1: 泥ン ★ 2017/12/13(水) 22:23:04.02 ID:CAP_USER9
人頭大の石が投げ組まれて割られた甕の底部=京都市下京区
wst1712130019-p1


 京都市下京区で、14世紀後半に酒の麹(こうじ)づくりに使われたとみられる壊れた甕(かめ)が出土した。甕の底には石があり、投げ込んで甕を割ったようだ。麹は当時、北野社(北野天満宮)の神人(じにん)(神職)でつくる組織が室町幕府の権威を背景に独占的に製造・販売しており、無断で麹を製造していた現場を神人らが破壊したとみられる。発掘の担当者は「意外と早い時期から北野社の強い独占状況をうかがわせる資料」としている。

 ホテル建設に伴い、民間調査団体の関西文化財調査会が平安京の左京八条四坊二町にあたるJR京都駅東隣の一角約450平方メートルを発掘。南北を走る東洞院大路跡の一部と付属する東側溝跡が出土し、その近くから割れた甕の底部(最大径約30センチ、深さ約30センチ)が3カ所で見つかった。

 形や周囲の土器などから14世紀後半~15世紀前半の甕とみられる。このうち2カ所には人頭大の石が残っていた。

 当時は、麹づくりは平安時代に北野社の神人が結成した「麹座」、酒づくりは酒屋に分かれていた。麹の製造・販売権は、麹座が室町時代の15世紀初めから幕府の権威を背景に独占しており、無断で麹を製造・販売した多数の酒屋を幕府役人の面前で破壊した記述も残っている。

 だが、15世紀中ごろに幕府の権力が低下すると、独占状態に反対する延暦寺などの寺院や酒屋が幕府や麹座と真っ向から対立。こうした背景から、幕府は文安元(1444)年、北野社の独占権を撤廃した。

産経WEST 2017.12.13 09:41
http://www.sankei.com/west/news/171213/wst1712130019-n1.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513171384/
14: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:36:56.40 ID:TnJlHX2L0
>>1
サムネが顔に見える

21: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:55:21.77 ID:fMqFs4Qo0
>>14
見えるね、これは心霊レベルやな

27: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 23:20:40.59 ID:aP4ExUmb0
>>1
「糀」じゃないの?「麹」ではなく

29: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 23:24:25.04 ID:c7C+LWPR0
>>27
・糀と麹のちがい
「こうじ」を表す漢字は2種類あります。
こうじは、米、麦、大豆などの穀類でつくりますが、
それらのこうじ全般を表す漢字として、現在では主に『麹』という字が使われています。
これは中国から伝わった漢字です。
もうひとつの『糀』という字は、
明治時代にできた国字(和製漢字)で、米糀のみを表します。
米糀は、蒸し米に麹菌をつけて発酵させたものです。
(麹屋本店HPより)
現在のBGM:ガールズ&パンツァー 「ブリティッシュ・グレナディアーズ」

51: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 06:47:34.32 ID:4GJrqqPI0
>>1
「神人」(じにん)って言葉いいね。
500年の時を超えて、現代のネットで流行りそうww

55: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 08:23:32.37 ID:Hq8qvQUD0
>>51
八坂神社(祇園社)の警護をしていた
犬神人(いぬじにん)
の末裔が今でも東山区弓矢町に住んでおられる。

2: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:23:32.27 ID:E4LKJWZT0


3: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:25:52.10 ID:pG9+PEMM0
昔から密造酒の取り締まりあったのかよ

6: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:28:08.36 ID:c7C+LWPR0
室町時代の酒造りは、比叡山等の僧兵軍団を持つ強力な寺社の許可が必要だった。

酒造りに使用する麹造りは室町幕府の管轄だった。

一部の酒蔵が独自の麹を造りそれで酒造りを始めた。

麹造りの業者が幕府の兵士を率いて、勝手に麹を造った酒蔵を襲撃し破壊した。

その酒蔵はなんと比叡山の管轄だった。

怖い僧兵のお兄さんたちが幕府に押しかけ恫喝した。

幕府はビビってしまい、それ以降は酒蔵が勝手に麹を造っても文句は言えなくなってしまった。

17: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:46:21.81 ID:kE1NuzYh0
>>6
結局、武力なんだよなぁ

10: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:32:03.31 ID:x66+4oMl0
昔はこんな横暴なことが許されたのか

いえいえ
今もこういう既得権益組織ありますよ
獣医師会とか

11: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:32:03.57 ID:7sqI6B6j0
個人の酒の楽しみさえ奪うとは
許さんぞ、財務省!

12: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:32:57.77 ID:wO8xNFz60
こういうのは面白い。一部だけでもぜひ保存して欲しい。

13: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:35:57.55 ID:Rjt3wq2b0
延暦寺、住吉大社も金貸しの代名詞だもんな、戦国時代当時の四大財閥の一つみたいなもんやし

信長さんようやってくれはりました

16: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:39:42.46 ID:c7C+LWPR0
京都は掘れば必ず何かが出るからなwwwwwwww

23: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 22:59:55.78 ID:ua9av4I10
僧兵って、自分の存在自体が仏教的におかしいとは思わなかったんだろうか

24: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 23:13:21.88 ID:ESq42nex0
>>23
そんな寝惚けたこと言えるのは余程の平和ボケか馬鹿

59: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 11:07:12.17 ID:5XlMbmj/0
>>23
仏敵から信徒を護る存在だから、おかしくないだろ。
仏像にも、金剛力士とか仁王とか武装したものがあるし、仏具にも、独鈷、三鈷、金剛丈というような、槍・鉾状の武器があるし。

25: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 23:17:31.69 ID:p6+DKne50
>>23

皇宮警察みたいなものだな。w

バッキンガム宮殿の近衛兵

ローマカトリックは、スイス兵を雇っている。

64: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 18:55:29.91 ID:rsxdu4hV0
この頃の寺社は領地を持っていてそこからの税収で経営されていたからそこをを守るための兵力を必要としていた
寺に従属している武士もいたし僧兵として自前の武装組織も持っていた
僧侶も大きな寺院なら皇族や貴族の子が出家して入ってくるし相続問題解決のために武士の次男三男が僧になる場合も多かったので、僧兵といっても僧侶が武装してるというより武士が僧侶のかっこうしてるだけという体のもの

32: 名無しさん@1周年 2017/12/13(水) 23:30:40.71 ID:jyxhwYgR0
文安の麹騒動
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%E5%AE%E3%AE%E9%BA%B9%E9%A8%E5%8B%95

室町時代、京都において酒造工程の一つである麹造りを支配していた座(北野麹座)が室町幕府に鎮圧されて没落した事件。
この結果、麹の専門業界は没落して酒屋業へ組み入れられた。

発端

京都では鎌倉時代から急成長産業として隆盛していた酒屋だったが、その中から資本力に富む酒屋は、麹造りにまで取り組み始めた。

当時の酒屋は、まだ麹造りまでは職業範囲ではなく、「麹屋」という麹の製造から販売までを担う専門業界が別個に存在していた。
麹屋は北野社(現在の北野天満宮)の神人(じにん)身分を得て「麹座」と呼ばれる同業者組合(座)を結成しており、
北野社(本所)の権威を背景に京都西部の麹の製造・販売の独占権を有していた。当然ながら北野麹座は、酒屋の麹造りに強く反発した。

その頃、足利義満の治世下で全盛期を迎える室町幕府が、至徳3年(1386年)には延暦寺を始めとする京都の有力寺社に対し、
京都の地域内における私的な権力行使への制限令(警察権の幕府への集中)を発布すると、
今度は明徳4年(1393年)に京都の土倉・酒屋に対しても「洛中辺土散在土倉并酒屋役条々」を発布して、
座への加入を問わず一律に幕府への課税を義務付けた。
おかげで座の元締めたる本所の支配権は、幕府の制約を大きく受けるという状況に陥った。
これには当時最大の本所勢力であった延暦寺などは強く反発したが、当時の義満の勢いの前には、なすすべも無かった。

転機

この情勢に目をつけた北野麹座は、運上金の供出を持ちかけて幕府に接近すると応永26年(1419年)には、
京都全域における麹の製造販売の権利一切を幕府から獲得した。
そのため京都の全ての酒屋は自前での麹造りを禁じられ、北野麹座から麹を購入せざるを得ない事態となった。
当然ながら反発した酒屋側だったが、兵を動員した幕府により「麹室」と呼ばれる酒屋付属の麹工房を悉く打ち壊された。

ところが、酒屋の座の中には延暦寺を本所とするものがおり、彼らは延暦寺に麹座と幕府の行為を訴えた。
当時の北野社は延暦寺の傘下に在り、自己支配下の酒屋の衰退が運上金の減少を招くと考えた延暦寺は、
北野社に独占を止めるように求めた。だが、北野社側としても自己の運上金収入に関わる問題であり、これを拒絶した。

結末

麹座と酒屋、そして背後の北野社と延暦寺の対立はエスカレートし、
文安元年4月7日(1444年5月8日)[1]延暦寺は西塔釈迦堂に立てこもり、次いで京都に向けて強訴を行った。
その3年前の嘉吉の乱以後、政治的影響力を衰退させていた幕府はこれに屈して、北野麹座の独占権の廃止を認めてしまう。
この決定に今度は北野麹座に属する神人らが北野社に立てこもった為、
管領畠山持国は同月13日(1444年5月14日)に鎮圧の兵を北野社に差し向けた。
このため武力衝突に発展して死者も出した上、北野社を含む一帯が炎上したものの幕府側が付近を鎮圧した。

その結果、酒屋側に屈服した麹屋側は京都において衰退した。
また京都における政治的支配力でも、有力寺社の影響力の回復以上に、幕府権力の急落が明らかとなった。

その後、ようやく天文14年(1545年)になって再び、北野麹座による麹の独占が許されるものの、
室町幕府の権威が完全に失墜した状況下では時は既に遅く、やがて麹造りは酒屋業の一工程となった。

またこの事件は、奈良の『菩提泉(ぼだいせん)』『山樽(やまだる)』『大和多武峯(たふのみね)酒』、
越前の『豊原(ほうげん)酒』、近江の『百済寺酒』、河内の『観心寺酒』などの僧坊酒が台頭する一因ともなった。

42: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 03:05:55.55 ID:rsxdu4hV0
>>32
この中に出てくる「嘉吉の乱」って要するに山口組みたいな超広域暴力団の総長を傘下の有力な組長が宴席で射殺したって感じの事件で、殺された6代将軍足利義教のムチャクチャさといい、室町時代ってまさに「仁義なき戦い」みたいな状態なんだよな
江戸時代と比べても武士も平民も異常に気が短いというか、何かあったらとにかく暴力で解決という連中で

38: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 01:05:16.96 ID:M0luQFAB0
神人と言われるとこれしか思い浮かばなかった…

ILPqs4d

45: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 06:25:08.70 ID:Fb7CiB1F0
神人は神職ちゃうやろ

46: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 06:31:09.20 ID:Bwuo9FMu0
神人は神社へ奉仕する代わりに庇護を受けて生活してた人ですね

49: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 06:43:50.50 ID:mDGpWfuj0
歴史があるんだな
 https://www.koji-za.jp/company/history.php

54: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 08:21:46.08 ID:Hq8qvQUD0
>>49
京都の菱六もやしは古そうだけど、江戸時代初期の創業なんだな。