23780_main
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:23:50.62 0
資料集めへの執念はすさまじく、一度に何千万円単位という巨費を投じて買い集めた。
司馬が資料を集め始めると、関連する古書が業界から払底したという逸話があった。
当初は、軽トラックで乗り込み、古本屋に乗り込むや否や手当たり次第に乱読購入し、
関係者らと荷台に乗せていったという。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1474813430/

2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:24:43.25 0
実際そのくらいやってもらわんと読む方も困る

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:24:59.12 0
『坂の上の雲』執筆に際しては、神田神保町の神田古書店街の古書店主らに依頼し、
「日露戦争」という記述のある本を片っ端から買い集め、
当時同じ題材の戯曲を書いていた井上ひさしが古書店に行っても資料がなかったという逸話も残る。

4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:25:20.92 0
速読家として知られ、ある友人と家で話していたとき、
その友人がコーヒーを1杯飲み終わるうちに、会話しながらであるにもかかわらず、
文庫本くらいの大きさの本1冊を読み終わっていたというエピソードがある。
この時読んでいたのは小説の資料(当事者の日記など)である。

155: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:05:53.05 0
>>1 
そのわりに嘘ばっかり書いてるよなこの人

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:26:12.91 0
カッコよすぎわろた

5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:25:44.94 0
歴史小説で嘘書いてあったらムカつくしな

8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:26:56.12 0
>>5
資料読み漁ったうえで嘘つくのが司馬遼太郎

11: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:27:24.06 0
>>8
なんでそんな無意味なことするんだよw

214: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:55:46.74 0
>>11
フィクションの中のリアリティを成立させるため

66: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:55:08.47 0
>>5
でっち上げのヒーロー像を作り上げるのが司馬遼太郎の真骨頂だぞ

7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:26:38.51 0
この人って見た目異常に若々しかったよな
髪フッサフサだし

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:31:40.61 0
>>7
ただ白髪になるのが早かったんだよな
20代後半から白髪化が進んだらしい

9: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:27:02.66 0
ラノベ作家「想像力が大事」

12: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:27:27.30 0
こないだ坂ノ上の雲読んだけど
まるで本人が見たかのような情報量かわ半端なかった

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:32:45.70 0
多読してるジジイは見た目若いのが多い
バカの壁もそうだし

37: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:36:40.96 0
>>26
養老孟司はホームレスにハゲがいないということに気付いてあえて風呂に入らないからなw

27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:33:29.90 0
歴史小説で書いてることをそのまま間に受けるのもどうかと思うわけで
小説はあくまで小説だから楽しんだらいいんじゃないかな
ただどうしても誰かに肩入れしながら書く感じになるから敵方みたいな人は気に入らないところもあるだろう

30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:34:39.66 0
司馬長編はグランドホテル形式でいろんな人間が跋扈しているのが魅力
超がつくマイナーな人間のその後まで書いたりしてる
こういうのは史実を追っていきたいってタイプの読者にはきついかもな

31: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:34:46.17 0
歴史小説に限らず自分より知識ない人が書いた小説って読むに耐えないぞ

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:35:22.30 0
吉村昭もディテールの細かさから相当資料や取材してると思う

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:38:10.31 0
産経の記者だしな
戦後直後の取材で昭和帝とぶつかりそうになったとか

41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:38:15.72 0
吉村昭は図書館を使い倒した
彼が活躍してる頃、図書館には優秀なスタッフがたくさんいたらしい
それに比べて今は・・・という話になる

192: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:48:27.89 0
>>41
図書館の質に関してはまともに司書を雇わない制度にした日本の行政が悪い
無料貸本屋扱いになってるのは司書たちのせいではない

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:39:40.73 0
経験小説は1、2作が限度だから
多作作家に資料読みは避けて通れない

44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:40:22.79 0
あれだけ多数の資料駆使する人なので
架空の人物を登場させると、実在の人だと錯覚されることがある

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:41:50.33 0
司馬史観をそれとわかって語ってるならいいんだけど
言ってる人間は元資料なんかは読んでないから結局受け売りなんだよな
それがさも真の歴史を論じるみたいにさらに転換するからわけわからん

47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:43:26.69 0
色々読んだが
菜の花の沖が一番おもしろかったな
江戸期の経済政治風土とか階級別の気質の違いがよく分かって楽しかった
坂之上の雲はまぁまぁかな

48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:43:33.12 0
このエピソードカッコイイな
俺もやってみたい

56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:49:28.96 0
この人は大衆作家
フクロウの城なんてその時代の人物が全部出てる
そして読むのをやめた

57: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:49:32.81 0
なんか数年前にファンから歴史の資料をもらったお礼の手紙が見つかった
とかって話があった気がする

60: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:51:34.27 0
関ヶ原はよかったな
各武将の動きが短くまとめられて
自分の関ヶ原知識のベースになってるわ

63: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:53:22.18 0
新選組血風録が好きだな
長編はオレには集中力がもたない

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:54:17.13 0
百田尚樹先生が聞いたら鼻で笑うだろうな

69: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:55:25.10 0
>>65
そのレスを読んで鼻で笑ってしまったよ

70: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:55:42.32 0
新撰組は嫌いだな
ありゃただのテロリストだ
日本になーんの貢献もしとらんw
まぁ司馬遼太郎の作品見てそう思ったんだが

71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:55:46.96 0
空海の風景か 
産経時代に宗教記事を担当していたからこのジャンルにも精通してんだろうな 
ただ司馬は仏教思想そのものに心酔していなかった様子

77: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:00:05.26 0
坂の上の雲読んだけど本人が出てきてさも見てきたかのように語りだすのが気持ち悪くて駄目だった

82: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:02:28.49 0
吉村昭ですらちょっと書きすぎみたいなのがあるからなあ

83: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:02:29.88 0
歴史書なんて素人がどんなに読んだところで大学で歴史学研究してる
本物からすればただの素人同然の感想文のようなもんだからなあ
司馬遼太郎が歴史学者に評判悪いのも勝手に作り変えて誤解を広げてる
部分が多すぎるからだし

86: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:04:40.27 0
>>83
脚色は多くの人に読んでもらうために必要なことだろ
それは大学教授にはできないことなんだから妬みだよ

93: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:08:28.78 0
僻みじゃなくて自分の専門分野で出鱈目な記述を観たら怒るよ、専門分野の人は
至極当然のこと

125: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:41:08.52 O
>>93
トミーズ雅が「ロッキー」を評して
「あれ、嘘やわ」

95: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:12:54.21 0
小説家が面白おかしく書くのだって至極当然のことだろ

96: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:14:39.64 0
フィクションを現実と勘違いしちゃう人もいるから
「作中の人物は現実の人物と一切関係ありません」って書けばよかったんじゃね

100: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:17:38.30 0
>>96 それではつまらない。どこが嘘で、どこが本当かわからないから面白い。
アイドルの恋愛禁止と同じ。

99: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:17:28.29 0
奇説を唱えないと注目されない歴史研究業界も同じようなもんだろ

101: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:19:23.34 0
>>99 
視点を変えただけで出てきた磯田はたいしたもんだわ

109: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:25:05.88 0
磯田の武士の家計簿はおもろかったな

189: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:44:52.96 0
つか歴史小説家と学者が対談したら 
司馬とかのが勝つだろ数千万円もの資料を集中して読み込んでるのに勝てるわけない

196: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:53:41.20 0
>>189 
無理、浅く広い知識しかないから専門に入ったら確実に論破される

190: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:46:49.59 0
なんでそこで勝ち負けの話になるんだよw

194: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:52:26.76 0
研究者は例えば坂本龍馬にしても何を語ったかとかは書状にこれこれこう書いてあるという話しか出来ないからな 
想像で補うことはゼロではないがあくまで資料に基づいた話になる 
それぞれ狭い範囲だが読むべきものをちゃんと読んでるならその時点での勝ち負けはない 
史実にない事を想像で書いて影響を与えたもの勝ちならハナから勝ち目はないな

98: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:17:11.11 0
ホンダアクティ
荷台長
  192cm
荷台幅
  141cm
荷台高
  29cm

192x141x29=785088cm3

学術書=A5判のおよその体積 14×21×3=882cm3

785088÷882=890...

軽トラ1車=およそ890冊

102: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:19:37.12 0
手塚治虫がブラックジャックを描いてた頃に医者達から
嘘は描かないでくださいというクレームがきたけど
漫画家が嘘描いて何が悪いんだって言い返したという話を思い出した

106: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:21:40.06 0
日本を代表する漫画家、手塚治虫も速読に長けていたといわれています。
代表的なエピソードとして、手塚治虫は500ページ程度の本をわずか20分前後で読破したといわれています。
喫茶店などで打ち合わせの前に本屋に立寄り、立ち読みした本から得たアイデアを語り、
「多忙なのに、先生はいつ勉強しているのか」と編集者を不思議がらせたと言われています。

110: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:27:10.54 0
色んな資料を読み漁っていたらあちこちから同一人物が出てきて
またこいつ出てきやがったな!って感じで楽しくなるみたいなことを言ってたな

116: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:33:06.28 0
司馬さんは取材の方はどうだったんだろう?

118: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:34:42.96 0
元記者だったんだろ?
取材は当然じゃないのか

124: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:39:15.17 0
3年生から松坂屋の横の御蔵跡町の図書館に通うようになり、大阪外国語学校卒業まで本を乱読するようになる。
古今東西のあらゆる分野の書物を読破し、しまいには釣りや将棋などの本まで読んだという。
阿倍野のデパートでは吉川英治の宮本武蔵全集を立ち読みで読破した。
いつも立ち読みばかりするので頭にきた売り場の主任が「うちは図書館やあらへん!」と文句を言うと
「そのうちここらの本をぎょうさん買うたりますから…」と言ったそうである。

126: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:42:13.14 0
まあ本1冊に軽トラ一台分は盛ってますわw
所詮素人だからハッタリが欲しかったんでしょう

128: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:45:14.48 O
>>126
全く大袈裟では無いと思う
読むというより目を通して使えるところを探すのだから

135: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:50:21.63 0
>>128
適当ってことだろ
まあそれでもトラック一台分はウソだわ
読んでないか読んだ気になってるだけだろうな

151: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:03:20.20 O
>>135
君が1年に目を通したスレを全部プリントアウトしたら軽トラ1台では済まない

読書量ではなくて資料への投資が凄いという話

129: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:45:23.75 0
歴史の研究は史料を掘り起こして新たな事実を見つけていくのが大きな仕事だからな
中学高校の教科書でもどんどん書き換わってるくらいだから昔の小説が陳腐化するのも仕方ない

130: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:46:31.74 0
小説デビューが32歳「名言随筆・サラリーマン」
初の歴史小説が35歳「白い歓喜天」
直木賞受賞が36歳「梟の城」
39歳で『竜馬がゆく』『燃えよ剣』
40歳で『国盗り物語』
43歳で「関ヶ原」
49歳で「坂の上の雲」

142: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:54:38.93 0
>>130
これだけ見たら遅咲きの天才だけど
実際は23歳の頃から小説家を目指してた

132: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:48:17.08 0
謎の四国贔屓

134: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:49:20.18 0
執筆活動以外はごろ寝をしてテレビを見るくらいで、
ゴルフやギャンブルといったようなものへの興味は生涯なく、バンダナ収集が唯一の趣味であった。
外出の際は気に入ったバンダナを身につけていた。
その多くは遺族が保存し、記念館で一部展示している。
なお終生喫煙者であり、タバコ片手の肖像写真が多く残っている。

136: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:51:12.43 0
本の世界が楽しくて仕方ないんだろうな
家から一歩も出ずにタイムリープできる能力があるのと同じだから当然か

144: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:57:56.32 0
Ckt2VK1UoAE276T

161: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:16:50.83 0
司馬の漢文調の歴史小説は嵌るとたまらないんだよな
まさに史記を読んで面白いと思った人は好きなはず
現代語で語りなおした英雄譚だから

165: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:19:47.50 0
FAXもコピー機もほぼない時代の資料集めの大変さは現代からは想像を絶するよ
松本清張の担当番の回顧録読んだが心中するつもりで無いとやれないなあと思った

211: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:20:33.38 0
集めた資料は今活用されてるのかね

212: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:38:11.48 0
読んだら古本屋に売ったんだろ