img101

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:25:50 ID:Ifz
1 中 ガバガバ過ぎる戦果確認
2 二 現地で独断専行して出世する→部下が独断専行するのを止められないのループ
3 遊 生きてるうちは酷使しまくる癖に死ねば一転して英霊扱い
4 左 誰もどうやってこの戦争を終わらせるか考えてない
5 一 真っ先に逃げ出す上層部
6 三 東條のお気に入り(一夕会系)だと何やらかしても軍法会議にかけられない
7 捕 一度でも成功すると作戦の神様扱いされて神格化する
8 右 食糧は現地調達のみが常態化する
9 投 陸海軍互いに相争い、余力を以って米英に当たる
2: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:28:08 ID:Ifz
控え
一時的に左遷されても気がつけばまた出世してる
中央のヤベー奴を関東軍に放り込んだらもっとヤバいことをやらかす
政治介入は当たり前
軍票ばらまいて占領地の経済を破壊する

34: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:43:26 ID:GNF
>>2
軍票はほんまひで これのせいで戦後東南アジアが反日になってたし
36: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:43:52 ID:1bu
解説してクレメンス

48: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:48:56 ID:Ifz
>>36
1 中 ガバガバ過ぎる戦果確認
→台湾沖航空戦がレジェンド
2 二 現地で独断専行して出世する→部下が独断専行するのを止められないのループ
満州事変やった石原莞爾→支那事変やった武藤章・田中新一→東條英機のループがある
3 遊 生きてるうちは酷使しまくる癖に死ねば一転して英霊扱い
4 左 誰もどうやってこの戦争を終わらせるか考えてない
解説いる?
5 一 真っ先に逃げ出す上層部
富永恭次とか木村兵太郎とか牟田口とか
6 三 東條のお気に入り(一夕会系)だと何やらかしても軍法会議にかけられない
三奸四愚が東條英機の腰巾着として有名
牟田口くんも一夕会派閥やったから許された
7 捕 一度でも成功すると作戦の神様扱いされて神格化する
辻政信・神重徳
8 右 食糧は現地調達のみが常態化する
チャーチル給与:補給の途絶したインパール作戦でイギリス軍がパラシュートで落としてきた食料を命がけで奪い合う
9 投 陸海軍互いに相争い、余力を以って米英に当たる
これも解説要らんと思うのやが

3: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:28:12 ID:Qn0
日本軍嫌いなのは分かるが偏向しとるとは気づかんのやろうなあ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:28:30 ID:Ifz
>>3
一応どれも実例あるで

4: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:28:20 ID:GCT
半分くらいは他の国の軍でもありそう

6: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:29:15 ID:Ifz
議論ふっかけてくるのが面倒なので捕虜虐待・虐殺・強制徴用系は抜いた

7: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:29:34 ID:8Pm
部下に処刑を強要がない

良いところもあると思うからいくつか挙げてみて

12: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:31:38 ID:Ifz
>>7
一部の有能を挙げてもええけど一般化がなぁ…
今村均とか八原博通とか栗林忠道とか堀栄三とか

9: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:29:51 ID:mWO
今の日本の会社と変わらない

11: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:31:27 ID:4aY
9番すき

14: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:32:07 ID:9vK
ゴリゴリの封建社会からまだ70年くらいしか経ってなかったのでしゃーない

15: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:32:14 ID:d43
石原莞爾「よし!ワイは許されたな!」

18: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:34:17 ID:8Pm
>>15
あんたは賛否両論あるけど、影響与えた信奉者がクズだらけやんけ
辻政信、服部卓四郎、花谷正

19: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:35:11 ID:Ifz
中央の命令無視しても戦果()を上げれば出世するし誰も咎めない

そもそも張作霖爆殺事件を裁けなかった時点でヤバかったなぁ

33: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:41:59 ID:9vl
>>19
美保関事件とかいう無灯火危険運転で事故ったのに無罪になるクソ事件
しかも無罪にされた奴が後に粛清人事をして良識派を追い出す模様

20: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:36:36 ID:Ifz
誰や旧日本軍の軍規が厳しいとか言った奴

命令無視と独断専行のオンパレードやんけ!

24: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:39:12 ID:9vl
ワイ「おー、この兵器スペックええやん、活躍したんやろなぁ」

量産計画が立てられるも生産が追いつかなかった
少数生産されたものも本土決戦のため温存され前線で使用されることはなかった

うーんこの

35: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:43:41 ID:wVt
宇垣纒さんは許されたようだな

38: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:44:34 ID:Zmg
一発デカイの当てたらええ条件で講和できるやろの精神でずるずる戦争するのアホすぎやろ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:45:16 ID:9vl
>>38
支那事変なんか2ヶ月あれば片付くからへーきへーき

40: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:45:44 ID:8Pm
>>39
2ヶ月で片付きましたか…?

41: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:46:10 ID:9vl
>>40
支那は奥地が広いから・・・(震え声)

42: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:46:20 ID:Zmg
>>41
なお太平洋

46: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:48:29 ID:8Pm
>>42
この逸話すこ

43: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:46:45 ID:F20
現地に弾薬はあるにはあるが種類バラバラで結局弾薬不足も入れてあげて

58: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:51:51 ID:0pN
大体陸海軍の予算争いに巻き込まれた300万人の
国民が可愛そうだよな?
中国兵は一目散に逃げたとか何とか日本兵つえぇぇしたがってる奴もいるけど損耗を抑えて消耗戦を強いる
ゲリラ戦の典型も知らん馬鹿ばっかりだしな

65: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:53:59 ID:8Pm
>>58
あの頃は国民も戦争推進派
「マスゴミのせいでー」とか「軍部の暴走でー」とか言われとるが一番戦争を望んだのは日清日露で調子こいた国民やったで

69: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:54:48 ID:Ifz
>>65
まあ軍部がマスコミ煽った面もあるしマスコミが売らんかな主義になったのも事実やから

75: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:55:51 ID:GNF
>>69
反戦記事書くと最低でも不買運動 最悪襲われるからしかたないね

78: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:56:48 ID:Ifz
>>75
菊竹六鼓や桐生悠々レベルじゃないと信念貫けんからなぁ

81: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:58:53 ID:9vl
>>69
マスコミでもマトモな人らもいたんやで
でもそういう反軍記事やマジレス記事書くと、在郷軍人会を中心に不買運動やクビにしろ運動がされてたんやで

例を挙げるなら桐生悠々とか
「関東防空演習とかやっとるけど、首都に空襲許した時点で負けや」
「灯火管制もレーダーが進化してるんやから無意味やぞ、やめろ」
とか書いたらクビになった

71: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:55:26 ID:OA2
>>65
さすがにみんな英米の国力はわかってるし、
真珠湾直後は中国と戦争しながら英米と戦争ってどうなんって感じやった
でもその後の連戦連勝で国民も調子づいてしまった
みたいなこと聞いた

160: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:26:34 ID:q5w
当時の軍部に真っ向から反軍演説ブチかました斎藤隆夫とかいう漢

162: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:27:06 ID:U8D
>>160
軍部「あいつならしゃーない、それくらいは言う」

163: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:27:16 ID:9vl
>>160
ネズミの殿様すこ

164: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:27:17 ID:hsL
>>160
腹切り問答やった浜田国松も数えて差し上げろ

82: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:59:01 ID:0pN
逆に日本軍の良かったところはどこだろうな?
植民地の人間を訓練したことかな?
独立の原動力になっただろうしな?
それで恩着せがましくするのはおかしいが

84: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:00:22 ID:Ifz
>>82
それインドネシアくらいしかないんじゃないの

93: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:02:44 ID:0pN
>>84
日本軍出身の独立運動家は結構多い
東南アジアにかけて複数いたはず

98: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:03:44 ID:Ifz
>>93
あ、日本軍が現地人を組織して軍隊にしてそれが今の国軍の母体になってるの

85: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:00:32 ID:GNF
>>82
植民地兵を一番訓練させてたのはイギリスやで 桁が違う

96: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:03:30 ID:z7c
>>85
1900年代からインドやオーストラリア出身兵をガッツリ対外派兵してたしな

87: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:00:48 ID:OA2
>>82
ブーゲンビルでは現地人と仲良くして農業やって飢えを凌いだ
白人連中は現地人を人間扱いせんかった
まあ、別に差別意識の話だけじゃなくてそこまで切羽詰ってたんやろけどね

95: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:03:21 ID:8Pm
>>82
いい軍政を敷けたところはな今村中将がいたジャワ島とか

フィリピンとか陸戦隊が山下将軍の言うこと聞かずマニラで市街戦やりたがったせいで最悪やったみたいやね

99: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:04:01 ID:mrK
そもそも重要な資源地帯は自国の領土に編入して独立させるつもりはなかったってのがね
まあ帝国主義を掲げる国の一つとしては間違ってないと思うけど

83: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)21:59:06 ID:Ifz
海軍「世界最大の海軍のアメリカ海軍に対抗できる海軍作る」
陸軍「世界最大の陸軍のソ連陸軍に対抗できる陸軍作る」

なぜ誰もおかしいとは思わなかったのか

まぁ軍縮すると高橋是清みたいに暗殺されるからね

86: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:00:39 ID:9vl
>>83
そういや宇垣一成は軍縮したのに生きてんな

89: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:01:36 ID:GNF
>>86
なお軍部に嫌われて首相になってもすぐさま倒閣運動が起きる模様

102: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:06:31 ID:Ifz
>>86
宇垣「陸軍近代化したいのに関東大震災後でカネがあらへん…

おまけに国民も大正デモクラシーで軍縮したがっとる

しゃーない、人員整理してその金を近代化の予算に回したろ

そうすりゃ実質的な予算減もほぼないやろ」

陸軍「何やあいつ 絶対に総理にはさせんわ」

115: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:09:52 ID:q5w

1(三)ソ連軍の戦車や武器・弾薬を鹵獲して戦う。本当に何でも鹵獲する。
2(右)小学校の校長先生が将軍になり、連戦連勝する
3(一)道に迷ったソ連軍戦車隊に1兵士が道を案内→もちろん全滅
4(指)シモ・ヘイヘ伝説
5(遊)共産主義者も多くがフィンランド軍に入りソ連と戦う
6(捕)リュティ大統領、ドイツから支援を受けるために自分の名前だけサインする→国としてサインしてないとして、連合国と単独講和可能にさせる
7(左)1旅団で4師団と戦い、戦線を維持する
8(中)ソ連兵に紛れて配給に「部隊全員分」を要求し、そのままバケツいっぱいのシチューを何食わぬ顔で持って帰ってくる
9(二)ソ連と講和後、駐在するドイツ軍と阿吽の呼吸で一時期までは戦っているように見せかけて、ソ連やナチス、そして全世界をペテンにかける

117: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:10:32 ID:Ifz
>>115
日本とフィンランド、どこで差がついたのか
民度・政治家の違い

121: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:12:17 ID:mrK
>>117
ギリギリのところで綱渡りをしてきたたくましい小国と慢心した大国の差やろなあ

129: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:15:20 ID:9vl
>>121
明治で「ワイらは大国の息ひとつで吹き飛ぶ小国や!必死で追いつくで!」
からの大正・昭和初期の「ここまでの大国になったんやし安心や、余裕かますで」感はすごい

125: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:13:42 ID:GNF
>>117
まあフィンランドと列強の一角の日本を比べるにはいろいろと前提条件が違うし

127: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:14:28 ID:hsL
>>125
結局列強の一角って思い上がったのが一番の敗因なのでは

133: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:18:02 ID:l5W
いい影響もあったけど上層部が腐っていたことで結局賛否両論の日本軍

140: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:19:50 ID:hsL
>>133
いや、現場も大概やろ
あと東条英機のせいで多田駿が更迭されたのが痛い

143: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:21:04 ID:9vl
>>133
マトモなのは艦隊派・条約派争いや皇道派・統制派争いで軒並み予備役送りにされたのもデカイ
良識派残ってれば対米戦回避ワンチャンあったぞ

199: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:40:42 ID:nSx
太平洋戦争で日本があかんかったんって
欧米が第一次で痛い目見たのをを日本は経験出来てなかったってのあるよな

205: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:42:34 ID:9vl
>>199
むしろ第一次世界大戦の西部戦線が異常すぎるんだよなあ

222: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:46:17 ID:mrK
>>205
1日の戦いで日露戦争で使ったぶんの砲弾を撃ち尽くしたとか今でも戦場が不毛の地と化しているとか正しく近代ヨーロッパの総力を尽くした感じよな

241: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:49:28 ID:0pN
>>229
あの人数がほぼ兵士のみの死者ってのがヤバイよな
第二次世界大戦は兵士もだけど民衆の死者も大きいし

227: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:47:07 ID:hsL
>>222
国家総力戦ヤバいンゴ、せや!満州切り取って支那を屈服させて国力付けたろ!
なお

208: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:43:09 ID:0Ov
軍上層部「負けたら腹切ればええだけやしヘーキヘーキ」

209: ◆/UNKO/LLI2 2018/01/28(日)22:43:26 ID:DJU
「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありません。
司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚としての責任上、
一応形式的にも止めないわけには参りません、司令官としての責任を、真実感じておられるなら、
黙って腹を切って下さい。誰も邪魔したり止めたり致しません。心置きなく腹を切って下さい。
今回の作戦(失敗)はそれだけの価値があります」

213: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:44:12 ID:8Pm
>>209
なお、切腹しない模様

236: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:48:47 ID:U8D
??「停戦も和平も考えておくべきだと思う」
東條「勝っているのに水を差すな!」

なお負けてからも似たようなことを言い阻止する模様

246: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:51:01 ID:PdP
>>236
ギャンブルで止まらなくなった人間の思考ってこんな感じだよな

250: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:52:14 ID:9vl
>>246
恋愛は戦争のようなものだ
始めるのは簡単だが、止めるのは難しい

ヘンリー・ルイス・メンケン

258: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:54:47 ID:q5w
これは天才の発想ですわ
tumblr_inline_n1lswu9a4E1sau7p3

260: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:55:24 ID:WVA
>>258
なにわろてんねん

248: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:51:55 ID:l5W
統制派が権力握ってなかったら戦争による被害とか抑えられたんかなぁ…

252: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:52:40 ID:hsL
>>248
あの頃の陸軍派閥調べると統制派も皇道派もろくでなし
結局長州閥がナンバーワンに行き着く

278: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:00:00 ID:l5W
>>252
そうなんか
東條もメリケンと戦う以外手段無かったとか聞くしな
でも自決するなら頭ぶち抜くべきだったわ

282: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:00:58 ID:hsL
>>278
なおそこまで追い込んだのが陸軍次官や陸軍大臣やってた頃の自分のせいでもある模様

因果は巡るって本当やね

254: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)22:53:11 ID:WVA
>>248
衆愚が戦争ノリノリやったし戦争反対なんて面倒なこと誰も言い出したくないから結局同じやで

286: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:03:10 ID:35H
逆に旧日本軍の名将で打線組んだりできないんか
ポジティブに考えようや

292: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:06:19 ID:hsL
>>286
堀栄三
八原博通
中川州男
栗林忠道
山下奉文
今村均
宮崎繁三郎
樋口季一郎

陸軍だとこのくらいは思いついたけど将官じゃないのも混ざっとる

海軍は知らん

298: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:08:58 ID:hsL
>>295
あー根本博忘れてた

でも沖縄戦をコーディネートしたのは牛島満大将よりも八原博通高級参謀だと思うの

293: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:06:41 ID:9vl
>>292
海軍は松田千秋、木村昌福、森下信衛、田中頼三は入るやろな

309: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:21:25 ID:35H
>>293
【悲報】ワイにわか、宮崎今村根元栗林辺りしかエピソードを知らない
ダメみたいですね…

317: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:27:01 ID:hsL
>>309
堀栄三:マッカーサーの作戦を読みまくる 対米線の島嶼防衛マニュアルを作る
八原博通:沖縄戦の高級参謀で、反斜面陣地を作り米軍の火力に対抗 周りに足を引っ張られながらも敵軍の司令官を戦士させる
中川州男:ペリリューの戦いの司令官
山下奉文:マレー電撃戦の指揮官
樋口季一郎:占守島・樺太防衛戦を指揮する
牛島満:沖縄戦の司令官

ちなみに堀栄三が島嶼防衛マニュアル「敵軍戦法早わかり」を作ってから一気に米軍が手こずるようになってる

324: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:40:47 ID:9vl
>>309
松田千秋:戦艦で航空機の爆撃は全て回避可能だと豪語し、実戦でやってのけたやべーやつ
特に戦争末期でも輸送作戦を損失艦ゼロで成し遂げたことでアメリカからも評価が高い
真珠湾攻撃を酷評、ミッドウェー海戦を事前に負けると断言していた

木村昌福:戦争末期にキスカ島撤退作戦を完全に成功させた、これだけで十分やと思う
インド洋での通商破壊作戦でも敵艦の乗組員が全員退去するのを待つなど人柄もよく、部下からも信頼されていた

森下信衛:レイテ沖海戦での大和艦長、神がかりな操艦で魚雷を回避しまくった
大和特攻時には沈む大和と運命を共にしようとした部下を説教し鉄拳制裁、脱出させる
部下からもまるで親父のような人だったと慕われた

田中頼三:生粋の駆逐艦乗りで、この人がいなければ日本の輸送は成り立たなかった
ドラム缶輸送していたルンガ沖夜戦で大立ち回り、上層部からは評価されるどころか左遷される
日本よりはアメリカ側からの評価が高い名将

325: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:42:40 ID:hsL
>>324
結局陸軍も海軍も有能は前線で人知れず頑張るけど上層部には認められないんやなあ

331: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:50:23 ID:9vl
>>325
上層部にもマトモな人らはおったんやで
大角人事の頃に全員排除されたけどな!
谷口尚真とか百武源吾とか中村良三とか・・・

大角、加藤と伏見宮、東郷は絶許

332: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:52:22 ID:hsL
>>331
堀悌吉とかもな
日本軍とかいう左遷ガチャするたびに無能が排出される糞仕様

有能も一杯持ってきたソ連軍粛清ガチャをみならって、どうぞ

333: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:54:02 ID:9vl
>>332
山梨勝之進もそうやな・・・
山梨さんは後で学習院の院長になれたからまだ恵まれてる方やけど

330: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)23:47:20 ID:8Pm
>>324
田中頼三を弱将扱いする無能海軍