51FNQ8BHCPL
1: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:40:05.30 ID:qMOT4Fp50
吉川英治「しかも劉備も喜んでるし…何やこのエピソード……」

吉川英治「い、今の日本とは価値観が違うからしゃーない。フォロー入れとこ!」
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1528443605/

2: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:40:54.08 ID:eo6S/OxJd
クッソつまらないところを削って
ガ〇ジエピソードに自己解釈フォローを入れる有能
3: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:41:00.29 ID:Gq+erDx40
そこはワイもどん引きしたわ

17: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:45:20.36 ID:qMOT4Fp50
>>3
ヨッシも露骨にドン引きしてるからしゃーない

4: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:42:21.75 ID:BPw9HUkv0
謙信といい武蔵といい
ちょこちょこ地の文でフォロー入れてくるから読みやすいよね

8: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:43:44.03 ID:YnqZXp/3d
>>4
ぐう読みやすい
だけど妻を料理のところのフォローはクッソ雑だったあたり
吉川英治本人のドン引き具合がぐうわかる

6: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:42:25.10 ID:tebQ+/sS0
この話なぜか曹操だと思ってたわ

22: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:46:08.06 ID:gfafPCrz0
>>6
曹操は自分が料理されると思って呂伯奢一家皆殺し
実は豚だったので陳宮に突っ込まれたら
天をだましても俺をだますのは許さねえの逆切れした話と混ざってるんやな

31: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:48:58.15 ID:qMOT4Fp50
>>26
あれぐう酷い
珍カスが殺そうとするのもやむなし

50: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:53:39.05 ID:ca/L64H5H
>>26
蒼天では美化したから・・・

96: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:01:49.46 ID:tGHh0qEYa
>>26
その後にこれやからな
gZrD4Hi
99: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:02:34.28 ID:hURN9AnVa
>>96
やっぱり曹操かっこいいわ

100: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:02:36.16 ID:rcQHcv5p0
>>96
横山曹操のピーク

103: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:03:21.89 ID:gfafPCrz0
>>100
ヒゲ生えた後の無能感

120: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:06:24.89 ID:UOmzOoqN0
横山三国志のヒゲ生えるまでの曹操は何が起きても涼しい顔してたのにな 
ヒゲ生えた後はひーっとか言って逃げ出したりするコミカルなおっさんや
mig (6)
126: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:07:18.04 ID:GchIJYUz0
>>120 
曹操に限らず中華人なんて年取ったらアホ化するやつばっかりやし

139: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:09:35.03 ID:YA253dKW0
>>126 
侯景「そうか年取ったら気ぃつけよ」

16: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:45:02.36 ID:xUufEPK/a
食材がないから妻って

19: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:45:36.24 ID:wWX/nSog0
まぁあの頃飢饉とか蝗とかで無茶苦茶やったからガチで何も食わせるもんなかったんやろうけど

20: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:45:37.08 ID:dlmiIQ9/a
妻が体で劉備をもてなした

にしたら四方丸くおさまった

28: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:48:22.01 ID:u22+/Z0Nd
>>20
昔の中国って処女厨的な考えやし
それはそれで悪徳になると思うわ

34: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:50:33.26 ID:pRf72wAUa
>>28
そうか?
人妻寝取りマンが天下人みたくなってるやん

55: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:54:11.23 ID:gfafPCrz0
>>34
丁夫人「絶対許さない、顔も見たくない」

159: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:14:45.35 ID:rcQHcv5p0
qXuooCY
181: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:19:15.32 ID:VGWwXkb5d
>>159 
史実定期

25: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:47:29.05 ID:u22+/Z0Nd
吉川英治「姜維ってなんでこんな持ち上げられてるねん……こんな魅力ない奴が終盤のメインキャラとかアカン…」

吉川英治「親孝行のぐう聖にしたろ!」

29: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:48:38.79 ID:gfafPCrz0
>>25
吉川英治「徐庶と被ってるやんけ…」

33: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:50:10.74 ID:qMOT4Fp50
>>29
吉川英治三国志とかいうぐう聖がやたら多かったり、馬援が何の絡みもないのになぜか劉備を持ち上げまくっちゃう優しい世界

35: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:50:40.60 ID:wvkMT/fsd
吉川三国志しか読んだことないにわかになんかおすすめ教えてくれや

39: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:09.22 ID:u22+/Z0Nd
>>35
宮本武蔵
世間的には吉川英治といえばこっちの方が有名なはず
実は小次郎は作中でもそこまで強くない奴で草生えるよ

43: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:35.22 ID:3Hjw1Mp70
>>35
覇-LORD- っていう漫画がおススメやで

158: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:14:27.34 ID:QONBjF4z0
>>35
いわゆる正史とあの時代文化の平易な解説本なら
たしか筑摩文庫の高島俊男「三国志きらめく群像」がオススメ
目からウロコかつ笑える説明が多い

156: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:13:46.38 ID:gPEP6DAh0
三国志第一巻を楊一族で埋めた宮城谷とかいうレジェンド

173: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:17:17.53 ID:nlNMOIiRa
宮城谷昌光は面白いけどどの本の主人公も同じにしか見えないのがね

37: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:51:12.30 ID:DBGpYUfO0
小学生の頃めっちゃハマったわ吉川三国志
読みやすすぎ

48: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:53:23.44 ID:qMOT4Fp50
>>37
マッマの為にお茶を買いに行く→盗賊に捕まったンゴ…→和尚さんのお陰で姫と一緒に逃げられたンゴ!

この流れクッソ有能
神々のトライフォース的な様式美を感じる

40: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:14.38 ID:vjXRqmMta
三国志あたりはいいけど太閤記は説教臭すぎて萎えるとこが多かった

41: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:18.91 ID:wWX/nSog0
吉川英治「関羽が死んで話は折り返しやぞ」
吉川英治「孔明死んだ後はつまらんからダイジェスト流すぞ」

58: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:54:31.65 ID:u22+/Z0Nd
>>41
ぐう有能
実際孔明編以降は洒落にならないレベルでつまらん

45: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:45.72 ID:cAKoZ+1D0
ここから先つまらんから適当に話して終わるわという締めすごない?
作家やぞ

68: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:55:58.32 ID:SNB0Es6q0
>>45
山田風太郎の八犬伝もそんな感じやな

49: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:53:34.20 ID:hURN9AnVa
太平記で北畠顕家が死ぬとこの名調子すき

121: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:06:44.82 ID:qMOT4Fp50
直木三十五「武蔵はクソ!クソ!」 

菊池寛「なんでや最強の剣豪とかクッソカッコええやん!吉川くんはどう思う?」 

吉川英治「いや…ワイ、宮本武蔵とか知らんし……まあちょっと調べとくわ…」 

菊池寛「おう」 

しばらくして 

菊池寛「ファッ!?朝日新聞に吉川くんが宮本武蔵の小説出しとる!」

42: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:52:21.70 ID:VGWwXkb5d
吉川「うーん、こいつ三回死んでるけどええか」

76: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:57:15.65 ID:rcQHcv5p0
張合βを三回殺してようやく復活しなくなるのは昔話の怪物みたいですき

80: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:58:16.56 ID:pRf72wAUa
>>76
張郃αとβとγがおるみたいな書き方はやめろ

82: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:58:57.82 ID:rBcR9uIO0
張コウは死んだと明言されてないからセーフ 
一回目→ほふられた 
二回目→肩先から馬まで斬り下げられた

79: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:58:01.78 ID:RAs2eJpSa
高貴な客人来たから無理をしてでももてなすのが君子やみたいなエピソードは日本にもあるよな

87: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 16:59:55.90 ID:qMOT4Fp50
>>79
何だったっけ
お坊さんが家に来たから隣の家の大根パクって
振る舞ったババアの話もあったよな
雪が降ってババアの足跡が隠れてセーフみたいな

98: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:02:11.52 ID:niNv+syHM
>>79
吉川も北条時頼の鉢の木と比べてみよって書いとるな
ある大雪の夕暮れ、下野国の佐野荘(現在の栃木県佐野市)の外れにあるあばら家に、旅の僧が現れて一夜の宿を求める。住人の武士は、貧しさゆえ接待も致されぬといったん断るが、雪道に悩む僧を見かねて招きいれ、なけなしの粟飯を出し、自分は佐野源左衛門尉常世といい、以前は三十余郷の所領を持つ身分であったが、一族の横領ですべて奪われ、このように落ちぶれたと身の上を語る。噺のうちにいろりの薪が尽きて火が消えかかったが、継ぎ足す薪もろくに無いのであった。常世は松・梅・桜のみごとな三鉢の盆栽を出してきて、栄えた昔に集めた自慢の品だが、今となっては無用のもの、これを薪にして、せめてものお持てなしに致しましょうと折って火にくべた。そして今はすべてを失った身の上だが、あのように鎧となぎなたと馬だけは残してあり、一旦鎌倉より召集があれば、馬に鞭打っていち早く鎌倉に駆け付け、命がけで戦うと決意を語る。

年があけて春になり、突然鎌倉から緊急召集の触れが出た。常世も古鎧に身をかため、痩せ馬に乗って駆けつけるが、鎌倉につくと、常世は北条時頼の御前に呼び出された。諸将の居並ぶ中、破れ鎧で平伏した常世に時頼は「あの雪の夜の旅僧は、実はこの自分である。言葉に偽りなく、馳せ参じてきたことをうれしく思う」と語りかけ、失った領地を返した上、あの晩の鉢の木にちなむ三箇所の領地(加賀国梅田庄、越中国桜井庄、上野国松井田庄の領土)を新たに恩賞として与える。常世は感謝して引きさがり、はればれと佐野荘へと帰っていった。
鉢木 - Wikipedia
151: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:12:26.96 ID:QCZGR5j60
ワア程昱食料欠乏を救うためお肉を調達する名采配

154: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:13:27.98 ID:pRf72wAUa
>>151 
スターリングラードかな?

101: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:02:47.43 ID:gfafPCrz0
>>91
呂布との攻防の時やな
そのせいで出世できなかったって説もある
なんだかんだで人肉食いは唾棄されとったんやろ

148: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:12:02.55 ID:xGXepPzb0
程昱がエン州守ったとき人肉食わせたり、王忠が飢えて人喰った話もあるけど 
曹丕は程昱は尊敬してんのに王忠は笑いものにしてる謎

93: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:01:10.29 ID:rcQHcv5p0
三国志程度で倫理観に戸惑ってたら水滸伝なんかとても読めたもんじゃないんだよなあ

106: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:04:38.65 ID:PUVSedfnM
史実に興味持つとまず陶謙で困惑する

114: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:05:24.91 ID:dYvSpkmja
>>106
曹操に攻められるのが残当すぎる

138: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:09:31.20 ID:qMOT4Fp50
>>106
なんであんな荒くれ者の陶謙は
晩年には劉備に領土を譲っちゃったんやろ…

あと曹操がマジギレして徐州攻めたくだりは
正直気持ちは分からなくもないわ、うん

107: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:05:00.90 ID:rcQHcv5p0
編集者「えっ、屠殺描写を載せた…?(ドン引き)」
20150519223858
131: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:08:07.10 ID:IwWIZkjq0
>>107
同和系は厳しいですからなぁ

169: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:15:56.56 ID:jdAdP1ya0
>>107
こんなんにクレームつけるんかプロ市民は

117: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:05:39.88 ID:Ufk0QNCM0
人肉といえば孔明の饅頭やな
でも卑弥呼がうーやぁやっとった頃やからな
今の倫理観求めたらあかんな

133: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:08:36.33 ID:rcQHcv5p0
>>117
魯迅の頃になっても人血饅頭が肺病に効くとかやってるんだよなあ…

146: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:11:42.65 ID:EH8a1BwY0
ジャップさあ・・・ 
明治まで罪人殺して臓物食ってたよね・・・

118: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:05:56.25 ID:F28KEqeud
菅仲の時代にもそんなエピソードなかったっけ?
王様が人を食べてみたいって言ったから息子を殺して振舞って出世した奴
そんな人間は重用するなよって言われてた気する

129: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:07:47.52 ID:qMOT4Fp50
>>118
劉備も褒美与えただけで士官させたとは書いてないし
恩義には報いたけど実際には引いていたのかもしれんな

130: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 17:08:02.92 ID:qNswkrx/0
司馬遼太郎『項羽と劉邦』で彭越が殺されてその肉を塩漬けにされて諸侯に配られたって話で
司馬はそれをみんなが食したと解して「昔の中国は人食の風習があった」みたいなこと書いてたな
食ってはいないと思うんだけど