20081130083957
1: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 04:18:58.03 0
優しさと強さを兼ね備えた英雄じゃないか、なんで低評価なんだよ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/whis/1339442338/
2: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 04:38:55.08 0
モンジザールの戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%

3: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 05:04:02.27 0
>>2
ミスだがサラディン軍は貧乏だったからやらざるを得なかったと思うんだよね
そこをつかれたのは痛かったけど復活して2年後に勝てたんだからアリじゃね

5: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 08:38:24.90 0
講談社学術文庫版を読んでニワカ知識を仕入れたんだなw
51wYOPtMj9L

6: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 10:47:27.28 0
ṣalāḥ al-dīn サラーフ・アッ=ディーン

7: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 12:12:57.48 O
サラディン程度で優しいって
他のイスラムの君主はどれだけ酷いんだろうな

13: 世界@名無史さん 2012/06/13(水) 05:36:26.99 0
>>7
優しいってレベルじゃねーぞwww
十字軍から酷いことされたのに獅子心王に見舞いの品渡してんだぞ

8: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 12:13:30.53 0
サダム・フセインは出身地が同じだったサラディンを崇拝していたな。
そんならクルド人の迫害をもう少し遠慮しろって話だよな。

9: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 13:10:23.01 0
サラディンはなんでヨーロッパで人気あるの?

11: 世界@名無史さん 2012/06/12(火) 20:50:47.14 0
イスラム君主の評価って西洋にどれだけ影響を与えたかで評価されてるきらいがある
サラーフとか、メフメドとかな
そりゃ西洋史観と、それを輸入した日本じゃそうなるのが当たり前だが
西洋と関係ないところで活躍したイスラム君主がもっと評価されるべき

14: 世界@名無史さん 2012/06/13(水) 22:46:51.99 0
アレキサンダーやシーザーっていうと、怒るひとが多いのに
どうしてサラディンはOK牧場なんだぜ?

15: 世界@名無史さん 2012/06/13(水) 23:12:55.54 0
それを言ったら、ダレイオスとかクセルクセスとかもそうだろ。

19: 世界@名無史さん 2012/06/14(木) 22:10:18.24 0
サラディンより、ボードゥアン4世のほうがすごいな。

不治の病で年少で、しかもルノー・デ・シャティヨンとかギーとかのクズ野郎に足を引っ張られながら
あれだけ頑張ったんだから

20: 世界@名無史さん 2012/06/18(月) 21:26:24.20 0
新紀元社が出してた「海外の偉人伝」の中では

「次々に実に都合のいいタイミングで、自分の上司やライバルが偶然に病死していく。実に鼻持ちならない偽善者だ。
もっともリチャード1世のような独善的な支配者よりは、彼のような偽善者の方がよほどまともだ」

みたいな書かれ方してたっけ

21: 世界@名無史さん 2012/06/22(金) 09:53:26.16 0
>次々に実に都合のいいタイミングで、自分の上司やライバルが偶然に病死していく。実に鼻持ちならない偽善者だ。

中世でそんな証拠も残らないような暗殺を次々と成功させたんならむしろ凄いような。
「山の老人」の手下なんてとりあえずターゲットに接近してナイフで刺すぐらいしか考えてないw

22: 世界@名無史さん 2012/06/22(金) 21:56:30.99 0
>>21
アサシン派のは、政治的示威活動の一つだからなあ

でも、サラディンはたしかに政敵の死亡が短期間に集中してるように感じるねえ
1171年 ファーティマ朝アーディド
1174年 エルサレム王アモリー1世
    ザンギー朝ヌールディーン
1180年 ビザンツ皇帝マヌエル1世(ミュリアケファロンの戦いは1176年)
1181年 ザンギー朝サリーフ
1185年 エルサレム王ボードワン4世

27: 世界@名無史さん 2012/06/26(火) 23:47:43.12 0
>>21
サラディンは個でというより
一族総出で天下取りを狙ってた感じ
親、叔父、兄弟皆優秀(兄がちょっち問題あったけど能力はあった)で結束してた
少数派のクルド人の立場を上げたかったのかもしれない

特にサラディンの父親が相当な策士で
影で様々なことを案外やってたかもw

23: 世界@名無史さん 2012/06/23(土) 01:05:16.85 0
シャジャル・アッドゥルが夫のアイバクを暗殺したときも
一緒に風呂に入ってる時に殺害とかもっとましな手は無かったのかって感じ

24: 世界@名無史さん 2012/06/23(土) 18:20:36.38 0
ザンギーがつき、アイユーブがこねし天下餅
マムルークが死守してたがオスマンに食われた

25: 世界@名無史さん 2012/06/26(火) 23:22:07.13 0
サラディンが個人では人徳のある人間であることには違いないが
王や軍人での立場ってのはまた違う
当初はサラディンも軍人然として、捕虜を全員殺害とかやってたんだよね

自分の息子くらい若いボードワン4世と戦ってるうちに
段々と何かしら変化があったような気がする

宿敵が、生意気でハレムに入り浸ってるようなクソガキならともかく
個をすてて病身なのに全力で頑張ってる純粋そうな健気?な若者相手じゃ
元来人の良いオッサン(サラディン)はやりにくかったんじゃなかろうか

丁度日本では源平合戦で、平敦盛と熊谷直実のエピソードでそう思った

リチャード獅子心王もDONで戦闘・血や争いを好む人間であるが
豪快で詩人でどこか憎めないタイプの人間ではあったようで
人間ってのは一面では語れない複雑さがある

26: 世界@名無史さん 2012/06/26(火) 23:34:44.36 0
サラディンがやたら西洋で高く評価されているのは
自分(西洋)を負かした相手を高く持ち上げることによって
自分の評価を下げないようにするためw

関係ないけど
映画ブレイブ・ハートでは残虐な王として描かれていた
エドワード一世だけど
イギリスでは政治・軍事ともに名君であり
私生活では后を大事にして16人も子供を儲けた良き夫だった

一般的には無能扱いの武田勝頼だが
私生活では夫婦仲睦まじく
銃の必要性も考えていたようだが信長に遅れをとった
総ては時代の流れ・・

31: 世界@名無史さん 2013/02/02(土) 06:56:48.71 0
サラディンってもとザンギー朝の家来でしょ
主家に歯向かうふとどき者じゃん?

32: 世界@名無史さん 2013/02/02(土) 09:32:40.28 0
むしろ捕虜解放のきっかけを作ってアイユーブ朝を支えた
2代目の弟の方が圧倒的に過小評価だわ

33: 世界@名無史さん 2013/02/02(土) 11:28:48.87 0
バイバルス凄すぎワロタ
そして欧米でのバイバルスの知名度低すぎワロタ
モンゴルにケツさしだしてまでイスラム潰そうとしたのに十字軍完膚なきまでに叩きのめされたから嫉妬してるだけだろあれ
痛み分けで終わったからサラディンを持ち上げる欧米史観の小物っぷり

34: 世界@名無史さん 2013/02/02(土) 11:49:43.46 0
ちなみにヨアキムの千年王国説では、
終末の近づきをしめす悪魔の一人みたいな、
扱われ方だったな、サラディンは。

イスラム世界じゃ、そんなにもちあげられてないんで、
西洋のサラディン伝説の伝播の原因・経路とかを
考えなおしてみると面白いかもしれん。

49: 世界@名無史さん 2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN 0
お人好しすぎて家臣はえらい苦労したらしいが
財政考えないで、なんでも気前よくあげちゃうから
家臣はしかたなく隠し財産作ったりしてる
捕虜の釈放も文句言われてる

50: 世界@名無史さん 2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN 0
同じく寛容政策してたカエサルは殺されたけどサラディンはベットの上で死たし
獅子心王来てやられたけど、キリストの条約を20年も守れたのはすごい

54: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 00:29:22.24 0
なにげに親父のアイユーブも 叔父のシールクーフもすごいよな

55: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 00:53:15.37 0
シールクーフは色々とおかしい
補給なしでシリア砂漠横断とか
根拠地を包囲されてるのに上エジプトに逃走して反乱軍を組織して対抗とか
色々と規格外すぎる

56: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 08:21:18.28 0
>補給なしでシリア砂漠横断とか

いつの話でしたっけ

58: 世界@名無史さん 2013/10/05(土) 22:53:57.84 0
それに比べて兄のトゥーラーンシャーときたら・・・

59: 世界@名無史さん 2013/11/28(木) 00:47:15.51 i
アッディーンはイスラム君主としての決まりを遵守しただけ
捕虜住民強姦惨殺当たり前のヒャッハー十字軍から見ると捕虜を殺さず帰すのは有り得ないほど名君な対応にみえただけだろう

父親は策略家だったのに、兄ときたらね
クレクレ病はどうにかならんかったのかね

60: 世界@名無史さん 2013/11/28(木) 10:26:42.47 0
それ以外のことでも十分サラディンは評価できる

61: 世界@名無史さん 2013/11/28(木) 11:56:20.18 0
捕虜から身代金ほとんど取らずにみんな返しちゃったから財政やばいし
捕虜がみんな集結して結局その後苦戦しちゃうっていうお茶目なサラディン

65: 世界@名無史さん 2013/12/11(水) 22:55:36.99 0
やっぱサラディンのことについて知りたいんだったら佐藤次高先生の本が一番なのかね?

76: 世界@名無史さん 2014/06/17(火) 09:24:19.73 0
戦前の教科書だと「サラヂン」

79: 世界@名無史さん 2014/08/18(月) 23:48:59.13 0
サラディンの好敵手ってリチャード1世というよりボードワン4世な気がする

80: 世界@名無史さん 2014/08/19(火) 00:13:43.13 0
サラディンって内政はどんな感じだったの?

81: 世界@名無史さん 2014/08/21(木) 11:38:20.89 0
十字軍との戦費調達でエジプトの税率はかなり上がってたらしいな

戦争第一

86: 世界@名無史さん 2014/09/02(火) 22:10:28.78 0
戦争に勝っただけの奴より、内政に進んで投資して文化を発展させた人間の方がいい

87: 世界@名無史さん 2014/09/06(土) 00:39:34.43 0
確かに一応学問の発展にも貢献したな

88: 世界@名無史さん 2014/09/28(日) 22:25:53.41 0
サラディン伝の英訳読んでるけど
基本リチャード1世には負けまくりだな

まぁエルサレム守り切ったんだから戦略的には勝ってるんだろうけど

90: 世界@名無史さん 2014/12/08(月) 21:33:05.31 0
十字軍以外でどんな活動をしたの?

91: 世界@名無史さん 2014/12/10(水) 11:15:25.87 0
エジプトからシーア派を追い出した

92: 世界@名無史さん 2014/12/11(木) 20:00:14.05 0
アサシンの拠点に攻め込んで逆に暗殺されかけたから慌てて和睦したり

93: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 13:51:27.28 0
サラディンは、シーア派からの評価は低いのか?

94: 世界@名無史さん 2014/12/17(水) 16:40:04.46 0
シーア派って言ってもサラディンがエジプトから叩きだしたのはイスマーイール派だし
聖地奪還したんだからムスリム全体からの評価は高いんじゃね?

98: 世界@名無史さん 2014/12/20(土) 14:54:57.19 0
シーア派を追い出しただけって、凡庸でも出来そう。

99: 世界@名無史さん 2014/12/25(木) 14:48:44.03 0
シーア派は追い出したんじゃなくてファーティマ朝のカリフが子を残さずに
夭折したから自然消滅、サラディンの幸運が大きい。

101: 世界@名無史さん 2014/12/25(木) 23:43:15.20 0
>>99
その後のエジプト各地のシーア派裁判官の入れ替え
シーア派宮廷勢力の排除

他にも幾つもあるぞ

103: 世界@名無史さん 2015/01/06(火) 23:41:17.01 0
サラディンがすごかったのか
十字軍国家が弱かったのか

104: 世界@名無史さん 2015/01/06(火) 23:53:46.09 0
そもそも十字軍国家が普通にイスラム側に肩入れしてたりするからな、初期の十字軍って
ヨーロッパ(というか実質リチャード1世)が負けたとして、何でもかんでもサラディンの手柄なわけじゃない

105: 世界@名無史さん 2015/01/08(木) 13:02:52.52 0
初期の十字軍はセルジューク朝の衰退・分裂に助けられたからな。

ちなみにサラディンはボードワン4世に一度負けている。

106: 世界@名無史さん 2015/01/08(木) 19:50:03.45 0
クルド人ってだけで萌える

107: 世界@名無史さん 2015/01/22(木) 15:50:18.84 0
死後にシリア・エジプト間で息子兄弟が争ったのは
サラディンが確固とした家督相続法を定めなかったからだな。

108: 世界@名無史さん 2015/01/22(木) 16:08:12.97 0
法で定めても争うのかもしれないし。

109: 世界@名無史さん 2015/01/22(木) 16:27:54.62 0
古本屋で故佐藤次高先生の「イスラームの英雄サラディン」見つけ
早速購入した。
晩年の対リチャード1世戦の部分は物足りなかったが良書だと思った。

115: 世界@名無史さん 2015/03/16(月) 18:51:29.37 0
世界史リブレット人物 でサラディン が出たぞ

116: 世界@名無史さん 2015/03/19(木) 01:37:17.33 0
第三回十字軍の辺りの記述は少ないな
残念

117: 世界@名無史さん 2015/03/19(木) 01:40:27.79 0
第3回十字軍はヨーロッパが一方的に過大評価しているだけ
当のサラディンにしてみれば「なんか変な蛮族が来たから追い払った」程度の認識
どう考えてもイスラム同士の抗争の方が重要
「ヨーロッパとイスラーム」の対立軸でしか物事を見ない人にはわからないだろうけどね

118: 世界@名無史さん 2015/03/20(金) 17:45:53.33 0
>>117
第1回十字軍の頃なら蛮族が攻めてきた程度の認識だが
第3回でそれはないわ

そもそもなぜサラディンがスンニ派によるイスラーム世界統一を目指したのかを考えろよ
キリスト教勢力からエルサレムを奪回するためだろ

そんなこともわかってない時点で論ずるに値しないわ

120: 世界@名無史さん 2015/04/05(日) 11:34:34.70 0
シリアにあるサラディンの像はもう破壊されちゃったのかな・・・
イスラーム世界を守った英雄だけどクルド人だし

125: 世界@名無史さん 2015/08/24(月) 09:34:28.10 0
リチャードも評価低すぎ
リチャードの評価が低いから、ほんとはリチャードに負けまくりのサラディンも評価が下がり
そのサラディンに戦略目標達成を完封されたリチャードはさらに評価が下がり…とデフレスパイラルに突入する

129: 世界@名無史さん 2016/02/14(日) 00:53:11.70 0
サラディンはちょっと優しすぎる