1: 水星虫 ★  2016/06/11(土) 11:01:42.79 ID:CAP_USER9
小学生の声優オーディション

*ソース元にニュース画像あり*

http://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8015776961.html?t=1465610010000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

江戸時代に嵐にあって漂着した無人島で12年生活したあと、みずから造った船で生還した、野村長平の生涯を描いた紙芝居の動画で、出身地の香南市の子どもたちが声優に挑戦することになり、10日、配役を決めるオーディションが行われました。

声優に挑戦するのは、香南市の岸本小学校の5年生と6年生、17人です。
地元のケーブルテレビ局などが紙芝居に登場人物のせりふをつけて制作する「紙芝居動画」で、声優に挑戦することになり、10日、オーディションが行われました。

紙芝居は、小学校がある岸本地区出身で、江戸時代に船乗りをしていた野村長平が、
嵐にあって無人島に漂着し、12年生活したあと、みずから造った船で生還した生涯を描いています。

子どもたちは、10日のオーディションに向けて1か月ほど前から練習してきたということで、長平や船乗り仲間などの役になりきって、せりふを話していました。
野村長平の役に選ばれた6年生の小松拓文くんは
「自分が長平に選ばれると思わなかったので驚きました。長平の役を頑張って演じたいです」と話していました。

子どもたちは来月8日にせりふの収録を行い、10月に「紙芝居動画」を完成させる予定です。

06月10日 23時19分
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465610502/

34: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:16:39.81 ID:50nlHu5W0
声優業界は厳しいぞ。 
この中で何人の声優が生き残れるのだろうか。

83: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 13:19:31.80 ID:rG3pv2ry0
>>1 
これ、吉村昭の小説で読んだ。面白かったよ。最近話題の熊に関連してるが「羆嵐」って小説も読んですごく面白かった。あと「ニコライ遭難」も非常に良かった。 

吉村昭は本当に良い物書きだよ。

3: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:04:17.95 ID:fIEHPP840
後のベア・グリルスである

5: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:05:33.76 ID:cqiEybTe0
よくわかんねえが仲間にヒカリゴケまぶして食っちまって
アナタハンなにしてまんねん女独り占めして
アンデスねん凄惨やなあみたいな話だっけ??

6: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:06:13.52 ID:GL2XOOoT0
ジョン万次郎かww

79: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:59:01.42 ID:sM0FcIWA0
>>6
長平と万次郎が流れ着いた島は同じ島
マメな

12: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:08:56.32 ID:iPvcfF2c0
そもそも吉村昭が小説化してるし、映画にもなってるじゃん( ・ω・)y─┛~~

24: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:13:21.69 ID:FHBd7YbJO
北大路欣也で映画化されたような

15: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:09:52.62 ID:cnWPGQo90
おろしや国のほうが凄いだろ

21: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:11:42.14 ID:/D5Mqqot0
孤独のあまり仲間の頭蓋骨に向かって話していた奴?

26: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:13:58.15 ID:4X4bnRFa0
アホウドリ「長平に仲間がどんだけ食われたことか・・」

32: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:16:20.25 ID:ho3qWbc0O
『月間無人島脱出船』(全144回で完成) 
初回号は特別価格16文!

29: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:14:44.46 ID:gv3ts+O10
小学生になって初めて夢中になって読んだ本が「ロビンソン・クルーソー漂流記」だつた。

66: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:28:24.71 ID:B8+CNy/R0
>>29
世界各国に漂流記があるな
宇宙開拓時代が来たら、どっかの惑星に取り残される漂流記が生まれるんたまろうな

43: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:48:48.23 ID:mTcWUnEV0
続・ロビンソンクルーソーは生還したロビンソンがピレネーで熊と闘う話だが、 
前作程は売れなかった。これ豆な。

78: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:55:04.24 ID:5UDfUjzo0
ロビンソン、けっこう残酷なんだよね、神がどうのこうのとうざいくせにフライディーを助けた時に 
土人を数人殴り殺して罪悪感なし、無論子供向けの物語では削除されてるけど。

80: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:59:45.72 ID:0+/9fvic0
>>78 
だって白人以外は人間じゃないもんあの頃のキリスト教徒からしたら。…今もそう思ってるかもしれないが。 
黒人やインディアンやアジア人なんて人じゃなくて猿扱いでしょ。日本人だって大昔は東南アジア人を土人扱いしてた訳だし。

37: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:35:02.67 ID:PIcPLWnu0
Wikipediaで調べたら、他の船も後から漂着して
それなりの集団で船を作ったんじゃん
記事だと一人の漂流者が全部やったように見えるけど

61: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:19:00.83 ID:3YbRo8xF0
>>37
水のない無人島で生き残る仕組みを作ったのは長平たち初期メンの仕事だよ
それを2期生3期生が加入するまでソロで管理維持したのが長平の業績

70: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:31:42.83 ID:P2KReTpX0
>>37
仲間が死んで一人になった後に
他の漂流者がたどりつくとか
なんという劇的展開
これは映画化ですわ

39: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:39:54.41 ID:3PPaRe1W0
大黒屋光太夫の方が凄いじゃん。
ロシアの情報を仕入れてきたし。

41: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:43:47.45 ID:hAHx+V0R0
>>39
映画ではものすごいスピードで言葉学習してたな
エトチョワ?

40: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:42:03.91 ID:l1ZQf6jB0
幕府はジョン万次郎をもっと活用するべきだったし、
モリソン号が来た時に、それまでにオランダに協力を仰ぎ対策をしておいて開国するべきだった

44: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 11:52:15.95 ID:pesRzXV/0
鳥の一大営巣地だったんだよな

46: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:01:55.85 ID:xNOuODxD0
無職でひとりぼっちでも無人島で自給自足で12年も生きれるひとは生きれるんだな

49: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:05:15.38 ID:pesRzXV/0
>>46
いやその後次々と難破船のクルーが辿り着き最終的には10人以上で脱出した
ナンパの名所

51: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:07:21.28 ID:nwomR23J0
吉村昭は名著が多い。是非、一読を。

67: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:29:01.99 ID:AMnze3+d0
>>51
この前漂流読んだばかりやわ
すんごいタイムリー
今絶滅寸前のアホウドリの繁殖をやってるみたいだけど、成功すると良いね

88: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 13:38:13.70 ID:aimV7iFb0
吉村昭のアメリカ彦蔵は面白かった

52: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:09:11.14 ID:PR03dVWc0
ジョン万次郎とか大黒屋光太夫とか、漂流して帰還した人はたまに居るけど
殆どが、海の藻屑か、漂流先で客死だよな。

54: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:10:41.51 ID:l1ZQf6jB0
>>52
日本海側なら割と助かったかも
太平洋側だと荒れるベーリング海まで流されて行って死んだ人とか結構居そうな気がする

56: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:12:58.84 ID:hAHx+V0R0
>>52
漂流民を教師とした日本語学校がイルクーツクにあったみたいだな

103: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 16:17:05.13 ID:8L72axgJO
>>56
大黒屋光太夫の仲間だと新蔵(映画では沖田浩之)と庄蔵(西田敏行)が
残って日本語教師になったんだっけ。
特に新蔵さんは大活躍だったみたいだね。

53: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:10:30.87 ID:LMafEJYm0
アホウドリと昆布だけで12年過ごすんやで!

57: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:14:01.62 ID:Qi0JW9pk0
自力で舟作って帰還とかロビンソン・クルーソーを完全に凌駕してんじゃん

58: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:14:31.17 ID://Xr0Tr10
なんで12年のうちに脱出しなかったんだ
船完成に12年かかったってことか?

62: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:21:16.26 ID:LMafEJYm0
>>58
自分らが乗ってた船で脱出しようとしたんだけど、岸辺に置いてた船が油断して流されてしまった
漂着した南鳥島は木がない
作る道具もない
数年が過ぎて新たに漂着してきた人々が来た
その船で八丈島へ渡った

たしかこんな流れだったと思う

69: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:30:57.93 ID:AMnze3+d0
>>62
船が残ってなくて、島に流れついた船の残骸をかき集めて作った船を使って脱出

64: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:26:40.81 ID:0+/9fvic0
野村長平も土佐なのか
ジョン万次郎と同じ島に漂着しているし。
帰ってから土佐藩に野村姓を名乗るのを許されたり、当時からヒーロー扱いだったんだろうなw

68: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:30:27.10 ID:LMafEJYm0
この人が漂着した時にすでに何百年も前に漂着してそのまま死んでいった人たちの遺した遺品や文字があったらしいね

72: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:32:40.26 ID:+cFPlZGm0
>>68
マジかよ
その遺品は考古学的な価値があるな
今どこに?
てか、この無人島ってそもそもどこよ?

73: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:35:13.56 ID:LMafEJYm0
>>72
鳥島
吉村明の「漂流」ってノンフィクションにあるよ

75: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 12:36:59.73 ID:P2KReTpX0
漂流者がちょうどたどりつく島なんだろうなぁ

89: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 13:44:47.95 ID:4txd3a+I0
まあ大河ドラマにはならないだろうな
島のサバイバルシーンばかりだろうし

91: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 13:54:08.51 ID:5wzRwsJ80
吉村昭の「漂流」では、
長平の仲間たちは、肩こりや腰痛に悩まされるようになり、
しまいには動けなくなって、黄疸が出て腹がふくれあがり
体中に斑点ができてやがて死んでしまう。
これ何の病気だろう。
栄養の偏り、あるいは不足で起こる病気だろうが。

106: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 23:16:01.10 ID:SJz3kEdI0
>>91
肝臓が悪くなったことしかわからんよな
なんで悪くなるのだろう
そんでもってなぜ一人だけならなかったのだろうか

94: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 14:00:26.37 ID:gli17ep00
無人島から帰ってきただけだから、視野が広がることもなくただただ12年空費しただけ。
”物語の無さ”って点で万次郎や大黒屋とは比較にならん苦難に思えるw

97: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 14:09:20.68 ID:46mcZFmI0
吉村昭の本で知ったが
小豆で酒作ったり
阿呆鳥〆て衣作ったり
壮絶な話だったな

104: 名無しさん@1周年 2016/06/11(土) 16:50:50.21 ID:p/LpRbr50
すごいサバイバル能力だな。

108: 名無しさん@1周年 2016/06/12(日) 00:28:44.03 ID:ypo0e+us0
鳥島に漂着した漂流者が住みかにしていた洞窟内に、後の漂流者のために生活物資を丸ごと残しサバイバル術まで書き残していたのには感動する。
そうした遺体がない先人の生活の痕跡は新参の漂流者に希望を与えただろうね。