Dj1QL9yUUAEcJ2e

青木崇高の島津久光、ほんま似てるよなあ特にふてくされた顔してるときは肖像画にそっくりw
#西郷どん pic.twitter.com/GrSlBbQUnX
吉之助のファーストキスの相手だけに、誰からも文句がでない。

#西郷どん pic.twitter.com/lqwsHAhRK0
小学生の皆さん。

夏休みに昆虫や植物を観察するときは、このような目線(態勢)をとってください。

#西郷どん pic.twitter.com/kbemmH3enI
後の大久保 利和 貴族院侯爵議員。実弟は牧野伸顕伯爵

牧野伯爵の長女と吉田茂元首相が夫婦で、麻生太郎財務大臣は二人の孫

全部は書ききれないが、凄い家系だ

#西郷どん pic.twitter.com/bShLlkvnZB
糸どんは、この後吉之助の三番目の妻となり、吉之助との間に寅太郎・牛次郎・酉三の子宝に恵まれ、更に愛加那との子どもたち菊次郎・菊草も養育する良妻賢母なのです。

#西郷どん pic.twitter.com/r7Gy6UMqYg
今日のヒーローは、兄嫁を一喝した糸パパって事で。
#西郷どん pic.twitter.com/cZw2LShlZb
正妻・大久保一蔵がおるのに、三度目の正直とは。 #西郷どん
川口雪篷は慶応元(1865)年頃に赦免。鹿児島に帰った後、ふらりと西郷の家に現れ、いついてしまう。そしてその後は吉之助の留守を守る「留守居役」あるいは「家令」のように働き出す。この後、雪篷が西郷家の岐路に影に日向に働くこととなるのは、史実。 #西郷どん
「好きなだけ世話になるど!」
なお川口雪篷は没するまで西郷家に寄寓し、埋葬されたのも西郷家の墓であった。
#西郷どん
島津久光は、参勤交代をしたくないばかりに薩摩藩邸を自分で火をつけた事があります。
#西郷どん
明らかに心にも無いこと言っているのに心配そうな顔をしてくれる久光まじ良い人 #西郷どん
西郷どんヒロインレースはこれまで一蔵どんの一強だと思ってたけど、ここに来て島の恋人雪篷さぁと国父さまが満を辞して参戦したことによって混迷の様相を呈してきた(全員男) #西郷どん
薩長同盟説明歴ヲタ用→一橋慶喜を将軍にする一橋派の薩摩が、7月17日政変で長州を追い出したが生麦事件薩英戦争で賠償金を幕府に払わせ慶喜は薩摩含む雄藩連合排除し、薩摩は四侯会議で対抗するも慶喜が潰し長州と結ぶしかなくなる。
一般人用→龍馬が偉い
#西郷どん
「んにゃんにゃんにゃ!」と文字に起こすと可愛らしいのう #西郷どん
…一度目の嫁は逃げたっつうか、あんたらが無意識のうちにイビり倒したからじゃねっすか #西郷どん
というか、ここで嫁取り話するならここまでに「西郷に嫁が居ない事で様々な難点が出ている」事を描いておくべきだなあと #西郷どん
なんか糸と恋愛結婚な感じなので変になっているが
史実的には、
西郷隆盛は愛加那と結婚し、子供できるが島妻は薩摩につれてこれないが子供は連れてこれる。
→長州征伐から薩摩に帰ってきた二週間で、小松帯刀が糸と西郷隆盛を見合い結婚させる。
#西郷どん
西郷のイトと結婚について、「小松帯刀が媒酌人」としているケースを見かけるが、当時小松は在京であったので、物理的に不可能である。#西郷どん
西郷吉之助の3度目の妻、糸子(イト)。1度は海老原家に嫁いだが離縁され、吉之助とは再婚であった。 #西郷どん では幼馴染みとして描かれているが、元治2(1865)年の結婚の時、イト23歳[生まれは天保14(1843)年]、吉之助36歳、13歳差であった。