1: みつを ★ 2017/10/06(金) 18:18:09.92 ID:CAP_USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008
K10011170171_1710061545_1710061728_01_02

戦国の武将、豊臣秀吉が姫路城の城主だった当時に、地位の低い家臣の給与についてみずから指示した自筆の文書が見つかり、秀吉のきめこまやかな配慮がうかがえる貴重な資料として注目されています。

この文書は熊本県天草市の民家に保管されていたもので、ことし8月、兵庫県姫路市の県立歴史博物館が調査した結果、豊臣秀吉の自筆とわかりました。

文書は「切符」と呼ばれる家臣の給与について記したもので、秀吉が姫路城の城主だった1582年、天正10年3月の日付とともに重臣の小出秀政に対し、配下の家臣に「五人扶持(ぶち)」を与えるよう命じる内容となっています。
「五人扶持」は5人を1年間養える給与で、家臣の中では高い地位とは言えず、今の価値でいえば100万円程度と見られるということです。

城主が地位の低い家臣の給与までみずから指示するのは珍しいということで、秀吉のきめこまやかな配慮がうかがえるということです。
調査に当たった兵庫県立歴史博物館の前田徹学芸員は「秀吉のまめな性格がよくわかり、当時の秀吉と家臣との関係を研究するうえで貴重な資料だ」と話しています。

この文書は7日から兵庫県立歴史博物館で始まる特別展で展示されます。

10月6日 17時27分
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507281489/
4: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:21:32.13 ID:rnKF2Pat0
> 「五人扶持」は5人を1年間養える給与で、家臣の中では高い地位とは言えず、今の価値でいえば100万円程度と見られるということです。

一年間5人で100万。 1人20万。 月1万ちょいか。

7: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:28:04.82 ID:Oqrc2Gwn0
今の価値で換算するのもおかしな話だが、秀吉は下層民のでだから下っ端の士気についてもちゃんと考えてたってことだろうな

14: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:32:53.28 ID:wN1ktGpx0
>>7
戦の趨勢が精鋭よりも雑兵の練度士気で決まる事を知り尽くしてたんだろうな

8: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:28:45.97 ID:z4Anm4I70
そんなことまで指示してるから後進が育たないのでは?

17: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:42:20.95 ID:JeG7nQSF0
>>8
いや育っただろ
石田三成やら増田長盛やら大谷吉継やらの内政と算術のスペシャリストが
こいつら秀吉以外の下に居たら絶対そうならなかったぞ

11: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:29:29.92 ID:V+SCyRN90
なぜに天草で???

19: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:44:01.15 ID:bZcRtWQC0
>>11
天草は天領だったからかな?

52: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:35:49.21 ID:q645wsSW0
>>19
天草が天領になったのは、島原の乱が起きてしばらくたってから。
元々小西行長→唐津藩→(島原の乱)→富岡藩→天領
まあ移行期で一時天領状態というのはあるが。

23: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:52:35.99 ID:2DadX+0m0
キレ級の小片だけど完品なんだろな。
文盲の気があったけど近臣にはこんな破格の略式で通用してたのね。

24: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:55:41.22 ID:W49rbtqy0
さすが無学なだけあってミミズがのたくったような字だな

26: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:56:00.91 ID:HqVNVGYY0
(-_-;)y-~
残っているいうことは、
秀吉に恩を感じるピープルが結構存在してたいうことやろな。
こんな書状が徳川幕府に知れたら、絶対ボッシュート、
下手すれば打ち首獄門やろな。

28: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:03:14.96 ID:gKnje/VG0
5人ぶちで100万円って
20万で1人1年間ってこと?

97: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 20:58:28.08 ID:hpiP4fJA0
>>28
当時は平均年収も低いし、物価水準も低いんですよ。
年収20万円でそこいらの農民より良い暮らしが1年間できたってことです。

月18万円で12ヶ月働くと216万円、約1/10の物価ってことですな。

ちなみに江戸時代も中ごろになると労働時間は1日8時間制度ができてたり、退職金制度や奴隷契約禁止などが制定されている。

36: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:12:12.47 ID:2DadX+0m0
五人扶持っても手当の場合もあるし、住居は持家や公舎だったりで
その時代において文字通り5人暮らしできる待遇だから悲惨ってほどでもない。

152: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 22:11:47.92 ID:2VPDBCGy0
円換算するのは、ちょっと違うかと 

中村主水が三十俵二人扶持 
一人扶持が5俵なんで、合計八人扶持くらいになるけど、 
貨幣経済になった江戸時代ではこれでも苦しい

41: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:21:03.62 ID:7c7D8Bmf0
秀吉は文字かけなかったアホだと昔聞いたことあるけど
嘘だったのかな?

47: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:30:03.63 ID:JeG7nQSF0
>>41
秀吉はかな文字主体だけど書ける方だぞ
魯山人が三筆に挙げてるほどだ
むしろ文字が書けない武士なんて当時腐るほど居たらしいし

58: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:46:33.22 ID:EDMjsZx60
>>47
どこで字おぼえたんだろうね

60: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:49:39.91 ID:LxN8+epn0
意外なようだけど秀吉の書は滅茶苦茶評価高いんだよなwww 
いや、歴史上の人物が書いたから、じゃなくて純芸術的に。 
ウリにはさっぱりわからないが、それいえばウリは能書家の書はわからないのであった。 

未だに楷書のうまい人が一番偉いと思ってるしなwww

78: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 20:21:01.14 ID:ez07XnYeO
>>60 毛筆ってのは筆から紙に墨を吸わせる以前に、筆を立体的に動かす必要がある。 
誰かの書体をそっくりに書くには、オリジナルがが書かれたときの筆使いを空中で完璧に再現しなくちゃ絶対に同じものは書けないんだよ。 
空中に浮いた立てた筆を横軸・縦軸・高さ・横傾斜・縦傾斜・スピン角・穂先乾湿率・穂先降下限界率を刻々と変えなければならない。 
さらに紙も墨も個性がある。紙なら気温湿度で同じ銘柄の同じロットの紙でも個性が変わるし、 
墨なら硬水と軟水では伸びが違うし濃さも筆の伸びに影響する。 
さらに武将だ。いつも机があるわけじゃない。巻紙に直接書くときもある。 
左手に持った巻紙は平面ではなく筒だし、書いて垂らす右側部分が乾く前にどっかに付いてこすれたら困る。 
そんじょそこらの書をやってる人ぐらいじゃ巻紙はまるで書けない。 
武将は日本中を旅して回ったから、あらゆる気象条件で、どんなに手がしびれようが痛もうが傷口が開こうが、必要なとき書かなきゃならなかった。 
21世紀に室内で紙にペンで書くのとはハンデが違いすぎる。違いすぎるのにこれ。

102: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 21:08:40.79 ID:wEH3MajP0
>>78 
部下と腕相撲やったから手がプルプルして乱筆だけどごめんね! 
あれこれ書きすぎて花押が小さくなっちゃったけど他意はないからね! 
夜中に酔っぱらって書いたからまとまりのない文章だけどごめんね! 

独眼竜の茶目っ気は恐ろしや

67: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:57:07.79 ID:Daou7JyS0
秀吉の書状って尾張・美濃時代に 
秀長と一緒に数百文レベルの徴税をやってた時代から 
城主時代、方面軍司令官時代、日本国全体を牛耳る天下人時代まで 
大量に残っているからどれもが戦国時代の支配体系を伝える重要資料なんだよな

50: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:34:55.14 ID:xy1fxYWA0
人に任せることができず
なんでも自分の思った通りじゃないと
ダメな性格なんだろ

88: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 20:43:27.55 ID:U9/LF/080
>>50

叔母婿にあたる小出秀政宛の指示書だからな。
知行が増えたのに家臣団を元来持たない太閤さんが、急遽管理職として起用した親族に対し給与基準を示した例と考えればなんだか面白いな。
天正十年三月なら備中高松城攻めの直前だから、出陣前に論功行賞やって、軍役を明確に義務付ける意味も有ったのかな?

最近は太閤さんをdisる記事が産経ですら多いが、織田家中で彼がのし上がった背景には此の手の軍団編成能力も注目すべきじゃないかね?
家の子郎党を最初から持っていれば部下に丸投げで済む替わりに扶持米のちょろまかしも発生するもんだし、知行に即した定員をきっちり揃えるが故に太閤さんが信長に厚遇されたのかも知れないな。

林佐久間の追放理由なんかも案外そこらへんに有るかも知れんなあ…重代の家臣なら慣例としてちょろまかしをやるだろうから。
柴田勝家なんかは軍編成&統率力抜群で占領地の統治力も優れていたから過去の謀叛も黙認だったとかね…で、信長のキツいチェックに耐えかねた明智が本能寺やらかしたとかな。

84: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 20:38:00.49 ID:Jpvbir4l0
石田三成が大事にされたのはこういうのが得意だったからだな

86: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 20:40:29.63 ID:TBk6HkFp0
典型的なワンマン社長タイプだな

99: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 21:01:07.20 ID:Daou7JyS0
秀吉は一部隊長、集落の徴税官時代の感覚のまま
天下人になっても三成らに些細な事まで報告させて
いちいち自分で判断下さないと気が済まなかった
側近もそういう体制に慣れきっていた....豊臣政権ってそんなイメージ

101: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 21:08:20.38 ID:bgbJc5cL0
1582年、天正10年3月(日付は旧暦だから実際は1月末辺り?)と言えば、鳥取の渇え殺しも終わって一息ついて
織田本隊は甲州武田を征伐中で秀吉は備中高松攻めの準備中って時期かな?

149: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 22:06:37.47 ID:tOmzyQSs0
1582年と言えば本能寺の変があった年
日本をほぼ掌握しかけてた織田軍でもトップレベルの重臣
しかも中国征伐中で大忙し
それなのに足軽レベルの俸禄の為に自筆の書状書くって凄いね