1: 泥ン ★ 2017/11/29(水) 21:36:28.93 ID:CAP_USER9
ナショナル ジオグラフィック日本版 2017.11.29
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/112900463/
大理石の下の破片を除去する修復作業員。割れた大理石の間からのぞくのは、イエスのからだが安置されたと信じられている岩の表面。
01

 イスラエル、エルサレム旧市街にある聖墳墓教会は、イエス・キリストの墓とされる場所に立つ教会だ。歴史的記録によると西暦326年、ローマ人が発見した墓を取り囲むように、教会が建てられたという。

 しかし、この教会はこれまで何度も攻撃され、火災や地震の被害を受けてきた。西暦1009年には完全に破壊され、その後再建された。そのため、ここが本当に1700年前にローマ皇帝の代理人がキリストの墓と特定した場所なのかどうか、現代の学者たちは疑問視していた。

 今回、教会の中にある埋葬用の洞窟(横穴)から採取された残留物が科学分析にかけられ、その結果がナショナル ジオグラフィックにもたらされた。それによって、墓はやはり古代ローマ時代にはすでにあったことが確認された。

 分析にかけられたのは、本来の墓とされている岩とそれを覆っていた大理石の板の間から採取された漆喰で、西暦345年のものと測定された。

 これまで、墓の内外から発見された建築的証拠は、最古のものでも11~12世紀の十字軍時代のものと測定され、墓が1000年以上古いことを示す証拠は何もなかった。

 新約聖書には、ナザレのイエスとして知られるユダヤ人が、エルサレムで西暦30年か33年に十字架刑に処せられたと書かれている。この墓がその人物を葬った場所であるかどうかを証明するのは考古学的に不可能だが、今回の年代測定の結果によって、墓の構造物はローマ皇帝初のキリスト教徒であったコンスタンティヌスの時代のものであることがわかった。

 2016年10月、墓を取り囲むようにして建設されたエディクラと呼ばれる聖堂の大々的な修復工事を行うため、墓は数世紀ぶりに開かれた。作業に当たったのは、アテネ国立技術大学の学際チームである。

 この時、エディクラの内部で数カ所から漆喰が採取され、年代測定を行うため研究所に運ばれた。その結果は、エディクラ修復プロジェクトを率いたチーフ科学監督のアントニア・モロポーロー氏よりナショナル ジオグラフィックへ提供された。

 皇帝コンスタンティヌスの代理人は、325年頃に墓の特定のためにエルサレムへやってくると、それより200年前に建てられたローマの神殿が、イエスの埋葬場所であると告げられたという。この神殿は破壊され、その下を掘ると石灰岩の洞窟壁をくりぬいて作られた墓が姿を現した。洞窟の上部は剥ぎ取られ、墓の内部が見えるようになっており、その周囲にエディクラが建設された。

 墓の内部には石墓と呼ばれる長い棚が作られ、言い伝えによると十字架刑の後イエス・キリストの遺体はそこへ安置された。このように、石灰岩の洞窟を掘って棚やくぼみを作るという構造は、当時エルサレムに住んでいた裕福なユダヤ人の墓としては一般的だった。

 石墓は大理石の板で覆われていたが、これは遅くとも1555年までには設置されたものと考えられており、巡礼者たちの話によれば、それよりも前の1300年代半ばごろには既に存在していた可能性が高い。

続きは>>2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511958988/
2: 泥ン ★ 2017/11/29(水) 21:36:43.76 ID:CAP_USER9
修復されたエディクラを訪れるために並ぶ人々。この聖堂のなかにキリストの墓があると信じられている。
ph_thumb (2)
2017年3月21日、新たに修復されたエディクラを訪れる人々。聖堂の床は、破損の危険性が高いと専門家は警告している。
03
イエス・キリストの埋葬場所として神聖化されている石板の表面をきれいにする修復作業員。
04
聖墳墓教会の改修工事中、キリストの墓と言い伝えられている場所を訪れるフランシスコ会の修道士たち。
05

 墓が開けられた2016年10月26日の夜、大理石の覆いを外した科学者らは、その下にあったものに目を見張った。もう一枚別の大理石の板が、元の石墓の上に直に置かれていたのだ。上にかぶせられていた大理石よりもさらに古く、表面には十字架が彫り込まれ、割れた状態で発見された。

 この古い板の年代をめぐっては、専門家の間で様々な意見が出された。十字軍時代のものという意見もあれば、それ以前の1009年に教会が破壊された時には既に存在し、破壊と同時に割れたのだろうという学者もいたが、ローマ時代と予想する者はいなかった。

 ところが最新の分析結果から、板はローマ皇帝コンスタンティヌスの命により4世紀半ばごろに設置され、漆喰で固定された可能性が最も高いことが示された。聖墳墓教会の歴史を研究する人々にとっては、うれしいサプライズである。

 1999年にこの墓の歴史について独創的な研究を発表したマーティン・ビルド氏は、「測定結果は、コンスタンティヌスの時代にぴたりと一致します。大変意義のある発見です」と述べた。

 1年間に及んだエディクラの修復作業中、エディクラの壁の内部に墓の大部分が残されたままになっていることもわかった。洞窟の南側の壁から取られた漆喰は、一部が335年、別のものは1570年と特定された。前者はローマ時代に工事があったことを示すもうひとつの物証であり、後者は記録に残されている16世紀の修復工事を裏付けるものだ。墓の入り口から採取された漆喰は、11世紀のものと特定された。これも、1009年に教会が破壊された後に再建されたという記録と一致する。

 漆喰の年代測定は、光刺激蛍光線量計(OSL)を使い、2カ所の研究室でそれぞれ独自に行われた。OSLとは、石英の堆積物が最後にいつ光にさらされたかを特定する技術である。モロポーロー氏とその研究チームは、この結果を次号の考古学専門誌「Journal of Archaeological Science: Reports」に発表する。

5: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:37:35.71 ID:+M7qxH8dO
青森県の話かと

31: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:45:55.72 ID:jUqsVRXQ0
墓守番が虚偽を残した場合は検討しなかったのかw

513: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 02:35:59.06 ID:mfJYY/tI0
>>31
当時は、年代測定技法とかは知らないし、科学的証明とは?って概念自体存在しないから、後世を意識して、偽造したとかはないだろうけど。

一方で、金やら畏敬を集めて利用するためだけに、いなかった人間を実際いたかのように墓作った可能性はあるわな。
ちゃんと墓もあるんですよってね。

聖書や十二使徒関連は十数年後の追加大量だけど、キリスト本人にも、信仰集めるためのお話必要だったろうから。

32: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:46:56.72 ID:VKCiFvzg0
結局、四世紀だか三世紀からある古い物と解っただけで西暦30年だか33年だかに死んでるイエスさんの墓だとは特定出来て無いってこと?

54: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:58:26.62 ID:H17DeChD0
>>32
コンスタンティヌスの時代の記録にあるキリストの墓とみなされていた墓そのものである可能性が高いということで、キリスト教の起源や伝説がどこまで史実であるかを研究する上では重要
実際にキリストの墓であるかどうかは不明だがそれはまた別の話

36: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:47:59.85 ID:5ai368S40
夏にヨルダンへ行ってイスラエルにも渡って聖墳墓教会も見て来た。
エルサレムの旧市街を歩き回ったけど中々楽しいね。

43: 婆 ◆HKZsYRUkck 2017/11/29(水) 21:52:09.19 ID:jMvq6SXt0
>>36
いいなあ。
俺も行きたいが、貧乏なのはさておき、キリスト教徒でもユダヤ教徒でもない
のに行って観光してたら怒られないかという心配もある。
そのあたりどうなんじゃろ?

66: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 22:07:41.94 ID:5ai368S40
>>43
嘆きの壁へ行く前にはセキュリティゲートがあってチェックされる。
タンクトップに短パンとかで行くと怒られるかな。あとボール紙で出来た帽子が置いて
あって一応それを頭に載せて祈りに行く。
男女別に別れていて女の方が沢山いた。
イスラムの聖地である青のドームには嘆きの壁の横のモロッコ門から行く。
ここはムハンマド昇天の地。中に入ろうとしたら止められた。
ムスリムしか入れないらしい。
あとそこかしこに銃を持った軍人が警備している。

71: 婆 ◆HKZsYRUkck 2017/11/29(水) 22:10:23.81 ID:jMvq6SXt0
>>66
なるほど、ありがとう。
「〇〇教徒は入れない」だったら仏教徒フリーパスかと思ったが、
実際は「ムスリムしか入れない」式なのね。
まあ、そうだよなあ…w

50: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 21:54:56.53 ID:tTx4qBMs0
キリストの棺 : キリストの墓
http://nazo108.sblo.jp/article/95081065.html

キリストの棺
HV制作/エルサレムにある二千年前の墓所で石灰石の棺が見つかり、科学分析の結果、
この墓にはイエスと家族が葬られていたのではないかという。この番組は、ジェームズ・キャメロンの指揮の下、壮大なスケールで、この考古学史上最大の発見を独占的に明らかにする。文書、古代DNA、法医学、考古学の様々な視点から分析。特筆すべき発見は、イエスとマグダラのマリアの間にユダという名前の息子がいたらしいという新しい証拠である。

こっちとは違う墓なのかな?

112: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 22:47:23.68 ID:1bFsRA520
ファテイマ朝が
聖墳も含めて
エルサレムの全シナゴーグと全教会を瓦礫にしたけど
正確な測定ができるのか
ちょっと驚いた

143: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 23:06:58.55 ID:SxPEZvk70
世界中にあるキリストの墓 と思ったけど、思ったほど多くないな

1. インド    失われたユダヤ民族がインドに移住したとの伝説がある
2. 南フランス これはキリストの娘が逃げ延びた先と言われている。かなり事実に近い
3. イギリス  キリストの叔父の墓があると言われている
4. 日本    なぜ日本にあるかは不明

とんでも科学では、日本だけだなw

209: 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 23:47:43.37 ID:lKd8/BOS0
イエスが死んでから三百年以上を経てのことだろ
本当にそこがイエスの墓であったかどうか怪しいものだけどね
まあ、ローマ皇帝としては、イエスの墓を作ったという体裁を整えればよかったわけだろうがな

ちなみに紀元一世紀ごろのイエスの墓は、イスラエルからけっこうな数が発見されている
聖書の中には、同名の人物が複数、登場するように
当時の庶民には姓はないし
イエスやマリアとかヨセフとか、そういう名前はありふれた名前だったから
どれが、聖書に書かれている。あの「ナゼレのイエス」の墓か
考古学的に特定するのは困難ってだけでね

当時のローマの学者たちにも、果たしてできたかどうかは怪しいものだ

239: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 00:07:13.61 ID:CImKvPq10
>>209で記されている通り、イエスの墓ならエルサレムの墓地のあちこちから発見されているよ
ローマ皇帝の時代ならさらに多かっただろうし
そのどれかを「ナゼレのイエス」の墓と認定したのかも知れないがね
しかしそれを考古学的に特定するのはほとんど不可能だな
映画のように、イエスの子孫でも発見されたなら、可能性はあるけどさ

261: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 00:14:35.53 ID:kIkwkSHy0
>>239
ああ~そういうことなんだね。ありがとう。
とすると、ここを本当の埋葬地と思って礼拝してる人は・・・
まあ信じれば救われるってやつだろうかね。

228: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 00:01:43.54 ID:kIkwkSHy0
>歴史的記録によると西暦326年、ローマ人が発見した墓を取り囲むように、
>教会が建てられたという。

その時点でキリストの死から300年後。
300年間も正確な言い伝えが本当に残り続けたのかどうか・・・。

231: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 00:04:01.27 ID:2+rq11Vy0
キーワード:青森
抽出レス数:45

よしよしwww

242: 名無しさん@1周年 2017/11/30(木) 00:07:55.57 ID:XdipCvbA0
てか、復活したんだから墓では無いような?
3日間寝た思い出の場所。