57f36acf2e29bd935bb6a9e4ca35104f
1: しじみ ★ 2017/03/13(月) 07:48:28.75 ID:CAP_USER9
「甲賀五人」の子孫

 渡辺俊経さん79

 先祖は尾張徳川家に仕えた忍びで、「甲賀五人」の1人として年に1度、尾張藩で鉄砲の撃ち方などを武士に指南した渡辺善右衛門。
普段は、地元で農作業などをして暮らしていたことが、自宅の蔵から見つかった古文書でわかった。

 忍者の実態は、今も謎に包まれているが、先祖が「古文書に書き残していたことに誇りを感じる」と喜ぶ。
実は、先祖が忍者であり、家に古文書が残されていることは、両親からも一切聞かされていなかったという。

 2000年に忍者研究などをしている団体のメンバーとの会合で、「渡辺善右衛門について教えてほしい」と尋ねられた。
10歳の頃、祖母から「善右衛門」という名を受け継ぐはずだったことや、約200年前の火事でも蔵だけが焼けずに残った、という話を聞かされたのを思い出した。

 蔵にあるたんすの引き出しを探すと、約150もの古文書が出てきた。
見つけた当初は古文書の崩し字が読めず、10年かけて勉強した。

 歴史学者の磯田道史さんらに見てもらうと、徳川家に仕えた時の機密保持を誓った「起請文きしょうもん」のほか、鉄砲指南役として甲賀から先祖を含む5人が召し抱えられたり、火薬や薬を調合したりしていたことなどが記載されたものもあった。
「江戸時代は平穏なため、農業をしながら年に1度出向くだけで給金がもらえた」という。

 古文書は昨春頃から、甲賀市教委に渡して解読を依頼しており、成果は、本にして残すように準備を進めている。
紛失や火事などで失う恐れがあるため、全てを市教委に寄託する予定で、貴重な地域の遺産として保存することを願う。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170313-OYTNT50011.html?from=tw
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489358908/

4: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 07:50:13.99 ID:yUvY7YmV0
つまり火薬職人だったわけか

12: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 07:53:26.36 ID:cSxF8p1H0
身分は郷士?

18: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 07:57:03.35 ID:cSxF8p1H0
平和な江戸の世は仕事がなかった? 甲賀忍者の厳しい“実情”、
大量の古文書から判明
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/02/news058.html

こっちの方が詳しい

150: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:02:49.81 ID:KjuUgerU0
>>18
火薬の配合まで書いてあって凄いな。
「実際に飛ぶか分からない」とか言ってないではよ実験しろよ!って思ったw

25: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 07:59:53.69 ID:KsuJYG8l0
銃の知識があったんだなぁ

32: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:04:39.21 ID:gAFezuPb0
先祖は火薬などの薬品調合をやってて、それを知ってか知らずかは別として、
本人も化学メーカーで働いていたというのがすごいなぁと。

34: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:06:44.99 ID:7ISSkxhW0
立場上召抱えられることはないけど、年貢とか優遇されてたんだろうな

42: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:09:13.98 ID:mEwOMHci0
忍者文字で書いてあるわけではないのだな

47: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:12:06.58 ID:K6G0VSM20
甲賀は尾張徳川家受託
伊賀は織田豊臣真田家受託
これであっているか?

71: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:22:21.20 ID:mdM524lC0
>>47
伊賀の服部半蔵は徳川家やん!
伊賀とか甲賀とかじゃなく個々人で動いてんでしょ。

76: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:25:01.68 ID:3m37OENw0
>>71
伊賀と甲賀は、どっちかが個人事業主の傭兵で、どっちかが組織化されて藩に使えてたはず

どっちかは忘れた

160: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:10:54.18 ID:2xdylQX40
>>76
両方ともそうでしょ

48: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:12:41.35 ID:nmifCaOd0
情報撹乱を図ったニセ情報の可能性も

576: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 23:55:49.86 ID:hAr4BnTN0
>「江戸時代は平穏なため、農業をしながら年に1度出向くだけで給金がもらえた」という。 

すでに忍者ちゃうやん

50: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:13:22.29 ID:5nnXJ4gR0
最強の忍者は
とび加藤こと加藤段蔵だよな?

95: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:34:54.96 ID:KxcyG7Sn0
>>50
でもウンコ出してる最中に殺されたんだよな

354: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 12:21:50.55 ID:5nnXJ4gR0
>>95
それしか隙がなかったってことだろ

66: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:21:37.31 ID:ZuHKykLm0
鉄砲の撃ち方をわざわざ年に一度田舎から出張させて教えてもらわないかんほど
武芸の需要が無かったということなのだろうか

74: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:24:45.31 ID:cSxF8p1H0
>>66
平和な時代では儀式化していたのだろう

92: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:33:39.31 ID:cJaaHysT0
>>74
そうだろうね
紀州藩の田辺与力なんか年に1度和歌山城へ挨拶に行くだけだった
戦場で働いたから子孫にも俸給はくれてやるが与える仕事がない

82: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:28:07.17 ID:BzyWWR9A0
巧妙に偽装されたバジリスクスレ、俺じゃなきゃ見逃しちゃうね

85: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:30:37.96 ID:QCDwIl4G0
甲賀はよく悪役にされて気の毒
しかもカリスマ的な大悪はだいたい風魔に持ってかれるし

359: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 12:24:06.63 ID:O9XK3qrH0
風魔一族は、盗賊になって処刑されてたと思う

377: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 12:47:34.78 ID:wOwr4IXy0
>>359 
それは小太郎の名跡を継いだ党首だけだよね。 
大半は風魔の郷、現在の風祭の辺りに定着して帰農したと思うんだ。

113: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:44:53.48 ID:s7irLkyS0
忍者の存在て明治以降に娯楽小説とかで作られたものなんじゃないの

172: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:18:58.00 ID:qqQ7qbT00
>>113
いまの忍者像は立川文庫や山田風太郎の影響

207: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:52:40.49 ID:+PzAprPp0
>>113
脚色が99パーセントくらいじゃないかね
あとは、昭和に入ってからのマンガとかが発祥

118: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:46:00.69 ID:BKOmFMdP0
服部半蔵は「徳川家に雇われた伊賀出身者の“まとめ役”」というだけで、伊賀忍軍の“頭領”というわけではない。
これマメね。

なお、服部半蔵は三代目にして徳川家をクビになった。

157: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:09:06.47 ID:rRcAcWIq0
大量の古文書が今まで見つからずに保存されてたのか。 
さすが、忍者

139: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:55:43.68 ID:pkJ1PLKW0
甲賀伊賀って交通の要だよな

奈良、滋賀、三重、京都、大阪、愛知、どこにもぬけられる道が今もあり
その道は交通量少なくよい抜け道
伊賀甲賀自体も、なだらかな丘や山に囲まれていて冬場に裸で山籠もりしても死なない
けどなぜ忍者が生まれたのかよく分からない

178: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:23:37.30 ID:UYeYX1UM0
仕事で京都の笠置ってとこに行ったら、国道の案内板見て凄いとこに来たなと思った。
直進が伊賀
左折したら甲賀
右折したら柳生
何なんだよ、ここはwって

185: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:28:05.04 ID:SwzCOvB90
>>178
国土交通省の人間が
一目を引くためにわざと作ったと思う。
少子高齢化で、人呼び町おこしにと考えたと思われる。
実際、距離みるとそれぞれ、だいぶ違うと思う。

422: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 14:54:33.54 ID:7ZHr5Tuo0
>>178>>185
それぞれ山一つ超えて隣接しているのは間違いない。
だから伊賀・甲賀・柳生の間には昔から交流が有り、柳生十兵衛三厳の嫁が伊賀出身だったりする。

179: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:25:07.49 ID:GXBoq3uz0
現在確かに存在したと確認されてるだけで
四十九流派の忍者がいる

甲賀や伊賀は有名になっただけ
忍び本来として考えたら
有名になったらダメだがな(´・ω・`)

190: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:34:22.93 ID:D/XM5VsC0
その頃、江戸では伊賀百人組がつつじの品種改良で評判を得ていたという

195: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:37:01.25 ID:NUXKUKZA0
へぇ~、御庭番って伊賀だけじゃなかったのね

196: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 09:37:17.23 ID:bUHkNhdc0
江戸のスパイの印象が強いが基本傭兵だよ戦国では合戦にも参加してる

291: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 11:28:36.78 ID:sPwzWITcO
まあ、時代小説に出てくる超人的な忍者と実在した忍者のような人たちはかなり違うと思うわ。
今のちょん国工作員みたいなことをやっていたぐらいでしょ。
昔は街灯なんかないから身を隠しやすいし、とんでもない噂(フェイク)をかましたり、情報を集めたりと。
お庭の手入れをしながら警備を兼務したりな。

311: (関東・甲信越) 2017/03/13(月) 11:47:22.02 ID:kGsQv37qO
>>291 講談社版の猿飛佐助では、江戸城侵入の足がかりに、
まず八百屋をやって武家に出入りし縁台将棋を指して気にいられ、
武家奉公がしてみたいと口利きを頼んで中間(ちゅうげん)奉公を始めますね。
その後、大奥への道もすっかり呑み込んで見取り図を描き九度山の真田幸村に送る手はずを整えたところで露見してしまいますが。

338: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 12:10:57.40 ID:/GS80j490
>>321 
敵方の国に住んで、定期的に情報を送るだけで普通に暮らしてる人が大半だったそうな

295: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 11:34:04.43 ID:LnkqAh6U0
忍者は平和になると急に仕事が無くなって殆どみんな路頭に迷った

みんな再就職しないといけないから就職が有利になるように忍者を優秀に思わせる為に忍者の棟梁が書物を書いて残した

伊賀の方はどっさりと資料が保管されている

300: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 11:37:24.39 ID:DPJ/fdlb0
忍者は武士階級になるんか?白土三平のまんがなんかからしたら穢多に近い感じするけど。

317: (関東・甲信越) 2017/03/13(月) 11:53:39.12 ID:kGsQv37qO
>>300 間違いないですよ。自給自足ができず、年貢が納めらんない極貧農民が、里ごと出稼ぎしたのが発端みたいなもの。

328: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 12:07:10.20 ID:sMkuFCbEO
>>317
スイス人傭兵と一緒だね

304: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 11:40:44.53 ID:/xww+T3h0
隠密とはまた違うの?

325: (関東・甲信越) 2017/03/13(月) 12:04:22.47 ID:kGsQv37qO
>>304 隠密は徳川幕府が初期武断主義だったとき大名の所領で叛乱の動きを見張った。
のち、文治主義に転換するまで、改易のための難癖をつける口実を探した。
これを怖れて例えば鹿児島ではわざわざ人工的に言葉をあからさまに変更し、隠密を見つけ出すよすがとした。
それぐらい隠密は面倒事の元凶と目されていた。

400: 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 13:38:14.96 ID:g7OghZ7C0
そういえば剣道やってたんだけど伊賀と甲賀が対戦したことがあった
対戦するように仕組んだろと子供心に思った