1: 樽悶 ★ 2018/08/12(日) 19:12:13.94 ID:CAP_USER9
土塀に囲まれた志波城には、兵士が駐在したとみられる竪穴住居があった(盛岡市で)
20180809-OYTNI50019-L
「延暦8年の戦い」の構図
20180809-OYTNI50020-L
蝦夷と朝廷による主な争いとアテルイ
20180808-OYTNI50014-L

政策転換 各郡の郡司に

 の名を後世に知らしめたのは、延暦8年(789年)に胆沢(現奥州市)で繰り広げられた朝廷軍との戦いだ。

 約5万2800人を多賀城に集めた朝廷側は、胆沢を攻めた6000人のうち戦死者25人、負傷者245人、溺死者1036人を出したが、約1500人で勝った蝦夷(えみし)側の被害は少なかった。「アテルイ率いる蝦夷の卓越した戦術のたまもの」。元奥州市埋蔵文化財調査センター所長の伊藤博幸さん(70)は語る。

 朝廷軍は3隊に分かれて北上川の両岸を北上。西岸を進む前軍が先回りして川を渡り、東岸の2隊と共に敵を挟み撃ちにする作戦だったが、山に潜んでいた蝦夷軍の急襲に遭い、多くの兵士が川に逃げて命を落とした。地の利を生かした蝦夷軍の大勝利だった。

                 ◇

 敗戦に衝撃を受けた桓武天皇は、蝦夷平定に新体制を敷く。その一人が、アテルイのライバルとなる坂上田村麻呂だ。延暦13年(794年)、前回の2倍となる10万人の兵を送り込む。この年は平安京遷都の年で、負けは許されない。「首四百五十七級を斬り……落(村落)七十五処を焼く」。徹底的な焼土作戦だったと朝廷側の報告に残る。

 7年後の延暦20年(801年)、再び約4万人が攻め込むと、翌年、アテルイは降伏。10年余で20万人の大軍を相手にした蝦夷の指導者の戦いが終わった。田村麻呂がアテルイの能力を認め、朝廷に助命を願ったのは知られた話だ。そのカリスマ性は東北支配に役立つと考えた。「奥地に放還すれば、所謂(いわゆる)虎を養ひて患(うれい)を遺(のこ)すならむ」。虎のように危険な人物を生かしておけない。公卿らの判断で、現在の大阪府で処刑された。

                 ◇

 アテルイの死は何を残したのか。その一つが、田村麻呂が803年に蝦夷政策の最前線基地として造った志波城跡(盛岡市)で見つかった。

 さらなる征夷の拠点とみられてきた城には、兵士が駐在した1000棟以上の竪穴住居があり、かまどの形は蝦夷、関東系の2種類が確認された。敵対していた蝦夷と関東の兵が、戦後、共に活動していたとみられる証左だ。

 背景に政策の転換がある。桓武天皇は805年、蝦夷征伐の終結を宣言。以降、蝦夷の有力者が東北各郡の郡司に任命された。「蝦夷の協力を得て東北各地を統治する穏健な政策が採用された」と伊藤さん。アテルイの犠牲が、蝦夷の地位向上につながっている。

 志波城は川の氾濫により約10年で廃絶。812年に造られた徳丹城(矢巾町)では兵の配置が停止され、軍事的緊張は薄らいだ。814年、嵯峨天皇が発した勅は「夷俘(いふ)と号すること莫(な)かるべし」。蝦夷を差別するなという意味だ。それはアテルイが目指した境地だったのだろう。

読売新聞 2018年08月09日
https://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20180809-OYTNT50068.html

【関連記事】青年期のアテルイ 中央への反発なく
https://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20180808-OYTNT50039.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534068733/
83: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 20:41:01.91 ID:wIVFP4x20
>>1
>元奥州市埋蔵文化財調査センター所長の伊藤博幸さん(70)は語る。

古代史に関しては岩手史観と青森史観では結構違いが散見されるんですョ

分かり易く分類すると「陸の藤原」と「海の安東」ぐらいの違いがある。

421: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 18:51:41.86 ID:PB7tFR4W0
>>1
NHKのドラマでやったとき「ずいぶんお花畑な」と思ってごめんなさい

246: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 08:31:13.95 ID:AMSdR8fl0
>>1
10万人動員てさすがに盛ってるだろ?
兵站はおろか現地調達にしても蝦夷の土地なんで虐殺しないと食糧も奪えないだろうし

255: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 08:43:30.54 ID:z7IHWrSP0
>>246
朝廷はまず関東の豪族と戦い勝ち
関東を植民地化する事で物資も人材も確保している
当時関東にも大きな豪族と国があった
あまり取り上げられないがちゃんと歴史として文献、遺跡が残っているよ

433: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/08/13(月) 19:02:03.84 ID:ovHuKNMH0
>>1
> 背景に政策の転換がある。
> 桓武天皇は805年、蝦夷征伐の終結を宣言。以降、蝦夷の有力者が東北各郡の郡司に任命された。

こちらは延暦24年か。東北の不連続点、大同二年(807年)の2年前だな。
すごく良いことをしたように書いているが、以降連綿と続く同化政策の嚆矢だ。

435: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 19:07:57.62 ID:k0fjzqp80
>>433
いやそもそも財政破綻して朝廷軍が置けない(縮小した)から
北東北はエミシの郡司に任せるしかなかった
というのが実情でしょね

ちなみに9世紀前半の朝廷軍は出羽・陸奥あわせて1万ぐらいとされているね
これで東北全域を防衛・支配するのは不可能なので
エミシ(俘囚長)が実際には城・柵を防衛していたわけだ

ハッキリ言えば、ヤマトの支配は不徹底のまま9世紀を過ごしたことになるね
そもそも桓武のエミシ征伐で財政が大幅悪化したからこんな情けない状況になってるわけだ

440: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/08/13(月) 19:11:05.47 ID:ovHuKNMH0
>>435
ふむふむ。
でも、この「蝦夷で蝦夷を支配する」政策は非常に有効だよね。
蝦夷の有力者を骨抜きにして、ヤマト王権の走狗に仕立てるのだから。

443: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 19:15:20.89 ID:svxAzFcI0
>>435奈良に仏像なんか作ってるからだよ

446: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/08/13(月) 19:17:11.29 ID:ovHuKNMH0
>>443
その仏像に塗る金が欲しくて東北侵略したそうだし、
何が何やらだよなw

132: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 23:29:42.72 ID:kJTA5xbw0
さっきまであったアテルイすれとは記事が違うな 

こっちの記事は極めて順当だ 
これぞアテルイの供養になる良い記事だわ

11: 発毛たけし ◆ayiO.z1dnU 2018/08/12(日) 19:17:40.86 ID:1vya7Dd10
なんで


アテルイvs田村麿はすごい面白いのに


大河ドラマにしないんだろな

177: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 00:55:52.70 ID:WoFrXqGy0
>>11
カエサルvsウェルキンゲトリクスはあんまり映画とかドラマになってないだろ
侵略者が勝つだけなんで面白くねえんだよ単純に

12: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:20:58.88 ID:mpSopG6S0
犬死にじゃなくて良かったな

33: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:47:47.35 ID:GHA/D+BP0
悪路王のことだっけ?

当時は多分僭称として朝廷が「悪路王」呼ばわりしたんだろうけど
今となってはすげー厨ニ心をくすぐるカッケー名前になったな…

103: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 21:33:02.35 ID:/Sp4EFb40
>>33
平安時代だと名前に「悪」が付くのは武士などだとむしろ尊称であった

231: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 07:56:56.52 ID:sc7wPQyC0
>>33
平安時代の「悪」の字の意味は今と違うぞ
人物の呼称に付く場合は、猛烈なとか厳しいとかで畏れるニュアンス
低めるような意味では無い

48: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:58:15.12 ID:NX4NSO2x0
「阿弖流為」と「悪路王」は別人っぽい。(´・ω・`) 

伊能嘉矩 著『遠野史叢. 第2篇 (悪路王とは何ものぞ)』

57: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 20:05:38.96 ID:GHA/D+BP0
>>48 
悪路王とされる人物は複数いるみたいだし 
悪路王の一人、蝦夷の王ってくらいのニュアンスかもね 

大河ドラマとかにしたら、鈴鹿御前の人選も問題だぞ!今フェミが大好きな女傑だぞ!

35: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:49:12.81 ID:X/GgepIA0
蝦夷を仲間割れさせて他の蝦夷にアテルイを討たせたのかも
アステカ帝国やインカ帝国はそうやって滅んだし、
北米やアルゼンチンと違って
メキシコやペルーでは現地人とスペイン人が協力関係にあったから混血(メスチソ)が進んだ

39: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:50:14.58 ID:ldVUU5uM0
和人との交易で富の集中が起こって強力な指導者が出現→その指導者が和人に対して反乱→鎮圧されて支配を受ける
北海道のアイヌにしろ東北の蝦夷にしろ、これの繰り返しの歴史。

42: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:54:51.22 ID:P9zht2hk0
多賀城は歴史ファンを除くと、ほとんど無名だが、東北の政治・軍事・文化の中心地だった

47: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 19:58:12.66 ID:fcZ/y88g0
ローマの都市国家からイタリアが統一されるまでや
ギリシャが統一されるまでに比較すると大和王権が
本州を統一するまでに数百年だから随分短い
これは戦闘での平定だけではないとは思ってた

68: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 20:13:22.41 ID:Zpa2gaKe0
割と強くて面倒くさいから、強力な指導者をぶっ殺した後で穏和な統治策で懐柔したな

70: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 20:17:40.90 ID:X7zLvS+O0
柴田勝家vs上杉謙信の手取川の戦いみたいな感じだな。

86: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 20:43:49.36 ID:ZqA4Go7n0
チヌーク、イロコイ、アパッチ、コマンチ、ブラックホーク…

コブラやオスプレイみたいな例外もあるけど、米軍はヘリコプターの愛称をネイティブアメリカンの部族や部族長に由来するネーミングにすり慣例がある
手を焼かされながらも、強く誇り高い戦士としての姿に敬意を払ってるんだろうね

坂上田村麻呂とアテルイの敵味方を越えた関係みたいのは、時代や場所に関係なくあるんだろうね

92: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 21:12:48.50 ID:KPGlCGG70
英雄カエサルもガリアを平定した後、ヴェルチンジェトリクスを
さんざん見世物にした後、処刑してるんですけどね
捕まえた危険な敵を生かしておかないのは基本

104: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 21:34:42.82 ID:tJ0jDK/L0
これは一部の有力者を優遇して残りの連中を抑えさせるというよくある植民地政策

116: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 21:58:47.66 ID:FQbPDEOm0
イギリスでもケルト・ブリトン・ローマ・アングル・サクソン
チュートン・ノルマンと何度も異なる民族が入ってるのに

縄文人・蝦夷・弥生人がほぼ単一民族とかどんなお花畑
渤海・遼(契丹)・女真とか東北に交易できた国も山ほどいる

阿弖流為直前頃の気候は温暖化干ばつに沿って北方侵略が世界的傾向
しかし900年頃には寒冷化して戦争どころではなくなってる
だから共存するしかないと方向転換したんだろう

136: 名無しさん@1周年 2018/08/12(日) 23:37:26.73 ID:kJTA5xbw0
桓武天皇が始めたエミシ38年戦争じゃないが
桓武天皇がふぁびょって拡大させたのも事実
780年のコレハリノアザマロによる反乱(多賀城焼き討ち)で腹を立てたか
汚い戦争(エミシ同士を戦わせる)をやった朝廷の自業自得だ

この記事は非常によく書かれているが
実は朝廷が805年頃に東北支配をエミシの俘囚長に大幅移譲したのは
すでに朝廷に軍隊を維持する財政がなかったから。
桓武天皇はアテルイ征伐にこだわったせいで財政破綻を起こしていたのだ
結局勝者はアテルイだった

217: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 07:24:40.05 ID:7eq3ayMm0
しかし、アテルイがこんなに有名になるって時代だね。
10年も前は地元の人でも知らなかったのに。

245: 名無しさん@1周年 2018/08/13(月) 08:29:08.89 ID:oKotuy8X0
>>217
地元の人だけど平成一桁頃には小学校でああアテルイエミシの頭みたいな曲先生が作ったり
延暦8年の戦いの絵が新しくなったり目が光るアテルイ像が出来たりしてたぞ