DkZQUS0V4AAu-to

\フォトギャラリー公開!/
第30回「#怪人岩倉具視」を写真でプレイバック!
あのシーンの余韻、味わいもんそ。

#大河ドラマ #西郷どん
nhk.or.jp/segodon/story/… pic.twitter.com/mZfOm1mxI1
熊本では田原坂の戦いが、これまでになく推されていたのが印象に残っていたが
よく考えたら #西郷どん の絡みからか

実際、ドラマでそこまで続くのか不安な今日この頃 pic.twitter.com/ddb5lZCTSR
鶴瓶師匠じゃない、岩倉具視だ。この人は岩倉具視なんだ!と言い聞かせながら観てたんだけだ。「お前はアホか!」で、やっぱり鶴瓶師匠だわ、ってなったよね。#西郷どん pic.twitter.com/Z9FktcdA0q
岩倉具視、慶応元年で40歳。西郷吉之助37歳……これで3歳しか違いません。もう一度言います。3歳差です!
#西郷どん pic.twitter.com/NpmHZmYD5k
笑福亭鶴瓶さんが公家に見えない!との意見も散見されますが、これでいいのです。岩倉具視は堀河康親という公家の次男として生まれ、幼名を周丸(かねまる)といいましたが、容姿も言動も公家らしさがなかったので「岩吉」と呼ばれていたくらいですから、公家らしさがなくてよいのです。 #西郷どん pic.twitter.com/0kl0FTX0dq
ちなみに岩倉具視は、才能があったが容姿や字など芸術系は恵まれず、若い頃は顔が四角いから公家の女子から「岩吉」と呼ばれていた。今で言う「岩倉具視って顔がばくだん岩みたいだよねー!いややわー!」みたいなアダ名を公家の腐女子からつけられた可愛そうな人。
#西郷どん
これは岩倉具視というよりただの笑福亭鶴瓶なのでは?!(笑)
#西郷どん
岩倉具視の孫・具張(ともはる)は、西郷従道の長女・桜子と結婚しています。
桜子は1話に出てきた、西郷真悠子さんが演じられている女性☆

具張は今で通るイケメンですが…花街通い、浪費癖、土地の売買失敗、行方不明等なかなか大変な人物だったようで、しまいには家族と別居となりました💦
#西郷ど

丁半賭博は、サイコロに仕掛けがなくても、熟練した人が壺の振り方を工夫すれば思う通りの手が出せるから、「思う壺」
#NHK #西郷どん
幕末ものでほっかむりしてコソコソしてる武士がいたら十中八九桂小五郎
#西郷どん
桂「薩摩など信じられる訳がなかろう!!」

史実桂さん「それはわかる」
史実木戸さん「すごくわかる」
#西郷どん
慶喜さんが敵にならないと倒幕って話が作れない脚本家によってチンケな悪党にされる慶喜公ほんとにお気の毒 #西郷どん
桂小五郎は、神道無念流免許皆伝、入塾一年で塾頭という剣豪でありながら、生涯人を斬ったこともなければ、真剣を振るったこともなかった。大久保のたった一言でキレて剣を抜くような人じゃありません。歴史改変しないでください。 #西郷どん
@grusori @tyousyuu_mika 桂に限らず、神道無念流は刀を抜かないことを最もよしとする流儀ですから、あんなことくらいで刀を抜くなんか到底ありえませんね。
史実5パーセントな大河でも桂さんと大久保さんが喧嘩をしがちという史実だけはきっちり抑えて来た大河、たぶん徳富蘇峰がアドバイスしてる #しかし物理的喧嘩は勝敗が分かり切ってるのでやめたほうが #西郷どん
岩倉具視といえば…☆

・日本人で初めて癌告知を受けたといわれている人物
(ドイツ人医師・ベルツによるもの)

・日本で初めて国葬が執り行われた人物

#西郷どん
今週の西郷どん見ました
西郷どん「おまんら!岩倉様はすごかお人じゃ!」←わかる
薩摩藩士「岩倉様はすごか!」←わかる
西郷どん「ご子息をお連れしもした!」←???

どっから連れてきたんだよ、西郷今日なんもしてないじゃん!
茶飲み友達やってやっぱり西郷は凄いは無理があるぞ!

#西郷どん