1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/13(水) 14:41:07.85 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000027-dal-ent

NHK大河ドラマ「西郷どん」で俳優・松田翔太演じる“ラスト将軍”徳川慶喜が脚光を浴びる中、唯一存命する慶喜の孫・井手久美子の自叙伝「徳川おてんば姫」(東京キララ社)が13日、発売された。
大政奉還から150年となる昨年に書き上げた波乱万丈の人生が明治150年の今年、書籍化され、95歳にして作家デビューを果たした。千葉県内の自宅で筆者の思いを聞いた。(文中敬称略)

1922(大正11)年9月22日に当時の東京市小石川区小日向第六天町(現在の東京都文京区春日)にあった徳川家の屋敷で生まれた。「祖父が亡くなって9年後に生まれたので『お写真様』と呼ばれる部屋に飾られた写真を『おじじ様』と教えられました。“おかか”がおじじ様の好物だったそうです」。公爵で従一位だったことから“一位様”とも呼ばれた祖父は、日常会話の中で生きていた。

その住所から「第六天」と称され、慶喜が生涯を閉じた屋敷は3400坪で約50人が生活。幼少期から姉たちと庭で遊び、女子学習院には車の通学を嫌って市電で通った。外で遊べなかったが、学友と敷地内のテニスコートでボールを追った。
乗馬など運動好きで、いつも日焼け。「楽しくて夢のようでした。木に登ったり、おてんばでしたね」と笑う。

18歳で侯爵家の長男・松平康愛と結婚。久美子は「結婚式で十二単(ひとえ)を着たのですが、はかまの丈が短く、その中に蚊が入ってきて、かゆくてたまりませんでした」と裏話も。夫は海軍少尉として出征。自身は空襲時、疎開先の八王子で火の粉が飛ぶ中、バケツを持って屋根に上がった。「戦争中は大変でした」。敗戦の玉音放送を聞きながら、「ほっとしました」と実感したが、翌年、夫の戦死が確認された。

戦後、華族制度は廃止され、戦火を免れた「第六天」は国に物納された。47年、亡夫と成城高校アイスホッケー部で仲間だった医師の井手次郎と再婚。徳川家のお姫様は病院の仕事で多忙となる。

「泌尿器科の患者さんも多く、包茎だ、パイプカットだという言葉も平気になったのですから、人は変わるものです」-。
50年生まれの長男・井手純は「特殊な所に生まれても、庶民の生活に飛び込んで慣れも早かったところが、おふくろの気性というか、今でもこうして生きていられるということなんじゃないかと思いますね」と順応性を指摘する。

次姉・喜久子は高松宮妃殿下。「実の家族のようにかわいがってくださった」という高松宮親王を通して兄・昭和天皇とも接した。
第六天の屋敷跡は現在、国際仏教学大学院大学の敷地。久美子は車いすで現地に赴き、今も残るイチョウの下で万感の思いに浸った。

昨年、39度の高熱を出すなど健康面の不安を抱えながら、13年前に着手して中断していた原稿を一念発起で完成させた。
長男と暮らす自宅には慶喜の写真と葵(あおい)の紋が額縁に入って掲げられ、その下で「鬼平犯科帳」など時代劇のDVDを楽しむ。
今年96歳。新刊本を手に「本当にありがたいことです」と実感を込めた。


初の自叙伝を手に、感無量の心境を語る徳川慶喜の孫・井手久美子さん=千葉県内の自宅
20180613-00000027-dal-000-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528868467/
19: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:51:36.81 ID:ZnfrZwk40
>>1
後ろに喜久子妃殿下

22: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:52:41.82 ID:ZnfrZwk40
>>1
高松の宮様の写真もある

32: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:55:34.64 ID:pQhEa8Ej0
>>1
栄枯盛衰やのお

175: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 17:23:07.42 ID:bY34V5Ga0
>>1
慶喜に似てる気がする

10: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:46:01.54 ID:QoKN5JcE0
会ったことないのかあ

13: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:48:47.74 ID:X1gIGYWV0
ん~
面白い生い立ちではあるけど、ぶっちゃけ生まれがあれなだけで特に・・・だな。
慶喜の付き人やってた人とかのが面白そうだわ

27: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:53:57.38 ID:ZssqwVzY0
徳川慶喜の直系でこんな体験してる人に
本を出せというやつインタビューして
本にする奴がいなかったの?
出版界ってバカばっかなんか?

44: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:02:03.77 ID:FxxkWi290
>>27
「徳川慶喜の子ども部屋」榊原喜佐子
という本が20年くらい前に出てベストセラーになってる
この著者も慶喜の孫

76: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:31:57.73 ID:+R9wWdUz0
>>44
それも面白そうだな

79: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:35:41.22 ID:esl9DPzw0
>>8 
その人だっけ?妾の子で実はそんなに接点なかったという

177: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 17:25:09.25 ID:byOdWihX0
この人の姉の榊原に嫁に行った人が書いた本を読んだけど、けっこう面白かったわ。 
徳川宗家は養子に譲って隠居してたんだけど、明治の30年くらいに慶喜家として 
独立して華族になった。公爵だな。 
この人が子供の頃に、高松宮妃が嫁に行き。 

慶喜は明治になってから10男11女を儲けたらしいが、女は旧大名家へ嫁に行き、 
男は鳥取池田家、勝海舟の養子になってる。 

慶久が跡をついで、有栖川宮の娘を嫁にもらう。 
はっきりとはわからんが、この人ともうひとりは嫁の子じゃなかったぽいな。 
だけど、差別なく一緒に育てられたように書いてた。 
まあ、武家だし。 

姉の喜久子妃は正真正銘の公武合体だな。 
高松宮に子供がいればよかったけどな。

35: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:56:49.43 ID:f5mk0UNs0
第六天とか信長の代名詞かと

37: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:57:40.44 ID:Gxp47d6i0
屋敷に50人が生活ってすげぇな
面白そう

41: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 14:59:47.47 ID:WXZy9MqE0
95でも書くのは10代のころの話なのか? キモロリと同じ思考やね

46: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:05:01.12 ID:ZssqwVzY0
>>41
おまえみたいなバカってなんなの?
まだ華族制度が残ってて当時の経験なんて
一般人は知らないから価値があって書くんだよ
ほんとおまえみたいなバカって意味が分からんなあ

43: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:01:41.77 ID:YAwU3n9e0
記憶力大丈夫なんやろか
相当脳内で書き換わってへんやろか

49: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 15:08:18.90 ID:7Ucb5Fcl0
早くに庶民の暮らしになっても対応出来るやつと出来ないやつがいるな
成金の娘とかの方が対応出来ないというかしない
柳川の立花家の娘さんは見事に対応してて凄いなと思ったけどこの人も泌尿器科って凄いなw

129: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:13:12.31 ID:UzVeN/bt0
>外で遊べなかったが、学友と敷地内のテニスコートでボールを追った。
>乗馬など運動好きで、いつも日焼け。「楽しくて夢のようでした。木に登ったり、おてんばでしたね」と笑う。

いやほんと優雅なもんだなあ
テニスや乗馬で「おてんば」だとさ

131: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:18:44.77 ID:eFfGtKfm0
>>129
おてんば姫なら自室の壁を破壊して外に出るくらいじゃないとな

134: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:22:16.37 ID:u9lm4SSv0
読んでみようかな
最近大河も朝ドラも時代考証おかしくてつまらんからエッセイなら楽しそう

149: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:45:08.64 ID:e6WrRjQa0
そもそも明治維新てすごくない?
ちょんまげとか自分達の文化捨てて異国の文化取り入れるって
着物よりドレスの方が機能的とか布団よりベッドの方が楽とか
優劣で受け入れていったのかな
自分ならついていけたかビミョー

158: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:58:01.83 ID:3Hl2aiUx0
>>149
逆じゃねえの。
まず、明治政府がやったのは、日本中に蒸気機関車を走らせるため、鉄道を敷いたじゃん。
蒸気機関車は今でも、人気あるけど、シュッシュと音を立てながら、蒸気を吐いてド迫力で走る姿は感動的。
実物は見た事ないけど、初めて見た当時の人は感動したろな。
これが文明開化かと。
それまで徒歩で往来するだけで、何日もかけて東海道や全国を歩くしか無かったわけでしょ。
それ以外にも、夜間には真っ暗だった町にガス灯がついて、電気が普及し始めたら、夜も明るい。
今は当たり前のことをイチイチ感動したんだろな。
松下幸之助が、電灯の会社に就職して、これからは電気の時代だと感動して、四畳半から創業したのは、そういう感動があったからでしょ。

150: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 16:46:07.26 ID:BzQpH2lv0
女聞書き徳川慶喜って本も面白いよ
慶喜に仕えてた人たちの話だから、かなりリアルでヤバそうなものも
御身御腹ただならずおなりあそばしたとかカルモチンがどうとか…

167: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 17:09:57.33 ID:GkPqT9bM0
嫁が東京の病院で看護師してた頃、
慶喜の孫娘が入院して来たらしい。
豪華な寝間着に高額な差額ベッドはまだ良し、
看護師を小間使いの様に扱い評判が悪かったと。

この人か知らんが。

214: 名無しさん@1周年 2018/06/13(水) 19:24:33.53 ID:xyHpM++/0
徳川慶喜家をついだ戦中・戦後時の当主の三代目が
学者肌で世渡りがうまくなくて戦後経済的に一般人クラスに没落しちゃっただけで
戦前までは裕福だったし文字通りお姫様扱いだったのは間違いない

徴兵されたときの等級が低いのも、当時の武家(特に旧幕臣)が
戦意高揚のためどんどん一般人に混ざって徴兵されてたから