1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:16:11.42 0
ハーバードの学生が大熱狂! 必ず人生が変わる「東洋哲学」白熱講義 エリートはなぜいま孔子や老子に惹かれるのか?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160521-00048694-gendaibiz-bus_all&p=1

ハーバード生が憧れるような日本の思想家がいない
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1463796971/

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:19:38.41 0
江戸時代は結構面白いけどやっぱりベースは儒教だからね
東洋のギリシャローマだから古代中国は基礎だよ

5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:43:07.55 0
どんなご高説も日本の天変地異には無力だから

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:44:32.15 0
古事記とか日本書紀とか結構哲学書みたいなもんだけどね
それをきちんと整理して教えないのが日本の弱点では

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:51:57.94 0
古事記も日本書紀もどっぷり中国哲学じゃん

31: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:04:53.34 0
>>10
むしろ旧約聖書に近いぞ古事記は

37: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:07:34.61 0
>>31
天地創造を陰陽で説明しちゃうところが中国的

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:54:46.13 0
物事をつきつめる文化じゃないからね

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:56:51.18 0
>>15
職人とかはつきつめる文化なんだけどね

18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:57:04.61 0
逆に中国は古代史ですべて終わってるともいわれてるんだよね
後の時代は道教の影響で読む価値がないと

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:57:58.73 0
戦前の國体の本にも日本はカントもヘーゲルもいないと自嘲気味に書いてあった

20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:58:35.05 0
卑弥呼も道教の流れだしな

22: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:59:18.29 0
>>1
そういう人達クラスの人物は日本にも普通にいるけど
古代日本で思想哲学が発達したのは孔子孟子ソクラテスがいたような時代から
1000年くらい後だから目立たないな

23: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:59:38.25 0
単純に辺境で人が少ないので発展が遅かっただけかと

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 11:59:45.52 0
日本の近代の思想家はアジア圏に影響を与えたよね

27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:01:47.81 0
影響を与えたのは日本の近代化
つまり政治制度と産業の西欧化の
事実が影響を与えた
思想はあんまりない

28: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:02:08.72 0
古代なら聖徳太子
いまだなお日本人って聖徳太子の和の精神じゃん

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:04:54.42 0
聖徳太子ってコッテコテの儒教思想じゃん

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:05:11.94 0
日本人は古の時代から他国の文化に強い影響を受けてきた
それを基にあrこれ考える事には長けてるが自分たちで新しい文化を創造する才能には欠けている

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:07:05.26 0
>>33
むしろそれこそが日本の独自性の現れとも言える
他は影響を与え合うどころが同化してしまうから

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:09:09.94 0
>>33
古代ローマ帝国と同じだな
あれほどの技術文明を築きながら大した思想家を生んでない

35: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:06:18.09 0
性格には仏教の皮をかぶった儒教
中国仏教ね

38: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:07:49.63 0
孫子の兵法は今でも外交軍事関係者に読まれ続けてるしな

42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:11:22.07 0
孫子は即物的な損得でプロジェクトマネジメントを説いているから商人とか軍人には有益でも必ずしも政治家や外交官の参考にはなりません

45: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:14:42.68 0
そういえば商人出身の名将ってのが中国や日本には多い
似てるんだろうな仕事の内容が

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:16:06.08 0
孫子のは戦場ではよくこんなことが起きますよっていうガイドブックだからな

56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:22:23.87 0
違うよ 
孫子が画期的だったのは短期決戦なら作戦が 
まずくても勝つことがあるが長期戦は国家が疲弊 
するだけで勝つことはまずないとか 
戦争だけを論じたんじゃなく国家において 
戦争とはどういう影響があるかってその視点から 
見た兵法書だから古典になったんだよ

48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:18:03.70 0
古事記も北畠親房も本居宣長も中国を意識しすぎてるんだよな
ニッチな需要のために生まれた思想だから普遍性がない

73: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:32:47.01 0
古代ギリシャ人もエジプトから学んで哲学を発展させたけど
何か別の新しいものを生み出したじゃん
特に必然性があったとも思えんが

78: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:34:52.49 0
>>73
何か別の新しいものとは?

83: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:35:37.11 0
>>78
ギリシャ哲学

107: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:43:39.05 0
>>83
ゾロアスターの影響を受けてる

117: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:46:24.37 0
>>107
でもギリシャ哲学はギリシャ哲学であってペルシアの宗教ではない
それが何か別の新しいものということ

123: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:48:17.58 0
>>117
それなら日本こそ何か別の新しいものを生みだしていると言える

55: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:21:15.33 0
道元とかスゲーんだけど
それまでの仏教思想を受け継いで発展させてるから
オリジナリティでは及ばないな

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:28:22.42 0
文明が早く生まれたってのもデカイ
古代日本は中国から学ぶって姿勢だったし
古代ギリシャもそう
古代ギリシャでアリストテレスが文明科学発展
させたのにその影響が強すぎて
中世になってもアリストテレス信奉者が多くて
アリストテレスが天動説だったもんだから
ガリレオが地動説となえてもアリストテレス信奉者
は望遠鏡すら見ることなく科学の発展遅らせた
って言われてる

72: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:32:34.81 0
悪人正機説の悪人は殺生とか生きていく上で
どうしてもしてしまう一般人のことで
殺人だの大罪犯す人間は悪人なんてものじゃなく
念仏唱えただけじゃ救われないって聞いた

206: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:13:01.86 0
>>72
歎異抄を読むとその考え方は誤謬
「人間としての道徳観」を捨てきれてない
「殺人は前世の因縁だからその人は善人であろうと悪人であろうと殺人を犯す運命だった」「殺人などを犯すかどうかか関係なく、人間は全て悪人である。自分が悪人であるという自覚を持たなければならない」とするのが歎異抄

まあ「教行信証」では「殺人を犯した者は如何にして救われ得るか」を説いてるから、歎異抄は親鸞1人の思想というより親鸞+唯円の思想だろう

81: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:35:18.38 0
インド哲学に比べると中国思想は俗っぽいって印象しかないな

93: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:39:19.22 0
中国もその時代の古い思想家より後に
ぜんぜんこれといった思想家が出てないよな

195: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:08:16.41 0
>>93
朱子と王陽明ぐらいか

111: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:44:54.12 0
後の時代に朱子と王陽明がいる 
特に朱子学はそれまでの儒教の政治哲学とかリーダーシップ論を超えて科学的な探究の土台を作った 
幕末の軍事クーデターに影響したのは陽明学だが近代化の素地は朱子学の影響

91: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:38:04.16 0
西洋は古代ギリシャ哲学みたいな古臭い思想を乗り越えたからこそ科学革命がおこった
いつまでも孔子とかありがたがってた日本は乗り遅れた

94: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:39:26.03 0
ギリシャ哲学を乗り越えられたのは科学の発展の
おかげだからなあ

96: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:40:07.69 0
啓蒙思想がひろがって道徳理論が発展して
モラルを語るのにキリスト教が不要になったのも大きい

101: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:41:31.35 0
西洋の文明の進歩を遅らせたのは
ギリシャ哲学というよりキリスト教に取り込まれたギリシャ哲学

110: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:44:28.56 0
>>101
そんなことはないぞ
庶民はともかく立法や政治や経済のベースって哲学だから

134: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:50:27.11 0
>>110
立法や政治だったらギリシャローマは否定されるどころか
近代思想のベースになってるやん

104: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:42:39.49 0
>>1
THE 100 MOST INFLUENTIAL PHILOSOPHERS OF ALL TIME
http://www.mohamedrabeea.com/books/book1_10592.pdf
活躍した時期で言うと古代じゃないが親鸞と西田幾多郎がランキングに入ってる
親鸞は平安末生まれで古代日本生まれではあるが
109: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:44:04.86 0
>>104
西田幾多郎ってやっぱすげーんだな
日本じゃあんまり有名じゃない気がw
村上春樹ぐらい有名じゃなきゃいかん

147: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:54:43.25 0
俺が以前読んだ世界の思想家の本は 
空海と上杉鷹山が入ってたな

108: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:43:42.78 0
ただ日本は儒教思想の根源の天命思想は受け容れず
易姓革命を取り入れなかっただろ
そこが中華と相容れない原因だし欧米諸国の民主主義が日本に定着した理由でもある
中華思想だとどうしても権威と権力が一体化してしまい政権が不安定になり権力の腐敗が起きてしまう
王権だろうが大統領制度だろうが変わらない
欧米諸国にはバックボーンにキリスト教が有るから権威と権力の分離がやりやすかった訳で
日本もそういう意味で権威たる天皇と権力者たる総理大臣という分離が民主主義の安定に寄与している

116: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:45:40.17 0
水戸学は中華思想を日本に当てはめたもの
シナは異民族に征服されちゃったから
これからは天皇が中華だって思想

125: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:48:34.09 0
>>116
そんな思想を信じる過激派が政権取っちゃったんだから
日本の中国侵略は必然だったんだな

132: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:50:13.91 0
前期水戸学と後期水戸学は違う

136: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:51:11.50 0
神仏習合が日本の仏教の形であり庶民感覚なのにそれに反したことをやってしまった
でもその端緒は国学つまり本居宣長にある

146: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:54:27.72 0
いつの時代も原理主義者は害悪でしかないな 
江戸時代に藩政改革を成功させた儒者も折衷派

131: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:49:54.31 0
大航海時代で世界の事がいろいろ分かってくると
古代ギリシャ人が嘘ばっかり書いてるって事がバレた

143: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:53:35.02 0
奴隷がいるのに民主主義

156: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:57:58.48 0
>>152
それを理解してないバカがギリシャを礼賛している
自分が奴隷であることも弁えず

157: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 12:58:04.10 0
違うね
奴隷と関係なく植民地に入植してきた対等なギリシャ人が多かったので民主主義が生まれた

174: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:03:29.14 0
今の民主主義って実際は古代ギリシャのとは全然別物だけどな
でも古代ギリシャ型の民主主義を目指したのが南北戦争の時の南部奴隷州

193: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:07:19.49 0
親鸞と道元は孔子老子に匹敵するだろ
鎌倉仏教はもっと評価されるべき


198: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:09:36.42 0
中国も歴史的には思想大国というより技術大国のイメージだ

204: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:12:17.59 0
羅針盤、火薬、紙、印刷はヨーロッパなんぞより中国のほうが
圧倒的に早く発明してたからな

199: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:09:57.25 0
毛沢東も世界に影響を与えた思想家の一人 
あんまり良い影響とも思えんが

228: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:19:37.82 0
西田一人では西洋に並んでしまったからな
ただその後がしょぼくて泣ける
明治の人間てすごいわ

255: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:26:04.88 0
>>228
外来語を日本語に訳した人たちの苦労には頭が下がる

266: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 13:29:18.58 0
>>255
哲学者の人がドイツ留学したらそのへんの子供まで
アウフヘーベンて使ってて
アウフヘーベンをわざわざ止揚なんて難しく訳した権威主義の
バカが許せないって怒ってたw
哲学用語はありがたがらせるために過剰に難しく訳した
ふしがあるみたいねw

397: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 15:25:11.27 0
中国は春秋戦国時代が哲学最盛期だよな
その後も杜甫李白とか魯迅とか一流は生まれるが春秋戦国時代ほど密度が濃いのはない

685: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 18:45:58.39 0
儒教は役人のマニュアル 
元は葬式とか式典の専門知識を教えてもらって就職口を得ようとした人たちの集団 
漢の時代にその思想で官僚組織を整備した人がいて業界標準になった

482: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 16:34:22.19 0
孔子とか紀元前だろ?
インドならブッダ
ギリシャならソクラテスぐらいの頃じゃん
じゃあそのころイギリスに高名な思想家がいたか?
ただの地政学的な問題でしかないよ

493: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 16:38:57.50 0
>>482
日本とヨーロッパをユーラシアの東西端っこ同士で見比べると面白いよな
力がだんだんユーラシアの外側に集まってくる歴史の流れ