと主張しているためだ。
「成功したサイコパス」という概念自体が非論理的であると言う人もいれば、「成功したサイコパス」という言葉自体が論理矛盾だと主張する人さえいる。

「成功したサイコパス」は賛否のある概念だが、新しいものではない。
1941年にアメリカの精神科医ハーヴェイ・クレックリーは、古典的名著とされている著書『The Mask of Sanity(正気の仮面)』の中で、この矛盾した条件について初めて指摘している。
クレックリーによると、サイコパスとは、表面的には魅力があり正常だが、その背後に、共感力の欠如と深い異常性を隠し持つ両面的な存在だという。

〈続きは掲載元でどうぞ〉
Newsweek JP:2016年4月26日(火)18時00分  
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461740474/

156: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:45:10.52 ID:Wv0InjAw0.net
トム・スケイヒル 
no title
no title

6: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:03:20.59 ID:d7mir3gG0.net
単なる詐病じゃねえか。

7: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:05:22.47 ID:x52dBm1w0.net
ロス疑惑三浦なんてサイコパスのテンプレみたいなヤツだったな

8: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:05:29.19 ID:ZNUKXzc+0.net
気違いは殺人鬼ではないけど周りの人に迷惑をかけるのは実証済み

24: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:11:12.92 ID:FbUBl2yC0.net
>>8
まぁキチガイも元からキチガイじゃない連中が多い
普通の人をキチガイにしちゃった連中がキチガイかもしれんぞ
そして、一般人装ってキチガイを増産中

11: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:07:08.47 ID:6NYZi0KA0.net
成功しているから良いとかじゃねーよ
基本的に他人への共感の欠如は大問題なんだよ

16: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:08:07.44 ID:5nFRe46M0.net
>>11
時代に適応した新人類なのかもなw

14: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:07:36.94 ID:e/OUJV6O0.net
アップルの創始者なんてサイコパスの典型じゃん

166: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:47:16.91 ID:4r8QY9/a0.net
>>14
真っ先に思い浮かんだw

15: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:07:40.54 ID:3WEdsUHn0.net
100%殺人鬼になる特性なんてある訳ない

18: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:08:50.44 ID:Hu88Yis70.net
サイコパスなんていいかたがなんか 精神病患者みたいな印象あたえる

超人って言葉に代えよう

21: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:09:51.91 ID:vd519wOB0.net
人を人とも思わずに扱えなきゃ社長なんてなれないよな

696: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 18:16:19.63 ID:uYBfieCQ0.net
>>21
99人を助けなきゃならない時に一人の犠牲を無視した時
その一人にとって冷酷で非情に見えるってだけの話

33: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:15:42.40 ID:EojqMzIP0.net
そもそもサイコパス自体がただのレッテル

人はよくわからないものに特徴付けてレッテルを張る
わかった気分になりたい低能ども

48: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:19:37.28 ID:ime4RqHt0.net
サイコパスと発達障害って何が違うの?

53: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:20:35.55 ID:VE8hrJWf0.net
>>48
ほんこれ
全くもって似てる
何処が違うのか教えてちょ

66: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:24:55.82 ID:jT0U8bDH0.net
>>53
アスペは他者の思考が解らない
サイコは他者の思考を理解できるが感情に同調しない

54: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:20:51.39 ID:cKR55JLv0.net
若くて美人ばっかり殺した
連続殺人犯のテッド・バンディは
命の電話の相談員をしていたな

56: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:21:19.28 ID:DymBlg9L0.net
俺もオクトパスだけど社会に適合して生きてるよ

186: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:49:53.42 ID:GAAbMtQY0.net
>>56
ようタコ

59: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:21:44.23 ID:pGrDYuvA0.net
サイコパスと発達障害の違いは
サイコパスは他人の苦痛が快感になる
だから不倫系に多い→共感性・モラルの欠如

525: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:40:01.04 ID:coeeevM20.net
>>59
そりゃ違う、サイコパスは目的以外の事には興味がない人間、他人の苦痛とかじゃない

569: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:50:34.72 ID:cFPCRukZ0.net
>>525
いや脳科学的な研究結果だよ

他人が痛がる映像を見せたとき、ほとんどの人間は苦痛を感じる脳の部位が活性化したんだけど
サイコパスは報酬系が活性化した

サイコパスが「反社会性」人格障害っていわれる理由だよ

サイコパスってのは目的に対して手段を問わない人間のことを言うわけではないんだよ
サイコパスはむしろその過程を楽しんでるわけ

だからサイコパスは単なる強盗殺人はせずに、殺し方にこだわるわけ

807: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 18:49:57.92 ID:oDGLA5Fz0.net
>>569
人をいじめて楽しんでる奴がサイコパスなんだよな?
それこそどの階層にもいそうな気がするんだけどな…
そこらのチンピラやアホなガキもサイコパスになってしまう
統計がないだけでかなりの割合の人がサイコパスだったりして

887: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 19:09:13.76 ID:yJQpCszS0.net
>>807
知能の低いサイコパスがチンピラになり
知能は高いけど社会から疎外されたサイコパスが殺人鬼になり
社会に適合したサイコパスが経営者になる

95: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:30:56.45 ID:mqJv/N6s0.net
2013年11月29日

神経科学者が自分の脳を調べたらサイコパスだったことが発覚

神経科学者のジェームズ・ファロン氏は、精神病質(サイコパス)の脳の構造上
のパターンを探していたところ、なんと自分が精神病質の脳の持ち主であるこ
とが判明。その後、自らを研究材料に、精神病質と犯罪性との関連性を研究し
た結果を発表しています。

神経科学者のファロン氏は、カリフォルニア大学アーバイン校の研究計画の
一部として、実在の人物の、「正常な脳」「連続殺人魔で統合失調症患者の脳」
や、「鬱病患者」「その他の精神障害」などの、何千枚にも及ぶ脳のPET(ポジト
ロン断層法)スキャンに取り組んでいました。

同時進行でアルツハイマー病の研究も行っていたファロン氏は、家族・親類の
脳スキャンから、共感、モラルおよび自制に関係のある前頭葉および側頭葉の
あるエリアで低い活性を示すという、精神病質の構造的特徴を持つ1枚の脳スキ
ャンを発見。

脳スキャンは基本的に誰のものであるかは明かされないのですが、
ファロン氏が脳スキャンに記されたコードから脳の持ち主を調べあげたところ、
自分の脳だったことが判明。

彼は機器の異常を検査しましたが、PETスキャン機器に異常は無かったとのこと。
103: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:32:41.09 ID:mqJv/N6s0.net
「精神病質(サイコパス)」とは、「精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、 
正常とされる人格から逸脱したもの)である人」と辞書に記されており、共感性の 
低さ・自制心の欠如・大胆さなどに関連する先天性のパーソナリティ障害と言われ 
ています。 

通常、科学者自身が精神病質であると気づいた場合、大半の人が非難を恐れ 
秘密にしてしまうところですが、ファロン氏は自分が精神病質者であることを含め、 
TEDで「殺人者の精神の探求」というスピーチを行ったり、NPRインタビューおよび 
「サイコパスの内部」という本を出版して、研究結果の全てを発表しています。 

「私はいまだかつて誰かを殺したり、レイプしたことはありません」と話す、 
幸福に結婚して家庭を持つファロン氏は、「前頭葉・側頭葉の脳エリアが精神病質 
を特定し、殺人行動に影響する」という仮説が間違っていると考え、自らの脳を一 
連の遺伝子検査にかけました。 

しかし、残念ながら彼が得たのは、「攻撃性」「暴力性」「低い共感性」などのハイリ 
スクの対立遺伝子をすべて持っているという結果。
175: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:48:11.05 ID:cFPCRukZ0.net
>>103 
「科学者」という立場だから殺人を犯さないだけだからな 

科学者ってのは既成概念を「攻撃」し「破壊」することができる立場だから 

だから殺人しなくても論文書いて講演できりゃ満たされる

107: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:34:32.16 ID:mqJv/N6s0.net
さらにファロン氏の母親が明らかにしたことには、1892年に父親・継母の殺害で告 
訴されたリジー・ボーデンは、ファロン氏の家系の人間だとのこと。 

これらの結果と神経学的・行動の研究に基づいて、ファロン氏は精神病質者として 
分類されますが、全ての精神病質の脳を持つ人が犯罪に走るわけではありません。 

ファロン氏は、精神病質脳を持つ自分が非暴力的で、安定し、科学者として成功し 
ていることや、精神障害の診断・統計マニュアルの形式的な診断プログラムでは 
現われないことから、現在の精神病質の定義が広すぎることを指摘しています。 

数回にわたる流産の末に産まれたファロン氏は、両親から深く愛されたと同時に、 
厳しいしつけの中で育てられました。そこで彼は、「遺伝要因」以外にも、「環境要因」 
が大きな役割を果たし、特に幼年期の行動の結果が重要である、と述べています。 

さらに、3番目の要因として「自由意志」についても触れており、ファロン氏は、 
「自分が精神病質と判明してから、意識的に他人の感情を読み取るなど、行動や 
振る舞いを変えるために努力しています」と話しており、また、「精神病質は全て同 
じではないことは、自分自身を示すことで証明できると考えます。 

私は誰かを殴りたいとは思いません。積極的な性格は時として攻撃性に転化しますが、
この攻撃性は、議論で勝ちたいと思う私の意志です」と述べています。
96: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:31:09.76 ID:hQwb+OQb0.net
プーチンはどうなの

246: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:58:15.76 ID:GqvgJ7hh0.net
>>96
プーチンはアスペルガーだろうとアメリカ国防総省が分析してる。

295: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:06:28.94 ID:aA++FQx30.net
>>246
プーチンは多分アスペルガーだろうなあ
ゲイツもそう、ジョブスは微妙、サイコパスかも

違いが分かりにくいけど、多分一番大きな違いは欲望の在り方かな
サイコパスは本質的には「俗物」で金銭や支配、名声への執着が強い
アスペルガーはどっちかっつーと、他人と価値観を共有してないから
自己の生死や成功にも実は無関心な感じ

102: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:32:38.08 ID:oIsCNkZn0.net
>>1
サイコパスの定義自体があやふやなモノなのだけど
今で言う人格障害とゴチャゴチャにしてしまっているな

つうか、サイコパスの語彙を使うなら定義をしっかりしたほうが良いのだけど
一向にしないな

139: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:42:21.60 ID:535UEvQl0.net
>>102
精神医学そのものがトンデモだから真に受けんなよw

ロボトミーとかやっちゃってるキジルシの集まりだからw

112: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:35:54.48 ID:2ABFlTBj0.net
サイコパスっていうのはアメリカ社会で生き残るためにそうなっちゃった人々なんだよ。
アメリカ社会がそもそも異常なんだよ。

117: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:37:22.69 ID:pGrDYuvA0.net
>>112
甘いわ。今昔物語を読んだら気味の悪い男女が出てくるし、
向田邦子だって鋭く見抜いていたわ

144: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:43:46.04 ID:ZUdajsIp0.net
ぶっちゃけサイコパスって悪い人間でもなんでもなく

ただの「賢い人」「合理主義」

だよね。
感情に流されやすいバカがその才能に嫉妬してるんだろうなあ。

154: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:44:56.75 ID:o+GNS59C0.net
>>144
良心がないのは人間として奇形だよ

183: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:49:07.89 ID:ZUdajsIp0.net
>>154
そもそもその「良心」ってやつが、バカな宗教信者が勝手に定義したものでしかないからな

例えば国によっては、麻薬所持がおっけーの国もあるし、人身売買がおっけーの国もあるのに

それが自分達の思想ではダメだからと、一々人に押し付けたりまるで全世界共通の善悪だと錯覚してるバカが良心だとかんだとか言ってるだけでね
はっきりいってこいつらの頭がおかしいだけだと思うよ。

205: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:52:09.41 ID:o+GNS59C0.net
>>183
そのレスに異常さが現れてるよ
普通の人は、そんな例を出さない
なぜなら、良心とはどういうものか本能的に理解してるから
もっと自分の身近な範囲の例を出す

247: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:58:20.07 ID:ZUdajsIp0.net
>>205
そもそもその良心とか本能ってなんだ?
誰が決めた?
神様がいてそいつが決めたのか?神様がこれがいいことでこれが悪いことだって決めたのか?

実はおかしいのはお前なんだよ。お前の頭が何の宗教かは知らないがどっぷりはまっちゃっててそれでおかしくなってるから、自分の思想にあわないやつがおかしく見えるんだよ。

269: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:01:41.97 ID:TYmvvKEA0.net
>>247
>良心とか本能
それは最低限これぐらいは感じよう考えようという
社会に共通のお約束事だよ

296: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:06:38.42 ID:8LPZ5smv0.net
>>269
実はそれ、搾取側の言い分なんだよね。

と、言うと俺だってやってるんだからおまえだってやるべきだ
なんて言い始めるんだ。
その判断基準や材料は、その言ってる人の認識に基づいているんだけどw
つまり、独りよがりで相手に求める行為をしていたとしても
自分がそれを認識できないので一方的な要求になったとしても
傲慢に、自分は優しい人間、相手はだめな人間として正当化してしまえる。

277: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:03:32.03 ID:/1eYVuiU0.net
>>183 
自分は奴隷側になるわけが無いと思ってるからそう思うんだろうね 
お前も年を取って衰えて、小便を垂れ流すころ、いままで自分が大事にしなかった家族に邪険にされてゴミ同然の終末を迎えればいいんだわ 

お互いの人格を尊重しあう愛情がわからないサイコには孤独すら楽園だろうから 
サイコやアスペにできるのは、執着だけ 
所有欲だけなんだよ

162: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:46:37.42 ID:PNldFNI90.net
>>144
感情や自己認識力の欠如した欠陥品でも
現代の法は裁けるようには出来ていない

他者を不幸にすることに対する罪悪感がなく、始末におえない

163: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:46:43.31 ID:XaRna19H0.net
>>144
共感能力の有無が問題だろう
感覚的常識みたいなもの
それがないと普通の人はその人を信用できなくなる
そういう人は「金」とかそういう物理的なもので他者を釣る

146: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:43:56.42 ID:JRht6r6D0.net
群れの中で狩りや縄張り争いの鉄砲玉的仕事を担う兵隊アリだったのかもしれんね
時には腐敗した権力者を殺すこともあっただろう
何にせよ、1%もいるということは何らかの意味があるはず

159: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:45:26.04 ID:pGrDYuvA0.net
>>146
スパイだったのかも知れないね
トロイの木馬みたいな

170: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:47:31.41 ID:JRht6r6D0.net
>>159
一流のスパイには多そうだよね

181: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:48:56.16 ID:5GWwsJSI0.net
>>146
カラスというのは群れを作る鳥だけど、群れに属さず単独行動する個体がたまにいるらしい。
そうすることで、群れで病気が広がって全滅しても、単独行動する個体が生き残るようにしているのではないかという話。

194: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 16:50:47.12 ID:TYmvvKEA0.net
>>146
腐敗した権力者を殺すのにサイコパスである必要性は無いし
サイコパスは障害のようなものではなくただの性格だろう
自分がサイコパスで悩んでる人なんて聞いたことが無い

308: 名無しさん@1周年 2016/04/27(水) 17:07:59.32 ID:JRht6r6D0.net
>>194
人へ危害を加えることへの抵抗が小さい分
普通の人は尻込みするようなことをしてきたんじゃないかって

例えば村の長老とか、もっと規模を小さくすると、暴力的な父親を家族のために殺すようなケース
たとえ本人が殺人者として排除されても、結果として村に住む近親者や家族は良い環境を手に入れることができる
それが間接的にサイコパスが発現する遺伝子を後世に繋いだんじゃないかなって感じの話