1: すらいむ ★ 2018/03/09(金) 19:29:15.75 ID:CAP_USER9
10万~20万枚の埋蔵銭発見 埼玉・蓮田、1つのかめからは国内最大級

 埼玉県埋蔵文化財調査事業団は9日、昨年12月25日に同県蓮田市黒浜の「新井堀の内遺跡」で、かめに入った埋蔵銭を発見したと発表した。
 かめの大きさから10万~20万枚の古銭が入っていると推定。
 1つのかめの中から出土した古銭の量としては、過去に神奈川県鎌倉市で出土した約18万枚を抜き、国内最大の量となる可能性があるという。

 新井堀の内遺跡は中世の武家館跡として知られ、事業団は昨年10月に県道の建設工事に伴う発掘調査を行っていた。

 事業団によると、かめの上面から中国の唐の時代の「開元通宝」(初鋳年621年)や明の時代の「永楽通宝」(初鋳年1408年)など19種類の古銭を確認。埋設時期は永楽通宝が多く入っていることから、15世紀以降とした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
e340e2815072d89f6531ebfa5fdfe5b1_1520637981_1
産経新聞 3/9(金) 18:19
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000561-san-cul
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520591355/
33: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:43:27.01 ID:36xE3BMF0
>>1
貨幣局かなんかの跡???

6: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:31:33.62 ID:hJQlMACx0
古銭の市場価格が大暴落w

14: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:34:22.31 ID:We+TmpVV0
>>6
銅貨の古銭なんて状態良くても元々500円とかそんなもんやで

12: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:34:00.44 ID:4/4qxCRa0
>>6
ほとんどの物が10円以下だそうだ 

85: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:45:01.44 ID:WpYadT2M0
かんえい通宝を売りにいったら 
買取価格1枚5円だったわ

7: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:32:04.77 ID:We+TmpVV0
小判の埋蔵壺もどこかにある、よなあ
ヨーロッパじゃ古代ローマ帝国の金貨の埋蔵壺とか
たまに発見されるよね

15: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:34:53.69 ID:c16Y/Dly0
ずいぶん貯め込んでたなぁwww

27: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:41:13.62 ID:dGnImL1b0
戦国時代の関東には偽金作りの一大拠点があったらしいね

58: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:11:37.97 ID:xTfzMqWl0
>>27
江戸時代なんて天領以外のほとんどの藩で作ってたしそんなもんさ

37: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:45:54.12 ID:Op1k22X/0
こんだけ溢れたら価値暴落するん?

93: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 21:00:02.20 ID:/W9MXkCH0
>>37
この手のは博物館送りだから古銭市場に影響しない

46: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:53:40.19 ID:tgwzSMoD0
埋めた人が急逝して誰も知らないまま忘れ去られてたのか
何か天災にでも見舞われて埋もれてしまってたのか
歴史的なロマンがあるね

49: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:00:42.88 ID:B/3vGMQX0
なんで中国のコインなんか持ってたの?

62: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:15:40.83 ID:domsb1JM0
>>49
鎌倉から室町時代は中国銭が日本国内でメインで使われてたろうが 朝廷が力を失い、経済に疎い武家政権になって
流通通貨は輸入に頼ってた まあ、日本でもそれらを真似て私鋳する有力者とかいたが

45: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:53:10.65 ID:esEXsMz9O
山陰の戦国大名は中国の銭を海外貿易で使い、溜め込んでいた 
戦国の最中にその銭にレートを見誤って、大きく国力を落としたのが尼子

69: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:23:27.38 ID:lunHWhIa0
一貫文が銭1000枚だから20万枚とすれば200貫文
北条早雲(伊勢新九郎盛時)の父親で室町幕府の申次衆だった盛定は荏原荘の半分を領していて貫高は300貫文

多分出陣する時の軍資金として貯めておいたものなんだろうけど、当時としても相当の大金だったわけだ

48: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:59:39.81 ID:vqXpndTl0
小判に両替すると25から30両ってとこか 
そうしたらまぁ汚れが激しいとして大体一枚20万 
今の価値で500万ぐらいか 
当時の価値なら200万ぐらいかな

71: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:29:04.95 ID:BYWyVVOy0
かけ蕎麦が16文
1万杯分なので500万円くらい

84: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:42:58.17 ID:lunHWhIa0
>>71
室町時代は江戸時代後期に比べて貨幣の流通量が少なかったから1文銭の価値がかなり高いよ
地域や時代によって違うけど一貫文(1000枚)を1~2石と換算すれば20万枚=200貫文は200~400石相当なので現代の円換算だと1000万単位にはなるだろう

74: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:32:10.31 ID:lunHWhIa0
ちなみに遺跡名の「「新井堀の内」というのは字(あざ)の名前で、中世の武士の居館は堀で囲まれているものが多かったので当時から「堀の内」と呼ばれたもの
中世の居館は平地にあったのでその後田畑になったり寺社になったりで原型をとどめているものは少ないけどこうして地名として残っている場合もあるので発見の手がかりになる
「堀の内」の他にも「館」「盾」「立」など「たて」や「たち」)のつく地名や「築地(館を囲む土塁)」が付く地名には居館があった可能性が高い

86: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:47:09.62 ID:3To1Vqa70
>新井堀の内遺跡

岩付城主太田資正の家臣野口多門の居館らしい

87: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:51:21.26 ID:ZFURM7mo0
 野口多門 (?~?)
岩槻太田家臣。永禄七年、太田資正が追放されると竹内伊織と共に帰農した。

105: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 22:34:24.78 ID:C7C/B6Uc0
開源通宝も永楽通宝も調べたら支那の貨幣みたいだけど、貿易でもやってたんか?
どうせなら小判の方が価値があるのにな。金だし。

貿易商の屋敷跡からドル札が大量に出てきたようなもんだな。なんで換金しなかったかというと、次の貿易のために貯めてたんだろうか。
つまり、屋敷の主は海で遭難した可能性が高いということか?

112: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:53:17.93 ID:6z51PVh70
>>105
15世紀に小判は無いでしょ

117: 名無しさん@1周年 2018/03/10(土) 00:38:22.41 ID:xTSkXsphO
>>105
江戸時代に徳川幕府が寛永通宝鋳造するまで、中国から輸入した渡来銭使ってた
奈良・平安時代には朝廷が鋳造してたが、銅が枯渇して輸入銭を使うようになった
織田信長の旗も輸入銭の永楽通宝

118: 名無しさん@1周年 2018/03/10(土) 00:38:27.03 ID:JjQ//tNw0
>>105
平安時代の途中から日本国内では朝廷が貨幣鋳造をやらなくなった。
これは貨幣鋳造を始めた奈良時代からどうにか流通させようとアレコレしてきたが中々効果がなく、そうこうしているうちに
荘園制に移行して皇室と朝廷の経済力が落ち史書編纂をはじめとした継続性のある国家事業が滞ったためである。
しかし、貨幣鋳造をやらなくなった後で国内の経済が規模を拡大しながら取引が広域化し貨幣を必要としだした。
国内に十分な貨幣がなく朝廷もやる気が無いので、宋との交易で得た宋銭を国内で流通させるようになった。
これは中央政府が経済的に強くなる豊臣政権になるまで続いた。
戦乱の世の中においては、地方の豪族や商人などは、貯めた銭を埋めて万が一に備えた。
>>1はそうしたものが一族滅亡などで忘れられてしまったものだろう。

106: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 22:37:54.52 ID:m5C43+Ek0
まあ戦国時代は貫高制だから古銭ぐらい埋めただろうが、10万枚100貫ぐらいなら1000万円ぐらい?
現代でもゴミ集積所からそれぐらいの現金はたまに出るなw

109: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:30:43.71 ID:sSo13RJp0
銭形平次が20万回できるな
一生かかっても見きれない