1: しじみ ★ 2018/06/18(月) 10:07:05.27 ID:CAP_USER
約3万3000年前、氷河期に洞窟壁画を描いたのは自閉スペクトラム症の人類であったという可能性が、イギリスにあるヨーク大学の考古学者・Penny Spikins氏と自閉症の専門家によって行われた研究で示されました。

How Do We Explain ‛Autistic Traits’ in European Upper Palaeolithic Art? : Open Archaeology
https://www.degruyter.com/view/j/opar.2018.4.issue-1/opar-2018-0016/opar-2018-0016.xml

How our ancestors with autistic traits led a revolution in Ice Age art: The ability to focus on detail, a common trait among people with autism, allowed realism to flourish in Ice Age art -- ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/05/180514095522.htm

Prehistoric autism helped produce much of the world's earliest great art, study says | The Independent
https://www.independent.co.uk/news/science/archaeology/prehistoric-autism-cave-paintings-barry-wright-penny-spikins-university-of-york-a8351751.html

氷河期という厳しい環境は遺伝子の自然選択を発生しやすくし、人類が「長期にわたって細部にまで集中する」という能力を発達させる傾向にあったとのこと。
具体的には、環境を三次元的に知覚する能力の向上、イメージを保持する能力の向上、地形や動きのパターンを認識・分析する能力の向上があったとみられます。

上記の特徴は自閉スペクトラムの人々によく見られるものですが、この能力によって氷河期の人類は長時間の集中作業を経て効率的な石槍を作れるようになり、狩りを行う場所の広大な地形を記憶し、動物の行動パターンの記憶と分析を行えるようになりました。

Spikins氏はヨーク大学の医学研究者であるBarry Wright氏と共に行った大学の生徒を対象とした調査で、生徒の4%が自閉スペクトラムであることを発見しています。
そして、自閉スペクトラムの生徒は上記のような特徴を有していたものの、自分たちが自閉スペクトラムであると自覚していなかったそうです。北ヨーロッパを起源に持つ人々が遺伝的に自閉症である割合は高く、研究者らはこの理由について、先祖の多くが氷河期での困難を経験したためだと考えています。

「遺伝的な自閉症の発達初期は、氷河期の絶頂、つまり天候的に最悪の時代に対する進化の反応だったと我々は考えています。自閉症と関連した能力の発達がなければ、凍てつく環境の中で食料を得られずに生き延びられない人々もいました」とSpikins氏は述べています。

また、「写実主義のアーティストは現実的に絵を描く必要がありますが、これは細部に集中できるかどうかで決まります。この特徴は自閉症の人々によく見られ、それ以外の人々に見られることはまれです」「自閉症患者のような極度の集中が可能だった人々の存在は、氷河期に写実主義がとられる傾向があったことに対する説得力のある説明です」ともSpikins氏は語りました。

002
00

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180617-cave-artists-autistic/
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1529284025/
25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 18:13:59.48 ID:fFEsbn75
>>1
しゃ…写実的か?

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/20(水) 04:12:32.78 ID:bl3ngKwX
>>25
1枚目、左の牛に比べ馬は写実性が断然高い
2枚目のライオン?も写実的
気になるモチーフを同じ構図で描き重ねるあたり、こいつ自閉症かもなという雰囲気は割とある

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 10:22:26.14 ID:dMdGnb9c
外に出れないから自分の内側に世界を作るんだよ

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 10:31:48.41 ID:cjg0prMZ
紙に書くのとはワケが違うもんな
集中力は確かに必須だと想うけど

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 10:50:04.40 ID:jMx9ONX1
自分より能力がある人間=どこか欠陥人間
としたいんだろうがこの回りくどいこきおろし方は非常に英国人らしい

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/20(水) 08:36:57.79 ID:iQo3z8JG
>>12
自閉症を欠陥だと流布する奴が間違ってるんだよ
単なる個性
俺も自閉症的症状の自覚があって、仕事の集中力がハンパなくて周りが付いてこれないんだが、個性だと解釈してる

18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 12:40:13.32 ID:0tm5YE2q
画がうまい奴が画を描いた可能性は否定できないし、
もしも権力者が画を描かせるのなら画のうまい奴を選んで画を描かせるはずだろう。

37: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/19(火) 20:07:26.44 ID:geNLTTC0
確かに壁画の中にはかなり写実的なものがあるんだよね
しかし昔の人が描いたり作ったりしたものが写実的ではないものが多いのは何故なんだろうと結構不思議に思っていた
今と違って様々なテクニックの積み重ねが無いというのもあるけど形状の認知の点で現在とは随分違うという事があったんだろうと想像しているけど
例えば子供はまだ絵が下手なのは技術も観察力もまだ備わっていないから単純な絵しか描けない経験もないし脳も体も発達していないから
昔の人はとある形を一つの全体としてとらえてそれを絵としてフィードバックする能力が今ほど優れていなくてその能力に特化した人だけが絵を描けたのかなと
自閉かサヴァンか分からないけど昔から絵の才能というのは特殊な部類だったんだろうなと思う
美術やってるとびっくりするほど絵が上手い人がいるけどああいうものが才能なんだと思い知らされる

40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/19(火) 21:12:27.71 ID:BbSfDZH3
っていうか狩りが苦手でみそっかす扱いされてて
鬱憤晴らしにうまい絵をかくことによって集団内で
ポジション占めようとしてたんじゃないのかねえ
自閉症はリア充より狩りはうまくないとおもうよ
狩りは位置情報のやり取りでコミュ能つかうし

26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 19:05:34.26 ID:ezUSLPeS
外に出れず、絵ばかり描いてたんじゃないか

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/18(月) 19:18:16.09 ID:bk+kWSYj
外は寒いもんな