1: シャチ ★ 2017/11/11(土) 18:10:52.86 ID:CAP_USER9
 太平洋戦争末期に軍用機を開発した旧中島飛行機三鷹研究所の建物が残る国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)で、旧陸軍初のジェット戦闘機「火龍(かりゅう)」に搭載される予定だったジェットエンジンのものとみられる部品が見つかった。
戦時中に国内で生産されたジェットエンジンはほとんど現存せず、専門家は「当時の航空技術を知るうえで非常に重要な資料だ」と話している。【伊澤拓也】

 見つかった部品は、排気ノズル(直径74センチ、長さ73センチ、重さ71キロ)2点と、それを覆うカバー1点でいずれもステンレス製。
三鷹研究所に関するリポートを作成するため学内を調べていたICU4年の古川英明さん(21)が2015年6月に資材置き場で見つけた。

 戦後にICUが買い取った三鷹研究所の敷地内で出土し、1950年代前半までにICUの保全業務に携わる建設会社社長宅の軒先に置かれた後、約20年前に資材置き場に移されたという。70年近く雨ざらしにされて全体的にさびているものの、カバーの一部を除いて目立った破損はない。

 古川さんの恩師で、三鷹研究所の歴史を調べたICU高校の高柳昌久教諭が、日本航空協会と東京文化財研究所に部品の調査を依頼。
形状や当時貴重だったステンレスが使われていることなどから、三鷹研究所が日立製作所とともに開発を進めたジェットエンジン「ネ230」の部品の可能性が高いことが判明した。

 太平洋戦争末期、旧海軍がジェット特殊攻撃機「橘花(きっか)」の開発を進めたのに対し、旧陸軍は米軍の爆撃機B29を迎撃するために「火龍」を計画した。ネ230が1機に二つずつ搭載される予定だったが、試験運転をしただけで実機は完成しないまま終戦を迎えたという。見つかった排気ノズルには他の部品と接合した痕跡がないため、試作品とみられる。溶接が粗く強度が不足しており、ドリルで開けた穴にできる「バリ」と呼ばれる突起も多く残っている。

 日本航空協会の長島宏行・専任部長は「当時、世界最先端だったジェットエンジンを作る基礎的な技術はあったが、熟練工が不足した時期で、粗雑な点も見える。悪化する戦局を打開するために開発を急いだことがうかがえる」と話す。

 ICUは部品を貴重な近代化遺産として学内で展示することを検討している。

11/11(土) 15:00配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000052-mai-soci

画像 ジェットエンジン「ネ230」のものと見られる部品の説明をする国際基督教大学(ICU)高校の高柳昌久教諭(左)と、ICU構内で部品を見つけた古川英明さん。部品は左が排気ノズル、右がそのカバー=東京都三鷹市の同大で、竹内紀臣撮影
20171111-00000052-mai-000-2-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510391452/
8: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:19:35.23 ID:G5jFwUsI0
ICUって国際基督教大学のわけないしなんの略かと思ったら大学だった 

綺麗な形で残ってるなー。さすがステンレス、なのか?

22: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:35:13.05 ID:9LJSofW40
お寺の鐘から作ったみたいな形だな

74: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:47:35.05 ID:YTK3wttI0
知らない人が見たら鐘か鍋に見えるな 
てかメガネの人ここからスタートしてどこに走るの?

87: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:05:33.95 ID:IxZr+tL30
すごいなぁ

5: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:14:00.30 ID:tY6uIKQ80
Me262のコピーだっけ

325: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 16:18:35.91 ID:rmhlGVRp0
>>5
それ菊花じゃね?

363: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 17:21:34.69 ID:5IPwCC8q0
>>325
橘花、火龍ともにMe262から設計を変更してる
橘花とMe262を比べると、橘花がかなり小さい。
形状は似せてるけど構造や強度設計も別物と思える。
秋水もMe163と比べると、パネルラインや胴体形状にに大きな違いがあって
独自設計の部分が多い。
ドイツ側の資料が不足してたのもあるだろうけど

373: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 17:31:16.43 ID:N5p1OyGA0
>>363
エンジンに関する資料をドイツから日本に運ぶ途中船が沈められて一部しか伝わらなかった
独自に作り上げるところまでは持っていったが出力がドイツのものより小さかったため
必然的に機体も小さくなったという話だそうだな
最初の技術導入が成功していれば年単位で実用化が早まっていたかもしれないが
日本の工業水準では製作不能で結局同じだったかもしれないな

7: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:19:31.58 ID:9VcYg5IC0
Karyu

橘花に似てるな。

13: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:23:55.53 ID:/s/AxW/x0
1930年代までは、まだ複葉機が現役だったってのに、40年代半ばにはジェットが試作されてるんだから、
大戦期の技術革新というのは凄まじいものがあるな。

29: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:43:39.09 ID:VzxYAY+nO
>>13
すごいな

386: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 17:55:14.32 ID:CzcjZfUx0
>>13 零式戦闘機 一式戦闘機隼 二式戦闘機 三式戦闘機 4式戦闘機 五式戦闘機
たった1年で新型戦闘機の登場だもんな。

42: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:58:05.04 ID:RBJBTwGL0
>>13
ドイツでは大陸間弾道弾V2号がすでに実用化されていたしな

19: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:31:47.69 ID:PNwDfoqt0
ジェットエンジンのファンは高温高圧に耐える必要があるので強度のある素材(なんだったかは忘れた)が必要なんだが
日本の場合はそれが入手困難だったのと、ファンを1枚1枚削り出してたので量産どころか試作も大変だったという

28: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:42:57.23 ID:etskHY3u0
>>19

ソ連でさえも、イギリスから盗み出さなきゃ作れなかったんだよね。

高温に耐える素材。

41: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:56:35.86 ID:xiC60S5y0
>>28
たしか、イギリスがソ連にジェットエンジン本体をプレゼントした。
そのあと、朝鮮戦争になり、ミグが突然現れたときに、アメリカは激オコしたと思ったが?
>>戦後発足したアトリー労働党政権によって、
>>ソ連にニーン35基とダーウェント Mk.V 25基が供与されたが、
>>早速デッドコピーされ、ダーウェント 5 は RD-500 に、ニーンは同 RD-45 に化け、
>>更に RD-45 の発展型 VK-1 は MiG-15 戦闘機やMiG-17初期型に搭載・・・

124: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:11:50.71 ID:ZCdiLdhX0
>>41
アメリカに助けてもらった癖に何してんだブリカスは

23: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:36:30.63 ID:WEiBuhro0
そんな時代からステンレスが作られてたんだ

26: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:42:17.04 ID:PNwDfoqt0
>熟練工が不足した時期で、粗雑な点も見える

「兵隊が足りないから熟練工も徴兵するお!」なんてやってたから昭和19年以降の航空機や艦艇の出来は悪かったとか
空母信濃も「ペーペーの作業員がやった溶接やパッキンがガバガバで水密扉を閉めても隙間だらけで向こう側が見えた」って証言があるくらい粗悪だったらしい

30: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:45:17.06 ID:0es4y8i90
>東京都三鷹市

あの辺って、中島飛行機とか、
横河製作所(現横河電気、戦闘機のメーター作ってた)があったりするから
あってもおかしくないな。

ICUも、中島飛行機の跡地にできてるし。調べたら他にも何か出てきそうね。
横河のグランド掘ったら何か出てくんじゃねーのw

283: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 13:10:34.85 ID:LaoSfOUm0
>>30
スバルモ日産もテルモも東芝も
日立もNECも富士通も多摩地域にあるのは
元は全部軍需企業だから

40: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:54:51.75 ID:TE0cumAe0
中島飛行機武蔵野製作所の社員寮は 
10数棟もあって寮間には大きな防空壕があってな 
海軍さんと横河電機の職工さんが手伝ってくれたんだ。 
昭和19年の9月だったかなその防空壕に米軍の落とした 
爆弾が直撃してなたくさんの職工さん家族が生き埋めに 
なったんじゃ。こわいのー。

33: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:46:19.13 ID:8Z3w80kp0
これ最適な形状がわからないから
開発責任者が当て板とハンマーで
微調整していたって開発史で読んだ

35: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 18:48:30.70 ID:T6Ty6IPP0
これは奇跡やろ
2個あった大型の戦車の試作機は1個は日本軍が沼に沈めて、
もう1個は米軍に解体されたやろ

46: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:01:16.66 ID:R+nP/B8V0
そもそも戦前の段階でアメリカ本土にはプライベートセスナが何万もあったんだってな

農業用の散布・監視機だけじゃなくレジャー用もあって、農場の奥さんなんかが免許持ってた
戦争に突入して大量生産された戦闘機は、製造後の試験飛行をそういう女性がアルバイトでやってた

年産百万台レベルのフォードの乗用車工場ではCCKWトラックとジープなんかがポンポン造られてるし

50: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:08:39.87 ID:PNwDfoqt0
>>46
アメリカやソ連では民間の航空機同好会が盛んだったので
その御蔭で大戦中もパイロットの補充が切れることがなかったとか

55: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:19:34.16 ID:9Qo7lfYn0
>>50
トラ・トラ・トラでも攻撃隊と民間の練習機が遭遇してたな。実話でもあるが。

59: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:23:07.48 ID:xiC60S5y0
>>46
日本じゃ、あまり知られてないが、日本以上にアメリカは生産力を軍事に回してた。
金属の徴用なども盛んだったんだよな。
男が兵士に徴用されちゃったんで、大リーグが開催できなくなり、
女性リーグを作って興行試合を全米を回ってやってたんだよね。

65: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:40:32.64 ID:PNwDfoqt0
>>59
真珠湾で鹵獲した日本軍の甲標的を見世物にして金属供出や戦時国債の購入を呼びかけるキャンペーンとかやってたな

294: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 14:17:07.64 ID:eUKpqaks0
>>59
敗色濃厚な戦争末期でも大相撲開催されていた。
ただ食糧事情の悪化により力士の体格は見る影もなかったようだが。

297: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 14:34:09.62 ID:27XuaiWc0
>>294
四つに組んで20秒動かなかったら「敢闘精神に欠ける」と、両者黒星だったようだ。
そら、腹も減って動けないですって。

62: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:29:44.92 ID:G5jFwUsI0
>>46
リンドバーグが1920年代に飛行機で郵便配達やってて、その延長で1927年に大西洋無着陸横断やるわけだから

ライト兄弟が1903年に初飛行して20年でこれだから、すごいよ

63: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:35:22.05 ID:VzxYAY+nO
>>62
いやいや それなら日本軍もすごいぞ
ロシアのバルチック艦隊と戦ったとき
無線機で位置をしらせているだけど
これはマルコーが自宅で無線実験してから10年ぐらいだよ

71: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:44:07.31 ID:G5jFwUsI0
>>63
一式陸攻の操縦士だった人の動画見たことあるけど、自動操縦で、サイパンの位置入力すると自動で飛んでいったと言ってるの見てびっくりしたことある
驚いてる方が無知なだけかも知れんが、1940年だっけあのころには飛行機の自動操縦できてたわけだし

75: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:49:26.05 ID:xiC60S5y0
>>71
アメリカ軍なんて、無線操縦で実機をミサイル代わりにして
敵目標を粉砕する作戦を実践してるよ。
計器などは、テレビカメラで随伴機におくり、随伴機から無線操縦するシステム。
さすがに、離陸まではできなかったので、機を離陸した後、爆弾の起爆装置をONにして
操縦士は脱出することになっていた。
しかし、起爆装置の欠陥により、スイッチをONにしたとたん大爆発した。
死んだパイロットの一人があの、ケネディ大統領の兄貴なんだよね。

77: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:50:13.70 ID:SF0wdeum0
そもそもWW1に数万機もの軍用機が投入されているからな 
すごいというならそっちの方がすごい 
スマフォ並の普及力

120: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:57:53.70 ID:/i5Q86Ko0
■1903年 
ライト兄弟のライトフライヤー号初飛行。世界初の固定翼機による動力飛行。 
ツィオルコフスキーが著書で液体燃料ロケットの概念を発表。 

■1910年 
フランス人パイロットのレオン・モラーヌが106km/hの飛行速度記録を樹立。 
ライトフライヤー号のエンジン出力・速度と比較すると、7年でほぼ10倍に達した。 
ルーマニア人のアンリ・コアンダがジェットエンジン搭載の航空機、コアンダ=1910を製作。 
飛行には失敗したが、地上実験の際に噴流が凸状物体の表面を沿って流れる現象が確認された(コアンダ効果) 

■1928年 
ドイツのアレクサンダー・リピッシュ設計のグライダー「エンテ」が、航空機としては初めてロケット動力推進によって飛行した。 

■1939年 
ドイツで有人液体燃料ロケット航空機、He176が初飛行。 
その2ヶ月後、世界初のターボジェット式航空機He178も飛行に成功する。 

■第二次大戦中 
世界初の実用ジェット戦闘機Me262 
世界初の実用ジェット爆撃機Ar234 
史上唯一の実用ロケット推進戦闘機Me163 
世界初の実用液体燃料ロケット式弾道ミサイルV2 
後の巡航ミサイルの祖となるパルスジェット式無人飛行爆弾V1 
などがドイツで造られる。 

■1947年 
アメリカのチャック・イェーガーがベルX-1によって人類史上初めて音速を突破。 
ライト兄弟の初飛行から44年。 

■1957年 
ソヴィエト連邦がR-7ロケットによりスプートニク1号打ち上げ。 
世界初の人工衛星。 

■1961年 
ソヴィエト連邦がボストーク1号打ち上げ。 
ユーリ・ガガーリンが人類史上初の有人宇宙飛行を達成。 

■1968年 
アメリカのアポロ8号が月周回飛行に成功。 

■1969年 
アメリカのアポロ11号司令船が月の軌道に乗り、月着陸船が月面に到達。 
ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが、人類史上初めて月面に降り立った人間となる。 


ライト兄弟の初飛行から66年、イェーガーの音速突破から22年で、人類はお月さまに行った。 
アメリカ人が発明し、ドイツ人がチート級に発達させ、米ソが美味しいとこを持っていった66年でしたとさ。

83: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:01:27.60 ID:T6Ty6IPP0
戦争って急激に技術が発展するよね 
1年戦争とかザクからジオングだもんね
97d8733c

48: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:02:55.64 ID:tdZrYOpD0
齢90になるじぃちゃんが
「ジェットエンジンの安定供給は無理と現場で判断してて、
ロケットエンジンで瞬間加速だけでもと零戦でテストして、
死にかけた」といってた。

52: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:12:56.79 ID:tymSN0Fz0
火龍は戦闘攻撃機と言うことで地上攻撃を主体としていた。
B29の迎撃用専用機では無かった。
コピー元のMe262は完全に対爆撃機の迎撃専門機だったけどね。

126: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:18:22.14 ID:Vi7gEamd0
>>52
Me262が爆撃機だったのは有名な話だと思ったが

130: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:23:43.72 ID:xiC60S5y0
>>126
戦闘機として設計、ヒトラーが急降下爆撃機にしろ!と横槍を入れる。
仕方なく、爆撃機として設計、戦局が悪化、連合軍の爆撃が激化し
防空戦闘機が必要になる、ヒトラー、前言撤回し量産を支持が本当の話だけどな。
戦局が優勢に働いてた時には、いらないんじゃね?と予算などカットされ、
細々とジェットエンジン、機体の開発してたんだけどね。
最初から爆撃機じゃなかったんだよ。

138: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:29:19.01 ID:Vi7gEamd0
>>130
急降下爆撃機 というのは初耳だな

147: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:36:25.30 ID:xiC60S5y0
>>138
ヒトラーはなぜか、急降下爆撃機が大好きだったw
何でもかんでも、口挟むと急降下爆撃が可能にしろ!というんだよw
なんと、双発のHe177まで、急降下爆撃を要求したんだよね。
別に、ジェットの急降下爆撃機 Hs132まで試作だが作ってたりする。

289: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 13:57:04.04 ID:6ibaIBqe0
>>126
Me262は戦闘機として設計されたが、開発責任者のメッサーシュミット博士が一応爆弾の搭載も可能と答えたので
ヒトラーが高速爆撃機として運用することを望み開発計画が促進された
だが、爆撃機として運用する場合は搭載量不足や爆撃用の照準器が無い等の問題があった
建前上、戦闘爆撃機型を少量生産しながら大部分の生産力は戦闘機型に向けられていたことが発覚しヒトラー激怒

292: 名無しさん@1周年 2017/11/12(日) 14:07:36.20 ID:yF07/zDE0
>>289
※この激怒はほんとに激怒です
「CMあけヒトラーマジギレ!」的な生やさしいもんではありません

82: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 19:59:30.67 ID:xiC60S5y0
だけど、ドイツの技術陣の思い付きなどは驚愕させられる。
アメリカは無線操縦を考えてたけど、ドイツは戦闘機の下に
もう一つ、航空機をくっつければいいんじゃね?とばかりに
ミステルなんてものを作り、実戦投入してる。
ほんと、第二次大戦のドイツ軍はオーバースペックだわw
物量に押されなかったら勝てただろうね。
結局、兵器の性能より、物量が物を言ったわけだね。

86: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:05:03.48 ID:PNwDfoqt0
>>82
ドイツ軍兵器→必要なのは分かるがそこまでして作る必要があったのか
イギリス軍兵器→やりたいことは分かるがなぜそうなったのか
米軍・ソ連軍兵器→必要なのは分かるがそこまで作る必要があったのか
日本軍兵器→やりたいことは分かるが本当にやるとは思わなかった

96: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:16:28.93 ID:siBHVKjm0
>>86
兵器には国柄がでるね
ドイツは性能を追求してメカに凝る
アメリカは性能は割り切って大量生産する
ハーフトラックなんかによく表れている
ドイツは性能を追求して装軌式車両にちかい複雑な機構を持つものを作った
アメリカは既存の四駆の軍用トラックの後輪を履帯にすることで
性能は平凡だが必要十分なものを開発し大量生産した

101: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:22:55.21 ID:PNwDfoqt0
>>96
戦車でもティーガーやフェルディナントは強いんだけど野戦整備がクソ大変で稼働率はイマイチだったせいで
性能では勝るがこっちより数が多いシャーマンに負けたしな

95: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:15:43.09 ID:t+locO7E0
>>82
ドイツ人の頭脳は偉大だよ
ジェットエンジンの他にもV2ロケットや誘導魚雷など、すべて現代の
主力兵器で当分代わる物は現れないだろな

137: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:29:13.08 ID:bHyikKwz0
当時国内で製造されたジェットエンジンがほとんど存在してないのなんでだ

168: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 21:50:58.58 ID:QofGoP/d0
>>137
オーバースピード試験で、破壊するまでぶんまわしてデータ採って終わった。
中村良夫自伝に書いてあった。

93: 名無しさん@1周年 2017/11/11(土) 20:10:32.47 ID:HO8Xys5Y0
三菱が戦後も飛ばせるゼロ戦の完品一機を隠してるって都市伝説を聞いた事がある