1: みつを ★ 2017/09/29(金) 22:38:55.65 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3144846?cx_part=top_block&cx_position=5

【9月29日 AFP】フランスの文豪マルセル・プルースト(Marcel Proust)が、長編小説「失われた時を求めて(Remembrance of Things Past)」の第1編「スワン家のほうへ(Swann's Way)」を褒めそやす書評を自ら編集し、新聞に掲載してもらうため金銭を支払っていたことが、直筆の複数の手紙から明らかになった。

 プルーストは、出版社の編集者に送った書評をタイプライターで清書するよう依頼。そうすればプルースト自身の手で書評を書いたという痕跡が消え、金銭の授受からも距離を置けるなどと記していた。

 プルーストが書評の紙面掲載を主導的に画策し、出版社グラッセ(Grasset)の担当編集者ルイ・ブラン(Louis Brun)に「金は全額返す」と約束した手紙の存在は、非常に貴重な「スワン家のほうへ」の初版本とともに明るみに出た。この初版本は来月、フランス・パリ(Paris)で競売大手サザビーズ(Sotheby's)が主催するオークションに出品される。

 裕福だったプルーストは、日刊紙「フィガロ(Le Figaro)」の1面に「スワン家のほうへ」を高く評価した書評を掲載してもらうため、当時の金額で300フランを支払っていた。これは現在の価値に換算すると約1000ユーロ(約13万円)に相当する。また、友人が同作を褒めちぎった長めの書評の要約版を日刊紙ジュルナル・デ・デバ(Journal des Debats)の1面に載せるため、さらに660フランを支払っていた。

 2つの書評は、プルーストの長年の友人で著名な画家だったジャック・エミールブランシュ(Jacques Emile-Blanche)が記した「スワン家のほうへ」を称賛する書評をさらに都合よく編集したものだった。

 書評では「スワン家のほうへ」について「眠気を催すような駄作の山を吹き飛ばすような佳品」と高く評価。著者を英国の文豪チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)になぞらえつつ、「ムッシュー・プルーストのものの見方、感じ方は全く独創的」「本書はキュービスト(立体派)の第4次元に近いものを表現している」などと評している。

 初版本はオークションで40万~60万ユーロ(約5300万~8000万円)で落札されると見込まれている。(c)AFP/Fiachra GIBBONS

2017年9月29日 14:06 発信地:パリ/フランス
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506692335/
2: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:39:39.23 ID:/h0lA50V0
Amazonレビューか!

8: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:40:56.85 ID:KTNp7g9C0
自演かよ

9: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:41:19.63 ID:tvyOzNUB0
現代は、そういうの多い。
効果あるんだろうな。

4: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:39:58.33 ID:zCauCGzt0
やっぱりそうだったか 
つまんねーと前から思ってたんだよ

16: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:45:11.39 ID:XB2FYNFp0
「スワン家のほうへ」あらすじ
スワンという若者がオデット・ド・クレシという女に惚れて手に入れたいと
思ったが、いざ手に入れてみると急につまらなく思えた。おわり

19: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:46:53.12 ID:pp10Xwd60
ふざけた紅茶マドレーヌ野郎だな

22: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:47:11.49 ID:FrDaIxBm0
プルーストは下衆なエピソードが多くて良い

23: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:47:20.65 ID:qVFuBA5x0
読んだことないけど要は甘ったれボンボンのニート野郎が書いたラノベってこと?

24: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:48:15.89 ID:FAm7P8Wj0
>>23
ただのニートじゃなくて
ホモニート

27: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:49:50.86 ID:FrDaIxBm0
>>23
大体そう
ただ最後の方の記憶と感覚と音がカチっと嵌るとこは良い

32: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:54:13.69 ID:SvadbJMT0
文学者って、俗物が多いんだよ。

それが作品の栄養にもなってるんで。

118: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 00:03:10.17 ID:YLpvpKx80
>>32

芥川賞が欲しくて欲しくてたまらなかった太宰とかw

ノーベル賞が欲しくて欲しくてたまらなかった三島とかw

39: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:56:41.61 ID:RFKGBMVv0
ママンにキスしてほしいだけの主人公に愛想が尽きて、文庫本第一巻100ページくらいのプチットマドレーヌでもういいやとなる

42: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:58:54.69 ID:5f0ankPx0
実際これをちゃんと読んだ人はほとんどいないでしょ
ここでまともに書評できる人がいるとは思えん

43: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:58:56.32 ID:1bEzix0g0
マドレーヌの件を読みたくて買ったけど
枕にちょうど良かった

44: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 22:59:20.03 ID:9huSu6600
失われた時を求めて、本を読んだこと無いからどんな話か知りたい。
映画かドラマ化してくれるとありがたいんだが。

47: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:01:01.01 ID:XB2FYNFp0
>>44
「スワン家のほうへ」は映画化されたが爆死したのでその後続かなかった…

82: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:26:48.58 ID:0s65sV1m0
>>44
なんか長々とお金持ちの生活を描いて全部読む人は
大菩薩峠全部読んだ人くらいにすごいと思う

45: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:00:24.60 ID:gxCJ38Gz0
文豪はそのくらい変なほうがいいよね

46: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:00:40.15 ID:0zxjHSSoO
人間臭くて逆に読む気が沸いたわ

50: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:02:22.70 ID:FzpUiOXz0
プルーストはニートだよ

親から仕事しろって言われて、一応銀行に就職したけど、辞めて、あとは親の遺産で食ってた

スワン家の方へは、有名な、マドレーヌと紅茶の話が出てくる一番最初の章に続く章

ここで思いっきり鬱陶しくなるので、誰も失われたときを求めてを読破できないという、
屁しか通れないような脳関門みたいなもの

52: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:03:20.78 ID:eYbfXGER0
Amazonのレビューでも自画自賛してる作家や大学教授はザラにいる
単発で5点をつけてるやつ、要注意な

56: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:03:45.21 ID:ZnhHoYGF0
ちくま文庫版全巻読んだぞ
ガチで半年かかった
個人的な感想は『花咲く乙女たちのかげに』まで読めばあとはいらん

74: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:16:09.23 ID:/Y8GJMin0
爆笑の太田が無理してでも嫁 財産になる的な事昔言ってたな

80: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:24:35.36 ID:SpuL6r+X0
神経質な潔癖症のくせに
娯楽は使用人の捕獲した鼠に長い針を刺させることだった人

172: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 13:55:41.38 ID:B+gAz6sF0
>>171 
そんな奴、苦しんで死ねばいいのに。

173: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 14:47:42.27 ID:+UMrkn5m0
>>172 
ネズミを犬に追わせて噛み殺す見世物とかが人気だった時代の人だし

92: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:37:05.95 ID:KvEt1tlL0
「失われた時を求めて」は、諸芸術の総合感覚を、それまで低次の様式だと思われた小説という形態の最高度の技術、
文体で実現したまれな作品であって、無意志的記憶の突然のあらわれによって時間と空間の外に出ることのできるある
精神状態を、生の歓喜としてとらえ、そのような特権的瞬間を芸術作品構想の啓示として「私」が日常の現実のうちに
ゆっくりと認識してゆく過程を、超時間的印象主義の手法で描いているのであり、そうした方法の正しさを、最後に「私」
が発見するときに作品が終るのである。

らしい…

98: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:42:41.76 ID:0s65sV1m0
>>92
なるほどーそれはすごいな
なんか分かったような分からんような
でもこれ読んで面白いと思える人は精神的エリートだと思う

105: 名無しさん@1周年 2017/09/29(金) 23:44:33.74 ID:0zWTtfEd0
>>92
これを読むだけで眠くなるわ

127: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 00:32:15.16 ID:PzRHu8zb0
凄い小説だよ。 
こんなに深くて、内面的で、芸術の本質をとらえていて、 
なおかつ世界の見方を根本から考えさせる小説は 
他にない。日本の小説でこういう系統は存在しない。 
人生とは自我の総結集なのだと 
心の奥深くへ訴えてくる文学だ。

122: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 00:17:03.73 ID:G43RGiS00
マジレスするとだな、
最初の版元はほぼ自費出版扱いだったわけ。
これは名門ガリマール社が「新フランス評論」への掲載を断ってきたため仕方なく。
ジッドはプルーストを評価できなかったため、後年、自身を恥じて気の毒な役回り。
プルーストは若いころの行いから「スノッブの右翼」と思われていたので、左翼の
知識人から弾かれてしまったわけだ。
だから、このスレのニュースは、グラッセ社から出さざるを得なかった畢竟の大作
をなんとか認めさせようとした、セルフ・プロディースだと言えるわけだ。

147: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 01:10:46.38 ID:UQYo/b2Q0
晩年のプルーストは金銭的にもボロボロだったからな
ノーベル文学賞作家のモーリヤックがプルースト滞在中のホテルを訪ねて
「何故君ほどの者がこんなところで…」と愕然としたぐらい
それでも腐らず亡くなるまで推敲を重ねて失われた時を残せたんだから凄いもんだよ

162: 名無しさん@1周年 2017/09/30(土) 02:54:04.17 ID:OGGTYSAM0
挫折率90パー以上と聞いたことがある
みんな冒頭のマドレーヌをお茶に浸すところしか知らない
そこで怠くなるから