1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/08(月) 14:27:31.31 ID:CAP_USER9
福井県内の古文書がネットで散逸 バラバラにされオークションに
2018年1月8日 午前11時00分
www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/279480

 福井県内の歴史を伝える多くの古文書が、インターネットのオークションサイトに流出している。福井県史の編さんから最長40年を経過することを受け、県文書館は本年度から5年計画で編さんに使用した古文書の現状を確認する追跡調査に着手。所蔵者の代替わりや引っ越しによる紛失に加え、近年のお宝志向によるネットでの史料散逸も思わぬハードルになりそうだ。

 「福井方面なんかいろいろ出ているようです」。昨年11月末、全国の学芸員や大学教授ら47人でつくる非公開のSNSグループに、京都の歴史研究者から“通報”が入った。グループは5年前に立ち上がり、貴重な史料のネット流出に備えてボランティアでオークションサイトに目を光らせている。

 このとき出品されたのは、坂井市内の旧村にまつわる江戸中期から末期の年貢の記録や借金証文など。歴史的価値はそれほど高くないとされるが、帳簿類と思われる史料がバラバラにされ、数枚千円から大量に売り出されていた。

 古文書の散逸に詳しい国文学研究資料館(東京)の西村慎太郎准教授は「古文書は保存されている旧家や寺院を含め、史料の全容が分かってこそ意義がある。オークションで“輪切り”にされると、もう歴史観を構成できない」と指摘する。歴史ファンが買い求めるだけでなく、飲食店が安価で競り落とした古文書をインテリアとして壁紙の一部にした例もあるという。
 福井県史は1978~98年に編さんされた。その際に調査された史料群は1982件に上り、その9割以上はマイクロフィルムに撮影された上で所蔵者宅や寺院、公民館などで現地保存されている。

 県文書館は本年度から市町教委と連携して所蔵者にアンケートを送り、保存状況などを尋ねる調査に着手した。敦賀市の史料群214件について調べたところ、回答した所蔵者の5%が「残っていない」、31%が「残っているか分からない」とした。県と敦賀市では、さらに電話や訪問で所在確認を進めている。

以下はソース元で
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515389251/
64: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 20:12:50.34 ID:OH9ROh3z0
> 歴史的価値はそれほど高くないとされるが、 

だったら何も問題ないのでは? 
貴重な古文書で騒ぐなら分かるけど

10: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:35:42.09 ID:zlTy1Le90
歴史観とやらがそんな大事なら、あんたらが全部買い上げればいいんだよ。

12: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:38:12.20 ID:Ic3UqDnh0
>>10
ほんまそうやで
個人の土地から出土したもんでもそうだけど
お役所や学者の上から目線で
保護しろアレしろこれしろと法律で規制までかけて
負担は全部個人が背負わされる
いいかげんにそろってかんじ

16: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:52:41.03 ID:LNyzYNF10
>>10
自分も個人でたまにまとめ買いしているが、近世以降の史料だけでも量が膨大すぎるんだよ。
買う以上に管理する費用が人件費も含めて存在しないんだ。
絵画史料なんか欧米だの中国だのアラブだのに流出しているが、ああいうのは中国並みに
国外流出規制をかけるべきだと思っている。
でも日本の学者はロビー活動弱いからな。

13: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:46:01.44 ID:r+Iopx6q0
重文と一緒で殆ど上から言うだけやろ

14: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:49:02.17 ID:U8DR3Wco0
何でバラバラにするんだ?
まとまってた方がオクでも高いし意味不明

72: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 21:01:35.64 ID:UM3SWH/e0
>>14
バラしたほうがトータルで高く売れる場合もある
出品者は纏めて売ってたけど長いこと回転寿司だったからバラしたんだろう

19: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 14:58:27.32 ID:DEkaXFiL0
画像だけ保存しとけばいいだろ、紙の資料はいずれ消滅するだろに

22: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 15:05:48.75 ID:LNyzYNF10
>>19
やはり実物があった方が検証する上でも重要。
図録があるから博物館や美術館は要らないという訳でもない。
世の中広いし実際それくらい無教養な人間もいるかもしれないが、来館する様な人間の大半は実物志向。
分かりやすく情報だけ整理しても、そちらはほぼ素通り。よく知らない実物の前に行列が出来る。

65: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 20:16:47.99 ID:Ix2BAolH0
>>19
今は分からないことが、将来、科学技術が進歩した時に、データだけでなく物体そのものがあることで明らかになることもあるんじゃないかな。
例えば、紙や墨の成分分析とか、遠く離れたA地方とB地方の古文書で共通した特徴が判明後して、交易ルートをたどる手がかりに、なんてこととか。

23: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 15:06:03.48 ID:q77QLnyI0
借金の帳簿とかだろ、今の時代って数年で書類が破棄されるから後世に今の時代を調べたら何も残ってなかったりしてな。

67: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 20:20:03.45 ID:Ix2BAolH0
>>23
今でも、日本の歴史学者は、特に外交や軍事関係だと、日本に文書が無いので、外国の公文書館を調べないと仕事にならない。

日本は公文書を残さないからね。
都合の悪い文書は破棄して隠蔽することで、責任を免れるという役人の悪しき伝統がある。

76: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 21:15:39.31 ID:DFqD0QLU0
>>67
戦時中の艦船の図面でも焼却処分を免れて進駐軍に接収された後に日本側に返還されたところまでは分かっているが
「自称研究家に貸し出した後行方不明」「倉庫で保管中のはずなのにいつの間にか消えてしまった」なんてのが結構あるとか

35: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 15:27:08.93 ID:Ei9wv63Q0
ただ画像だけおいとけばいい問題じゃない
古文書はいつ、だれがなんのために書いたかとかの来歴も重要だし
その保存状態(収納された箱の区分けや場所など)も関係する
よくなんとか文庫とかあるのがそういうのね
それをちゃんと分類、参照できる状態にしてからじゃないと

36: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 15:31:05.52 ID:y897GWo60
まあ帳簿とかそういうのはともかく
能筆家の書状とかそういうのは断簡にして
色紙かなんかに張り付けたりその屏風にしつらえたり
そういうことは伝統文化としてないこともないけどね

ほれ、『へうげもの』にもそんなシーンあったでしょうが

45: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 16:20:17.83 ID:itiFLZv40
図書館の内引きは意外と多いと聞くね
今の図書館員は派遣やパートが多いから

50: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 16:28:44.91 ID:natv4vZq0
自分の所有物を処分して何が悪いと言われればそれまでじゃね
県から保管費用とか出てるわけじゃないんダロ

51: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 16:42:25.87 ID:Z8oQVksK0
そうはいっても窃盗、強奪などしているわけでもないのだろうからしょうがない。
重要視している個人や団体がオークションで買うなり、出品者に交渉してぜんぶ入手するよりない。

63: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 20:08:49.07 ID:i/G1i+JJ0
骨董屋だけどしゃーないわこれ
昔は資料館・美術館が希少性に見合った金額で買い取ってくれたのに
今は「タダで寄付しろ」がほとんどだもん

70: 名無しさん@1周年 2018/01/08(月) 20:33:19.38 ID:vV+Qsp7o0
こういうのは大学院生が現地調査を兼ねて旅行に行って、見つけたら購入して大学で上に吸い上げられている
ホワイトな大学だと研究員として雇っている