1: 筑前鐵太郎 ★  2016/05/13(金) 05:57:30.19 ID:CAP_USER*.net
2016年05月13日
20160512-OYTNI50042-L
16世紀に書き写されたことがわかった神皇正統記の写本(12日、会津若松市で)

◆町鑑定結果 上下巻計224ページ

 只見町は12日、町内の民家で見つかった「神皇正統記じんのうしょうとうき」の写本が、1587年に書き写されたものだとの鑑定結果を発表した。書き写された年代がわかっている写本では3番目に古いという。

 神皇正統記は、南北朝時代の公家・北畠親房が14世紀、天皇家の歴史や南朝の正統性などを記した書籍。この写本は1993年3月、江戸時代に医師を務めた先祖を持つ町内の民家の蔵から発見され、町に寄贈されていた。上下巻がひとつづりになっており、計224ページ。紙は、16世紀に一般的だった方法でとじられている。

 鑑定にあたった久野俊彦・東洋大非常勤講師(日本民俗学)によると、発見された民家の菩提ぼだい寺に残された仏教書と写本の字体が酷似しており、同一人物が書いたと判断できる。仏教書を書き写したのは、京都・醍醐寺の高僧の秘書をしていた僧・祐俊で、神奈川県が保存している文書で、16世紀に実在していたことが確認できるという。

 写本の巻末には天正15年(1587年)の記載と祐俊の署名があることや、使われた紙の原料から、久野さんはこの時期に書き写されたものと判断した。

 文字と文字の間に棒状の記号が書き込まれており、漢字が音読みか訓読みかがわかるようになっている。神皇正統記の写本で、この記号が書き込まれている例はほかにないといい、当時の読み方がわかる点で貴重だという。

 写本は、僧が民衆への講話などに使っていたとみられ、和紙で作った付箋が13か所に貼られていた。久野さんは「利用方法がわかる史料は珍しい」と話している。町は今後、写本を町指定文化財に指定するという。

http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20160512-OYTNT50195.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1463086650/

2: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 05:57:50.15 ID:28AXU6et0.net
エロ本かとおもた

82: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:33:46.53 ID:q6m3MMB8O.net
>>2
タイトルが格調高すぎだろ

3: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 05:59:22.79 ID:y5TvL+eW0.net
ウヨって南朝の正当性ばかり主張するけど、
南朝はとっくに絶えていて現天皇も当然ながら北朝の末裔であるという謎

12: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:07:57.43 ID:+sQJqgrY0.net
>>3
と言うのは表向き 明らかに南朝です 楠木正成の像が明治から皇居を守ってます

40: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:55:03.88 ID:7qTCNEgX0.net
>>3
明徳の和約で北朝に移った

76: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:29:52.29 ID:Z//g/i2D0.net
>>3
勝てば官軍だよ

4: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:00:03.88 ID:D0Hoh93E0.net
この写本自体はものすごい大量にあるんだろ?
音読み訓読みのどちらなのかが記号で指示されてるから当時の読み方がわかる良い資料だという事だけが新しい

87: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:38:52.08 ID:OcPPmFxM0.net
>>4
大量ではないな
製本がオリジナルに近いのではと考えらてるそうだよ

5: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:01:24.63 ID:rEEHiUWh0.net
字が下手だ。

6: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:03:17.78 ID:bmkH7hMrO.net
スゲーな

7: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:04:18.67 ID:rn3G4nww0.net
昔の書物って随分長持ちするんだな。
コピー用紙なんかはすぐに劣化するのにな。

9: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:04:54.90 ID:orymn1t90.net
>>7
和紙は丈夫だ、虫に弱い

22: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:22:28.82 ID:0lYC/Z9y0.net
>>7
紙の製造工程で、化学薬品使わないからね。
洋紙(コピー用紙など)は紙の製造工程で、酸性の薬品まぜてっけど、
この薬品が、もちを悪くする原因(のひとつ)。
わしはそういうのを混ぜてないから長持ちする。

10: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:06:11.36 ID:F3jwwMz60.net
へ~神皇正統記を坊さんが講話してたんだ。 まあ坊さんったら地域の
インテリだから、地域の民衆にそのような話をいろいろ教えてきたわけだね。

11: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:06:43.93 ID:A7hLdagY0.net
このタイトルの中二感は異常

14: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:10:39.94 ID:xemFIJCa0.net
後醍醐天皇には38人の皇子女がいた。応仁の乱の百年後までその子孫の記録もある。38人かねネズミ算で単純に子孫が増えても相当の数だが。なんで絶えた事になった?

81: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:33:40.97 ID:Z//g/i2D0.net
>>14
南朝の末裔だということで、実際に殺された人もいるし、
殺されないにしても、日陰の身なんだから、子孫を残すのに有利な地位ではないだろうし、
そもそも、こんな生活に嫌気がさして、素性を隠して暮らしているうちに、南朝の末裔だということも忘れられていく
こんなところか

15: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:11:47.45 ID:F3jwwMz60.net
まあ昔は識字率が低かったが、文字が読めない民衆は現代人が考えるほど
無知ではなかったということだねw

25: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:26:18.55 ID:OJjyRcP10.net
>>15
無知無知
これはただの坊主の写本だし
昔の庶民なんて天皇も知らないのが普通

26: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:29:26.03 ID:F3jwwMz60.net
>>25
>写本は、僧が民衆への講話などに使っていたとみられ

とあるから、すくなくとも僧の講話を聞いていた民衆は無知ではなかったのさ。
中世となると動乱の時代であるから、いろんな情勢を民衆も知る必要があったと
いえるねw 江戸時代になると体制が安定してきて、末期ともなればみんな天皇の
ことも知らないようになってくるわけだねw

28: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:34:33.04 ID:OJjyRcP10.net
>>26
民がそれをどれだけ理解してたかというと・・・

30: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:36:10.22 ID:F3jwwMz60.net
>>28
民でも馬鹿なのは理解してなかったろうが、利口な奴なら理解してたわけだねw
悪党というのは、どちらかといえば民衆に近いといえるねw

33: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:42:24.41 ID:OJjyRcP10.net
>>30
今も昔も民衆はバカが多数派

34: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:45:56.65 ID:F3jwwMz60.net
>>33
まあだからインテリは馬鹿な民衆を指導する指導者の役割を買ってでる
わけだが、生憎指導者になりたがるインテリが思うほど、民衆は馬鹿では
ないという話になるといえるねw

35: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:48:00.93 ID:OJjyRcP10.net
>>34
意味がよくわからんぞ
時代が違うが寺子屋だって民衆の識字率にたいして貢献してなかったからね

20: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:17:48.02 ID:CXeSvgeh0.net
こんな昔から漢字は漢字で今でも何となく読めるね

23: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:23:36.85 ID:Cn9WcfdB0.net
正統性を持った天皇は
源氏が沈めちゃったからね

天正15年なら豊臣秀吉が聚楽第完成させた頃か
荘園公領制が完全に崩壊した太閤検地だな(´・ω・`)

27: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:32:47.40 ID:F3jwwMz60.net
南北朝の動乱となれば、自民党と民主党とどっちが勝つかくらいの社会的
関心はあつめていたといえるだろうねw うまく先行きがみえたら、出世できて
地位と名誉と財産も得られるわけだねw

29: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:34:54.87 ID:F3jwwMz60.net
まあ南北朝時代はそういう成り上がりが大勢でた時代と言えるねw
楠木正成自体、悪党の出身で、貴族ではないといわれているからねw

84: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:36:39.14 ID:Z//g/i2D0.net
>>29
楠木正成って殊勲第一だと思うんだが、今から考えると、ものすごく扱いが低いような気がするな
やっぱり、軽く見られていたってことかな?

89: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:39:15.75 ID:oCJGZxFGO.net
>>84
戦にしか役にたたないだろ。と思われていたのだろうね

95: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:50:21.39 ID:F3jwwMz60.net
>>84
そりゃ楠木は貴族じゃなくて家柄も低いから、当時としては貴族ほど扱いは
よくなかったわけね。 それを江戸時代の頼山陽は批判して、殊勲第一の
楠木正成があんな扱いでは建武の新政は失敗するのが当然だといったわけだねw

38: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:51:25.41 ID:AoVsQa320.net
もしかしてだけどどこの家でも一冊くらい保有してたんじゃないかなぁ

43: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 06:57:47.88 ID:sRlCgeEE0.net
奥州北畠家の末裔は青森の浪岡にいたのに、
はるか遠くの会津とはねえ・・・

48: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:03:54.58 ID:fwWW3zgH0.net
歴史ってのは面白いもんで

書いてあった→他に資料がない→事実

こんな馬鹿げた事がまかり通るの世界
更に研究者の社会的地位で信用性が変わったりするww
朝日や変態毎日の記事が未来で発見されたら、それが真実になるようなもんだよ
馬鹿馬鹿しいww

100: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:56:01.52 ID:qKrpu+Zx0.net
>>48
んなわけないだろ
中国の正史ですら、それを裏付ける出土物が出て初めて事実認定されるのに
それまでは、○○にはこう書いてあるが~、という書き方をしなければいけないのが歴史学の論文

63: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:14:57.97 ID:aajyFY9E0.net
付箋って16世紀にもうあったのね
そっちも驚き

74: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:28:13.16 ID:F3jwwMz60.net
まあ神皇正統記が書かれた時代は本治垂迹で神仏分離じゃないから
神皇正統記の講義ももっぱら坊主がやってたわけね。

80: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:33:18.63 ID:oCJGZxFGO.net
この頃の歴史のテキストとすれば、この本が最適最新だったのかもな

90: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:40:57.70 ID:NgmQduIT0.net
こういうような次世代に残す文書って、ページ最後の方で間違えたらもういっぺん書き直しなのかな?

92: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:41:30.56 ID:ECKBNfWx0.net
あーやっぱり枕草子などと一緒の小説だったんだな、、、

96: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 07:51:06.79 ID:Cn9WcfdB0.net
この話はウヨからすると
うっとしいのよ、南北朝は
皇室の正当性の話になるからね

いまの天皇は北朝寄りなのに
南朝の正当性が認められてるからね

でも、いまどきそんなので
文句言う人は居ないってのに
どっちも同じ血筋でしょうに(´・ω・`)

104: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 08:00:04.19 ID:F3jwwMz60.net
まあ江戸時代においても南北朝問題をどう評価するかは問題だったわけで
頼山陽の解釈もおおきな影響があったし、水戸学の大日本史も南朝正統論を
採用したので、これらの解釈は幕末の日本や明治維新にも大きな影響を
あたえてるわけだねw

106: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 08:05:49.84 ID:F3jwwMz60.net
楠木正成は明治になってから正一位を追贈されてるので、南北朝
時代には、これだけの待遇は、とても無理な話であったわけだねw

107: 名無しさん@1周年 2016/05/13(金) 08:09:31.03 ID:F3jwwMz60.net
まあ親房はやはり貴族であったから、楠木に正一位をあげようなんて話には
絶対猛反対してたろうねw