1: 記憶たどり。 ★ 2016/12/03(土) 05:50:56.08 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000019-asahi-soci

「忠臣蔵」の敵役で知られる吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか、
1641~1702)が、江戸城・松の廊下で、浅野内匠頭長矩
(たくみのかみながのり)に切りつけられた刃傷事件直後の様子を伝える
記録が、浄土真宗本願寺派本願寺史料研究所(京都市下京区)でみつかった。
研究所が2日発表した。専門家は、刃傷事件直後の吉良の様子を伝える
貴重な一次史料の発見と評価する。

みつかった史料は、吉良家との関係が深かったとみられる西本願寺が、
江戸の築地本願寺に送った書状の控えを集めた「江戸江遣書状留帳
(えどへつかわすしょじょうとどめちょう)」。同研究所の保管史料の中から
みつかった。書状は元禄14(1701)年1月20日から翌15年12月24日まで、
刃傷事件をめぐる寺や吉良側の対応、討ち入りに対する受け止めなどが
記録されていた。

史料によれば、元禄14年3月14日の刃傷事件後の21日の書状で、
西本願寺が事件を「不慮の儀(思いがけない事件)」と表現し、吉良への
見舞いの使者を派遣するように求めた。

4月5日には「吉良殿御痛も軽ク、御食事無替事由(吉良殿、お痛みも軽く、
食事も相変わることがない由)」と記したほか、「浅野内匠頭殿の乱心の様子を
承りたいが、委細の様子が上申されていない」とし、事件の経緯やうわさを
詳しく聞くように命じるなど事件への関心の高さを示した。さらに、元禄15年
12月14日の赤穂浪士討ち入り後の24日の書状には、討ち入りに対して
「驚いたことである。言語に絶える」と表現していた。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480711856/
2: 記憶たどり。 ★ 2016/12/03(土) 05:52:16.99 ID:CAP_USER9
西本願寺から築地本願寺へ送った書状の控えをまとめた
「江戸江遣書状留帳」。指をさしている先に、切りつけた
浅野内匠頭を「乱心」と表現した記述がみえる=京都市下京区

20161203-00000019-asahi-000-view

12: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:14:52.74 ID:qneBP0nv0
後ろから仕掛けて仕損じた方は武門として絶やされる失態だったわけだな

24: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:47:59.63 ID:vna2HtSf0
醍醐寺と本願寺の資料整理できたら歴史が明らかになるって言われてるね 
あと100年くらいはかかるらしいけど

38: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:17:49.27 ID:cXm1eB4K0
>>24 
それこそ先ずデジタル化して、 
ネットに拡散して総がかりで、って訳にいかないのかな。

46: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:35:44.60 ID:vna2HtSf0
>>38 
大量過ぎて書物事態を確認すらされてないんだと

43: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:29:19.44 ID:eXim8F2k0
日本中がこの話題で持ちきりだったんだろうな

4: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 05:54:23.15 ID:6Gjf5NuS0
幕府の沙汰に文句が有ったのなら
幕府に殴り込めば良かったのに

17: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:28:26.11 ID:PxKM7xMP0
>>4
公儀に反旗を翻したら、主君の汚名を晴らすどころか、家臣もろとも逆賊として扱われるから意味が無い
表面上、あくまで主君の無念を理由にした敵討ちという姿勢で実行した
吉良殺害という行為は同じでも、亡き主君の仇を取った「義士」という扱いになり、自ら討入報告してきた彼らを公儀としても無碍に扱うことができなかった
浪士を預かった四家の内、細川綱利は完全に赤穂浪士達の肩を持ち、超高待遇で歓待した上に助命嘆願までした
助命された折には細川家の家臣としたいとまで言ったそうだから、藩主という立場にある人にまで感銘を与え得たわけだ
創作の題材になって現代まで語り継がれたことを見ても、幕府に殴り込むよかずっと演出効果があったってことよ

69: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 08:59:47.86 ID:EIIUXnGX0
>>4
リアル赤穂浪士の言い分は、
「わが殿が吉良殿に斬りつけた理由はわからんけど、討ち果たし損ねたから俺らが始末する」ってだけだものw

10: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:12:46.93 ID:awK4nJFL0
何年か前のNHK特番で検証されていたけど
廊下は板戸がはめられていて当日の天気も悪かったせいで薄暗く
至近距離から切りつけられて吉良は逃げようがなかったんだよな
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3599/2315434/

14: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:17:06.13 ID:qhaa9G/j0
そういやいつからか年末の忠臣蔵やらなくなったよなあ

20: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:35:09.77 ID:jzBL8qto0
>>14
今の価値観から見れば、吉良さんがかわいそすぎるからな

33: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:07:21.14 ID:NCwR2n9H0
>>20
浅野もアレだが、吉良も他人の家を訪問した際
気に入った茶道具をねだったりすることがあったので
吉良が訪れる際はいいものは隠しとけと実際に手紙に書かれている

DQNな主君の仇を討つためとはいえ、よくやるよなとは思う。

22: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:42:26.32 ID:Gn0ijc+R0
昔読んだ池宮彰一郎の本だとそもそも刃傷の理由を問いたださなかったんじゃないかと書かれていたな
将軍在城中の殿中で私的に抜刀して人を傷つける行為はそれ自体が反逆罪に近いものであって理由など問うまでもなく刀を抜いた者だけが処分の対象になる

34: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:07:35.49 ID:n7w3Q9sD0
>>22 
確かに 
将軍のいる江戸城で刃傷沙汰を起こしただけで重大事だから、理由なんて聞く必要ないわな 
じゃあ理由があれば抜刀していいのかって話になるし

36: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:09:13.10 ID:mtfnBdT50
>>34 
問題は、「吉良には御咎めなし」のほうだろう。

50: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 08:03:55.22 ID:VUZkcvH60
>>36 
徳川家の居城で刀を抜く事は絶対に御法度、 
このルールを浅野だけが破り吉良は守った。 
江戸城の序列は大名か否かじゃなく朝廷から与えられた官位が全て、吉良は大名じゃなかったが官位はメチャクチャ高く伊達家クラスで上から数えた方が早い名門だった、それを襲撃した浅野は相当なアホ

81: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 09:23:44.90 ID:wocwL6/f0
>>36 
刀抜いてないから 
でも吉良さんの息子は「殿様守れなかった」から処罰されたらしい。 

刀を抜くと処罰 
殿様を守れなくても処罰 
逃げても処罰

25: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 06:51:36.09 ID:PxKM7xMP0
>>22
朝廷の使者を接待中の事件だったし、「場所とタイミングが最悪」で間違いないわな
激おこ即日切腹丸もやむなし

45: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:34:39.04 ID:kOV7XhIQ0
>>25
たしかに、水野忠恒が松の廊下で刃傷事件を起こしても蟄居処分だったからね
浅野内匠頭は最悪のタイミングだったんだろうね

99: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 09:50:01.64 ID:vwJ8MiSw0
>>45
勘違いしている奴が多いようだが
水野忠恒は本人が蟄居処分だっただけで松本藩自体は改易だぞ。
ついでにいえば「徳川実紀」には「譜代の名門だから罪一等軽くしました」と断ってある。
「譜代の名門だから罪一等軽くしました」というのが、
水野忠恒の蟄居処分を指しているのか
身内が旗本として存続できたことを指しているのかははっきりしない。

41: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 07:21:09.14 ID:Z8KNyoaj0
吉良がいじめたとかいやがらせをしたとかも記録として残っているのかな

74: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 09:06:30.17 ID:/G6fq6An0
>>41
饗応の費用をまったく用意してない浅野家にぶちギレて家老を叱責
費用の調達とそれまでの費用を伊達と吉良で立て替える旨の書状は伊達家に残ってる

この失態は浅野のみならず伊達、吉良の責任になるために内々に処理すること
内匠頭は今後は饗応には関わらせないで家老が出来る限りの代行を行う

ってのも記されてて内匠頭がどんだけアホだったかが
うかがい知れる

104: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 09:57:21.53 ID:rnBruY0B0
>>41
東山天皇が吉良が松の廊下で切られた話を聴いて喜んだというのは
日記に残ってる

どういう意味で喜んだかまでは書いてない
たんに珍事がおこったから面白がったのかもしれない

吉良は朝廷に幕府の命令を伝える役をしてたらしいので
嫌われてたのかもしれない

67: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 08:54:48.85 ID:byIvu8sE0
そりゃ刃傷に及んで理由は判らないけどさ、吉良は嫌な奴と言う
評判は当時から一般的だったんだろう? 第一、討ち入りも
江戸の厳重な警戒態勢を考慮したらはなからすることは分かって
いただろうし、吉良邸を本所に移しているのも幕府が討ち入りを
させるためという説もあるしな。

96: 名無しさん@1周年 2016/12/03(土) 09:47:24.05 ID:7Ig/4h6P0
吉良は純然たる被害者だし、
浪士たちも当時の価値観に照らせば理は合った。
実際、連中はリアルタイムでもヒーロー扱いされてるし。

ただ元凶の浅野だけはどうにも何だよなあ。