1: 樽悶 ★ 2018/10/31(水) 19:18:49.59 ID:CAP_USER9
小栗上野介忠順
b_11778487
妻道子の実家、林田藩ゆかりの三木家住宅(奥)を見学する顕彰会理事の村上泰賢・東善寺住職(右から2人目)ら=10月上旬、姫路市林田町中構
b_11778488
小栗上野介の顕彰慰霊碑=群馬県高崎市倉渕町(東善寺提供)
b_11778489

 日本で初めて蒸気機関動力の「横須賀製鉄所」(後の横須賀造船所)建設を進め、近代化に注力した幕末の勘定奉行で、作家の司馬遼太郎が「明治の父」と称した小栗(おぐり)上野介忠順(こうずけのすけただまさ)(1827~68年)が、いま再評価されている。江戸城の無血開城に反対し、後に斬首された悲運もあって歴史ファンが注目。「明治150年」の今年、菩提寺・東善寺がある群馬県高崎市の住民ら300人で構成する顕彰会が、小栗の妻・道子の実家があった兵庫県姫路市を訪れるなど交流を始めた。(井上太郎)

■姫路に妻の実家、群馬から顕彰会訪問

 「罪なくして此所(ここ)に斬らる」。高崎市倉渕町の田園地帯にそびえる石碑に、取り調べもなく殺されたと伝わる小栗の悲運がにじむ。

 小栗は旗本を継ぎ、34歳で遣米使節として渡米。ワシントン海軍造船所の技術力に刺激を受け、帰国後、横須賀製鉄所の建造を主導した。新政府軍が迫る江戸城で開かれた評定では、大鳥圭介=兵庫県上郡町出身=らと抗戦を主張。職を解かれ、領地の権田村(現高崎市倉渕町)に移り住んだ。

 小栗は新政府軍に追われ斬首。現在の姫路市林田町に陣屋を構えた林田藩藩主建部政醇(まさあつ)の娘だった道子は、会津まで逃げる道中、権田の村人たちに護衛されたといい、顕彰会の起源だと伝わる。

 近年、薩長中心の歴史評価から離れ、近代化に貢献した人物を公平に評価する流れの中で、小栗の功績に注目が集まる。横須賀市では小栗にまつわるパネルや遺品の展示が初めて開かれた。その生涯を紹介するテレビ番組も放送され、小栗を尊敬する歴史タレント「小栗さくら」も登場。顕彰会理事で東善寺の村上泰賢(たいけん)住職(77)は「節目で関心は高まっている」とする。

 国内外でゆかりの地を巡る顕彰会は10月上旬、姫路市の林田藩の藩校跡や陣屋跡地などを訪ねた。参加した豊原稔さん(63)は「小栗が追われ、建部家出身の家臣も命を落とした。いろんな側面から歴史を見つめ、発信したい」という。

 案内した姫路市はやしだ交流センター「ゆたりん」の三木清一理事長(75)は「小栗を介して地域がつながれることは貴重」と話した。

■神戸開港で日本初の株式会社

 小栗上野介(おぐりこうずけのすけ)と兵庫のゆかりは深く、150年前の神戸港開港で、日本で初めての株式会社を大阪に設立した。

 当時、外国人が商社組合で大資本を操る一方、日本人は個人が小資本で貿易。日本人同士が安売り競争に陥り、外国商社に利益を搾取され続けた。

 小栗は「日本の国益を損なう」として、大阪商人の出資を募り「兵庫商社」を設立。利益をガス灯、郵便、電話といったインフラ整備に還元しようと考えた。同社は短命に終わったが、株式会社の手法で日本初の本格的ホテル「築地ホテル館」が建設されるなど、近代化に弾みをつけた。

 生野銀山(朝来市)の再建にも貢献した。明治政府に雇われたフランス人鉱山技師ジャン・フランソワ・コワニェは、小栗が建造した横須賀造船所から蒸気機関の設備を大量購入し、機械化に成功。江戸中期以降落ち込んでいた生産量はV字回復した。

神戸新聞NEXT 2018/10/31 15:00
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201810/0011778486.shtml
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540981129/
3: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:23:24.97 ID:8BuLqlmC0
こいついつも再評価されてんな

13: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:45:33.88 ID:cUI/zobj0
>>3
確かに

134: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 00:57:46.53 ID:b4FTd5+g0
>>3
過去20回くらい再評価されてるよな
まあ、福沢諭吉と大隈重信がダブルで評価しているから正当なんだろうが
その割にメジャーにならないんだよな

こいつを評価すると、勝海舟を
「自己顕示欲の強い裏切り者」にしなきゃらならんので(事実だが)
坂本龍馬の評価も落とさねばならなくなるんで
取り上げ方が難しいんだろうな

4: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:26:12.49 ID:0I7aZ8uK0
大鳥圭介順調に出世し杉問題

5: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:28:19.71 ID:Nna/Ynv80
>>4
なにが違ったんだろうか?

10: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:38:18.63 ID:Ulr6oAwu0
>>5
運じゃないの?
維新の立役者達だって
ろくなしにかたしてないのも多い

136: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 00:59:52.29 ID:d3xDpZiO0
>>5
北海道まで一緒に幕臣と戦えばよかっただろ
そうすれば生き残っていただろう
ダイタイサ、主戦論掲げたけど慶喜にはねらたから
自分の領地に引きこもったから敵が見逃してくれるなんて
甘さが命とりだったのだろwww

157: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:21:13.37 ID:b4FTd5+g0
>>136
小栗の伝記を読めばそういう評価にはならない
むしろ死にたがりに近い

6: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:32:12.05 ID:a3SgYFmf0
文句なしに有能な幕臣

17: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:55:05.64 ID:1rAXzs680
>>6
当時の幕臣は人材不足だったからな
人はいても人材がいなかった
自分のことしか考えていない人間が多いと
必ずそうなる

125: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 00:16:08.56 ID:qZJ295oE0
>>17
司馬遼太郎の読みすぎ

189: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 15:54:00.00 ID:SNL9fTKv0
>>125
司馬遼は菜の花の沖なんかで幕閣の質の高さに触れて
日本人が欧米人に対して卑屈な態度を取るようになったのは
薩長が政権を握った明治以降のことだと指摘しているが

203: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 22:07:53.71 ID:lfx6i2wx0
>>189
幕閣の質が高いか低いか…という議論自体がレベル低すぎるわw
そんなもん、どういう「基準」を設定するかで、「高い」とも「低い」とも言えるんだよ

田沼→松平定信→水野忠邦あたりから幕末までの流れを簡単に掴みたかったら
源たろうのマンガ「風雲児たち」「風雲児たち幕末編」読め。
もの凄く水準高い歴史マンガだから

11: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:42:08.81 ID:g6gEVTz00
田舎に引っ込まずに榎本と一緒に函館まで行ってた方が生き残れたんじゃなかろうか
明治政府も落ち着いて見ればこれだけの人材を使わない法はないと思うが

14: ぴーす ◆u0zbHIV8zs 2018/10/31(水) 19:46:16.23 ID:vYMzas9nO
>>11

明治のはじめの頃にアメリカ亡命説がながれて本当なら大蔵省に入れたいって話題になった

16: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:51:31.29 ID:oWkPn03E0
小栗と河井には生きて欲しかった

34: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:15:50.69 ID:qBEAe6/m0
>>16
河井が生きていたとして、何が期待できたの?

55: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 21:45:57.87 ID:rIW6vPL20
>>34
河井は軍事よりむしろ商才に長けていた

68: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:12:15.52 ID:oWkPn03E0
>>55
河井の弟子がアサヒビールと阪神タイガースを作った

河井が生きてたらそれぐらいはやってただろう

178: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 03:49:56.32 ID:Jy3+JYCP0
>>55
一時的に藩の財を投機に回して利は得た。
しかし、遊学中に明らかになった偏屈なところが直らず、対人折衝に難あり。
しかも、実績がなくできもしない他藩との交渉をやるなんぞといい、官軍との交渉を破談にし、最終的な局面を見誤って城下を焦土にし、自分は逃れた途中で壊疽と破傷風で死んだ。
こるひ戦略の大失敗。

こんな人に商才あるか?

72: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:21:05.40 ID:7qBOfJoy0
河合なんて兵器フェチのただの中二病だろ

74: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:24:02.25 ID:73EePC7a0
>>72 
借金まみれの長岡藩の財政を立て直して 
高額な最新兵器を買えるまでにしたんだぜ

75: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:28:56.58 ID:NRfmIT+I0
>>74 
江戸屋敷引き払うついでに主家の家財売っぱらってコメ買い込んで、寄港地で売り抜けて倍くらいにしたり商才があるわな

155: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:19:31.37 ID:d3xDpZiO0
>>75 
この時代の武士階級にできる素地がなかっただけ。 
そろばん武士と軽蔑していたのが 
代々先祖の功績で重職についていた無能どもwww

18: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:55:27.59 ID:Z9Ip6eOC0
大隈重信「明治政府の近代化政策は、小栗忠順の模倣にすぎない」

19: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:57:01.25 ID:Z9Ip6eOC0
東郷平八郎「日本海海戦に勝利できたのは製鉄所、造船所を建設した小栗氏のお陰であることが大きい」

95: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:48:49.47 ID:8/27Cabg0
>>19
わざわざ遺族に会って激賞してるのに、今また再評価とは

21: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 19:58:33.85 ID:EU5O/AHR0
識見に富み、世界の情勢に通じ、行動力も併せ持っていた
一言で言えば、徳川に忠誠を誓う昔ながらの三河武士の美点と欠点を持っていたとは勝の評

23: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:01:58.62 ID:HPvp6CAw0
もったいないよなあ
誰だ、殺せって命令したバカは

25: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:03:19.73 ID:UeS7INnV0
小栗が生き残ってても明治政府に勤めたとは思えん

26: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:06:13.06 ID:1rAXzs680
>>25
明治政府も結局は権力争いだからな
旧幕臣はみんな面倒臭くなったんだろ
特に評判のいい人達

31: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:14:45.28 ID:Nt4ljA/E0
この間権田村へ行って来たけど、あまりの悲劇にトラウマになったよ・・・
小栗の墓の脇にツバキが植わっているのだけど、黒味かがった花をつけるそうだよ・・・ 幼い姉妹(小栗の子)を断腸の思いで埋めた姉妹淵とか涙でそうだった。
あれは薩長による小栗虐殺だよ。

176: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 03:13:39.24 ID:vYAuDZOW0
>>31
姉妹淵の姉妹が「小栗の子」ってどういうこと?
小栗忠順は家臣の妻に手を出して自分の子供を産ませたとでも言うのか?

それと小栗は勝海舟が存在を危険視するほどの強硬論者だったから
小栗殺害の動機は誰にでも有るので小栗殺害を命じたのが誰かは分からんが
小栗殺害時の東山道軍には薩摩藩はともかく長州藩はほぼ無関係

当時の東山道軍は「岩倉軍」状態だし残ってる関係文書を見ても
小栗殺害を命じたのは岩倉具視である可能性が高いように思える

42: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:50:35.84 ID:gzhr32l90
典型的な頭でっかち官僚
横須賀製鉄所作ったもののどう活用するか考えていなかったので
佐賀から接収した機器がしばらく活用もされることなく放置されていた

43: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 20:53:13.76 ID:KKe6IlWZ0
7回奉行に任命されて7回罷免されているんだよなw
小栗がいなければ王政復古は2年早かったと言われているというw

48: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 21:04:54.78 ID:y8okexjv0
埋蔵金伝説が一番有名なのがなぁ
でも、あれマジなんだろうか
小栗の事だ、軍資金を隠してるはず

137: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:04:58.51 ID:b4FTd5+g0
>>48
小栗は近代化予算の捻出に血道を上げていたんだから
わざわざ埋蔵するはずもないよ

薩長が「幕府はボロもうけしてたから莫大な金塊があるだろ」
なんて妄想して江戸城を接収したら、金蔵の中はカラッポ
それで「小栗が隠したに違いない」なんて伝説ができた

明治になって元勘定奉行所の役人を尋問しているんだが
小栗が隠したとか流用したという話はフツーに否定している

184: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 08:57:20.40 ID:3YJfj19W0
>>137
夢がないけど多分そうなんだろうな

63: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:02:57.67 ID:wsf/hcPO0
上野戦争の時に、軍資金として 
幕府の飾りやらなんやらを集めて日に千両を吹きたてた、てあるから 
江戸城に金は実際無かったらしい

144: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:12:50.13 ID:d3xDpZiO0
>>63 
徳川の失敗は大奥なんて金食い虫を制度化させたことだろw 
将軍の後継ぎのためと評してどれだけの金を消費したのかwww 
吉宗が1回メスを入れたが自分が将軍になれたのも 
大奥のおかげなんで不十分に終わったwww

50: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 21:25:36.04 ID:xOl7mqeH0
たとえ幕府に人材がいても将軍後継者争いや安政の大獄で
立場が逆転また逆転 しまいに払底どうにも出来なかったよ

52: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 21:29:39.96 ID:wsf/hcPO0
フランス公使のロッシュに頼りきってたのが良くなかったかも

60: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 21:54:40.18 ID:MRkFpp2i0
希代の傑物なのは間違いないけど、フランスに租借地提供する替わりに軍事援助求めてたんだよね
徳川家しか視野になかった人物

141: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:07:31.28 ID:b4FTd5+g0
>>60
租借地提供の代わりに金を借りようとした

というのは、明治時代に新政府が作ったウソ
実際は「蝦夷地の海産物から上がる税収で優先弁済します」
みたいな話で、これを理由に領土が奪われることはあり得ない

77: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:29:59.42 ID:yjvXR6ly0
幕末の合理的思考ができる理系人材は、佐久間象山
大村益次郎と小栗。将軍が慶喜でなければ幕府が勝てた。

78: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:33:07.13 ID:PvV3pLTc0
>>77
明治まで存命してたらって人物ばかりだな
幕末じゃ危険人物扱いだったから、切腹や暗殺されてしまったけど

82: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:37:43.71 ID:MRkFpp2i0
>>77
幕府が勝ってたら、日本の近代化はそうとう遅れたよ
旧幕藩体制の古さが相当程度温存されたのは確実でね
幕藩体制の古さと、古さゆえのしぶとい強靱さ、これがわからないと
明治維新の意味はなかなか分からない

89: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:41:47.10 ID:hVV2pC5T0
幕府が勝ってたら、ドイツ帝国のような国家内に国家があったり、現代ドイツのように連邦制になってるよ

146: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:14:41.27 ID:b4FTd5+g0
>>89
そうとも言い切れんな
小栗はナポレオン帝政を模範とした
中央集権体制を目指していたわけだから

93: 名無しさん@1周年 2018/10/31(水) 22:47:05.89 ID:Fs1Dt3fY0
大村益次郎が小栗の陸海挟撃戦術を後から聞いて恐れをなした逸話があるね

明治まで生きてたら何やってただろう

127: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 00:34:11.15 ID:dv8kzoew0
いやあでもこの人、北海道フランスに売却して味方につけて官軍と戦うように慶喜に進言しただろ。
慶喜が受け入れなかったから良かったものの、言うとおりにしてたら植民地化されてたろ。
有能だったけどそこまで高評価は出来ない。

138: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:05:30.39 ID:PbEQXRAl0
慶喜は慶喜で、大政奉還して、小御所会議で領地返納が決まった後も
外交権は徳川にある、と宣言したり、ごねまくって領地返納を全部から半分にしたり
王政復古の大号令で決まった人事にケチつけて自分を入れようとしたり
色々権力に未練があるところを見せてたが
中途半端だったのと、賊と言われるのを恐れたが故に
最後は負けてしまった
ただ一旦恭順すると決めたら、テコでも動かず
小栗が必死に決戦を説いてもついに恭順で通したけど

163: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:42:40.63 ID:PbEQXRAl0
小栗がフランスと600万ドルの借款を取り付けようと出来たのも、担保あっての事
生糸を含む貿易品を独占販売する為の商社の利権や、蝦夷地開発の利権を担保にしてた可能性はあるかも
担保無しで金を貸すお人好しは居ないし
ただ結局借款は上手くいかなかった。色々理由はあるかもだが
直接的にはフランスとプロイセンとの仲が怪しくなってきて(普仏戦争以前から南ドイツ絡みで仲が悪かった)
日本に肩入れが難しくなったからでは、と思ったりする
ロッシュ曰く、小栗はこれが上手く行かなかった時、かなり落胆したとか
上手くいっていれば、あるいは幕府が勝って
幕府主体の新政権が出来てたかも

165: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 01:49:06.39 ID:8/awH6T90
ペリー来航以来、いやその前から、対外政策で幕府は迷走につぐ迷走を重ねた。 
そして、国内政治も迷走につぐ迷走を重ね、その結果国内での統治能力を失い幕府崩壊に至った。 
福沢、渋沢など大勢の旧幕臣には有能な人物がいたにもかかわらず、幕府は近代国家の政府に移行できなかったのであった。 
旧幕臣に近代化に貢献した有能な人物が沢山いたことと、日本近代化について徳川幕府の功績はどこにあるのかは、全然別の話しである。

175: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 02:58:27.48 ID:nZPfWHwL0
徹底抗戦を主張して失脚した後に、知行地に行ったのが悪かった
知行地では徴兵が可能だからね

198: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 20:17:01.47 ID:Krkr3U6W0
無血開城に反対とか根本的にアホでしょ。

205: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 22:20:41.35 ID:M1lEpeE70
福地源一郎は幕末三傑として、水野忠徳、岩瀬忠震、小栗上野介の三人をあげてる。

「政治武備商業製造等に於いては、外国を模範として我国の改善を謀らざる可からず」
薩長のような攘夷バカによるテロが横行した幕末日本で、
こうした正論を堂々と主張し命がけで実行した日本人は幕府側にしかいなかった。

207: 名無しさん@1周年 2018/11/01(木) 22:30:11.83 ID:lfx6i2wx0
>>205
「黒船」襲来後、すぐさま蒸気船を製造した藩って、どこだか知ってる?

224: 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 00:04:14.19 ID:xp0jnzK80
ずっと評価されてたでしょう
斬首になる時も文句も言わずほんとに聡明で立派な人だよ
斬首って罪人に対する処置なのになんの罪もないという…会津の神保修理と共に悲劇の人だな

239: 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 03:52:12.04 ID:45JgalmS0
小栗上野介が本当に優秀ならば、幕府陸海軍があんなに弱いはずがない
装備だけそろえて、指揮官の教育を怠った結果があの体たらく

243: 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 05:31:47.74 ID:PDV1Mp980
大政奉還に反対して,慶応4 (1868) 年1月免官となり,
以後,上野国権田村に帰郷して農兵の育成に努めた。
東山道鎮撫総督に対しては帰順の意を表明したが,
不穏のたくらみをするものとして討伐を受け,捕縛,
斬首された。

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E6%A0%E5%BF%A0%E9%A0%86-40112

263: 名無しさん@1周年 2018/11/04(日) 13:12:59.04 ID:xUGBkC6w0
渋沢栄一とどう違うねん

268: 名無しさん@1周年 2018/11/04(日) 13:50:47.45 ID:9B47HjHK0
>>263
渋沢によると「小栗は天下を郡県となし大樹をもって大統領となさんと構想してた」とのことで、
小栗なき後、渋沢はその構想を可能な限り承継しようとしてた。

実際に日本が近代国家へ移行する大改革は、
大久保や木戸といった薩長の愚物が岩倉使節団として海外へ出払った時期に断行されてるんだけど、
留守政府において諸々の改革を主導したのが渋沢をはじめとする旧幕臣だち。
特に重要なのは地租改正、旧藩債切捨て、通貨整理、国立銀行設立といった金融財政政策だけど、
そのほとんどは小栗構想の焼き直しだった。
ちなみに日本初の第一国立銀行を創立した三井の三野村も小栗の弟子のような存在。

大隈重信のいう「明治政府の改革はすべて小栗のパクリ」という言葉は、
決して大げさな表現じゃなく事実なんだよね。

269: 名無しさん@1周年 2018/11/04(日) 14:22:15.89 ID:FQuz4xVi0
だけど小栗は徳川を大統領としたところに無理がある。

272: 名無しさん@1周年 2018/11/04(日) 17:25:29.63 ID:83XUWAQs0
主君が降伏を命じてるのに、主君の命を無視して出奔して、田舎で土耕してるから僕のことは寛大に見逃してくださいってそんなの通用するわけないやん。

273: 名無しさん@1周年 2018/11/04(日) 19:02:40.97 ID:FQuz4xVi0
>>272
徳川慶喜が勝手に水戸に蟄居した状態で、もう幕府は解散しとる。どこに行こうが自由だろう。
しかも、あの時点で小栗は要職からはずされていたはず。

231: 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 00:34:40.50 ID:rOGcxhl+0
この人生き続けて天寿を全うしてたら、後世に糸井重里が赤城山で苦労せずに済んだのに