1: ガーディス ★ 2018/04/08(日) 15:57:15.17 ID:CAP_USER9
国家を揺るがす事件の闇に、将軍が自ら迫る――。時代劇でも小説でもない、江戸初期の実話だ。徳川3代将軍・家光が直々に“証人喚問”し、解明を試みたのは、約30年にわたって秘密裡(り)に行われていた「公文書書き換え」事件。それも、豊臣秀吉の朝鮮出兵で断交した日朝間の国交回復をめぐる文書の改ざんという歴史的不祥事だった。

 森友学園への国有地取引に関する財務省の決裁文書の改ざんが大きな問題となっている。私がキャスターを務める「深層NEWS」でも、この問題を何度も取り上げた。「省庁の中の省庁」が、歴史の証しでもある公文書を改ざんして国会を欺いた。元財務官僚の片山さつき参議院議員が「財務省がこれをやってはおしまいだ」と嘆いたのは当然だ。

 与野党が「前代未聞の歴史的犯罪だ」と財務省を非難するのを聞いて、過去にも公文書の改ざんが大問題になったことはなかったのか調べてみたら、あった。江戸時代に公文書中の公文書である「国書」の書き換えが発覚し、3代将軍・徳川家光(1604~51)が、諸大名を列席させて、じかに“証人喚問”まで行っていた。事件の名を「柳川一件(やながわいっけん)」という。

 慶応大名誉教授の田代和生(かずい)さんは、この事件の顛末(てんまつ)を詳細に調べ上げ、『書き替えられた国書』(中公新書)にまとめている。この本をもとに事件の経緯をたどってみよう。
historical_book_007_small
 豊臣秀吉(1537~98)の2度にわたる朝鮮出兵(文禄・慶長の役)で朝鮮は大きな損害を受け、日本の撤兵後も日本と李氏朝鮮との国交は断絶したままだった。古くから日朝貿易で利益を得ていた対馬の宗義智(そうよしとし)(1568~1615)は独自のルートで国交回復を模索し、1605年(慶長10年)には朝鮮から対馬に来ていた外交僧らを徳川家康(1543~1616)・秀忠(1579~1632)父子と会見させることに成功した。

◆朝鮮側が突きつけた難題

 家康から「交渉を進めよ」とのお墨付きを得て義智は事前交渉を加速させたが、途中で難題が持ち上がった。国交回復に不可欠な国書の交換について、朝鮮側が「日本側から先に出せ」と求めてきたのだ。

 先に国書を差し出すことは相手への恭順を意味するから、家康が呑(の)んでくれるかどうかわからない。しかし、「朝鮮側が先だ」と押し返せば交渉は長期化し、「では、宛名は誰にすればいいのか」と問われる恐れもあった。このころはまだ大坂に豊臣秀頼(1593~1615)がいた。朝鮮側が「交渉相手は出兵を決めた秀吉の遺児・秀頼だ」とでも主張してきたら、交渉はご破算になるかもしれない。

困った対馬藩は、「歴史的犯罪」に走った。朝鮮側の要求を幕府に内密にしたまま、偽の国書をでっち上げたのだ。

 朝鮮側の記録によると、偽国書には朝鮮出兵に対する謝罪と講和への希望が書かれ、家康の名前と「日本国王」の印が押されていた。この国王印は、文禄の役の和平交渉のため来日した明の使節が秀吉に押させようと持参し、交渉が決裂して放り出していったものだったという。

 日本国王を名乗ることは、明(中国)と君臣(冊封)関係を結んで明の臣下になることを意味する。それを知った秀吉は激怒し、交渉は決裂して再度の出兵(慶長の役)となるのだが、すでに明と冊封関係にある朝鮮は、その後も日本がこの呼称を使うことを望んでいた。偽国書は幕府と朝鮮王朝の意向を幾重にも忖度(そんたく)して作成されたわけだ。

 国書を受け取った朝鮮側は、返書を持たせた「回答使」を日本に派遣した。回答使は「通信使」と偽ってごまかしたが、持参したのは返書だから、書き出しは「奉復(拝復)」で、日本が示した謝罪と講和の意向を聞き入れるという内容だった。このまま幕府に渡せば、最初の国書偽造がばれてしまう。

 そこで対馬藩は、今度は朝鮮国王の印鑑を偽造し、「奉復」を「奉書(拝啓)」に書き換えた朝鮮国書をでっち上げた。ついでに朝鮮から将軍への献上品を記した目録(別幅(べっぷく))も改ざんして、虎皮や朝鮮人参の数を追加した。『柳川記』によると、偽国書は将軍と回答使が謁見する当日、義智の重臣だった柳川智永(?~1613)が、すきを見て江戸城内ですり替えたという。


続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00010000-yomonline-life&p=1
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523170635/
11: 名無しさん@1周年 2018/04/08(日) 16:10:24.49 ID:E3gBhr1n0
対馬の役人が明の属国の朝鮮王朝を忖度して勝手に将軍の肩書を国王に書き換えたやつねw

19: 名無しさん@1周年 2018/04/08(日) 16:17:50.93 ID:k+2+zMKn0
これって確か対馬藩の家老かなんかがゆすりネタとして自らが自立・立藩する用な話だったとw

25: (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT 2018/04/08(日) 16:31:29.00 ID:0JdTHETK0
江戸時代初期まで遡らなくても、幕末の岩倉具視や大久保利通の勅命偽造の方がアレなんだけども・・・
(´・ω・`)

29: 名無しさん@1周年 2018/04/08(日) 16:37:51.50 ID:/wKWD92x0
ほう、この話は初めて知った
だから朝鮮はやたら通信使を押すのか
自分たちの勝ちだと思ってるわけだからな

67: 名無しさん@1周年 2018/04/08(日) 21:46:29.88 ID:ffJXKgWb0
時局便乗記事。 

日本史好きには周知の大事件。 
江戸時代の事件としては超大型。 

日本の外国への公式窓口がオランダ出島「オランダ風説書」だけではなく 
朝鮮通信使だったことは知られていなかったが、最近パレードとかしている。 

うろ覚えだが、ペリー来航予定もこのルートで幕閣に伝わっていたと思う。

50: 名無しさん@1周年 2018/04/08(日) 19:02:27.21 ID:5JDMHxgQ0
江戸城での審議の席順が書面で残ってるんだよね
伊達政宗も出席してた
よくそんな書類が残ってるもんだ