1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:13:04.34 ID:ffa0t7vJ0● BE:261160481-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
「和算」をご存じだろうか。聞いたことはあっても、よく知らないという人が大半ではないかと思う。それもそのはず。学校の教科書でもほとんど触れられず、高校の日本史で和算家の代表格、関孝和の名前が出てくる程度だからだ。

和算とは、江戸時代から明治にかけて日本人が独自に研究、発展させた数学だ。そのレベルは極めて高度で当時、世界最高水準にあった。たとえば、関孝和の弟子である建部賢弘は、「円周率π」の計算で41桁まで弾き出すことに成功。これは天才レオンハルト・オイラーが微積分学を用いて同じ公式を発見する15年も前のことだ。


数学というと、我々は西洋から学んだものと思いがちだ。確かに明治維新で「西洋数学」を取り入れたが、それ以前に日本には和算という独自の数学があった。だからこそドイツの数学を輸入する際、いとも簡単に日本語に翻訳できたのだ。また
、和算の発展があったから、数学のノーベル賞ともいわれるフィールズ賞を日本人は3人も受賞しているのだ。国別の受賞者数では、米仏ロ英に次ぐ5位で、日本はまさに世界に冠たる数学大国であり、その原点が和算なのだ。

和算は江戸を中心に全国の各藩で盛んに研究された。私の出身地の山形は、江戸に次いで和算が盛んな藩の1つだった。紅花などで大儲けした富裕層がいて文化的なものを尊ぶ風土があり、また冬は雪に閉ざされるため家で数学の問題に打ち込むの
によい環境だった。和算には関孝和の関流を筆頭にさまざまな流派があるが、山形では会田安明が「最上(さいじょう)流」をつくり、関流と20年間も優劣を競い合った。
http://president.jp/articles/-/16450
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523189584/
6: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:16:15.23 ID:zkeP0b9e0
ローソク足も日本の発明やし、先物取引も江戸時代からしてた。ホルホルしてええで

20: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:22:56.36 ID:CxqWZhsr0
>>6
先物取引はローマ時代に既にあったと思う。

40: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:39:51.22 ID:T26EYFfS0
>>20
ねーよ

69: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:57:20.60 ID:5sIkpSg90
>>40
元はオリーブ絞り機のやり取りが発祥でしょう先物
だから結構古くない

174: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 01:25:23.80 ID:T+gzcp7T0
>>69
それは学問なんて何の役に立つんだと馬鹿にされた哲学者が
オリーブ絞り器の使用権の買い占めやったって逸話で
当時先物市場があったわけじゃないよ

177: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 01:48:12.12 ID:hyYXTfBQ0
>>174
なんなんだオリーブ絞り機使用権の買い占めってw

184: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 02:42:15.36 ID:T+gzcp7T0
>>177
当時オリーブ絞り器のレンタル料はその年の収穫量によって変動していたけど
天候などを調べた結果その年のオリーブの収穫が多くなりそうだと分かったから
事前に業者から使用権を安値で買い占めて収穫の時期に転売で儲けた、それが先物取引の概念に近いという逸話
哲学者はあくまで学問の重要性を示したかっただけだから二度とはやらなかったんだけど

8: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:16:46.59 ID:aDqwv4490
アフォみたいに難解な数式を絵馬に書いて
神社に奉納とかやってた。

250: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 18:06:47.36 ID:HyXzhQeN0
算額だっけ? 
難問を奉納して、それを見た人が回答を奉納する文化。 
77a33e6819de54e420aebcf0d802a8c3
sangaku_his1
婦女子:八っつあん頭いいのね、きゃー素敵 
ってのが目的?

25: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:25:41.80 ID:bNjzkwvH0
算木を用いて計算するんだよな
でも計算の過程が残らないから、現代に評価されにくい....

31: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:33:35.63 ID:W8SSgcJ60
ほんとに和算が凄いなら西洋数学が入ってきたとたんに廃れたりしないから

191: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 04:01:12.73 ID:kQUkx5HB0
>>186
相撲の女人禁制と同じで明治政府が明治五年に数学教育で使う表記法と内容を全て西洋式に変更したらしい。
当時から全ての大学教育は西洋から講師を招いて英語で行われてたからだろうけど。
因みに初めて日本語で講義を始めたのは早稲田大学。
これで専門用語の日本語化が一挙に広がった。

292: 名無しさん@涙目です。 2018/04/10(火) 07:30:57.12 ID:5kgfZO/r0
>>31
廃れてないから。小学校の時の算数の文章問題はxとかyとか使わないで解いてただろ。鶴亀算が和算。

87: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:14:41.99 ID:EaQxxgud0
伊能忠敬に反映されるんだけれどね 
伊能の地図は平面じゃなく球体の一部 
円周率が不明だと正確な球体上の位置が計算できない

167: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 01:03:14.74 ID:KMylA7az0
算盤(そろばん)は和算の名残だよ

256: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 18:44:25.62 ID:s9RRpAPu0
日本地図作るのに和算の数学力が援用されてる 
数学はパワーなんだよね

32: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:35:45.95 ID:GiK3Wi6i0
天地明察の漫画版おもろかった
tenchimeisatsu

42: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:40:15.32 ID:lH+Q5OfJ0
>>32
面白かったよね
ラストは原作の終わり方よりも好きだわ

54: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:47:49.63 ID:tl+zwaHv0
>>42
あれ映画しか見てないけど原作や漫画だと関孝和との関係ってどう書いてんだ
史実だと関孝和は算学や暦理論に疎い算哲のことはけっこう軽く見てて暦のズレの理由を
先に発見された時褒めるどころか歯噛みして悔しがってしばらく表に出てこなかったくらいなんだけど

66: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:55:19.07 ID:rm4l2zDN0
>>54
そこまでじゃないけど未熟な部外者と認識してて終盤まで協力とかはしなかった

165: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 00:58:25.89 ID:8PtkMtnU0
具体的な成果を説明できない三大有名人の一人

261: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 21:55:42.06 ID:0jEDieEd0
天地明察で変更した新しい暦もまだ欠点があって結局、関孝和の理論を使って修正したらしい 
映画はまだ見てないけど映画化するレベルなら正しいんだろうとかつい思ってしまうから気をつけないとな

34: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:37:04.71 ID:tl+zwaHv0
部分部分の業績では世界的に突出した点もあったけどいかんせん体系がなかったのが残念
あと流派ごとに閉じてて研究を交換する機会がほとんどなかったのも広がりに欠ける原因だったな

112: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:57:47.11 ID:2LtmzP/N0
>>34
西洋人が凄いのは体系化する能力
逆に体系化していない数学ならどこの国にもあったんじゃないかな

142: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 00:22:15.73 ID:l/SsIyWp0
>>112
古代バビロニアとかそれ以前も色々あったらしいな
アメリカもアステカとか天文学すら駆使してたらしいが
結局は滅びてしまった

ヨーロッパみたいに中世以降に各国に大学ができて研究論文発表し合う文化が発達するのは本当に希

63: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:53:54.08 ID:rm4l2zDN0
数学を金にする方法がなく趣味でやってたから、教える先生が○○流って道場形式になった
西洋数学は初めから金になるツテがあったんだろうな

98: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:31:38.07 ID:2118jB+L0
>>63
一応、低い身分でも藩の経理担当にはなれたから和算が得意って言っても無駄ではない。
けど基本が経理だから数学の研究はなかなか難しいだろうなあ。

103: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:37:07.71 ID:CG6d1eWh0
>>63
西洋も懸賞問題とか公式の秘伝とか
いろいろエピソードあるよ
タルターリアとカルダノの三次方程式の一般解の話とか面白い

225: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 10:56:01.71 ID:Bu1M/nzc0
>>63
>数学を金にする方法がなく趣味でやってたから、教える先生が○○流って道場形式になった
>西洋数学は初めから金になるツテがあったんだろうな

西洋は宗教と連動。あと航海と天文学が結びついた。金融が確率なんかに。

64: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:54:45.95 ID:cHWbv04v0
和算は完全にエンタメだったんだろ

71: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 21:58:07.24 ID:OijSZabh0
>>64
当時は実用というより娯楽だったみたいだな

208: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 06:36:21.85 ID:dgngtTRo0
>>71
今の最先端数学も殆どが学者の娯楽でしょ
それが将来的に役に立つかもしれない
それは和算と同じ

210: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 06:43:03.55 ID:m/Jlpo3H0
>>208
和算と学者の娯楽とはちょっと違うだろ
和算の方は一子相伝みたいな秘密主義で金持ち旦那の知的娯楽だったけど
貧乏学者の娯楽は一応開かれた環境で行われてる

86: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:13:37.47 ID:1OVtiaNI0
こういう下地があったから明治維新後欧米列強に追いついたんだよな。

132: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 23:57:58.47 ID:PX3ToXx40
>>86
経済発展と緩い階級制で学問が好事家の趣味として追求できたこと
支配階級が武人だったので実用重視で海外の学問も積極的に取り入れられたことだな
支那は試験選抜の官僚制だったから頭は良かった一方で形式主義に陥ってしまい柔軟性に欠けてしまった

90: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:18:31.37 ID:2118jB+L0
でもなんだかんだで関という特異点が煌めいただけだし、漢字で数学やるのは無理ゲー過ぎた。
西洋のその後の数学の発展は目覚しいけど、和算が現代数学に影響与えてるかってえと微妙。というかほぼ皆無。

111: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 22:56:27.21 ID:Oz5VT9rm0
まぁインドの学問も人間の発音をやたら細かく分析したとかで国力を上げるのに役に立たなそうなもんも多いな
あまりにも分析が正確すぎて西洋人には理解できず間違ったものだと言われたが、後にその正しさが認められたってパターン
ちなみに仮名の五十音とかハングルの反切とか漢語の三十六字母とか東南アジアや南アジアなどの
アジアの文字は音声の法則に基づいて順番が定められているけどそれはインドのその学問の影響を受けたから

212: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 07:33:26.07 ID:pcw5rcmI0
そもそも鎖国で社会発展を望まない社会体制下だったので、
数学が実学に結び付くインセンティブが生まれない。

西洋ならこうした閉塞した時代の剰余価値・情熱は王侯貴族の散財文化で浪費されるが、
日本では非唯物的な庶民の文化価値にスポイルされた。

214: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 08:10:50.08 ID:zhXuWDMo0
>>212
数学はなんで3世紀あたりから停滞して再び研究が進むのは15世紀以降になるのはなんでかな?

275: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 23:42:34.76 ID:u6G58iwI0
>>214
大砲撃つからじゃね?三角関数で弾道計算するだろ
砲兵出身のナポレオンは数学が強かった

187: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 03:25:07.54 ID:oYxQwKAC0
逆に西洋の連中は数学を何に役立ててたわけ

193: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 04:29:00.31 ID:XToznVY20
>>187
弾道計算
航海術
蒸気機関

251: 名無しさん@涙目です。 2018/04/09(月) 18:19:38.12 ID:vbfTu1IH0
算術に秀でた者はかなりの禄を食む事ができたらしいし
次男三男が剣術を習うような感じやったんかな