1: 泥ン ★ 2018/01/18(木) 19:51:54.76 ID:CAP_USER9
湯迫車塚古墳(岡山市)出土の三角縁神獣鏡の鋸歯文。3面とも型が違う鏡なのに、砥石による仕上げ加工痕が酷似している=鈴木勉氏提供
9 (2)


 三角縁神獣鏡という、古代史の世界で特に目立ってきた鏡がある。鏡の縁の断面が三角形で、神や神獣の図柄をもつ。やっかいな鏡ともいえ、製作地が中国(魏)か日本国内かをめぐり、100年も議論になっている。

 魏鏡説では、倭(わ)国(邪馬台国はその都)の女王卑弥呼の鏡とも呼ばれる。魏志倭人伝によれば、3世紀、卑弥呼は魏に使者を送り、贈り物をもらった。そのリストに「銅鏡百枚」とあり、魏の年号入りの品も含むこの鏡を指すと考えるのだ。

 近畿地方が分布の中心なので邪馬台国畿内説の論拠にもなるが、重大な弱点がある。100枚どころか500枚以上も見つかっている上、肝心の中国から出てこないのだ。「倭の好む鏡を魏が特別につくって贈った。だから中国にはない」とする「特鋳説」があるが、考古学の常道にないアクロバット的学説だろう。

 一方の国産説も決め手に欠けたが、1年前、画期的な新説が現れた。昨年この欄で紹介した「国宝・金印論争」にも登場願った鈴木勉・工芸文化研究所所長の著書「三角縁神獣鏡・同笵(どうはん)(型)鏡論の向こうに」(雄山閣)である。鈴木氏は金工や金石学が専門。物の形や文様の変化を追う考古学とは違い、実験が裏付ける製作技術の観点から製作地に迫った。

 着目したのは、鋳造後の仕上げ作業。三角縁神獣鏡の文様には、三角形が連続する「鋸歯文(きょしもん)」がある。鋸歯文を拡大画像で比較すると、ヤスリや砥石(といし)で磨かれるなど、種々の異なる加工痕が残っていた。加工痕の違いは工房や工人、工具の違いを示すものという。

 そこで、黒塚古墳(奈良県天理市・33面出土)など、三角縁神獣鏡が出土した10以上の古墳を対象に加工痕を比較した。

 結果は簡明。仕上げ加工痕は出土古墳ごとに見事にまとまっていた。

 三角縁神獣鏡では同じ型の鏡が複数存在する。同笵(型)鏡と言い、別々の古墳からも見つかるが、同型同士でも加工痕は古墳によってさまざまだ。一方、出土古墳が同じなら、異なる型の鏡にも同じ仕上げが施されている。つまり加工痕は鏡の型ではなく、出土古墳に規定されているのだ。

 鋳造の最終工程で施される仕上げのまとまり具合から導かれる事実は明らかだ。鏡の製作地は、日本列島内の出土古墳近くということになる。

 その上で鈴木氏は見つかる鏡の少なさなどから、工人が各地の出土古墳近くに定住しているのではなく、大和地域に本拠を置く複数の移動型の工人集団が各地の依頼で現地に出向いて製作する「出吹(でぶ)き」を想定した。

 加工痕の画像という一目瞭然の新手法で国産説を提起した鈴木氏は「(鏡の形や図像、銘文をたどる)系譜論では、製作地問題は絶対に解決しない」と、製作技術に目を向けたがらない考古学の実情に警鐘を鳴らす。

   ■  ■

 対する考古学界の反応がさびしい。1年たっても、村瀬陸・奈良市埋蔵文化財調査センター技術員の書評(「考古学研究253」所収)が目につくくらいだ。

 村瀬氏は「実験あっての結果と、非常にわかりやすい分析方法。研究はネクストステージ(新段階)に入った。(本が)全て正しければ国産になる」と評価する。ただ「加工痕の古墳ごとのまとまりも、製作の時期差が加工痕の違いになった可能性がある」などと、鈴木説にはまだ課題があると考える。一方で「鏡研究者側が疑問点をどんどん出さないと」と、議論が起こりにくい学界の閉鎖体質も指摘した。

 三角縁神獣鏡が国産なら、影響は甚大。考古学では従来、中国渡来の貴重な鏡が列島の中央から各地の首長に下賜・配布されたと考える中央集権的な王権論が主流だ。その鏡が国産で、しかも工人集団が各地に出向いて製作していたとなれば、半世紀以上に及ぶそんな定説的国家観など消し飛んでしまう。

 27歳の若手研究者、村瀬氏に発言を任せておけばいいという問題ではないと思う。【伊藤和史】

毎日新聞 2018年1月18日 東京夕刊
http://mainichi.jp/articles/20180118/dde/018/040/020000c?inb=ra
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516272714/
34: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 00:52:22.18 ID:hhW6uIpC0
>>1
三角縁=国産が定説化したのに、死体蹴りする記事が出たか

へー、仕上げか
着眼点は色々あるんだなあ

4: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:01:09.01 ID:UNjStXyj0
結局のところどっちが有力なのかいまいちわからない
有力な説が出るとそれを覆す説が敵陣から出されそれを覆しての繰り返し?

12: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:19:55.69 ID:85mgnEXR0
>>4
大陸説は大御所が提唱してて、若手は国内説が大半だった。15年前でもそんな感じだったのに大陸説が主流だったのはあからさまに大陸説に反対すると大御所に目をつけられて就職先が厳しくなるから。
だから自然科学系から研究の参入がどんどん起きればいいと思う。風通しが良くなる。

6: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:02:01.76 ID:B/PXUnhc0
青銅器の鏡なんざ放置するとすぐ錆びるだろ
古墳ごとに仕上げや工房がまとまってるのではなく、
古墳ごとに鏡をメンテナンスする職人がいたってことだろ

15: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:36:42.72 ID:/YZSUM3C0
>>6
副葬品だからメンテは無さそうっていう思い込みがあるけど埋葬後も古墳はかなり長期間開かれてて定期的に催事をやってメンテもあったのかもな、目から鱗

8: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:09:39.86 ID:8H271CGE0
古代はあれこれ想像をめぐらすのが楽しい

9: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:11:53.32 ID:ixpxhhxO0
大和あるいは飛鳥朝廷は魏史倭人伝の存在は知らなかっただろうけど邪馬台国や卑弥呼の存在は知っていて自分たちの政治的都合に合うように歴史書の帳尻を書いている気配がある…から邪馬台国問題はそれを遡って解釈すべき。

おれの感じた気配は大和あるいは飛鳥朝廷は邪馬台国を他人事のように扱いながら日本の歴史にはくっ付けようとしているな?…っていう流れかな。

26: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 22:20:05.85 ID:aG1xYjYjO
>>9
当時から魏史倭人伝の存在は知られてたよ。
むしろ今みたいに漫画や本があったわけでなく読み物ってそのぐらいしか無かっただろ。

13: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:22:34.89 ID:tZ+muhCW0
そもそも倭人伝には、鏡としか書いてない

それを

三角縁神獣鏡のことだ

どこで作られたか

と屋根に屋根を重ねる研究。
倭人伝自体はもう、研究しても何も出てこないから
こういうスピンオフの遊びばっかり

16: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 20:52:52.91 ID:/WRD1Jp10
実際には無かった景初四年ってのが
出土した鏡に記してあるのが
国産説の根本なんだよね?

21: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 21:11:52.25 ID:WibF1GbV0
これを思い出した
http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/9385/4/45%29-4.pdf
クーロンの摩擦法則を無視した素人談義
明治以来河野がこの分野に参入するま で,誰もこの誤りを指摘することなく,
先行学説の鵜呑みの継承が続いてきたのである。
「摩擦力の大小は犂床の底面積に比例する」という誤解は,次の大きな誤りを
導くことにな る。つまりここには摩擦力の大小に直接関係する重量の要素が
ふくまれておらず,犂床の底面積 だけで語られているので,清水浩(1953)は「無
床犂は犂床がまったくないので(中略)長床犂に くらべれば非常に牽引抵抗が
少なく」とし,鎌形勲(1979)は「抱持立犂は(中略)犂床がまった くないので(中
略)牽引抵抗が少なく」など重量抜きの議論が繰り返されることになる。

22: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 21:34:52.90 ID:VQW2mJ360
こういうのこそ文系理系の考え方の差、アプローチの違いだと思うんですよね。

30: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 22:59:03.85 ID:mwyaxuv60
青銅器の文化の流れで考えたらいいと思う
青銅器の祭祀をしていたグループが大陸から技術者を招いて、鋳型を持ち込んで、
銅鐸とか作ってた集落で、日本最初の鏡の大量生産をやったんだと思う

国産鏡は卑弥呼以前に出来て、弥生後期の墓から出土してるから

43: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 01:10:58.84 ID:z6ZUz9Lq0
中国から出ない時点でそれもう国産でしょ

53: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 01:48:13.30 ID:C3qzvRyP0
洛陽で発見されてるけど
http://www.wangchao.net.cn/junshi/detail_21001.html

日本語訳は、『博古研究』第33号や『季刊邪馬台国』第95号

60: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 02:47:03.49 ID:7/l10sma0
>>53
懐かしいな
中国人研究者が洛陽近くの骨董屋から手に入れたっていう例のお笑いネタか

入手経緯をすっとばして「洛陽で発見」w

61: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 03:03:48.53 ID:91CJygSE0
>>53
その人は中国のゴッドハンド藤村なんだが

http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/hitori/sanka-china.htm
> 1 今年(2015)の春三月になって、またしても洛陽付近から出土したという由緒不明で怪しげな「三角縁神獣鏡」が話題になっている。
> これを日本で報じたのが朝日新聞(2015年3月2日)で、例の言い方、すなわち、「卑弥呼の鏡」三角縁神獣鏡、
> 「同型を中国で発見」と題する記事が掲載された。研究誌に掲載の論文を書いたのは河南省在住の銅鏡コレクターの王趁意氏で、
> 当該鏡(「伝14鏡」と仮にいう)について
> 「2009年ごろに、当時、洛陽最大の骨董市で、市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けた」と説明しており、
> 正確な出土地点はわからないという。
>
> 2 「王趁意」なる人物には、注意しなければならない前歴がある。彼は、「研究者」と紹介されることもあり、
> 中国銅鏡研究会の理事の一人でもあり、『中国東漢竜虎交媾鏡』(2002年刊。副題が「一个青銅鏡收蔵愛好者的発現」
> 〔一人の青銅鏡收蔵愛好者の発見〕)、『中原蔵鏡聚英』(2011年刊)という著書もあるが、本職を別にもつ
> 古鏡愛好者・マニアといったほうが実態に正確そうである。本格的な学究と受けとめるには、問題があろう。
>
> 3 実は、2006年末ごろに王趁意氏が絡む洛陽付近出土という「三角縁神獣鏡」が問題になったことがある。
> このときの鏡(「伝06鏡」と仮にいう)についての状況報告は、安本美典氏により『季刊邪馬台国』第95号(2007年6月刊)に
> 詳細に記述されており、安本氏も岡村秀典氏(京大教授)も、これが日本出土の三角縁神獣鏡とは異なるものと評価されている。
> このときも、中国では陜西師範大学の張ボウ鎔氏が『中国文物報』(2006年12月22日刊。国家文物局が週2回、出版する雑誌)の
> 「試論洛陽発現的三角縁神獣鏡」という論考(日本語訳が『博古研究』第33号や『季刊邪馬台国』第95号に掲載)で、
> 日本で出土した三角縁神獣鏡の形態に最も近いと判断された。
> この『中国文物報』の同年11月15日刊では、当の王趁意氏による「同向式三角縁神獣鏡」という記事が先行しており
> (このときも朝日新聞が2007年1月24日付けで、同じ塚本和人記者が報じたが、「疑問も」という標題がついてあった)、
> この鏡が王趁意氏所有とされる。
> これも、出土や入手の経緯は明確にされない。その3年後に異なる大きさ(伝06鏡は直径が21.5センチで、
> 今回の伝14鏡は18.3センチ)で、異なる銘文(伝06鏡は「吾作明竟幽三商……」、伝14鏡は「吾作明竟真大好……」)をもつ、
> 今回の鏡を入手し、それが王趁意氏によって、なぜか入手6年後も経ってから論考(『中原文物』2014年6期〔12月号〕に
> 「洛陽三角縁神獣鏡笠松紋神獣鏡初探」という標題)が発表されたということになる。
>  中国では、まだ発見されていないとされる三角縁神獣鏡らしき鏡が、なぜか特定の古鏡愛好者のもとで2枚も見つかり、
> それが発表されては大騒ぎをする。これは、はたして偶然なのか、古鏡愛好者の熱意(5年の歳月をかけて
> 中国の大半を歩き回ったという)のなせる業なのか。
> 伝14鏡も伝06鏡も、ともに実際の発掘調査で見つかった鏡ではなく、入手経緯などはまるで曖昧にされたままである。
> だから、洛陽付近で出土したというのも、王趁意氏の言い分にすぎず、まったくの証拠がないから、
> この言い分を鵜呑みすることには学問的に大きな疑問がある。

62: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 03:16:41.42 ID:7/l10sma0
>>61
ゴッドハンド扱いはさすがに失礼

お笑い入手経緯を素直に告白してる分
ゴッドハンドよりかは数段誠実だぜ

54: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 01:54:22.13 ID:C3qzvRyP0
中国で三角縁神獣鏡が次々と出現しているとの内容だが、日本の専門家の判断では
これは三角縁神獣鏡ではないとうことになっている。

63: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 03:37:23.59 ID:n2Q3vN5K0
皆の衆、古代鏡の表を側を見せて貰ったことあるか?
何処の博物館に行っても裏ばっかりでピカピカに磨いた表側を見たことが無い
裏の三角縁神獣なんか見たって鏡の意味がない

65: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 04:01:08.70 ID:C3qzvRyP0
>>63
佐倉の国立歴史民俗博物館だと、裏がまだ鏡面状態のものの両面を見ることが出来るようになっている。

展示ケースの中に、展示物の裏側に、現代の鏡を置くという手法だけど、もう三十年以上前からだよ。

64: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 03:56:41.54 ID:lYy5E9nT0
鏡なんて権威の象徴&崇拝対象として各地の王に贈られるものだから、そりゃ国産コピー品を作って配るだろ

66: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 04:06:33.99 ID:C3qzvRyP0
今調べたらもっと分かりやすい展示もある。
015

67: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 04:09:41.55 ID:C3qzvRyP0
現在の佐倉の展示はこうですね。
P1360722

68: 名無しさん@1周年 2018/01/19(金) 04:11:40.44 ID:XWrJ9NI70
当時の流行だったのか