1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2016/06/17(金) 20:38:15.27 ID:CAP_USER9
 福岡県春日市教委は17日、同市の須玖(すぐ)岡本遺跡で、墓穴の大きさが国内最大級となる甕棺(かめかん)墓(弥生中期前半=紀元前約150年)が見つかった、と発表した。
同遺跡は魏志倭人伝に出てくる「奴国」の中心地で、王や王族の集団墓地。
今回の甕棺墓は奴国のナンバー2、3クラスの有力者の墓の可能性が指摘されている。

 墓穴は縦5.2メートル、横3.9メートル。長さ約1メートルの甕を二つ合わせた甕棺から銅剣(約42センチ)1点と、被葬者の身分が高いことを示す青銅製の飾り「把頭飾(はとうしょく)」(高さ約4.5センチ、幅約5.5センチ)1点が見つかった。
遺物周囲の土の表面からは複数種類の布の痕跡が多数確認された。
遺物や遺体を布で何重にもくるんだ可能性があるとみている。

 奴国は、弥生時代の北部九州の中心的な国で、中国・後漢の光武帝から贈られた国宝の金印が有名。
須玖岡本遺跡一帯は「奴国」の中枢部で、弥生時代有数の青銅器生産遺跡としても知られる。
同遺跡では銅鏡30点以上を副葬した「王墓」とされる甕棺墓があり、今回の甕棺墓は
この王墓の時代よりやや古いが、位置は王墓から80メートルと近い。

 柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)は「甕棺内で折り重なった多数の布類の存在が分かったのは初めて。広い墓穴で祭祀(さいし)が行われたのではないか」と話す。

毎日新聞 2016年6月17日 20時20分(最終更新 6月17日 20時20分)
http://mainichi.jp/articles/20160618/k00/00m/040/083000c
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1466163495/

3: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 20:40:26.01 ID:7NiSj55x0

7: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 20:47:28.06 ID:W10Vu/De0
>>1
奴国がどこにあったのかさえ分からないのに
勝手に奴国の中枢部扱いするな

金印云々なら奴国は志賀島でいいのか(´・ω・`)

11: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 20:56:51.83 ID:8WZWTpYB0
>>7
なこくもイト国も弥生時代からの大国で
場所確定済み

12: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 20:58:32.45 ID:W10Vu/De0
漢委奴國王は奴国の王

福岡の入り口の当時は陸続きでもない
小さな志賀島の王でいいのか

堂ノ山箱式石棺墓(´・ω・`)

13: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 20:59:47.81 ID:8WZWTpYB0
>>12
邪馬台国やまと国のテリトリーは北九州まで。

北九州で金印が見つかって不都合なにもない

15: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 21:04:04.83 ID:wGyAPZZ/0
>>13
そもそも金印が転がってるのがおかしい。
古代墓から見つかったのならともかく。

18: 婆 ◆HKZsYRUkck 2016/06/17(金) 21:09:31.06 ID:fPQi7j1R0
>>15
いや、判子は墓に入れずに若旦那に引き継ぐ気がする。
で、大陸の王朝が変われば、また挨拶しに行って
新しい判子をもらって来ると。

19: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 21:17:51.34 ID:W10Vu/De0
>>18
そうなると何があって
誰が志賀島に持ち込んだと言う話になる

そこで可能性としては磐井の乱が思い当たるが
そうなると筑紫君磐井で
福岡中枢部説揺らぐがな(´・ω・`)

21: 婆 ◆HKZsYRUkck 2016/06/17(金) 21:23:50.26 ID:fPQi7j1R0
いやそこで>>19ですよ。

王  「うぅ、おれはもうダメだ」
侍女「王さま、しっかりしてください!」
王  「すまんが、この判子を志賀神社の神主さんに預けてくれ」
侍女「は、はい!(めんどくさいわね…)」

66: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:00:30.14 ID:T9h6B7Kh0
>>15
むしろ墓から出るほうがおかしいだろう
金印は財産でなく統治者として近隣の大国である中国に認められた証し
個人のものでなくその王家のもの
王様死んだからって一緒に埋葬したら次の王様が中国に認められた証しを持ってないことになる
当然、墓に入れずに首都の王の居住に補完する
その王朝が滅べばそのまま首都と一緒に瓦礫に埋もれて後は野になれば埋まるのが通り

16: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 21:06:02.13 ID:os1zlxGK0
魏志倭人伝の頃は大陸とは明らかに差があったのに、
いつの間にか半島に領土持ってたんだよな。
明治維新みたいなチートイベントでもあったんだろうか。

29: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:06:52.90 ID:ZrZLuylV0
>>16
いつのまにかっていうより、古代から居たっていうほうがつじつまがあうじゃなかろうか。

63: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:58:35.78 ID:ylJ4ZSSP0
>>16
歴史的文書でしられている限りでは、半島南部は倭国の一部だよ

127: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 02:13:30.70 ID:RDWEkw5I0
>>16
領土じゃなく、あっちが本宅。

26: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 21:49:50.09 ID:h2EQMBaf0
磐井の時代は継体天皇だからね

27: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:00:01.77 ID:aXSSvYAV0
九州王朝年号の最初が継体なんだよね。

30: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:07:49.25 ID:K86wsfLk0
福岡が日本の始まりに間違いなし

31: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:08:30.25 ID:Il58FftY0
対馬、壱岐、松浦あたりまで地名が今も残ってるのが凄い

32: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:08:36.81 ID:LCFNZffk0
倭国王・帥升よりもさらに前の時代か。
まあ、これまでの考古学の成果と合わせて、
1世紀までは、ナ国、イト国が最大の勢力であったのは確かだろう。

33: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:11:51.50 ID:fwOh8s8k0
任那(伽耶国)日本府がおかれる数百年も前のお話か

59: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:54:27.48 ID:ZsoRbijq0
いい加減に邪馬台国確定しろよ。

62: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:58:04.95 ID:FNXXKido0
>>59
公務員のカラ出張の報告書なんで真偽も不明ですわ

65: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:59:53.08 ID:ylJ4ZSSP0
>>62
いや、壱岐対馬唐津の描写を見る限り来てるよ
実際に則してるから
まず九州

68: 婆 ◆HKZsYRUkck 2016/06/17(金) 23:03:01.15 ID:fPQi7j1R0
>>65
> いや、壱岐対馬唐津の描写を見る限り来てるよ

まさにそこだな。
伊都国の旅館で酒飲みながら出張報告を書いた説がある。

90: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:30:30.41 ID:+i4HEkVa0
>>68
ショートショートの広場
っていう本にそういう話があったな
オチはカラ出張じゃなくて水増し出張だったけど

64: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 22:58:39.51 ID:J//Fn3F50
ロマンだなあ
まだまだ新発見がある歴史
好きだわ

78: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:14:34.53 ID:zCiI8duK0
>>64
須玖岡本はもうこれ以上ないというほどの遺跡が出てるのに
さらに新発見があるとは思わんかったわ

94: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:31:55.92 ID:zCiI8duK0
紀元前約150年前かぁ
別の地域の遺跡では意図的に年代を古く見せていると批判されることもあるが
北部九州の古さはガチだもんな

97: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:36:59.33 ID:i1JNDBUq0
奴国のナは奈良のナと同じ意味で土地を意味する。
任那のナも同じ。
和人の地名としては、当時いたるところに
あったと推察される

133: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 04:25:57.87 ID:jup6DRbc0
>>97
ああそうなのか、
確かに伊那とか支那と呼ぶな

102: 名無しさん@1周年 2016/06/17(金) 23:52:32.74 ID:yoybjd680
奴国があった当時は福岡市の大部分は海だったから那珂川の南岸からが陸地
だったはずで須玖岡本遺跡付近は多少、台地になっているからあの辺りが
奴国の中心部と言うのは間違いない、あの付近は住宅が密集しているから
大規模発掘は無理なのでこの発掘は大したものだぞ。

106: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:15:10.94 ID:S5HvOECN0
春日の須玖って、友達んちのすぐ近所だw
あんな所にでかい古墳があったとは知らなかった

110: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:26:45.17 ID:I8lsVuIJ0
>>106
奴国の丘という無料なのに相当なクオリティの歴史博物館あるから行くといいぞ
http://www.city.kasuga.fukuoka.jp/nakoku/riyou/siryoukan.html

107: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:22:17.87 ID:S5HvOECN0
金印が出たところは金印公園になってるが
あそこは何も無いだだっぴろい所だよな
多少台地っぽくなってはいるが

140: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 07:03:11.68 ID:jdReKyqG0
金印公園の所で金印が発見された訳じゃ無い、金印が発見されたのは島の 
周回道路の側溝付近から出土したんだよ。 
それから須玖岡本付近は住吉神社が結構あるんだな、住吉神社は海神族の 
守護神なので古代は須玖岡本付近まで海が迫っていたと言う事だ。 
つまり住吉神社の発祥は那珂川町の現人神社で海が後退して行くにつれて 
住吉神社もどんどん後退し、博多区の住吉神社が住吉神社の代表のように 
なっているが須玖岡本付近の住吉神社の方が古いのかも知れん。

143: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 07:10:01.62 ID:jdReKyqG0
奴国の使者が漢に赴いて金印を拝領したのは西暦五十七年の事、 
その当時は邪馬台国はまだ存在していない、北部九州で騒乱状態になり 
それを統一した国が邪馬台国である。現在の朝倉郡筑前町(旧三輪町) 
に首都が置かれた。邪馬台国と奈良は全くの無関係

114: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:33:35.70 ID:h0k1a5Ys0
須玖は奴の国の首都にして
甕棺と須玖式土器が特徴。
これが邪馬台国に繋がり、ヤマト王権へと。
こんな超重要遺跡でまだこういう発見があるとは。

安曇氏の古墳は黒田かんべえの息子が悉く・・・
滅茶苦茶重要な古墳群だったのに・・・。、

116: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:38:41.69 ID:qFtbkJxS0
>>114
福岡城の再建が無理なのは黒田に恨みを持っている
地元商人の反対だというね
福岡とか言う名前は黒田以前はなかった
福岡沿岸は博多だった

117: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 00:45:20.70 ID:ybR+DhiX0
そのつながりをどのように想像しているのかはしらんが、
2~4世紀に九州の勢力やその文化が大阪奈良へ移動した
痕跡はまったくないぞ?
吉備から大阪・奈良・北部九州へはその可能性はあるが

122: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 01:22:34.05 ID:h0k1a5Ys0
福岡の勢力が大和へ移動して邪馬台国建国、ではない。
福岡で起きた社会変革運動が次第に東へ拡大、
これが邪馬台国で、最盛期に大和の唐子・鍵→纏向が首都に、でしょう。

倭国大乱の遷移と収束が絡みます。
偉大な歴史ですよ。

137: 名無しさん@1周年 2016/06/18(土) 06:38:41.31 ID:ybR+DhiX0
>>122
それも何の根拠もただの妄想じゃねーかw
どんな社会変革運動な歴史学的かつ具体的に教えてくれw