1: 樽悶 ★ 2018/08/14(火) 23:54:02.85 ID:CAP_USER9
※総踊りスレ
海軍主流の永野修身は、対米開戦派の中核となった
20180813-00010000-nkbizgate-000-5-view

 1945年の太平洋戦争終結から、平成最後の夏となるこの8月で、73年を経た。現在でも残る疑問のひとつは、明らかな国力差にも関わらず、なぜ当時の指導者層が日米戦に踏み切ったかだ。陸軍の暴走に政府、海軍、宮中、さらに世論までが引きずられていったかのようにも映る。しかし早期開戦を主張し続けたのは、実は海軍主流派だった。

大臣・総長・司令長官を歴任したエリート

 森山優・静岡県立大教授は「昭和史講義 軍人編」(ちくま新書)の中で、海軍主流派の行動は「それなりに論理的整合性が高い」と分析する。それがなぜ「全海軍を失う結果」(森山教授)に終わったのか。海軍の挫折は、急変する経営環境に対応していかなければならない現代企業にも、多くの教訓を与えてくれそうだ。

 真珠湾攻撃の山本五十六・連合艦隊司令長官や終戦時の米内光政海相に比べ知名度は劣るものの、海軍で主流派中の主流といえば永野修身(1880~1947)軍令部総長の右に出る軍人はいない。海軍における最高ポストは軍令部総長(統帥)、海軍大臣(軍政)、連合艦隊司令長官(艦隊)の3つ。森山教授は「70年を越える海軍の歴史で3ポストを歴任したのは永野だけ」と指摘する。昭和期に皇族を除いて唯一、生前に元帥にまで昇進したエリート中のエリートだ。

 屈託がなくて侠気があり、秀才型官僚軍人とは一線を画していたという。頭脳明晰(めいせき)で「自称天才居士」と言われるほどの自信家でもあった。海軍兵学校長時代には改革派として「従来の一方通行の暗記型から自学自習を旨とする米国流のダルトン・プランを導入した」(森山教授)。その永野が41年4月に軍令部総長に就任すると、海軍中堅層とともに対米開戦派の中核となった。

 当時の第2次近衛文麿内閣は37年から始まった日中戦争が長期化し、中国に同情的な米国との関係も悪化していた。41年6月には独ソ戦が開始。7月には第3次近衛内閣を発足させて対米関係の改善に取り組むが、同月の仏領インドシナ南部進駐が米国の反発を呼び、8月の全面禁輸を招いてしまった。森山氏は「「米国の大きな反発はないと思って進駐を進めた陸海軍の軍人のほとんどが、米国の強硬姿勢に驚愕(きょうがく)した」と指摘する。

「戦機は今、3年後は不明」

永野は昭和天皇に対米早期開戦を進言した。これは及川古志郎海相ら他の海軍首脳部にとって予想外のハプニングだった。それまで陸軍がソ連(当時)を、海軍は米国を仮想敵国として軍需予算を獲得してきたが「対米戦、とくに長期戦を戦う実力がないことは海軍首脳部や戦備の実態を把握している現場の将官たちの共通認識だった」と森山教授。さらに日米交渉における一番のポイントは中国本土からの撤兵問題だ。森山教授は「撤兵問題で日米が戦うのは愚かなことだという考えで海軍は一致していた」と言う。

 永野はなぜ早期開戦を主張したのか。米国から石油の供給が止まれば平和時2年、戦時1年半しか貯蔵がないため「日米間の軍事力の差が広がる前の有利なうちに、戦争した方がよいという考えだった」(森山教授)。

 昭和天皇から日本海海戦のような大勝利は難しいであろうと尋ねられると、永野は「勝ち得るや否やもおぼつかなし」と答えて天皇を驚かせたという。天皇側近の木戸幸一内大臣らは「あまりに単純」「捨てばちの戦い」と冷淡に批評した。多くの指導者層が木戸と同じく永野の主張を聞き流した。

 当時の日本は宮中、内閣、陸海軍らがそれぞれに組織利害を主張する分権的な政治体制だった。対米戦までの約1年半で、実に10回もの「国策要綱」が策定されている。激動する国際情勢に臨機応変に対応しようとしていたとみることもできるが「両論併記と決定を先送りする『非決定』が行われていた」と森山教授は分析する。

 日米首脳会談での解決に望みをかけていた近衛首相は米国側の会談拒否にあい、10月に退陣。代わった東条英機内閣は、昭和天皇の意をくんで外交と戦争準備を並行させる方針をいったんは白紙還元したが、結局は外交を打ち切って戦争へ向かっていった。

 永野は重要な会議で「戦機は今、3年後は不明」「英米を屈服させる手段は無い。結局は国際情勢の変化と国民の精神力による」などと繰り返した。海軍自体も艦隊がすぐに戦争できるように「出師準備」を8月に開始した。

全くブレなかった永野の早期開戦論

(続きはソース)

8/13(月) 12:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010000-nkbizgate-bus_all
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534258442/
322: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:53:30.03 ID:u2xriT5f0
>>1
> 中国に同情的な米国との関係も悪化していた。

ここがポイントな。
なぜ米国は中国に肩入れしたのか
これが太平洋戦争が生じた最大の原因でなおかつまだ未解明な問題

351: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:56:05.13 ID:tVwketUm0
>>322
普通に、米国はその生産力を吸収する市場が欲しくて中国に目を付けていたけど、
日本が独占しようとしたからじゃないの?

344: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:55:18.05 ID:ycHGJCoh0
>>1
おいおい、まるで永野が開戦主導したかのような記事だなぁオイ?
あの居眠り爺さんを実際に操って開戦に持っていったのは、海軍国防政策委員会・第一委員会の4人の大佐
富岡定俊(軍令部作戦課長)、大野竹二(軍令部)、高田利種(海軍省軍務局第一課長)、石川信吾(海軍省軍務局第二課長)だろうがよ

「猶予なく武力行使を決意するを要す」
「泰仏印に対する軍事的進出は一日も速に之を断行する如く努るを要す」
「戦争決意の方向に誘導するを要す」

1941年6月、海軍第一委員会のまとめた『現下情勢ニ於テ帝国海軍ノ執ルベキ態度』より

502: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 01:10:32.84 ID:MfPqNP9i0
>>1
>英米を屈服させる手段は無い。結局は国際情勢の変化と国民の精神力による

この発言をした時点で措置入院させるべきだった。

3: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 23:55:23.57 ID:Uc0vJ0Tq0
以下、同じみの「米軍にはめられた」の繰り返し

11: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 23:59:55.71 ID:dTf1jTIa0
「戦機は今、3年後は不明」「英米を屈服させる手段は無い。結局は国際情勢の変化と国民の精神力による」

これを真っ当な政治家が聴けば開戦は不可だろうなぁ。
頭一つ以上抜けた軍人ではあったろうが。

94: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:22:30.71 ID:Rh/QEVy80
>>11
なーんもない、ただっ広い太平洋で、自己の数倍の国力のアメリカ海軍相手に、正面から「勝て」と言われたのが現場を預かる海軍の責任者である永野。
しかも石油禁輸までくらった状態では、「海軍がまともに活動できるのは今だけ、3年後は神に祈って」というのがまぎれもない日本の状況。

この状況になっている時点で戦略的には大敗北なのだから、この後の状況を現場の軍人にだけ責任をおっかぶせても意味がない。

永野はこのときの日本の状況を言っているに過ぎない。

21: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:03:01.59 ID:fLUxjeu10
>>11
大東亜戦争しないのなら、日本は陸軍と海軍の内戦が起きてたっていわれるくらい、両者の仲は険悪だった
実際、戦時中も両者の仲は最悪

464: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 01:07:00.65 ID:icN1MSNr0
>>21
陸海軍相争い、余力をもって米英と戦う

47: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:11:11.52 ID:Zpz3J8cH0
ハワイがアメリカ本土と認識したんだろう

79: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:19:40.47 ID:YWHXiyQv0
>>47
スピルバーグ乙

84: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:21:09.77 ID:pvYoLUMq0
インドシナ進駐が直接的な引き金ではあるけど、面子のために対米戦を主導した海軍こそ本当の糞
日本の癌は海軍だよ

114: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:24:27.95 ID:tVwketUm0
>>84
そもそもインドシナ進駐自体が資源と蒋介石対策
ならそれをもたらしたのがどこかと言ったら
近視眼の癖にでかいことばかりしたがる陸軍のアホどもだよ

91: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:22:05.79 ID:FOzQKbhr0
レイシストで開戦論者の米大統領の挑発を
説得して和平に持ち込める人材が日本にいたのだろうか?

127: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:26:01.36 ID:fEkGoChb0
>>91
>レイシストで開戦論者の米大統領

米大統領が日本嫌いでも、
日本が満州に徹してたら、あんな形の戦争になってないがな。

満州事変の段階で条約軽視、
アメリカも国務長官等が非難してきたが実質黙認だったのに、
その後も懲りずに中国介入で泥沼な日本は擁護が難しい。

92: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:22:11.52 ID:0nXxSmh80
後出しジャンケンでいいなら、マレー進軍、シンガポール進駐、マラッカ海峡封鎖まで行って
後は無限潜水艦作戦でオーストラリアと欧米の進路を妨害し続けて外交交渉を引き出す感じまで耐える
戦い方でよかった気がするんだけどね(´・ω・`)
油ないのになんでマーシャル諸島まで攻めたしって感じ

93: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:22:17.50 ID:Ui1nC3cb0
経済制裁と称して石油や他物資ストップされてそのままでもジリ損状態だろ

95: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:22:36.09 ID:3/hNmQhq0
燃料がない
今戦わないと勝つ確率がどんどん下がる
外交による解決の道がなくなった

まあ負けた以上開戦は間違えだったわけだが、非合理なわけでもない

115: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:24:32.26 ID:JWDCg9ko0
海軍が選択したんじゃないだろ
山本はアメリカの実力を知ってたから開戦を嫌がっていた

パヨパヨ史観はもういいよ

132: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:26:25.91 ID:Fx4Soz6z0
>>115
結局、選択したんだよ
やれば負けます、と正直に言えない時点で山本も同じ穴の狢

149: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:28:28.23 ID:LP++0sci0
負け方の方法を考える力が無かった
傷口が小さいうちに守る条件と放棄する条件を整理出来なかった

186: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:33:45.60 ID:GnHYnEG/0
>>149
整理しても誰も決断したがらない国民性が招いた悲劇とも言える。
現在にも脈々と受け継がれている悪しき文化だね。

150: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:28:35.77 ID:496vlyYM0
何故踏み切ったか、より「どうしたら回避できたか」っていう仮定から
結果論になってないか、当時そのように出来るチャネルがあるかどうかって考えるほうが建設的な気がする。

158: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:30:02.26 ID:WCNrIFtx0
アメリカから石油輸入していて
戦争しようという永野修身元帥の発想が
国体を冒涜している
南方に進攻してもインドネシアからは
石油は一滴も内地に届かなかった

190: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:33:59.41 ID:mdZVf5xb0
百歩譲って日米開戦したとしても、真珠湾攻撃はなかった

アメリカの憲法では大統領が議会の承認を得ずに軍隊を動かせるのは半年
当時のアメリカは大統領のローズベルトだけが大の日本嫌いで、議会はアメリカ伝統のモンロー主義
「戦争なんて関わりたくない」が多数派だった

ローズベルトは憲法違反の四選を果たすため
「アメリカの若者を遠い外国で死なせるのは間違っている。私は絶対に戦争はしない」と
大嘘ついて当選した人物のため、戦争したいという本音は出せない

そこでしつこく日本に最初の一発を撃たせるためにしつこく挑発していたわけだが
山本五十六はそこへまんまと真珠湾攻撃をくれてやった
「リメンバー・パールハーバー」で議会がすべて日本許すまじに変わってしまった

アメリカを本気にさせた山本五十六は一言で言ってバカ
日本海軍伝統の対米ドクトリンであるフィリピン占領ならまだ話は違っていた

254: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:42:05.23 ID:tVwketUm0
>>190
真珠湾攻撃が必要か否かなんて地図見たら一発だろ
機能を破壊せず南進してたら思いっきり横腹を晒すことになるんだから

そうなれば南進艦隊が通りまくるフィリピンあたりで、
「日本軍の潜水艦の攻撃を受け沈んだ客船」が生まれて東京攻撃されて終わり

204: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:35:37.46 ID:Wj/0ZX9E0
私は日本軍のミスとは言いたくないのだがな
政府が開戦を定めたのであり、海軍は開戦には左派は消極的だったし
何より、真珠湾攻撃の前後の状況で日米開戦の回避は難しかっただろう
そうである以上は先制攻撃で可能な限り優位な状況を作る事は
軍人の選択としては正しいと思う

問題があるのは第一次大戦後に日英同盟を解消するなど
政治・外交政策に判断を誤った政府であったと私は思うよ
日英同盟が継続していれば、日本は米英との戦争が回避できたかも知れないからな

239: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:39:53.71 ID:Pytc659l0
>>204
海軍が開戦に反対してたように言われるけど、
そんなの井上成美くらいで、ほかの連中は
実はオラ反対だったと敗残の身で言い訳
してただけでしょ。

265: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:44:06.04 ID:tVwketUm0
>>239
そもそも海軍って陸軍とは違って政治的介入を控えるべきって風土だからな

250: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:41:18.92 ID:X88/NnTo0
選択ミスもなにも、開戦しなくても米国の海上封鎖のせいで燃料不足で滅びていたんじゃないの?
開戦してもしなくても日本の犠牲は変わらなかったと思うんだが。

261: 名無しさん@1周年 2018/08/15(水) 00:43:41.86 ID:cKE5IDX80
>>250
海上封鎖される前に中国から手を引けばよかっただけ。
結局、当時軍事力もそこそこあったのに、このザマはとてもじゃないが褒められない外交だ。