1: 泥ン ★ 2017/12/19(火) 02:06:19.83 ID:CAP_USER9
読売新聞 2017年12月15日 05時20分
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html
(『核DNA解析でたどる日本人の源流』に掲載された図をもとに作成)
20171214-OYT8I50004-L
20171214-OYT8I50024-L
沖縄・石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡から出土した約2万7000年前の日本最古の人骨
20171214-OYT8I50007-L

 日本人のルーツの一つ「縄文人」は、きわめて古い時代に他のアジア人集団から分かれ、独自に進化した特異な集団だったことが、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の斎藤 成也 教授らのグループによる縄文人の核DNA解析の結果、わかった。現代日本人(東京周辺)は、遺伝情報の約12%を縄文人から受け継いでいることも明らかになった。縄文人とは何者なのか。日本人の成り立ちをめぐる研究の現状はどうなっているのか。『核DNA解析でたどる日本人の源流』(河出書房新社)を出版した斎藤教授に聞いた。

世界最古級の土器や火焔土器…独自文化に世界が注目

 縄文人とは、約1万6000年前から約3000年前まで続いた縄文時代に、現在の北海道から沖縄本島にかけて住んでいた人たちを指す。平均身長は男性が160センチ弱、女性は150センチに満たない人が多かった。現代の日本人と比べると背は低いが、がっしりとしており、彫りの深い顔立ちが特徴だった。

 世界最古級の土器を作り、約5000年前の縄文中期には華麗な装飾をもつ火焔土器を創り出すなど、類を見ない独自の文化を築いたことで世界的にも注目されている。身体的な特徴などから、東南アジアに起源をもつ人びとではないかと考えられてきた。由来を探るため、これまで縄文人のミトコンドリアのDNA解析は行われていたが、核DNAの解析は技術的に難しかったことから試みられていなかった。

 斎藤教授が縄文人の核DNA解析を思い立ったのは、総合研究大学院大学教授を兼務する自身のもとに神澤秀明さん(現・国立科学博物館人類研究部研究員)が博士課程の学生として入ってきたことがきっかけだった。「2010年にはネアンデルタール人のゲノム(全遺伝情報)解読が成功するなど、世界では次から次に古代人のDNAが出ていたので、日本でもやりたいと思っていた。神澤さんが日本人の起源をテーマにしたいということだったので、縄文人の核DNA解析に挑戦することにした」と振り返る。

福島・三貫地貝塚人骨のDNA解読に成功

 問題は、縄文人骨をどこから手に入れるか、だった。ねらいをつけたのは、自身が東大理学部人類学教室の学生だったころから知っていた東大総合研究博物館所蔵の福島県・三貫地貝塚の人骨だった。同貝塚は60年以上前に発掘され、100体を超える人骨が出土した約3000年前の縄文時代後期の遺跡。同博物館館長の諏訪元教授に依頼すると、快諾。男女2体の頭骨から奥歯(大臼歯)1本ずつを取り出し、提供してくれた。

 解析を担当する神澤さんがドリルで歯に穴を開け、中から核DNAを抽出。コンピューターを駆使した「次世代シークエンサー」と呼ばれる解析装置を使い、核DNAの塩基32億個のうちの一部、1億1500万個の解読に成功した。東ユーラシア(東アジアと東南アジア)のさまざまな人類集団のDNAと比較したところ、驚くような結果が出た。中国・北京周辺の中国人や中国南部の先住民・ダイ族、ベトナム人などがお互い遺伝的に近い関係にあったのに対し、三貫地貝塚の縄文人はこれらの集団から大きくかけ離れていた。

 「縄文人は東南アジアの人たちに近いと思われていたので、驚きでした。核DNAの解析結果が意味するのは、縄文人が東ユーラシアの人びとの中で、遺伝的に大きく異なる集団だということです」と斎藤教授は解説する。

続きは>>2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513616779/

2: 泥ン ★ 2017/12/19(火) 02:06:33.87 ID:CAP_USER9
アジア集団の中で最初に分岐した縄文人 

 20万年前にアフリカで誕生した現生人類(ホモ・サピエンス)は、7万~8万年前に故郷・アフリカを離れ、世界各地へと広がっていった。旧約聖書に登場するモーセの「出エジプト」になぞらえ、「出アフリカ」と呼ばれる他大陸への進出と拡散で、西に向かったのがヨーロッパ人の祖先、東に向かったのがアジア人やオーストラリア先住民・アボリジニらの祖先となった。 

 縄文人は、東に向かった人類集団の中でどういう位置づけにあるのか。「最初に分かれたのは、現在、オーストラリアに住むアボリジニとパプアニューギニアの人たちの祖先です。その次が、縄文人の祖先だと考えられます。しかし、縄文人の祖先がどこで生まれ、どうやって日本列島にたどり着いたのか、まったくわかりません。縄文人の祖先探しが、振り出しに戻ってしまいました」 

 アフリカを出た人類集団が日本列島に到達するには内陸ルートと海沿いルートが考えられるが、縄文人の祖先はどのルートを通った可能性があるのだろうか。「海沿いのルートを考えています。大陸を海伝いに東へ進めば、必ずどこかにたどり着く。陸地に怖い獣がいれば、筏で海へ逃げればいい。海には魚がいるし、食料にも困らない。一つの集団の規模は、現在の採集狩猟民の例などを参考にすると、100人とか150人ぐらいではなかったかと思います」と斎藤教授は推測する。 

分岐した時期は2万~4万年前の間 

 では、縄文人の祖先が分岐したのはいつごろか。「オーストラリアやパプアニューギニアに移動した集団が分岐したのが約5万年といわれるので、5万年より古くはないでしょう。2万~4万年前の間ではないかと考えられます。日本列島に人類が現れるのが約3万8000年前の後期旧石器時代ですから、4万年前あたりの可能性は十分にある」と指摘。「旧石器時代人と縄文時代人のつながりは明確にあると思う。後期旧石器時代はもともと人口が少ないですから、日本列島にいた少数の後期旧石器時代人が列島内で進化し、縄文人になった可能性も考えられます」と語る。 

 また、縄文人のDNAがアイヌ、沖縄の人たち、本土日本人(ヤマト人)の順に多く受け継がれ、アイヌと沖縄の人たちが遺伝的に近いことが確かめられた。ヤマト人が縄文人から受け継いだ遺伝情報は約12%だった。「その後、核DNAを解析した北海道・礼文島の船泊遺跡の縄文人骨(後期)でも同じような値が出ているので、東日本の縄文人に関してはそんなにずれることはないと思う」。アイヌと沖縄の人たちの遺伝情報の割合についてはヤマト人ほどくわしく調べていないとしたうえで、「アイヌは縄文人のDNAの50%以上を受け継いでいるのではないかと思う。沖縄の人たちは、それより低い20%前後ではないでしょうか」と推測する。 

 以前から、アイヌと沖縄の人たちとの遺伝的な類似性が指摘されていたが、なぜ北のアイヌと南の沖縄の人たちに縄文人のDNAが、より濃く受け継がれているのだろうか。 

 日本人の成り立ちに関する有力な仮説として、東大教授や国際日本文化研究センター教授を歴任した自然人類学者・埴原和郎(1927~2004)が1980年代に提唱した「二重構造モデル」がある。弥生時代に大陸からやってきた渡来人が日本列島に移住し、縄文人と混血したが、列島の両端に住むアイヌと沖縄の人たちは渡来人との混血が少なかったために縄文人の遺伝的要素を強く残した、という学説だ。斎藤教授は「今回のDNA解析で、この『二重構造モデル』がほぼ裏付けられたと言っていい」という。 

遺伝的に近かった出雲人と東北人 

 日本人のDNAをめぐって、もう一つ、意外性のある分析結果がある。 

 数年前、島根県の出雲地方出身者でつくる「東京いずもふるさと会」から国立遺伝学研究所にDNAの調査依頼があり、斎藤教授の研究室が担当した。21人から血液を採取してDNAを抽出、データ解析した。その結果、関東地方の人たちのほうが出雲地方の人たちよりも大陸の人びとに遺伝的に近く、出雲地方の人たちは東北地方の人たちと似ていることがわかった。 

 「衝撃的な結果でした。出雲の人たちと東北の人たちが、遺伝的に少し似ていたのです。すぐに、東北弁とよく似た出雲方言が事件解明のカギを握る松本清張の小説『砂の器』を思い出しました。DNAでも、出雲と東北の類似がある可能性が出てきた。昔から中央軸(九州北部から山陽、近畿、東海、関東を結ぶ地域)に人が集まり、それに沿って人が動いている。日本列島人の中にも周辺と中央があるのは否定できない」と指摘。出雲も東北地方も同じ周辺部であり、斎藤教授は「うちなる二重構造」と呼んで、注目している。その後、新たに45人の出雲地方人のDNAを調べたが、ほぼ同じ結果が得られたという。

6: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:10:22.58 ID:zpKXDQaz0
>>1
> 現代の日本人と比べると背は低いが、がっしりとしており、彫りの深い顔立ちが特徴だった。

なんか ネアンデルタール人みたいだな

601: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 06:07:28.02 ID:qQ55AuJa0
>>1
おおよそ古事記の通りじゃね

15: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:14:22.49 ID:cRil5Ikc0
> 「縄文人は東南アジアの人たちに近いと思われていたので、驚きでした。
> 核DNAの解析結果が意味するのは、縄文人が東ユーラシアの人びとの中で、遺伝的に大きく異なる集団だということです」
えーと、これ驚くところなんでしょうか?
縄文人が大陸で絶滅した古モンゴロイドの末裔で、
大陸のアジア人種は新モンゴロイドの末裔で遺伝的に大きく異るなんて常識じゃなかったですかね?

503: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 05:49:49.28 ID:bVWpIx210
>>15
どこでお前が目にしたのかは知らんが核DNAの調査で明らかになったのはこれが初めてだろ。

17: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:15:46.42 ID:yCPBpSxp0
興味深い記事だった

32: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:22:39.63 ID:lgkvzORi0
今の日本人は自覚していなくても縄文人>弥生人の潜在意識があるよな
昔は大陸的な平安美人が上だったかもしれないが、今はブス扱いだ

78: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:57:26.60 ID:ljTrNTKO0
>>32
平安貴族の間ではクリッとした目は
「獣の様な目」として忌み嫌われていたらしい

45: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:33:17.93 ID:51QXc+FV0
出雲の旧社家の人が書いた伝承の本によると祖先はインドの古族で
北回りで日本に入り東北を経て南下してきたとあった。
こうした古代伝承を盲信しないまでも真面目に検討すべきと思うが
古事記日本書紀を覆せないという古代史研究の障壁が立ちはだかっている。

ヤマタイ国の謎なども本当は解けているのではないかと思うが
大和朝廷に都合が悪かったことは今も都合が悪いので歴史家には期待できない。
DNA研究とか科学方面から動いてくれることに多少は期待したい。

47: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:36:17.30 ID:LC34H7rf0
縄文人は南との交易ルートを持ったポリネシア人だろ。
その最北端が日本だっただけ。

66: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:51:10.28 ID:SO6CWkFx0
いまでは一万年を超える土器など、海外でも珍しくないが
昔はそんな古い土器は日本の縄文式しかなくてね
日本の土器文化は、それだけ抜きん出て古いものだったのだよ
だから、いくら何でも古すぎる
計器の判断ミスとかも疑われたものだ
まあ、上記のとおり、いまでは海外でもいくらでも発見されているので
もうそういう事は言われなくなっているけどさ
ただ、それでも世界的にみて、きわめて古いのは間違いないな

77: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:56:45.46 ID:SO6CWkFx0
出雲の人がアイヌに近いか
それは面白いね
大和朝廷の初期には出雲王朝に服属していたのではないかとも考えられる
記紀に書かれた国譲りの神話は、それを反映したものと考えられるし
出雲地方からは、これまで発見された銅剣のトータルを上回る数の銅剣が発見されているのだから
かなり力があった王朝があったことは、現在では間違いないと思われている

出雲の人たちが縄文人の流れを組んでいるとするなら
弥生系の人たちの流れが強い畿内の人たちとの間での覇権争いがあった
そういうことも考えられるからな
先住民系の民族と渡来系の戦いってわけだ

79: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:57:53.03 ID:cnlpr3OD0
隠岐の島の島民のDNAを一度調査してみて欲しいな
あそこは大化の改新以前からの国造家の末裔が生き残ってるし、とにかく血が濃い

85: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:01:26.11 ID:cRil5Ikc0
出雲がスサノオの子孫でオオクニヌシ、日本の旧支配者。
今の天皇の子孫が、国譲りとか称して、それを奪い取ったんだっけか。
DNA分布と神話と合致しているみたいだな。

105: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:08:04.65 ID:SO6CWkFx0
数万年前に中央アジアに分布していたと考えられるデニソワ人だが
現代の人たちの遺伝子を調べたところ
アジア系の人たちにデニソワ人由来の遺伝子が受け継がれていることがわかっている
アフリカから西に拡大した人類の一派が中央アジアでデニソワ人と出会い
恐らく対立して抗争を行いながらも、交雑も行ったのだろうな

そしてデニソワ人の遺伝子をもっとも色濃く受け継いでいるのは、彼らの生息域より
もっとも遠いところに現在、住んでいる豪州の先住民のアボリジニーなのだよね

縄文人がアボリジニーと同じグループから別れたとなれば、縄文人もデニソワの血を
ほかの人類より色濃く受け継いでいたことになる
いろいろと想像が巡り面白いですね

132: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:18:38.61 ID:G0Z5Kr/V0
org1416117

133: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:18:58.20 ID:fnKUtu190
平安時代から俘囚といって降参した蝦夷の連中を対馬や北九州の防衛につかせた
という記録があるそうだ。理由はのっぺりとした弥生系の人間は戦闘にまるで役に
立たなかったということだ。

148: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:29:17.56 ID:T5jx1daS0
>>133
それだと役に立たないのっぺり野郎に俘囚が負けたってことになる

155: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:33:18.02 ID:R/vxTwVq0
>>148
のっぺり弥生人は農耕民族で大人数で社会を形成しており武器も発達していた
縄文人は少人数のグループで分散していた

168: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:56:09.83 ID:FsKRJWEV0
関東人の12%が縄文人のDNAって…
残りの88%は何なんだよwwww

234: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:33:40.88 ID:G0Z5Kr/V0
阿部寛は、縄文系か?

262: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:44:07.45 ID:PgUzTYAP0
映画「砂の器」でもキーワードにしてたけど山陰の出雲弁は 
東北のズーズー弁と同じ訛 北前船みたいに船で交流があったのか 
移住したか、のどちらか

284: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:52:24.71 ID:PAAape3m0
北海道にも縄文人ていたのか

285: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:52:57.83 ID:logVB22U0
>>284 
縄文人の遺跡だらけでしょ

200: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:15:20.72 ID:G0Z5Kr/V0
縄文人が南、あるいは西から来たとして、なぜ温かい西日本ではなく、寒い東日本に住んでたのか?

202: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:17:14.56 ID:aMnVMI9i0
>>200
火山が原因
もう7000年前の話だが南九州から東北に逃げて行った
だから東北と南九州は同じ熊襲

208: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:19:37.95 ID:G0Z5Kr/V0
>>202
鬼界カルデラってやつか

210: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:20:59.33 ID:aMnVMI9i0
>>208
そう!
屋久島も火山噴火で丸坊主になった
その後に芽が出て屋久杉に成長している

204: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:18:26.31 ID:3iUVLmT50
>>200
火山で西日本全滅したのと
関東は内陸まで海が入り込んで漁がしやすかったのと
気候の変化で栃の木など食料になる木が東日本のが多かった

216: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:25:04.70 ID:NyAUt2fH0
>>200

縄文時代は今よりもずっと暖かい時期があった。
三内丸山遺跡が栄えた頃は青森県が今の関東くらいの気候。