1: みつを ★ 2018/07/13(金) 21:33:48.46 ID:CAP_USER9
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44817247

アイスマンの最後の晩餐が明らかに 栄養満点だが味は?
2018/07/13

ヘレン・ブリッグス、BBCニュース

ヤギの脂肪と野生のシカ肉、古代の穀物とシダ類。「マスターシェフ(BBCの料理番組)」に出てくるようなメニューではないが、我々の祖先にとっては栄養満点のごちそうだった。

科学者たちは「アイスマン」の最後の食事がバランスは取れているものの、とても脂質が高いものだったことを明らかにした。

アイスマンは5300年前、氷河の中で死亡してミイラとなった。1991年に発見されるまでの数千年間、アイスマンの遺体は氷の中で保存されていた。
科学者らはアイスマンが最後にした食事など、彼の生活をさまざまな側面から解明している。
研究によると、アイスマンの胃は野生のヤギの脂肪、アカシカの肉、ヒトツブコムギと呼ばれる古代の穀物、そして毒性のあるシダで満たされていた。

脂質の量は?

この食事の脂質は50%と、現代の平均的な食事の10%を大きく上回っていた。
イタリア北部ボルザーノにあるユーラック・リサーチ・ミイラ研究所のフランク・マイクスナー博士は、「アイスマンが狩りをしていた緯度を考えれば、こうしたエネルギー供給が必要だ」と指摘する。
「最善の方法は脂肪を食べること。これによって苛酷な環境で生き延びるのに必要なエネルギーが得られる」

この発見から分かることは?

生物学の学術誌「カレント・バイオロジー」で発表されたこの研究では、青銅器時代の食生活を垣間見ることができる。
アイスマンの食べ物については以前にも分析が行われたが、これほど詳細ではなかった。最新の調査はアイスマンの胃の残留物を調べた。
驚くべきことに、アイスマンの胃はミイラ化の過程で通常とは別の場所に移動しており、彼の胃が発見されたのは今回が初めてだだった。

科学者らは、アイスマンの胃に残っていた脂質が乳製品由来ではなく、アルプス山脈に棲むアルプスアイベックスというヤギに由来するものだと突き止めた」
マイクスナー博士は、「アイスマンの食生活は炭水化物とたんぱく質、脂質をバランスよく組み合わせたものだったし、彼が高脂質の食べ物を摂取していたことは大きな驚きだった」と語った。

栄養満点、でも味は?

この食事はアイスマンの雪の行軍を助けたかもしれないが、そこまで美味しくはなかったかもしれない。
「ヤギの脂肪がどのような味がするか、想像するのは難しい」とマイクスナー博士は語った。「現代で食べられるものほど美味しくなかったことは確かだ」
「塩がなかったことも考えると、肉だけ脂肪だけの純粋な味は、すべての成分を考えても食べられるものではなかったと思う」

アイスマンは加工食品からの害はなかった一方、彼の食生活には悪い側面もあった。
アイスマンは死亡時にすでに動脈硬化の兆候が出ていた。
アイスマンは体に複数の傷があり、銅製の斧を含む武器を持っていたことから、戦闘で死んだと考えられている。

アイスマンは薬草を食べていた?

科学者はまた、アイスマンの胃からシダの一種を発見しており、アイスマンが薬草を摂取していた可能性が指摘されている。
あるいはシダの葉で食べ物を包んでいたため、間違えて毒性のある胞子を食べてしまったのかもしれない。
また、シカの肉は生で食べていたか、乾燥させたものだったと考えられている。
(英語記事 Iceman's last meal was high fat feast)

アイスマンの腹部を調べる科学者
_102495559_sample_1
アイスマンは矢を受けて死亡したと考えられている
_102495561_c0068387-death_of_otzi_the_iceman_illustration-spl
新たなスキャン検査によってアイスマンの胃が発見された
_102495556_sample_3
アイスマンの胃から発見された脂質の調査
_102495558_stomachmaterial
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1531485228/
21: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 21:44:12.09 ID:r1rvUsa50
>>1
> また、シカの肉は生で食べていたか、乾燥させたものだったと考えられている。

ということだが、ヤギの脂肪はどうやって食ってたんじゃろ?
氷河地帯では貴重なカロリー源だから、肝油みたいなサプリメント
的な感じだったのかしらん。

82: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:19:23.79 ID:6UwYD1Bg0
>>1
そんな栄養満点ならこんなとこで死んだりしないだろ。

84: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:21:14.02 ID:eqDFFHaY0
>>82
背中かどっかの矢傷が死因だったような気がする(´・ω・`)

96: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:29:16.15 ID:lFLRD62n0
>>84
でもって矢以外に全身あっちこっち傷があって、
塩がないと推測される中での動物性脂肪過多な食生活で動脈硬化の兆候も出てる
塩があったとしても現代日本人みたいにアホほど使えないのに、
動物性脂肪だけで動脈硬化が生きてる内に出るなら、
当時の平均寿命かそれ以上には長生きしてたって事
どう見ても当時としては異例の古兵だ

97: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:30:57.44 ID:eqDFFHaY0
>>96
他にアイスマンがいないのでわからない(´・ω・`)

94: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:26:58.79 ID:tB0cvk1a0
>>82
肩に矢を受けた上、後頭部に強烈な一撃を受けて絶命したのが判明してる。あの氷河で死んだのかどうかは確定してなかったはず

116: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:44:14.37 ID:Z2Fcf4AW0
>>1
なんの変哲もない食事すら
ロマンを感じるぜ(´・ω・`)

3: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:35:45.78 ID:UfRsKXHJ0
孤高のグルメに出てきそうなメニューだな
ab2a7c01-4f25-444d-8e2c-dc5229228634
5: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:37:59.23 ID:TjGfPGVJ0
シダだとワラビみたいなもんか?

8: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:38:59.60 ID:V2+4N6Bj0
>>5
身体に良いとか言われてたのかね
薬草とかドラクエみたい

13: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:40:27.07 ID:uj165Mpd0
ただのみkすてられた雑魚かとおもっていたがいいもんくってんだな

26: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:46:35.24 ID:lGCQEVtz0
シダ類って発癌性あるからな
あまり食うもんではない。

32: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:49:19.80 ID:iejWSK590
氷河のそばで戦闘でもあったのかな
矢傷をうけ氷河に落ちて5300年氷の中という最期はわかったけどどんな名前でどんな人生だったんだろう

58: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:02:22.83 ID:lFLRD62n0
>>32
あ、戦闘前の食事か!
なるほど高タンパク高脂質に偏る訳だ
もしかしたらアイスマンの胃袋の中身は当時の一般人と同じ物とは限らんな

35: 【男の娘】 2018/07/13(金) 21:51:46.11 ID:/56yPa8s0
塩がないのか・・・
燻製にしたらなんとかなるのかなぁ・・・

38: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:52:33.76 ID:JkHKYcjy0
アイスマン、最後の食事
Otzi The Icmean's Last Meal. Gluten Free Diet and Paleo Diet History. Einkorn Wheat.
http://www.youtube.com/watch?v=qLZBbNNDykY


39: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:53:38.65 ID:ZmOdT9o10
塩がないとナトリウム不足になって歩き回れないんじゃ?

107: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:40:58.11 ID:Rp+kmIjE0
>>39
味付けとして独立して摂らなくても肉にはNaが含まれている
肉食獣は食事以外から単独で塩を摂らないのに
草食獣が岩塩とかを舐めにくるのもそのため
そもそも氷河の中で暮らしていてNaが体外に流出する機会も少ないから
身体機能的には肉を食べているだけで問題は起こらないと思われる

53: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:00:45.75 ID:JkHKYcjy0
アルプスなら岩塩があると思うけど、どういう根拠で塩がないと言ってるんだろう?

65: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:05:17.26 ID:lFLRD62n0
>>53
塩が貴重品だったという以上の根拠は多分ない
もしアイスマンが何度も死線を潜った歴戦の強者だったとしたら、当時貴重だった岩塩も使える身分だったかもしれん

73: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:11:33.93 ID:r1rvUsa50
>>53, >>65
獲物のアルプスアイベックスだって塩が無きゃ生きていけないわけで、
それを狩ってた人らも普通に塩場を共有していたと思う。
つまり、ヒト族の中での貴賤による独占とかはありえないと。

55: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:01:31.36 ID:qUS/BQln0
5300年前って縄文時代だけど、縄文人は肉とか魚とか土器で煮炊きして食事してたよ。

68: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:06:55.15 ID:r1rvUsa50
>>55
この人らだって、普段は焼き肉を食ってたと思う。
でも死んだのは森林限界より上の氷河の上だし。

77: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:16:12.17 ID:tB0cvk1a0
同時期ごろのメソポタミアではすでに塩が利用されていたというが、ほぼ川や海の水から作っていたようで、山岳地帯においては極めて貴重だったんじゃないかと

136: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:59:49.75 ID:YBEuq8Zl0
◆2. アイスマンは体の不調に悩まされていた
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8469/
 結果はあまり健康とは言えないものだ。
 40余りの病状が記載された一覧には関節の摩耗、
 動脈硬化、胆石、足の小指の腫瘍(凍傷によるものと思われる)などが含まれている。

141: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:14:53.13 ID:gO62gI0L0
アイスマンが発見されたのは、イタリアとオーストリアの国境にある渓谷

最初は通常の遭難者の遺体と考えられていたため、イタリアとオーストリアの両国の警察は
捜査の手間を惜しんで、お互いに「発見された場所は相手の管轄だ」と押し付けあっていたが、

考古学者の指摘で青銅器時代の人間だとわかると、今度は両国とも一転して、管轄権を主張しだし、
ミニ国際紛争に発展した

167: 名無しさん@1周年 2018/07/14(土) 01:36:19.01 ID:nG5jj2x00
なかなかにロマンティックだな
三内丸山だったかで縄文料理食べれるんだっけか、この最後の晩餐も少し現代風にして
出したりしないのかな現地で