(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

2015年04月

716: 名無しの司馬遷 2014/09/14(日)15:18:12 ID:bmZDXsNYj
2011年9月11日の同時多発テロ後、数日のうちにアメリカ政府はテロの首謀者をアルカーイダの首領、オサマ・ビンラディンであると見極めた。
そこでアメリカは、ビンラディンが潜伏するアフガニスタンのタリバン政権に対して、ビンラディン引き渡しを要求。
タリバンは当然これを拒否する。
で、大正義アメリカは力づくでもビンラディンを逮捕すべく、アフガニスタン侵攻を決定した。
国連もアフガニスタン以外のイスラーム諸国も、ほぼ全員一致でこれを支持した。

アメリカは全速力で開戦準備を進め、アフガニスタン空爆のため、中央アジア諸国に駐留を要求した。
そして10月、アメリカはマスード亡きあともタリバンへの抗戦を続ける北部同盟と手を組み、
タリバン支配地域への空爆を開始。
タリバン政権はあっさりカブールを捨てて敗走した。

マスードの10年間もの戦いはなんだったのか。さすが大正義アメリカである。

首都を回復し、名実ともにアフガニスタンの正統政府となった北部同盟だが、北部同盟は所詮
モヒカン的な軍閥の寄せ集めなので、誰が政権首班となるのかが問題になった。
そこでアメリカは、どこからともなく中立的な「ハミド・カルザイ」なる人物を担ぎ出し、
いまだに生きていた元国王のザヒル・シャーを使ってカルザイを権威づけした。

「野郎ども、ゴチャゴチャ言ってないでカルザイに従え!」
「USA! USA! USA!」

だが、アメリカはこれから嫌というほど思い知る。
アフガニスタンが「帝国の墓場」といわれる所以を。

南部に撤退したタリバンはしつこく抵抗し、山の部族たちも政権内部も内輪揉めだらけで纏まらない。
なにより肝心のビンラディンと、タリバン指導者ムハンマド・オマルの行方がまったく分からない。

「考えてみれば戦争目的達成できてないじゃん」
「帰れないじゃん」

これより何年ものあいだ、アメリカはアフガニスタンに大軍を貼りつけ続ける羽目になる。
続きを読む

↑このページのトップヘ