1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/09(月) 15:42:12.07 ID:CAP_USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171009/k10011172701000.html

1950年代の「キューバ革命」を主導し、今なお世界中で人気を集める革命家、チェ・ゲバラが死亡してから9日で50年になるのを前に、キューバ中部で追悼の式典が開かれました。

アルゼンチン出身のチェ・ゲバラは、去年死去したフィデル・カストロ前国家評議会議長らとともに「キューバ革命」を主導し、1959年に親米政権を倒し、中南米で初めて社会主義革命を成功させました。

ゲバラはその後も各国で革命の実現を目指してゲリラ活動を続けましたが、南米のボリビアで軍に捕らえられ1967年10月9日に殺害されました。

ゲバラの死から9日で50年になるのを前に、ゲバラの霊びょうがあるキューバ中部サンタクララで7日、政権幹部や市民など数千人が参加し、追悼式典が開かれました。

式典で国家評議会のディアスカネル第1副議長が「彼のイメージ、強さ、影響力は世界中で増してきている」と述べると、集まった人たちはゲバラの顔写真を高く掲げて功績をたたえていました。

その生涯をかけて理想の実現を目指したゲバラは、死後も映画で取り上げられるなど、「反体制のカリスマ」として若者を中心に世界中で人気を集めています。
式典に参加した女子学生は「彼は人としてよく生きる方法を現代の私たちに示してくれている」と話していました。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507531332/
12: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 15:48:11.48 ID:qw+cgzQU0
ゲバラのタバコ吸ってるわ

16: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 15:50:41.41 ID:rMAuS5CZ0
革命が趣味の人

23: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 15:55:31.33 ID:gsTY0bdk0
偉大な革命家ってやつだな

45: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:15:24.37 ID:E9W3BDV80
チェは革命ごっこ屋で終わってよかったよな

サヨクが政治家になってアホ無能さ露呈することはよくあるからな

60: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:30:04.81 ID:efWgONBj0
>>45
左翼政権でなければ欧米の奴隷政権になるわけだが。左翼が身分制度や宗教をぶっ壊していい場合もある。インドとかいまだに身分制度残ってるし

52: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:20:54.69 ID:BshbG2w20
このテロリストなんで日本で人気あるの?

193: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 19:42:20.56 ID:BxjJQXlt0
>>52
世界で人気があるんだけど…
日本ではむしろ知られてないんじゃね

198: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 19:45:15.49 ID:iL3VwT9k0
>>193
原爆投下は戦争犯罪である(要約)
と公言したり、空気を意図的に読まないかっこよさも持つ。
お豊みたい。

58: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:29:09.19 ID:O5whY8BC0
死んでこそ英雄になれる
現政権のプロパガンダとして使い勝手がいいからね

64: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:40:22.50 ID:IfVwuihp0
この人もキューバ革命政権時代 旧政権バティスタの関係者を大量に処刑してるよ

225: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 20:07:23.37 ID:a2mqLgPv0
邪魔な奴らはアメリカに追いやって残った奴だけ始末したからね。 
アメリカも亡命キューバ政府とか作って支援したし 
CIAは亡命者を全面的に協力し打倒カストロで動いてたけど、 
途中で梯子外して民兵全滅させてるからな。ピックス湾で雌雄は決した。 
もっとも、カストロの方がアメリカより一枚も二枚も上手で 
CIA、アメリカが立案した作戦は亡命キューバ人から筒抜けだった。 
ピックス湾でアメリカ軍が全面支援してたら状況が変わってたかも? 
ま、歴史にはifはないから、わからないけどね。

59: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:29:43.97 ID:eseYy4KQ0
サルトル「20世紀で最も完璧な人間」
ジョン・レノン「世界で一番格好良い男」

僕「すごい人」

68: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:43:57.96 ID:O0d6IQCT0
日本で例えるとだれ? 坂本龍馬?

149: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:41:40.40 ID:CrUCl1IM0
>>68
真面目に言うと高杉晋作

実家が金持ちで何不自由なく甘やかされて育った結果、
思春期に中二病を拗らせて、でも所詮子供の考えなんで
「反対者は全て武力により処刑」で自己満足してた人
古今東西革命家ってのは裕福な旧体制にぬくぬくと育てられた人が多い
ビンラディンなんかも典型
貧乏だったり虐げられた身分から成り上がる人は
革命後の政治家・権力者としての立場を視野に入れてるから

160: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:55:51.53 ID:SE59y1oI0
>>149インドでもカースト差別の撤退を叫んでいるのは上位カーストの子弟ばかりと聞いた
ようは金もあり暇で何か目立つことをしたいだけ
低カーストは小銭を稼ぐことに必死で、なりふりかまっていられない

163: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 19:02:43.08 ID:iL3VwT9k0
>>160
ラファイエット:貴族
ロベスピエール:弁護士
ローザ・ルクセンブルク(ドイツ帝国ではごく少なかった女性の学位持ち)
フェビアン協会構成員:急進的な変革を嫌う知識人
T・ルーズヴェルト:ぼんぼん
平塚らいてう:知識人
津田梅子:知識人
他多数
社会がおかしいと認識するためには一定の学力は必要。

257: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 21:24:52.99 ID:CrUCl1IM0
>>163
まさにそれ

ただその手の革命家が結局革命家やアナーキストで終わるのは
下層から成り上がった反体制運動や革命の指導層が
良くも悪くもそういった運動が大きな潮流となり成功しそうになった時、
旧体制や諸外国に対して現実的にある程度譲歩や取引をすることで
その後の社会体制作りと自分達の支配システムを考えるのに対して
革命家はよく言えば理想主義、はっきりいうと単なる僕の考えた理想システムでしかないから
旧体制の指導者や社会システムを残らず皆殺し、全て破壊しようとする
そこで現実的に革命後を考える元盟友の新指導者や今日の食い扶持を心配する
一般市民の支持者達からは
「いつまでもただNOを叫び壊していればいいと思ってる迷惑な奴」扱いになり
やがて衝突、パージされるか
チェのように自ら次の「自分の理想にかなう社会混乱」を求めて立ち去る

69: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:44:20.01 ID:eoZ5ahYJ0
サッカーのスタジアムで時たま肖像見かけるけど
政治イデオロギーの発露の場になってんのかね
 
70: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:44:34.71 ID:OBoSx2CP0
反体制の英雄とか意味分からないんだよな
反体制が体制を倒したら、今度はそいつが体制側じゃないか
社会主義の英雄、反米の英雄ってだけだろ
こいつを崇め奉ってる連中って普通に頭がおかしいw

76: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:48:28.84 ID:VdgQE1gc0
某カダフィみたいに政権に固執して、ブクブク太り、最期はクーデターで倒されることもなく
ひとつの革命が成されたらあっさり他国に行き、次の革命を成そうとして革命戦士のまま
若くして死んだからな、ゲバラは。憧れられるのも分かる。
おまけに生まれも、顔も、頭もいい。
 

96: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:27:37.72 ID:cgnUmT210
>>76
カダフィは空爆でレーガンに殺されていれば良かったんだよな
そしたら伝説となれたし、アラブ民族主義がイスラム原理主義を抑えていたかもしれない

重信房子とかもそうだけど、革命家って長生きしちゃあ駄目なんだな

113: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:56:24.56 ID:JV5sZ0tb0
>>96
重信房子とか日本赤軍は
ただのお花畑テロリスト

102: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:44:37.80 ID:uHFlmW1J0
>>76
ラグビーに熱中する医大生とか文武両道ながら
喘息に苦しめられたとか決して完璧ではないところも魅力だな

84: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:55:15.11 ID:NdFIBatY0
理想を追い求める革命家だな
軍や大資本、王朝による圧政からの人々の解放を追い求めた
チェを捕まえ殺したのは地元軍ではなく実は米軍とCIA
親米政権と言えば聞こえがよいが、実質は米植民地政権を中南米に多く工作して作っていた米国にとって、それらを解放し続けるチェは
まさに米侵略帝国の天敵であり、軍CIAはチェの殺害に血眼になった。
民主主義のなのもとに世界各地の植民地化を狙い傀儡政権樹立を狙い諜報破壊活動を行った米軍CIAの悪行は、自国アメリカでも問題となり、議会で破壊活動要人暗殺委員会が設置され、JFKの暗殺も取り上げられた。

136: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:31:29.63 ID:b44cMpXv0
ゲリラとはいえ他国の要人を処刑するなんて昔は凄かったんだな

139: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:33:09.13 ID:QCXeCzpj0
>>136 
CIAがボリビアへ行って軍の訓練をしたんだよな

85: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 16:58:50.96 ID:mWcmO4gm0
ちなみに「チェ」は本名じゃなくて愛称。これ豆。

232: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 20:23:53.65 ID:iL3VwT9k0
>>231
スペイン語で呼びかけの接頭語らしい。

131: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:28:26.21 ID:QCXeCzpj0
本名はエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナだっけ

95: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:21:37.05 ID:UMo46zZb0
ところで知恵遅れのネトウヨ以外のスレ民に話しとくと
キューバ革命に先立つこと半世紀前にキューバ独立に奔走し非業のうちに倒れた
ホセ・マルティの評伝、これは面白かったな
『椰子より高く理想を掲げよ』みたいな名前だったかな。
この人は今のキューバの空港に名前を残しているね

99: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:39:36.10 ID:uHFlmW1J0
共産主義自体は嫌いだがゲバラ、カストロ、
ホーチミンは数少ない尊敬できる立派な革命家

107: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:49:48.02 ID:uHFlmW1J0
チェ 39歳 別れの手紙のラストの処刑前夜のやり取りが感動した

兵士  「共産主義(であるキューバ)でも宗教はあるのか?」
ゲバラ 『宗教はある。神を信じている』
兵士  「あなたは神を信じるのか?」
ゲバラ 『私は、人間を信じている』

112: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:54:34.27 ID:uHFlmW1J0
ゲバラもカストロも権力の座についても
決して私腹を肥やさなかったのが
毛沢東やスターリン、金日成との大きな違い

ttp://stjofonekorea.blog6.fc2.com/?m&no=578
政権の座に就き、政務を執る傍ら、人間の精神を鍛えるのに
肉体労働は必要(僕も共感します)だと考えていた彼は、
自発的な労働に従事していました。 

土日も知らず、一日に16~18時間働いていたという彼は、
身なりにほとんど金を用いず、民衆と同じくキューバ政府から
配給されたものだけを着て食べて生活していたそうです。 
中央銀行の総裁となったときには、まず自分の給料を5000から
1200に引き下げたゲバラでした。 

114: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:56:43.98 ID:uHFlmW1J0
宮本信生「カストロ」中公新書

カストロ兄弟(フィデルとラウル)が別々に居住している住居は、
警備こそ厳重であるが、通常の住宅である。
旧ソ連・東欧諸国の指導者の贅沢とは比較すべくもない。
また、要人が使用している車を見ると、 カストロ首相こそ
数十年前に寄贈されたベンツを使用しているが、
ラウル・カストロの車はソ連製ボルガである。
他の党・政府高官は一般国民と同様、クーラーもないソ連車ラーダを使用している。
ラヘ官房長官は、日曜日など、子息といっしょに自転車で工場現場を視察に訪れる。
ロバイナ外相は外務省まで通常自転車通勤である。
ましてや某国のように、 黒塗りのベンツが走ってきたら立ち止まって
最敬礼をするように教育をされたりはしない。

食料品についても同じことがいえる。
大使館公邸に来る政治局員や閣僚に対して著者は
「失礼ですが、閣下のお宅では食料品をどこで購入されますか」
と聞くことにしていた。
「一般の人たちと同じ場所で、配給手帳で買います。近所の人たちが証人です」
との答えが返ってくる。

116: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 17:59:14.87 ID:K3YBNxlZ0
ゲバラの有名な顔写真がプリントされたTシャツ着てる若い兄ちゃん、姉ちゃんを
たまに見るけど、意味分かってて着てるやつなんて皆無だろうな。

123: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:15:11.40 ID:7DdIdBrB0
>>116
そうそれ
とてつもない偉大で庶民の味方の革命家っていうのはわかるんだけど、具体的に何したのかわからないし三行で説明できる自信がない

政治的に右左に大きく傾くなら着たくないし
フラットでニュートラルに凄い人なら着たい

判断が難しいわw

157: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:52:10.16 ID:0WE2+PMY0
俺は右寄りの考えだが
ゲバラはカッコいいと思うな
道徳だとか思想を越えた凄みがある
高杉晋作もそうだけど早死にしたのが余計にそうさせるのかも
>>116
近代以前、神様として崇められるような人も
当時はそういう過程をふんでたのかもしれないね

130: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:27:40.65 ID:3tG6bqm+0
ぶっちゃけ今のキューバがこんな周りから遅れた旧世紀状態なのはゲバラとカスが原因じゃねえの

137: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:32:30.87 ID:QCXeCzpj0
若き日のカストロとゲバラ
xup1hckbhrs

175: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 19:20:03.03 ID:GbLjZ7E40
>>137
ゲバラが真ん中なんだな

138: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:32:52.47 ID:7VyZyIeb0
ゲバラ愛用のカメラがニコン
その点だけ好感を持っていたりする

142: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:36:07.90 ID:QCXeCzpj0
もしゲバラが生きていたらカストロとは決定的な不仲になって対立しただろうな。

146: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:38:15.35 ID:63xtxDB60
>>142
なんだかんだ言ってスカトロは正統派なんだよ
革命家に国は興せない

153: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:47:37.22 ID:iL3VwT9k0
>>146
必ず過激化、原理主義化する派閥が出てくる(フランス革命の場合にはエベール他)から、
それの穏健化に失敗することがままある。フランスもバスティーユ襲撃から100年で革命を成功させた。

159: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 18:55:42.14 ID:iL3VwT9k0
良くも悪くもゲバラはぶれない。教養人でもある。文才もある。処刑された時も命乞いをしたという記録や証言がごく少数。イケメン。前線指揮も作戦立案もこなす。
何処のアニメの主人公かと間違う位のスペック持ち。

247: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 20:58:32.74 ID:B7JdAzv80
「ゲリラ戦争」はミリヲタ大喜びの名著。

248: 名無しさん@1周年 2017/10/09(月) 21:02:15.02 ID:iL3VwT9k0
>>247
政治的闘争にも応用の利く名著でもある。
尚ホーチミンの手法と類似点がある。