1: 自治郎 ★ 2018/07/26(木) 21:29:57.03 ID:CAP_USER9
 江戸最大の遊郭があった吉原(東京都台東区)の全景を収めた1枚の写真がみつかった。明治時代半ばごろに撮影されたとみられ、専門家は、1911(明治44)年に全焼する前の吉原の街の全貌(ぜんぼう)をとらえた貴重な写真として注目する。

 縦10・2センチ、横14・6センチ。絵はがきの前身としてつくられた鶏卵紙を使った写真だ。今年6月、インターネットのオークションに出品されていたのを、都内在住の収集家、浅田正春さんが入手した。

 台紙の裏面には、「東都吉原」「浅草公園地早取写真師」「江崎礼二製」などと記されていた。1883年に乾板写真の撮影に成功し「早撮りの江崎」と言われた著名な写真師の江崎礼二が、浅草寺の近くに1890(明治23)年に開業した12階建ての凌雲閣(りょううんかく)の展望台から撮影したとみられる。

 写真の手前には、明治維新まで羽後本荘藩主だった六郷家の下屋敷や蓮田、田畑がみられ、その奥に吉原の街区が広がっている。木造3階建ての大きな妓楼(ぎろう)になると時計台や塔を備えるものもあり、客寄せに設けられたバルコニーなども見える。梅毒の検査をした検黴(けんばい)病院なども写っている。

 作家樋口一葉の「たけくらべ」…

(残り:316文字/全文:816文字)

(続きは会員登録で読めます)

2018年7月26日12時53分
https://www.asahi.com/articles/ASL7T64R2L7TPTFC01P.html

凌雲閣から撮影されたとみられる吉原の全景写真
AS20180725005308_comm
台紙の裏面には「東都吉原」などと記されている
AS20180725005310_comm
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1532608197/
36: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:41:07.09 ID:da4+MgcO0
>>1
吉原ってこんなに狭かったんだ

426: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 23:59:43.65 ID:XZMXcZyY0
>>1 
明治でも池波もののドラマに出てくるまんまだったんだな 
田んぼの中にぽつーんと

581: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 02:06:54.98 ID:PD6DZbGFO
>>1 
> 木造3階建ての大きな妓楼(ぎろう)になると時計台や塔を備えるものもあり、客寄せに設けられたバルコニーなども見える。 

味があるな

50: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:45:30.78 ID:kOeMPAJ60
>>1
奥の一角は明らかに色味が違うね
これカラー化したら綺麗だろうな

331: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 23:05:44.72 ID:f9D2NTwM0
>>50
おおざっぱなカラー化をしてみました。
3PfsFp7
現在の技術では、白黒写真から正しいカラー化をするのは不可能です。

横山稔さんとか有名だけど、原理的に大嘘なんです。その理由は

昔の銀塩写真では、カラーを合成するために必要な波長の光の情報が保存されていないからです。

334: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 23:08:49.92 ID:Dmx5ph1f0
>>331
すごいな、よく見たら五重の搭みたいなのが左側奥にあった

336: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 23:10:13.63 ID:sPiub1yH0
>>331
お見事( ´・ω・`)

356: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 23:18:10.50 ID:Xayxbo6l0
>>331
ロック座のあたりも畑だったのか…

387: K.K 2018/07/26(木) 23:31:11.14 ID:Ta9jvO5z0
>>331
植物とかの色は変わらんだろ
建物だって材質から推測できる

458: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 00:24:15.68 ID:1BVbFOlF0
>>387
はい。まあ、その人間の経験を元にして、AIでも職人でも、不自然ではないような色を乗せてカラー
化しているわけです。

植物の葉は木や草の種類によって、だいたいこんな色だという基準がわかるので、それを元にして
コンピューターで分析して行う方法もあるのですが、光の当たり方や、季節の枯れ具合によって
大きく異なるので正しい色の決定はできません。

白黒写真の濃度からだと、灰色とクリーム色、薄紫色の区別がつきません。
赤と緑の差も分からないので、紅葉しているのかいないのかも、白黒の濃度だけでは
判断がつきません。Aiの深層学習を重ねて、それらしい色を乗せても、完全に正しい
色など決定できません。 

とくに、幕末から明治初期の写真は、青い波長しか感光していないので、黄色や赤の波長は、
暗い色に映ってしまいます。日本人の顔や唇が、黒人の肌色のように写ってしまうのです。

赤までの波長を記録したモノクロ写真の感光材料(パンクロ)は、20世紀以降の登場ですが、
普及したのは、昭和初年以降です。

459: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 00:24:36.81 ID:FwUBOcgb0
>>331
これ緑の草山みたくなってるのってAIの誤認識で実際は茅葺屋根なんじゃねえの?

472: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 00:31:12.92 ID:1BVbFOlF0
>>459
そうでした。すんません。同じ色で塗っちゃいました。

65: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:48:47.98 ID:/3nL8IBQ0
>>1
手前が浅草寺?
人口密度低すぎ
自然がいっぱいでのどかそう

696: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 08:03:56.04 ID:OpdW4p8n0
>>65
一応隔離された町だから
しかし小さいな
当時は無理でも今なら逃げられるなw
いいじ時代じゃないか

121: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:02:52.94 ID:aO1AKQxk0
img_0
撮影四年後の明治27年はこれだけの規模だから、
>>1の写真は一部しか捉えていないような気がする。

145: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:08:50.87 ID:vPzcRTF20
>>121
角海老ってこの頃からあったのか・・・
超老舗じゃねえか・・・

743: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 09:01:54.56 ID:Z5FMSjFa0
>>1
☆蔵出・鶏卵紙?【東京/明治期「東都吉原全景」東京名所・吉原遊郭・古写真・コレクション・資料・浅草公園早取写真師・江崎禮二製】中古
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e279016499

73,000円(税0円)


たっけえええええええええええええええええええ
すごい金持ちだな

744: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 09:06:08.69 ID:wvkEl8vH0
>>743
入札が73もある、凄い

3: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:32:10.03 ID:DMYPKFFx0
写真見てもあまりムラムラ来ねえな

16: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:35:44.20 ID:ykO/gAwF0
>>3
街並みでヌケるなんて上級者で済まされるレベルじゃねぇよw

21: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:37:08.29 ID:bLLvl5hS0
もっと街中にあるのかと思ったが意外と田舎だな

46: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:44:53.78 ID:n+W3D6EA0
>>21
町外れの畑の中に隔離されたエリアだからな

59: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:47:40.69 ID:W4KCIZNF0
>>46
街中に作ればアクセスしやすそうなのに
当時は徒歩で移動じゃないのかな

187: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:20:20.24 ID:bLLvl5hS0
>>59
もともとは日本橋の辺りにあったんだよ
あっという間に江戸の人口が増えて浅草に移転した

808: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 16:16:08.21 ID:OYaqewPH0
>>59
街中というよりど真ん中の日本橋にあったから風紀上よろしくないんで移動させた。
別に吉原じゃなきゃ女が買えない訳じゃなく他に庶民向けの所があちこちにあったんです。

784: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 12:54:11.53 ID:qndOYfWh0
>>21
江戸時代は吉原田んぼというのが周りにあるくらいだから

それから、ここは新吉原とも呼ばれ、もともとは今の日本橋人形町界隈にあったのが
街外れへ移転したもの
芝居小屋も、江戸市中にあっては風紀を乱すと、浅草の猿楽町にまとめて移転させられている

793: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 13:30:54.64 ID:/L5yklNo0
>>790
明治に入ってからですら開業二年目の新宿駅で構内に迷い込んだ狐の親子が列車に
轢かれて死んだという記録が残っているくらいの田舎だった。

49: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:45:24.28 ID:GtPE1mlO0
奥に見えるのが妓楼か、この時代から考えると豪華な作りだし、見た目も綺麗なんだな

75: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:51:22.80 ID:yRTwxvHl0
このころの中高年も、
「これだから江戸時代生まれは」とか
「老害江戸脳」とか陰口叩かれてたのだろうか?

92: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 21:56:44.32 ID:GtPE1mlO0
>>75
老人世代が、若い次世代を受け入れないのは古今東西世の常ですわ

186: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:20:18.81 ID:mseTv87/0
>>75
天保老人と呼ばれていた(天保は江戸時代の
年号)。

125: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:03:48.80 ID:OaOGC6us0
吉原の遊女は15歳くらいから働き
平均寿命は21~23歳前後で死んだ

江戸市中に住む成人人口の約半数がなんらかの形で梅毒に罹患していたから

162: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:13:43.27 ID:Zlx2KQQF0
>>125
そして定年は27歳だっけかな
人生五十年の時代にしたところで、なかなかにシビアでね
それまでに身請けされなければ夜鷹つまり野良売春なり
田舎宿場の年増の飯盛女として生きていかねばらならんわけで
苦界といい地獄というのも当然ですな。

身請けの約束に「指切りげんまん」とかいってガチで指斬ったりしたそうだがw
これはまあ遊女にとって身請けの約定はそれほど切羽詰まったものだったからだね。

155: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:12:15.66 ID:6uk48x+m0
もうだいぶ少なくなったけど、赤線地区の建物とかも洋風の凝った外観だったりするよな
ステンドグラスだとかタイル張りだとか
あーゆーのも写真で残してくれてる人がいてありがたいわ

193: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:22:06.82 ID:uSrJ+XFI0
>>155
モノクロだと分かりにくいけど
女郎屋の建物は配色がケバいんだよ

228: 名無しさん@1周年 2018/07/26(木) 22:31:21.62 ID:6uk48x+m0
>>193
内装もいいよな、襖絵とか回廊とか、どぎつい配色あるしな
飛田の百番も、あの荒れ様ではいつまで持つかわからんが、まだ往時がしのばれるし
好みは分かれるけど個人的には大好きやから残してほしいわあ

788: 名無しさん@1周年 2018/07/27(金) 13:14:06.20 ID:e7SWq4fI0
>>155
遊郭や赤線の跡を周るのが趣味の人がいるから、ネット上に訪問記がけっこう転がっているよ。
自分が驚いたのは、阿部定事件の阿部定が事件を起こす前に働いていた丹波篠山の遊郭の建物が現存していること。