1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/06/09(金) 13:00:14.39 ID:CAP_USER9
京都市中京区新町蛸薬師北西角の発掘調査で、鎌倉時代末-室町時代初頭とみられる地下室(室(むろ))が見つかった。
床は平らな石で固められており、有力な商人が設けた可能性がある。

室町時代以降に捨てられた灰やごみから土器や陶磁器片をはじめ、魚や動物の骨が多数出土。
研究者らは「中世の商人の食生活など暮らしぶりを知る上で貴重だ」と注目している。

民間調査会社「京都平安文化財」が3~5月に調査した。
室は南北2・1メートル、東西5・4メートルで、14世紀ごろに造られたとみられる。

床に直径約20センチの石を並べ、その周囲に小石を敷き詰め、排水用の穴も設けられていた。
市文化財保護課は「中世の室は土の床が多く、これほど丁寧に石で整地した室は珍しい」としている。

室は壊され埋められており、その上に灰や炭などが何層も重なっていた。ごみ捨て場になったとみられ、鎌倉-室町時代の土器や輸入物を含む陶磁器の破片、貨幣のほか、食べられたとみられる魚や動物の骨などが大量に含まれていた。

調査地が面する町尻小路(新町通)は、中世の下京で経済中心地の一つだった
。周辺の六角町では、琵琶湖の魚の専売特権を持つ集団「粟津橋本供御人(くごにん)」が店を出していたことが知られている。

奈良大の河内将芳教授(日本中世史)は「当時は魚屋以外にも多様な店が軒を連ねていたはず。
室を備えた何らかの大規模な店があった」と推測する。
高価な中国の陶磁器片が出土しており、「有力な商人たちの経済活動を裏付けられる」と期待する。

見つかった骨には、ハモやサワラ、ブリなど海で捕れる魚のほか、犬やウサギなどの動物、ツルかコウノトリとみられる大型の鳥などが含まれていた。

東海大の丸山真史講師(動物考古学)は「京都中心部の食生活の変遷を知る上でも貴重な発見だ」と注目する。

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170609000061

出土した魚や動物などの骨。鎌倉-室町時代の人々の幅広い食生活がうかがえる
20170609113301hakkutusita
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496980814/

15: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:09:54.51 ID:v/wI6KGC0
昔はイヌだって食ってたろ

800年前とかの話だろがw

21: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:16:28.75 ID:DvjMWDGt0
>>15

チョン。嬉しそうだなw

当時も日本人は犬など食ってねえよw
たとえ、それに類する骨が見つかったとしても、当時、豊富にいた「オオカミ(日本オオカミ)」か、
また、飢饉の時にやむ得ず食っただけ。

131: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 19:09:00.96 ID:Jjbb9qdk0
>>129 
犬なんて普通に食べてたよ 
あと、今の長野県辺りでは岡河豚と呼んで猫も食べてた

35: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:31:33.93 ID:S6TMpBU/0
>>21

宣教師ルイス・フロイスの『日欧文化比較』には
「ヨーロッパ人は牝鶏や鶉・パイ・プラモンジュなどを好む。
日本人は野犬や鶴・大猿・猫・生の海藻などをよろこぶ」
「ヨーロッパ人は犬は食べないで、牛を食べる。日本人は牛を食べず、家庭薬として見事に犬を食べる」と書かれている。

1643年(寛永20年)の刊行とされる『料理物語』には、鹿、狸、猪、兎、川獺、熊、犬を具とした
汁料理や貝焼き、鶏卵料理等が紹介されている

56: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:50:15.42 ID:R0gdGCQ80
>>35
江戸時代以降は、あんまり食べなくなったらしいけどね、魚以外の獣肉全般
ロシアに漂流した江戸時代の日本人を映した映画で、食料が足らなくなってどうしても肉を食べなきゃいけなくなったときに、
「これ食ったら、俺まで獣になっちまうよ」って泣くシーンがあった

60: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:52:42.53 ID:imRMSRMl0
>>56
四つ足忌避ってのは檀家制で全国津々浦々で寺が生活全般支配するようになってからなのかなあ

64: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:54:12.94 ID:jFFOZRb50
>>60
そうだよ。江戸幕府が戸籍の代わりに檀家制度を導入した。
寺が市役所になったようなものだったから、獣肉を食うと罰が当たることになっちゃった。

132: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 19:09:43.93 ID:DVHxz6dA0
犬は腹を裂いて中に具を詰めてふたたび腹を針金でしばって 
たき火に放り込んで焼いて食べたのではなかったかな。

134: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 19:19:49.39 ID:HOcR2aHR0
>>132 
それは薩摩の郷土料理エノコロ飯だね 
発祥は太平洋の島々に広く存在するカルーア・ピッグのようだけど

16: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:11:16.86 ID:5o85RAr30
綱吉の頃まで犬食べてたらしいな

生類哀れみの令で禁止され食べなくなったらしい

19: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:14:15.59 ID:I1bpn83V0
中世くらいまでなら犬食はポピュラーだろうに
タヌキやキツネもポピュラーなんだから

91: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:23:29.25 ID:ejrlxkbr0
室町初期はまだ肉食ってたんだね

27: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:21:29.12 ID:oW5ZWLQP0
あんまイノシシとか鹿とか食わんのな

48: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:44:44.34 ID:horrBgR00
どうせ肉食うなら牛や豚や山羊、羊の家畜を飼えばよかったのに
中世も仏教の坊主がうるさいからこっそり食ってたのかな

71: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:00:31.77 ID:jXGdxiXw0
>>48
牛馬は荷運びや耕作など労働してもらう動物だったからなあ

54: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 13:48:51.00 ID:dQBW01+s0
昔の日本の獣肉の食い方って、鍋にするのが多いよな
ま~一般人の食事自体が飯と汁と塩みたいな粗食だったが

75: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:04:10.21 ID:3IhNf/U/0
家康が鶴食ってたっていう資料があるんだが
鶴旨いのかねえ?
食ってみたい 食ったら捕まるけど

86: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:15:41.05 ID:jFFOZRb50
>>75
家康が、というか、代々の将軍は正月に鶴食わされてたぞ。
まずかったらしいが。

149: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 21:32:56.84 ID:Yk6L+tBP0
>>112 
鶴は朝廷への献上品で高価だったらしい 
前田利家が鶴食い過ぎて当たって腹痛になったり

89: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:21:51.09 ID:horrBgR00
たしか室町時代の食物のランキングでは、鶴は鳥でいちばん格式が高いらしい
あとは雁とか雉とか

90: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:23:29.04 ID:dQBW01+s0
江戸時代なんかは鶴は御三家レベルじゃないと食えなかったらしいが

94: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:28:10.35 ID:7TVL2YZZ0
戦国時代の島津氏と肝付氏の間で、歓迎のご馳走として鶴の羹を供したことから
争いの原因になったなんて逸話(おそらく創作)があるくらいだから、
贅沢品というか縁起の良い美食扱いだったんじゃないかと

※肝付氏の家紋が鶴なので、その鶴を食う=挑発・侮辱と解釈したとかなんとか

95: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:31:36.04 ID:W9Za8gly0
ハモは山で捕れると言われたほどだからな

147: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 19:58:47.34 ID:6YGNfhiM0
豊富な肉を食べる裕福な商人だったんだな
貨幣もゴミ捨て場に捨てたのか

82: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:11:55.65 ID:blvWjI6a0
>高価な中国の陶磁器片が出土しており 
華僑が居たのかもね

88: 名無しさん@1周年 2017/06/09(金) 14:18:17.58 ID:7TVL2YZZ0
>>82 
鎌倉~室町時代は、普通に南宋・元・明と貿易してるから 
京の住人が輸入品を所有していても不思議はないでしょ