1: 孤高の旅人 ★ 2017/11/15(水) 11:00:15.00 ID:CAP_USER9
弥生の硯、福岡の遺跡で初の完全形…文字使用か
2017年11月15日 07時14分 
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20171114-OYT1T50132.html

 福岡県筑前町にある弥生時代中期~後期の薬師ノ上やくしのうえ遺跡で、弥生時代では初めてとなる完全な形の硯すずりが出土していたことが、同町教育委員会の調査でわかった。
 専門家は「弥生時代の日本で文字が書かれていた可能性を示す発見」としている。
 硯は長さ15・3センチ、幅6・3センチ、厚さ0・9センチで、真ん中で二つに割れている。2003年に集落跡から出土し、用途不明とされてきた。柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)が最近、町教委の依頼で再調査し、薄い墨の痕跡が数か所あると気付いた。現代の硯のように墨だまりはないが、朝鮮半島で出土した硯と同じ砂質頁岩けつがん製で形などが似ており、硯と判断。一緒に出土した土器などから、1~2世紀のものと推定している。
(ここまで332文字 / 残り142文字)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510711215/
80: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:04:03.49 ID:c4Urkfo+0
凄いな

73: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:51:48.48 ID:C4iOVzt50
染みだろ 
20171114-OYT1I50053-L

4: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:04:27.71 ID:PsypK8FW0
魏志倭人伝より:
卑弥呼から魏の皇帝へ上奏文
筆や硯があって当たり前。

5: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:05:38.20 ID:wHltYJ6U0
紀元前から中国と交流があったんだから普通に考えれば日本人は卑弥呼の時代には漢字の読み書きはできたと思うんだよね。

8: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:07:00.37 ID:zIgJLx5p0
1~2世紀だと、後漢書の金印と、魏誌倭人伝の邪馬台国の中間だから、貴重な出土物になりそうだな

10: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:07:42.89 ID:ZOR4KLsB0
朝鮮から百済人が漢字を齎すまで文字が無かったんじゃなかったっけw???

109: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:54:23.75 ID:cHJ1nwhd0
>>10
百済は日本から朝鮮半島に渡った人間
だから国が潰れた時に日本に来た

123: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 13:27:51.97 ID:eNEIFxV10
>>109
百済人と倭人は言葉が通じたというし、百済は倭の属国だったというから、倭人の植民国だったと考えるのが妥当だな
ギリシャ人が地中海各地に植民都市を作ったのと同じ

132: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 13:50:27.02 ID:Qvl99GQ70
>>123
黒潮で繋がる黒潮文化圏
百済は倭人の国だろ

139: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 14:15:36.81 ID:Ze1x/YCo0
>>123,132
百済は古くから倭の友好国だが異文化圏
5世紀の倭王珍は宋に百済を含む半島の支配権の認可を(称号として)願い出たが百済だけは認められなかった
倭人の文化圏は半島南東部で新羅の領域にも広がってた

140: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 14:18:39.93 ID:Qvl99GQ70
>>139
ああ、それは、文化圏ではなくて、政治的な縄張りでしょ
文化圏に違うことの証拠にはならん

142: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 15:25:29.19 ID:Ze1x/YCo0
2行目は>>123の「百済は倭の属国だったという」への反論 
文化を異にする証拠はいろいろあるけど長くなるから略

147: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 18:45:22.87 ID:/m1t0dTY0
>>139 
マジレスすると、百済よりむしろ新羅地域の方が勾玉などの倭系遺物が遥かに多い

13: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:09:27.59 ID:OfV5EaGx0
よくこれが硯だなんて気づくなあ
墨の痕跡は写真でもわかるけど
ただの石版に見える

14: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:09:36.11 ID:zIgJLx5p0
畿内説の学者にとっては、都合が悪いから、この後に否定する書き込みが続きます

はい、どうぞ

23: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:14:39.80 ID:TgMqgSxo0
弥生時代なら大陸から人来てるし、インテリもいたろうな

41: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:22:23.14 ID:QS+nnqRx0
うちの近所から出た1世紀の鉄剣にもなんか漢字が彫られてたわ
渡来人とかじゃなくて日本生まれでも字を勉強できる環境あったのかな

42: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:23:33.19 ID:yWi59Ybb0
卑弥呼以前の時代から半島経由で楽浪郡や帯方郡との貿易があったんだから、業務に関わる人間は文字知らなきゃ話にならないだろ

58: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 11:34:17.35 ID:8uLBxp7V0
文字が出土されないとなあ。
少なくとも1~2世紀から数百年分は見つかってないでしょ。

92: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:24:03.12 ID:mzVu5yvW0
魏志倭人伝でも邪馬台国で文字が使われてたと思われる記述あるもんな

98: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:30:34.80 ID:TgMqgSxo0
>>92
国書を使者に持たせてたような
そのレベルの文官がいたってことだな
硯も当然あるわな

99: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:32:45.95 ID:RyOkx2CV0
日本列島の住人は使ってないけど、
海を渡ってきた人が持って来ていて、それが日本に残っている可能性は当然ある。
それを日本人が文字を使っていたと短絡するのはいかがなものか。

125: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 13:34:58.72 ID:G8uHiVUm0
魏志倭人伝は伊都国に外交施設があったけど、
ここは内陸部だからな。
外交以外で既に文字を使用していたと言う事だよ。
文字を使用していたという視点で発掘すれば、
出てくるモノなんだ。

131: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 13:48:31.90 ID:gOT0VXX10
>>125
奴国の政権本部の存在した可能性のある場所だから、外交文書を書くための硯があってもおかしくはないでしょ
それに、国内に対する命令書等で使われていたのなら、古墳時代以前に木簡竹簡が出てきてもおかしくないが、
まったく出ていない
それが起きるのは、国の統一が進み、地方官僚全般に文字が普及する飛鳥奈良時代を待たないといけない
三世紀の卑弥呼がおそらく竹簡で上表していることから、外交に置いては漢字が、つまり墨と硯と筆が使われて
いたのは間違いないだろうけど

82: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 12:06:22.07 ID:c4Urkfo+0
せっかくの昼休みなのに 
金印も 持ってくる途中で災害に遭ったとか いろいろ考えてしまうだろ どうしてくれんだ