1: スタス ★ 2017/06/24(土) 18:06:07.07 ID:CAP_USER9
 作家の江戸川乱歩(1894~1965)が、妻や親交のあった人への手紙を大量に焼いていたことがわかった。友人だった三重県鳥羽市の風俗研究家岩田準一(1900~45)に宛てた40年の手紙2通にそうした記述があった。乱歩はこの時期に心臓を患っており、「生前整理」だったとみられる。
 岩田の孫で、乱歩を研究する鳥羽市の文筆家岩田準子さん(49)が19日発表した。自宅に乱歩の書簡類87通が残っており、東京の自宅から岩田に送った手紙を調べるうちに記述を見つけた。
 「青年時代よりのいろいろの相手の手紙(主として議論の)夥(おびただ)しく保存しあり、これらも次に整理して行かうと思ひます。家内との文通が巻物にして保存してあるのですが、これも子供に見られたら恥しく、焼却します」(10月8日付)
 「この用心は、この頃の不健康から万一の場合をおそれてですが、若(も)し僕にインテリの息子がなかったら、これほど用心しなかったかも知れません」(同)
 乱歩は作家デビュー前の17年から1年余、鳥羽に滞在。後に妻となる隆(りゅう)や、岩田と出会った。
 岩田とは後年、同性愛の文献を研究し、書簡で互いに紹介していたという。10月25日付の手紙には、岩田から返されたとみられる手紙を含め、二尺(約60センチ)の厚みの束を焼いた、との記述がある。準子さんは「同性愛の研究について、世間に好奇の目で見られ、息子の将来に影響するといけないと思ったのかもしれない」とみる。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6M4F4MK6MONFB004.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498295167/

144: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:20:06.91 ID:Gz3QRWKr0
>>1
今生きてたら乱歩は淫夢厨

290: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 11:19:48.58 ID:axpIG3L00
>>1
あんな作品残しておいて恥じらい?
よっぽどものすごい内容だったんだな。

3: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:10:44.34 ID:HifQ24Hn0
ハードディスク破壊の走りみたいなもんか

4: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:11:11.34 ID:QWm8FLqQ0
一方手塚治虫は

178: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:51:44.96 ID:BbOfuoem0
>>4
こっそり描いていたエロ画を鍵をかけた机の奥に仕舞っておいたが
死後、娘に発見された

5: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:11:16.27 ID:OeBY0mIvO
一方、折口信夫は(ry
いまだに慶應旧図書館で若いイケメンを探して霊が出るとか

42: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:28:30.92 ID:OcUTthtF0
>>5
>一方、折口信夫は
民俗学で折口の同性愛が研究されてるんだよな
なかなか興味深かった

正確には民俗学というより民俗学史なのかもしれんけど
折口の学問に重要な変化を与えたのが、同性愛の相手の死であったと

53: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:34:37.21 ID:QprLkcfQ0
>>5
大学の恩師に折口の弟子がいたが
フィールドワーク時の宿舎なんかで本当に迫ってきたそうだw

245: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 08:01:46.27 ID:TnpyBp3T0
>>5
思春期に死者の書に感動したが、その後、弟子に同衾を迫る変態だと知ってショックを受けた

6: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:12:49.65 ID:+7MrE2Tb0
小林少年が女装して20面相のアジトに忍び込んでいつも捕まっては拘束されるという
少年愛というか男の娘趣味の先駆けだからな~

52: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:33:46.69 ID:Gd48Vo4l0
>>6
なにそれ。見たい!

60: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:37:23.70 ID:BqlcLaCM0
>>52
少年探偵団シリーズはほとんどそんなだぞ

67: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:43:05.45 ID:kPze/NOR0
>>52
児童むきのやつじゃなくて、普通の文庫から出てる
江戸川乱歩全集読むといいよ
他の作品も、淫靡、とかそういう言葉が似合う内容が多い
人間イスとかな

112: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:22:32.35 ID:BqlcLaCM0
>>67
ショタコン向けは児童文学の方

113: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:27:12.63 ID:TOD+j+ic0
>>6
そんな何気ないシーンに性癖がかくされているとは思わないよな
ハァハァしながら書いてたのかねw

118: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:47:39.97 ID:BqlcLaCM0
>>113
性癖じゃないと思う
江戸川乱歩自身は変態的な几帳面さは持ってるけど、変態性はそれほどでも無かったと言われている

時代的にエログロ本が流行っていた時期で、安直なエログロが多かった中、もっと本質的なドロドロのものこそ本当のエログロでは無いかと追求していった結果が乱歩世界と呼ばれる耽美な世界を作ったんだと思う

13: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:15:24.49 ID:x9diwQEb0
男はみんなそうよ
さんざん集めて死期が迫ったら焼く
森鴎外や心理学者のワトソンだってそうしてた

212: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 00:56:19.58 ID:5Gq6IrXT0
>>13
女もそうだよ

213: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 01:17:41.67 ID:dBGQ75AP0
>>13
それ読んでふと思い出したのは一遍上人ですな

ちょっとここでいろいろ思うところを欠いたんだが
信者でもねえのにマンセー調のことを欠くのもキモいのでスベカラク削除w

まあなんていうの自著を全部焼き、原教団も一旦は消滅し、
「生ずるは独り、死するも独り、共に住するといえど独り」なんていっちゃうのは
なんていうかいかにもちゃねらー的でカッチョいいとは思ったねw

15: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:16:22.14 ID:DjHBAXbV0
こっそり息子をよいしょしていくスタイル

へたに残すと有名人はマジで全国公開の刑になるから大変だな

80: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:53:08.64 ID:9cBVCney0
>>15
手紙の相手の岩田準一は男色について研究した本を出版されてるけれどな。
確かその本の謝辞かなんかに江戸川乱歩の本名も書いてあったはず。
それと南方熊楠と岩田準一が男色についてやり取りした手紙が纏められて出版されてる。

66: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:42:57.88 ID:wV+Q3Nt+0
乱歩の息子って立教大の心理学の教授だっけ。 
下手に資料を残したら知的好奇心で研究されちゃうよなww

17: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:17:37.88 ID:0OAFKHfz0
孤島の鬼だっけ?あれとかモロ研究成果じゃないの

22: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:19:41.24 ID:PVhvmqpm0
小林一茶の日記にはセックルした回数が書いてある
んだが、そんなのも公開されちゃってるからなwww

28: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:22:44.03 ID:pgbwg79D0
「乱歩先生はオカマバーでモテモテだった。自分は置物のように無視されたが」
と山田風太郎がどこかで書いてたな。

40: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:27:26.39 ID:n02P6lgU0
>>28
山風は「乱歩は若禿でひきこもりだったが、年をとってハゲてもおかしくない年頃になったら
陽気で社交的になったのでは?」とエッセイに書いてたな

146: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:26:51.05 ID:PADPlhX10
>>40
その説もあちこちで読んだ

若い頃はどちらかというと奥手というか引っ込み思案で人前に出ないタイプだったのが
40代になったら急に積極性出てきたって

29: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:23:10.94 ID:u6cERd850
江戸川乱歩は別にそんなの気にしない作家だと思ってたけどな
なんかちょっとがっかり
猟奇文学のネタの一環として研究というか資料集めしてただけだろ
こう言う系の話(稚児文化とか)結構平気でしてた人の印象あるんだが
ちなみに乱歩自身にソッチの気は一切無く単純に作品の為の資料集めと
後は個人的な好奇心以外のもんじゃ無かったと思うけどね

117: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:46:06.47 ID:xo1HHqr80
>>29
そうかなあ自分で書いた小説読んでその猥雑さに自己嫌悪に陥って
しばらく休筆しちゃうくらいだから、やっぱりナイーブだと思うよ
ってか作家ってのはたいていそういうもんだと思うけどね

45: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:30:40.52 ID:9UiCyric0
怪人二十面相を郵便ポストに化けさせるアイデア出した頃から
心情的に煮詰まっていたのだろうかw

49: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:31:49.34 ID:NIDLAa/d0
春陽堂の文庫の全集持ってるけど、世に出した作品だけで変態野郎という評価はゆるぎないですわ

62: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:40:48.54 ID:0OAFKHfz0
>>49
直接のエロじゃない変態性みたいなのが凄いよね

247: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 08:03:55.89 ID:FoPsKBOk0
>>49
春陽堂のは並べると本棚が禍々しいことになるよね

59: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:37:10.42 ID:xiMW+zQt0
恥じらいの生前整理 というスレタイを見て勃起した

72: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:48:20.78 ID:kPze/NOR0
夏目漱石とかも手紙もやしまくってたからなあ
今に伝わってるのは、やり取りしてた正岡子規がメモ魔で
自分が出す手紙の内容まで記録に残していたから

73: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:49:32.90 ID:OeBY0mIvO
伊達政宗なんてわざわざ手紙の最後に「即火中」って書いてたのに
全部燃やされずに残っているという
おかげでお茶目な中二病気質が世に知れ渡ったw

83: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 18:57:45.88 ID:0JjUvi2f0
稲垣足穂とかなんでこの時代の人は少年愛好きなの

96: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:07:37.84 ID:QprLkcfQ0
>>83
中学から女子がいないせいか
当時の男子学生には同性愛的雰囲気が流行ってみたいね

105: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:14:19.09 ID:93sxUDih0
>>83
ん~戦国時代とかも衆道嗜みだったしその前もたぶんあったし
むしろ現代日本だけが異質なのかもしれない

86: ◆BQWiRSTTmE 2017/06/24(土) 18:59:41.85 ID:vE2tUuy10
森鴎外のヰタ・エクスアリスを青空文庫で読めば明治期の男色がわかりやすいかも

91: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 19:03:07.73 ID:u6cERd850
というかね
昔は出版社の方で気を利かせて大作家先生には巷じゃなかなか手に入らない様な出版やマスコミ関係だから入手できるような色んな物を(当時の話で今じゃネットで見放題のブツだけど)
ご贈答したりしたもんだそう
だから大作家先生の死後はなんだか怪しいものがゾロゾロ出てくるのは普通で
またそれがその人がどれだけの売れっ子作家だったのかの影のバロメーターにもなってたんだよw

133: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:08:15.02 ID:lTaoaMpA0
つーか江戸川乱歩にそういう趣味があったのは結構知られているだろ
親友であり弟分だった横溝正史の随筆に書かれてるし

135: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:11:17.65 ID:dhxOJvK30
江戸川乱歩らしい話しで良かったよ。

141: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:15:03.90 ID:kvTB1Kcz0
これは乱歩自身が同性愛者つまりバイであったということ?

143: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:19:51.70 ID:BqlcLaCM0
>>141
江戸川乱歩自身は作家としてのキャラを守るためにエピソードを作ってたりとかしてた側面もあるから、本当にそうなのかってのは謎としかw

現し世は夢、夜見る夢こそ真

ってことじゃないかなw

148: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 20:32:01.00 ID:/ZvKnfoR0
小林信彦は、乱歩は実務家としてチョー優秀みたいなことを書いてるぞ!

167: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:12:48.57 ID:v7lCI2VUO
>>148
信彦氏は、編集者の頃乱歩に大阪のゲイバーに連れて行かれたとも書いている。

160: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:07:14.66 ID:cqFPD/Lh0
ヨーロッパでは、コクトーとかヴィスコンティとかの同性愛人脈があるようだが、
日本はどうなの? 折口信夫とか三島由紀夫は有名だが、人脈的つながりはあるのか?

256: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 08:16:27.75 ID:CH2IkxyBO
>>160
> ヨーロッパでは、コクトーとかヴィスコンティとかの同性愛人脈があるようだが、
> 日本はどうなの?
淀川長治に始まる映画評論には太い同性愛人脈がある。

261: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 08:20:38.31 ID:zljEG3q/0
>>160
アランドロンも枕営業で太陽がいっぱいの主役勝ち取ったという話があるね
日本に来たときは吉原行ったらしいが

169: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:16:04.83 ID:v7lCI2VUO
谷崎潤一郎の没後、松子夫人がイメージ維持のためにマズそうなものは始末してしまったり、妙な動きを牽制とか。
夫人の死後、いろんなところから出るわ出るわ。
最近でも出てくる。
マニヤとしては、嬉しい限り。

266: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 08:35:41.05 ID:JoIzguZM0
>>169
三島由紀夫も潔癖な奥さんが本人のホモ志向を頑として認めなくて
存命中は色々面倒な事になってたんだよなw
奥さん亡くなってからやっと普通に言えるようになってきた感じ

275: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 10:22:54.17 ID:RStqXm8i0
>>266
元カレがバイセクだった
それは別に良いんだけど婚約中に浮気(男)してるのが発覚して問い詰めたら
女と浮気してるわけじゃないからセーフとか言い張ってたな
セーフだと思うならなぜコソコソするのか

174: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:30:05.96 ID:x5DcO9kt0
乱歩の同性愛研究なんて超見たかったけどな
残念

180: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 21:59:21.61 ID:BbOfuoem0
死ぬ前に娘に発見される
Bvh9VInCYAAOcpG
http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1549
190: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 22:23:11.85 ID:/vrY2vDl0
>>180
森山塔wwww
それアカンwww

188: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 22:17:46.75 ID:DMsxFZRo0
稲垣足穂を通じて南方熊楠とも同性愛研究の文通してたけど
どちらからともなく途切れたってエピソードもあったな

194: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 22:31:46.31 ID:ZT9roDZw0
江戸川乱歩「芋虫ごろごろ♪」
陸軍「発禁」

「ジョニーは戦場へ行った」に遡ること数十年であった

198: 名無しさん@1周年 2017/06/24(土) 22:42:01.55 ID:It7NGtX+0
「孤島の鬼」で
真っ暗な鍾乳洞の中で男が男に唇を奪われそうになって
必死に抵抗するシーンは最高に興奮した!ハァハァ

214: 名無し募集中。。。 2017/06/25(日) 02:52:48.19 ID:nTfuEEE+0
美少年が探偵として女装して潜入したが捕らえられて拘束

いくつもの変態要素が凝縮された耽美の極み

流石乱歩

281: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 11:00:58.14 ID:jaVf+CnI0
>>214
横溝は美少年のホームレス拾ってきて屍姦とか書いてるね

215: 名無し募集中。。。 2017/06/25(日) 02:54:50.86 ID:nTfuEEE+0
これがねー、横溝正史では全然ダメなんだわw

変態も才能ありき

225: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 06:42:10.04 ID:OhOUIkIb0
>>215
横溝だと、旧家とか因習とかの方の印象が強くてねえ
乱歩先生だと、まず大正時代からのハイカラ東京都市文化ってイメージ

274: 名無しさん@1周年 2017/06/25(日) 10:21:59.85 ID:+eGa1kFF0
息子がインテリでなければ平気でほっといたのですが、同性愛の資料を死後、我が息子に知られぬように始末し始めました、ここだけでもう独特の世界観が仕上がるな