1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 07:49:53.84 ID:CAP_USER9
 福岡市東区の志賀島で発見されたと伝わる国宝の金印「漢委奴国王」の製作を再現する実験が始まった。取り組むのは「九州鋳金研究会」に所属する鋳造技術や考古学などの専門家たち。古代の金印がどのように作られたのか、いまだ詳しいことが分かっていない謎の解明への挑戦だ。

 3月末、福岡県宗像市にある福岡教育大の鋳造室。九州鋳金研究会会長で、鋳金が専門の宮田洋平教授(58)が溶解炉を熱していた。地金を溶かす「るつぼ」が炉内にある。木炭を炉に入れると、火の粉が高く舞い上がり、真っ赤な炎は勢いを増した。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」への金印の登録を目指すNPO法人「志賀島歴史研究会」(福岡市東区)の要請を受け、九州鋳金研究会は金印の製作技術の研究を始めた。

 昔の官印に関する文献を踏まえて工法を検討し、古代中国でも行われた蝋(ろう)型鋳造法を採用。金属を溶かす熱源は、現代ではコークスを用いるのが一般的だが、当時の工法に近づくため、木炭を使うことにした。

 鋳型は、宗像市の鋳物師、遠藤喜代志さん(68)が製作。福岡市博物館にある金印のレプリカを参考に、蜜蝋と樹脂を混ぜて原型を作った。実物よりわずかに大きくしたのは、後で加工するためだ。

    □  □

 歴史研究会のメンバーや福岡市博物館の学芸員など合わせて約30人が見守る中、実験が進む。

 火入れから約1時間。炉内の温度が千度を超えると、地金をるつぼの中へ投入した。金の含有率は実物と同じ。湯口まで満たすため、地金は実物よりも約90グラム重い。

 15分ほどで地金が溶けた。炉内の温度は1188度に達していた。地金を鋳型に流し入れると、オレンジ色の液体は急速に赤みを失って固まった。

 さらに1時間後。宮田教授が冷ました鋳型を木づちで割ると、砂まみれの金印が現れた。しかし…。

 「残念ながら失敗です」と宮田教授。金印の印台の一部が欠けていた。

 宮田教授によると、熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで、地金が十分に溶解せず、湯口に近い部分まで行き渡らなかったようだ。

 当初は金印を鋳造後に印面に篆刻(てんこく)する予定だったが、その手法を含めて製作法を再検討し、実験は原型作りからやり直すことになった。ただ、古代の技術解明のためには、失敗を追体験することも大切なことかもしれない。

 九州鋳金研究会は、志賀島歴史研究会が10月に開く金印シンポジウムで一連の研究成果を報告する予定。歴史研究会理事の岡本顕実さん(74)は「金印を技術的に検証し、製作法が明らかになれば、世界の記憶登録への追い風になる」と期待を寄せている。

【ワードBOX】国宝金印「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」

 江戸時代、志賀島で農民が発見したと伝わる。古代中国の史書「後漢書」に、後漢の光武帝が57年、福岡平野にあった奴国の王に印綬を与えたと記され、「漢委奴国王」と刻まれた金印のことだとされるが、偽物説もある。一辺2.3センチ。重さ108グラム、金の含有率95%。福岡市博物館所蔵。

金印の製作を再現する九州鋳金研究会のメンバーたち=3月30日、福岡県宗像市
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_000_m.jpg
溶かした金を鋳型に流し込むと、あっという間に固まった
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_001_m.jpg
九州鋳金研究会が作った金印。湯口に近い部分が欠けている
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_002_m.jpg

2018年04月17日 17時00分 
西日本新聞 
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/409269/

関連過去スレ

【歴史】国宝「金印」は本物? 後世のニセモノでは、との声が後を絶たず[朝日新聞]
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508837001/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524005393/
10: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:00:55.34 ID:HBrVoBov0
>熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで、地金が十分に溶解せず

当時の職人は木炭がデフォだったのならノウハウもあったんじゃね?

16: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:04:18.09 ID:sSEg9WlhO
金印が超古代のオーパーツだったとは

20: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:09:10.83 ID:vfw1OI2f0
何回かやり直せば条件出し出来るでしょ

25: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:13:06.24 ID:HBrVoBov0
>>20 
こういう「証明」を発行してたんだから、鋳造は一度や二度ではないよね

56: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:44:15.22 ID:UqXvzrCQ0
>>25 
実際いくつか見つかってるしね

79: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 09:28:04.62 ID:R34Nvp6B0
その方法が当時の技術なのかどうやって実証するんだ?

15: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:03:01.60 ID:8qbawoci0
古代の金印じゃないよ(笑)江戸時代後期の彫金師が造ったんだよ。

17: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:04:22.57 ID:eVNr26wp0
>>15
発見当時の人が作ることができないって話を覆せてないんだな
覆せないと捏造説の根本が成り立たん

21: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:11:05.52 ID:cJ+fJnv90
まだ贋作とか大昔の俗説信じてる奴がいるのか。
考古学が20世紀以降の大陸の出土品からはじめて知りえた特徴を
矛盾なくそなえてるものを江戸時代に出し抜けに一個だけ作れるわけがない。

68: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 09:07:20.19 ID:i+i2YuXG0
>>21
江戸時代には中国古印が美術品収集の一分野として確立していた上にいろいろな印譜が流通していた
当時の篆刻家が漢印の特徴を知らなかったわけがない

74: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 09:20:13.84 ID:0Owo/bT70
>>68
江戸時代に流布してた印綬のサイズはまちまちで、漢の時代の一寸のサイズは判ってなかった
印綬の紐の部分のデザインについては、残ってる記録ではラクダか亀、っていう記述しかなく、蛇が無い
(ただ滇王之印から、蛇紐があったのは確実)
倭にしても、贋作ならわざわざ委にする理由も恐らく無いし
紐のデザインについても、江戸時代じゃ判らない
ほぼ同時代の廣陵王爾は1981年発見だし、紐の動物に小さな丸を入れるようなデザインがあったなんて
江戸時代には判らない
確実に本物だと断定は出来ないが、本物の可能性は結構高いんでは、と思う

62: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:53:35.29 ID:JAI9/8uW0
本物かどうかは別にして極めて怪しいのは事実だろう 
黒田藩も危険を感じたのか門外不出とし明治になって公開された 
近年他の金印(本物)との比較で日本では当時分からないはずの意匠や造形であったことが知られ 
本物説が主流であるが 
本物を模したフェイクである可能性もあるだろう 
ちなみに蛇の意匠は誤りで本当は駱駝の意匠が崩れたものではないかとの見解も最近出ている 
言われてみればどうみても蛇ではない

127: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 11:17:10.03 ID:XNCENciP0
サイズを知るよしがない
持ち手のデザインを知るよしがない
倭を委にしたのはなぜ?

とまあ
後世贋作説は詰んでる

205: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 15:30:00.04 ID:Kg5F17Ti0
寸法
蛇紐
文字

これらが江戸時代では知りえなかった情報で正確に作られている
?王之印も含めて合致する資料が今になってようやく見つかって判断がつくようになったレベル
江戸時代に贋作を作るのはほとんど不可能

なので物は本物とみられている

229: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 21:17:20.38 ID:T0s8kUZD0
前漢の職人と魏の職人とそれぞれ技術クオリティ、様式なんかはだいぶ違うのかね

48: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:33:18.24 ID:qQ/PMnQA0
この前、福岡市立博物館で見てきたけど、 
意外に小さいのな、あれ 
もっと大きいものだと思ってた。

58: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 08:46:57.63 ID:h28LA5pi0
江戸時代は初期過ぎると国学がブームになってくるから 
日本の成り立ちも関心が持たれる頃 
当然中国の日本に関する文献もよく読まれる 
贋作も根拠なしではないのがややこしい