1: しじみ ★ 2018/06/27(水) 13:46:03.31 ID:CAP_USER
【6月26日 AFP】
旧人類ネアンデルタール(Neanderthal)人は、集団的狩猟の緻密な戦略を駆使できたことが、ドイツで見つかった先史時代の動物の骨の分析で分かったとの研究結果が発表された。
ネアンデルタール人につきまとう粗野な野蛮人というイメージとは正反対の結果だという。

 米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に発表された論文によると、12万年前のシカ2頭の骨に残された傷の痕跡が、獲物に忍び寄って殺すために武器が使われたことを示す最古の「決定的」証拠を提供しているという。

 今回の研究では、顕微鏡撮像技術と打撃の衝撃を調べる再現実験により、少なくとも1つの打撃痕が低速で動く木製のやりで刻まれたものであることが確認された。

 独ヨハネス・グーテンベルク大学(Johannes Gutenberg University)の研究者ザビーネ・ゴージンスキ・ウィンドヒューザー(Sabine Gaudzinsk-Windheuser)氏は、「今回の結果は、ネアンデルタール人が動物のすぐ近くまで接近し、やりを投げるのではなく、動物に突き刺したことを示唆している」とAFPの取材に説明。
「このように対決的な方法で狩猟を行うには、綿密な計画と慎重に身を隠す行動、そして狩りに参加する人々の間の密接な協力関係が不可欠だった」と続けた。

 約30万年前から欧州に住んでいたと考えられているネアンデルタール人は、3万年前に絶滅。
現生人類に取って代わられた。

 ホミニン(ヒト族。類人猿を除く現生種と絶滅種の人類を表す用語)が武器を用いた狩りを始めたのは、50万年以上前だった可能性が最も高い。英国とドイツで発見された30万~40万年前の木製の棒は、知られている中で最古のやりに似た道具で、獲物を殺すために使われたと考えられている。
だが、この棒がどのように使われていたかに関する物的証拠はなく、科学者らの議論は推測の域を出ないままだった。

■決定的証拠

 ドイツのノイマルク・ノルト(Neumark-Nord)遺跡での最新の発見により、この議論の不確かな部分が取り除かれたと、ゴージンスキ・ウィンドヒューザー氏は指摘する。
「やりの使い方に関する限り、よく知られた『決定的証拠』と適合する『犯行場面』が今回の研究でついに得られた」

 1980年代からノイマルク・ノルト遺跡で行われている湖岸の発掘作業では、アカシカやダマジカ、ウマやウシなどの大型哺乳動物の骨が多数発見されている。

 また、同じ発掘調査では数千個に及ぶ石器が見つかっており、13万5000年~11万5000年前の間氷期の当時は森林環境だったこの地域に繁栄したネアンデルタール人の集落が存在したことを裏付けている。

 今回の調査対象となった古代のシカの骨は20年以上前に出土したものだが、どの傷が致命傷になったか、どのような種類の武器が使われたか、やりは遠くから投げたのか、それとも至近距離から突き刺したのかなどの謎の解明に最新技術が助けになった。(c)AFP

■12万年前のシカの骨に残された傷の痕跡。ネアンデルタール人がやりを使い殺したと考えられている
img_4a80eff198cbd7bd9f4b1b0c6db2787a151191

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3179984
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1530074763/
3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 14:01:54.11 ID:7pT7Xw01
>>1

そういう、知力も体力も、現生人類(ホモ・サピエンス)よりも優っていたと考えられるネアンデルタール人が、

結局、われわれ現生人類との生存競争に勝てなかった理由が、
ただ一つ、「投てき器」を考えつかなかったということなんだよなw

現生人類は、この「投てき」の発明で、槍をこれまでの距離の何倍も遠くに投げることが可能となった。
したがって、ネアンデルタール人のように、コッソリと獲物に忍び寄って行く必要が無くなったのである。

しかし、現生人類がこの「投てき器」を発明できたのも、おそらく「ホンの偶然」であったろう。
何気ないホンの偶然で作り出した物が、その種族の存亡を決定づけたってことになる。

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 14:32:39.38 ID:ql01KiTs
>>3
滅びた原因は人口が少なかったからだと
テレビで見た

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 15:03:39.44 ID:7pT7Xw01
>>9

まあ、すでに学説では、

ネアンデルタール人が滅びた原因は、食糧確保が十分にできなかったからと言われてるな。
ま、その結果、当然、人口は減少するが。

で、一方の現生人類(ホモサピエンス)は、ナゼ、同時期に地上にいたにもかかわらず、食料不足にならなかったのか?

26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 19:44:52.95 ID:jNlUwVye
>>16
現生人類は

・筋力と身体能力が低くがとても非力でエネルギー消費が少ない
・すぐ怠けて楽に過ごそうとして体力を使わないでエネルギーを温存
・食べることに執着しており凄く皮下脂肪を貯めやすい体質でエネルギーを確保
・常に発情しており無制限に繁殖して個体数が殖えやすい

この素晴らしい数々の能力を受け継ぎ我らは輝かしい勝者となった

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 21:45:31.40 ID:87fz4t4V
獣だって集団で狩りをやるのに 
ネアンデルタールがなぜやれないと思うのかね?

43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/28(木) 19:00:04.97 ID:4FOIyRI9
投擲器が発明できなかったのでなく、使えなかったんじゃなかった? 
体の構造上投げることができなかったと

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/06/27(水) 18:39:19.66 ID:ekmHdNsW
やりで突ける距離まで、シカに接近
これ、相当な能力やで