1: みつを ★ 2018/08/14(火) 18:47:19.06 ID:CAP_USER9
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8B4HSGL8BPLBJ001.html?ref=tw_asahi

江戸時代の食生活の変化、書物の紙に混ざった毛髪で判明
野中良祐
2018年8月14日18時5分

 江戸時代の書物の紙に含まれていた毛髪を分析したところ、当時の庶民の食生活が見えてきた――。そんな研究結果を14日、龍谷大などの研究チームが発表した。時代が進むにつれて、海産魚をよく食べるようになったことなどが、元素の分析から推定されるという。

 龍谷大の丸山敦准教授(生態学)によると、江戸時代の都市では出版ブームが起こり、たくさんの書籍が発刊された。大量の紙が必要なことから、古紙の回収や再生紙づくりも盛んになり、この過程で毛髪が紙に埋め込まれた。これらの毛髪は、たまたま混入した可能性のほか、耐久性を上げるための材料として、意図的に混ぜられたとする説もあるという。

 チームは、江戸時代に作られた書物から、130サンプルの毛髪を採取。炭素や窒素の同位体の割合を分析し、食生活を調べた。

 その結果、1700年以降の200年間に、海産魚を食べる割合が徐々に増加していったことが裏付けられた。漁業技術が発達し、ニシンなどの漁獲量が増えたことが背景とみられる。
 地域別にみると、江戸では、ヒエやアワなどの雑穀を食べる割合が比較的多かった。「江戸患い」と呼ばれた脚気が流行したため、ビタミンを含む雑穀を食べる健康法が広まっていた可能性があるという。

 丸山さんは「今後、飢饉(ききん)などの大きな出来事の前後で食生活が変わったかどうかについても、詳細に調べたい」と話している。(野中良祐)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534240039/
1: 水星虫 ★ 2018/08/14(火) 19:04:03.06 ID:CAP_USER9
江戸時代の毛髪分析で食生活判明

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20180814/2010001257.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

江戸時代に出版された本の繊維に紛れ込んだ髪の毛を分析した結果、
当時の食生活や地域間で食事の内容が違うことがわかったと、
龍谷大学などの研究チームが発表しました。

これは龍谷大学理工学部の丸山敦准教授の研究グループが14日、
イギリスのオンラインの学術雑誌で発表したものです。
江戸時代の本の表紙に使われている再生紙には、当時の人の髪の毛が繊維にからまって
紛れ込んでいることがあり、研究グループは、本が出版された時期や地域ごとに、
髪の毛に含まれる窒素や炭素を特殊な装置で分析しました。

研究グループによりますと、窒素や炭素の同位体の比率からおおまかな食事の内容がわかり、
▼江戸時代中期から後期にかけて海の魚を食べる割合が次第に増えていったことや、
▼江戸の人たちがアワやヒエなどの雑穀を多く食べていたのに比べ、
京都や大阪の人たちはコメを多く食べていた可能性があることが確認できたということです。

江戸時代の本は古本市などでも手に入りやすいことから、丸山准教授は、
「今後は研究の材料をさらに収集し、細かい年代や地域を分析して
飢きんの時期に、何を食べていたのかなどを調べていきたい」
と話していました。

08/14 18:05

4: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:50:45.05 ID:OC1EbgEM0
>>1
あの当時でも脚気には雑穀を食べた方が良いとの
知恵があったのか

15: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:02:14.78 ID:0PKZG43o0
>>4
江戸時代が始まった頃、伊達政宗がローマ教皇に使節を送ったけど、
太平洋横断時の壊血病(ビタミンC欠乏症)予防のために、仙台味噌を多く積み込んだ
経験による知識というのは、意外に侮れないもんだよ
それに比べて明治陸軍……

5: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:51:52.14 ID:Mm3ynwyE0
白米は誰が食べてたの

42: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:12:27.64 ID:NUKMR3gY0
>>5
百姓も含め、日本人の各層が米を食べていた。
百姓が日常的に食べてないと、米の生産量が遥かに優り、
貯蔵限度を超えた余剰米が存在してしまう・・という計算。

43: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:16:52.51 ID:nJVqb9pr0
>>42
酒とかに加工してた分があるのでは?
実際不作の年は酒造りを控えさせてたりしてるからな

46: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:32:15.40 ID:vvSQqE860
>>42
白米だけの飯が食えなかったという話がなぜか米が食えなかったという都市伝説にすり替わってるのな。
雑穀であの人口を養おうと思ったらどんだけ土地が要るんだっての。

52: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 22:30:35.25 ID:nJVqb9pr0
>>46
都市伝説でなく農民は搾取されていたというマルクス主義のせいだろなそれは

53: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 23:17:08.33 ID:NUKMR3gY0
>>52
「江戸時代の農民が米を食えなかった」ってのは、左からも、右からも言われてきた。
さらには農民自身も言っていた。「七人の侍」にあるよう弱者の知恵で。

224: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 22:27:03.25 ID:WFh1I/l70
>>1 
反論してみよう 

・脚気は江戸時代に白米が流行した江戸で流行して、江戸患いと呼ばれた。 
これは参勤交代で江戸に来ている武士が、体面もあるため白米を中心に食べると脚気になり、国元に戻ると治ったことから。 

・江戸時代の紙の生産地はどこか?江戸市中で紙の生産をしていたか? 
ちり紙にしていた浅草紙は今の足立区辺りで生産していたが、書物に使うような紙はどうしていたか? 

・江戸中期以降は蕎麦が流行した。これは脚気を予防するビタミンb1が蕎麦に多く含まれていたから。 

*ちなみに当時の脚気は死にます

232: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 22:41:33.30 ID:9JOySEKl0
>>1の研究材料が詳細ではないが、江戸期の版本を 
1000タイトル以上「書誌」を採取した俺の経験では、 
髪の毛が混ざっているのは表紙(後表紙を含む)の芯地なんだ。 
芯地に美麗な紙を付けて表紙になる。 

 芯地の紙質はひどいもので、「間合紙(まにあいがみ)」なんて言うが、 
複数回再生を繰り返した再生紙。小石は混ざるは、たぶん泥は相当に入っている、 
さらに髪の毛。髪の毛は繊維?なので補強になったのだろう。色は灰色。 

 こんな紙、輸送費がもったいないから現地(江戸なら江戸)生産と思われる。ただ、そのあたりの研究は行われていないのではなかろうか。 
ということで、江戸や上方の食生活の違いを知るためには十分に利用できると考える。 

 これを補強する知見を得るために、紙の研究(とりわけ間合紙など)に科研費が下りて、研究が進展するとうれしいな。

382: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 03:17:03.38 ID:RGyaV8J10
>>1 
古書の紙から毛髪を採取するのか 
いいアイディアだなぁ 
これならかなり広い地域・時代のデータが取れるんじゃないか?

8: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:52:23.05 ID:R3WRx7LU0
毛髪から食生活がわかるのか
待てよ、髪がない場合は…

11: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:55:00.23 ID:ltCACu0Y0
ハゲはここでも役に立たなかったね

14: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:58:25.92 ID:eH2TaajQ0
>>11
丁髷の時代なんだからてっぺん無くても問題ないわ!

16: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:04:47.68 ID:G8L25Okp0
>>11
抜け毛が混じった可能性もあるんだ、ハゲに感謝しろ。

12: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:55:23.25 ID:rlp0BIrV0
>江戸時代に作られた書物から、130サンプルの毛髪を採取
よく見つけたものだ。発見する、うまい方法を見出したのか。
それとも人海戦術?

13: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 18:56:11.51 ID:zH/g/giB0
いまより雑穀食べるの普通だったし、効果もすぐ出るしで分かりやすかったのかもね

21: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:15:11.21 ID:BLr9dQLK0
>。「江戸患い」と呼ばれた脚気が流行したため、ビタミンを含む雑穀を食べる健康法が広まっていた可能性があるという。

これがホントならすごいな

24: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:16:35.04 ID:34g/vNjw0
>>21
蕎麦もだよ

50: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:42:07.84 ID:F1ibGbid0
幕末の食事を調べたことがあるが
庶民は毎日白米、味噌汁、煮豆、漬物程度だった
古紙の回数業や紙漉き職人がセレブとは思えないから
あくまで江戸初期に比べたら、という話なのかね

57: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 23:34:06.92 ID:tzAkZuWS0
といっても 東北を中心に飢饉も多くて餓死者もたくさん出たしな

58: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 23:42:11.38 ID:NUKMR3gY0
>>57
百姓が貧しかった(あるいは貧しい百姓が居た)ってことや、飢饉があったってことと、
米を常食にしてたかってことは別のこと。

15: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:09:55.50 ID:krBvp6Vj0
江戸の人口はバカに多いのに物流のかなりを荷駄に頼っていたから慢性的にコメ不足だったはず
その点では廻船と舟運に優越した京大坂の方がモノを得やすかっただろうね

57: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:24:58.50 ID:CD6+N0ez0
コーエーの大航海時代をやると脚気予防にライムジュースを持って行くけどね。
本当かどーかは知らないけど。
やはり航海が長くなるとビタミンが不足するそーな。

65: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:31:51.77 ID:Qb2k7S0W0
>>57
それ脚気じゃなくて壊血病予防だろ

106: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:04:23.93 ID:7kIR0ctX0
>>57
壊血病予防にはライムよりもレモンの方がいい。
でも、イギリス海軍はケチだから安いライムのジュースを積み込んだ。
だから今でもライミー(ライム野郎)はイギリス人に対する蔑称。

60: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:28:01.68 ID:SLOWFZch0
本に関与していたひとの食生活は分かるだろうけど
一般の民衆がなにを食っていたかまでは分からないんじゃね

98: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:56:43.98 ID:YF4/tTTY0
> 窒素や炭素の同位体の比率からおおまかな食事の内容がわかり
いくらなんでも大雑把すぎないか?

112: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:07:21.63 ID:1q20vg/D0
関東の百姓が粟や稗を食っていたってのなら分かるけど
書物に関わる都市部の人間が雑穀食っていたのかね?

江戸の町に雑穀の流通ルートがあったのなら意外な話というか
落語とかだと米しか出てこないからね

122: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:19:20.84 ID:8zUx994sO
白米ばかり食べて脚気になるのを「江戸患い」と呼んでたのに、
京患いや大阪患いなんて聞いたことない
江戸と上方では、オカズの種類や割合が違ったのか

134: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:31:17.38 ID:djypwEMi0
>>122
研究サンプルの人毛が、江戸に着て間もない人だった可能性もw

まあ、江戸の庶民風俗話にも腐るほど出て来る江戸患い。
宵越しの金全部突っ込んで、白米食っていたろう。
蕎麦食って治癒。

66: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 19:32:21.38 ID:1JxOJe600
大阪は天下の台所やさかいな