51KE6BGBBTL._SX337_BO1,204,203,200_

724: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:13:33.06 ID:KZOpt5XG0
農民っていうと権力に従順な被支配層ってイメージやけど戦国時代までは全然イメージ違うんだよな 
成人男性だったら帯刀していて当たり前(そうじゃなきゃ子供か隷属民)、隷属民を抱えている家も多い、村の自由民男性だったら村の中では一種の支配層、村同士で抗争抗争アンド抗争、 
どの武将につくか決めるなどの立ち回り要素あり、村中総出で合戦を観戦に行ってどっちかが負けたら楽しく落ち武者狩り 

特に湯起請や火起請みたいな裁判は絶対にやりたくないンゴねえ
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1530853442/

733: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:15:25.34 ID:mKLECgg00
>>724 
自力救済と私闘が吹き荒れてこそザ・中世よな
755: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:18:27.20 ID:KZOpt5XG0
喧嘩両成敗の誕生って本に書いてあったんやけどこの時代はまだ困ってもなかなか法の保護を受けられない自力救済社会だったのが怖いとこやね 
平民もとにかくキレまくる時代 
少し時代は遡るけど室町時代の例としてこんなのが挙げられてたり 

下女、店に注文していた元結(髪飾り)を引き取りに来るも完成していなかったため店主を罵倒 
↓ 
店主激怒、下女を殴打し叩き出す 
↓ 
下女激怒、主人の侍に訴える 
↓ 
侍、店主殺害計画をプランニング 
↓ 
殺害計画を察知した店主、仲間を引き連れ市街地で弓矢による先制攻撃 
↓ 
侍、店主たちを殺すも力尽きる 
↓ 
店主の領主だった関口家の侍が出撃 
↓ 
侍が仕えていた三条家の侍も出撃 
↓ 
洛中で軍勢が衝突 
↓ 
吉良家が裁定してどうにか解決

786: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:22:22.47 ID:TJ8cY/rSM
>>755 
これ関口三条のバックにいた山名や赤松も軍を動かしとるからな 
割とシャレにならん

758: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:19:07.98 ID:s+m2D+Gh0
>>755 
これほんと草生える

770: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:20:29.22 ID:KZOpt5XG0
>>758 
時代が下ると多少マシになっていくみたいやけど戦国時代だったらまだまだこんなノリの世界やな 
というか地方政権乱立だから下手すると時代に逆行してる部分もあるかも

785: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:22:15.91 ID:owhhWBhH0
>>755 
何やこのキチガイ合戦 
日本の出来事とは思えんわ

804: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:25:41.36 ID:l12gQbVM0
>>785 
1億総DQNみたいなもんやし 
多少はね?

812: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:26:54.00 ID:KZOpt5XG0
>>785 
喧嘩両成敗の誕生には他にもいくつも例が挙げられてて面白いで 
まあ昔は国民総ヤクザみたいな時代だったわけや 
ナメられたら奪われる側になって死ぬし法の保護もあてにならないから怒るしかないという
まあ例外的に多少は権力者が頑張って法治や撫民をある程度実現してた時期もあったし試行錯誤は行われてたけど 

ワイが他に酷いと思ったのはある寺に出向いた僧侶集団がその寺の僧侶をバカにしたことで血まみれの殺戮劇が起きた事件やな

852: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:32:03.93 ID:owhhWBhH0
>>812 
その説明だけで面白すぎて還俗したわ

795: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:24:04.77 ID:KZOpt5XG0
戦国時代の分国法のいくつかには明記されてるけど喧嘩両成敗(+私戦を吹っかけられても応戦せずにお上に訴え出たら有利な裁定してやるでという約束)というのは>>755みたいなのを防ぐための新時代のトレンドだったわけや 
自力救済という形で応戦したりしなければ守ってやるみたいな感じよ

796: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:24:10.88 ID:Ofkw+dK90
>>755 
店主の先制攻撃は草生えるわ

841: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:30:55.15 ID:KZOpt5XG0
中世が法の保護を受けにくい自力救済社会だったのにはいろいろと理由があって「部下の部下は部下ではない」という複雑な権力関係があったことも理由のひとつやな 
陪臣には支配が及ばないし権力者とはいえおいそれと手は出せないから必然的に騒乱の温床が残る 

犯罪者でも誰かの屋敷に入って保護を求めれば権力者であっても簡単には手を出せないしそういうやつを保護するのはむしろ美徳とされてたりしたんや 
ただそうやって保護を受けると下人扱いされても文句言えなかったりした模様

883: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:35:34.86 ID:mKLECgg00
>>841 
早い話力こそがすべてな所がわかりやすくて良い 
わけない

902: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:37:26.69 ID:KZOpt5XG0
1432年のエピソード 

北野社の社僧と稚児の一行、酔った勢いで金閣寺の門前で立ちション 
↓ 
金閣寺の僧、立ちションを嘲笑 
↓ 
北野社一行激怒 
↓ 
血まみれの殺し合いに発展 
↓ 
北野社の神人が出撃 
↓ 
金閣寺の僧兵も出撃 
↓ 
幕府高官が何とか仲裁して全面戦争回避 


宗教者でさえこんなノリ

911: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:38:38.33 ID:JaMo9/3H0
>>902 
神人が歴史に登場する時大体禄でもない事なのが草生えるわ

928: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:40:00.04 ID:KZOpt5XG0
>>911 
室町幕府みたいに統制力が弱い政治機構の権力者はある意味ブラックやね 
苦労が絶えない

961: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:43:42.38 ID:1DHuAczIa
>>902 
無理してでも僧兵潰した信長って有能やろ

970: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:45:20.48 ID:WnU/zBXa0
>>961 
ワイは日本史屈指の有能やと思うで 
最近の信長低評価路線ほんと嫌い

980: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:46:38.65 ID:O+8zKkIk0
>>970 
そんな路線は無いだろ 
巷間で言われてるような革新的な人じゃなかったってだけで

985: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:47:15.51 ID:1DHuAczIa
>>970 
明治以降世が乱れるのってまた仏教勢力が軍事と密着してしまったのもあるからね 
宗教勢力から軍事力を去勢しようと試みた信長がほんとのすごいわ

942: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 15:41:41.94 ID:FiIvC+iXH
>>902 
人の立ちションを笑うな